壁掛けテレビを選ぶポイント(1)「ワンサイズ上のモデルを」

ワンサイズ上のモデルを

壁掛けにするとテレビの位置が30cmほど後退しますので、据え置き時とくらべると画面が少し小さくなったように感じられます。
壁掛けにするとテレビの位置が30cmほど後退しますので、据え置き時とくらべると画面が少し小さくなったように感じられます。

壁掛け前提でテレビを選ぶなら、サイズはワンサイズ上がおすすめです

壁掛けテレビにされるのでしたら、今あなたが想定しているサイズより、一回り大きなサイズがおすすめです。たとえば50型を検討中でしたらワンサイズ上の55型、55型を検討中でしたら60型や65型が良いでしょう。

テレビ台から壁掛けに切り替わると、テレビの位置が現在より20~30cmほど後退します。テレビの位置が後退しても私たちの座る位置は変わりませんから、同サイズのテレビのままだと

「あれ…。ちょっとテレビ…遠くなった?」

と感じてしまいます。そこで壁掛けにされるのなら現在より一回り大きいテレビがおすすめと言えるのです。

テレビが一回り大きくなると重量も増しますが、カトー電器の推奨する壁内補強なら十分な強度を確保し、大型テレビもしっかり支えます。