壁掛けテレビギャラリー

壁掛けテレビギャラリー

  1. ≪先頭
  2. <前へ
  3. 次へ>
  4. 最後≫
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」を使ったテレビ壁掛けレポートです。

お客様のお住まいは分譲マンション。直接ご来店されお話をうかがったところ、壁掛けテレビにしたいがご希望の壁面にはテレビ用のアンテナ端子がなく、さらにマンションゆえに大掛かりな工事は難しいとのことでした。こういう場合に強みを発揮するのがPIXYです。なおアンテナ端子が無い点は、反対側の壁面からモールを使って延長し、テレビまで引っ張ってくることで解決しています。

テレビはお客様がご用意されたシャープの50インチ液晶テレビLC-50W30。壁掛け金具は弊社から角度固定式のタイプを持ち込み、工事開始となりました。

今回のPIXYは横幅が1600mm。高さはお客様宅の天井(梁)高さに合わせて1993mmとなっています。PIXYはお客様からのご注文をいただいてから部材を用意するオーダーメイド。サイズは高あ・幅ともに多少の融通は利きますのでお気軽にご相談・お問い合わせください。
外装のクロスはお部屋の壁に合わせたサンゲツのSP9520。あまりに綺麗に溶け込んでしまい、写真で見ると「どこからどこまでがPIXYなのか」分かりづらくなってしまいました。既存のコンセントパネルは右下にあり、これら延長するかたちで電源を確保しています。

今回はウォールシェルフや追加のコンセントはありません。その代わりに、上部に2か所「ニッチ(飾り用のくぼみ)」を設置しました。カラーもレッドのホワイトの2色をはめ込み、良いアクセントとなってくれています。PIXYの設置はテレビの壁掛けまで含めて一日作業。午前中から作業を開始して夕方には完成となりました。

thumbnail.php?id=778_23_3b4372b012.jpg
名古屋市で設置したフェイクウォールPIXYの施工写真です。ウォールシェルフや追加のコンセントパネルはありませんが、オプション工事として上部にニッチ(飾り用のくぼみ)を2か所設けています。

thumbnail.php?id=778_24_8009a0e0d1.jpg
正面から撮影したところ。高さはお客様のお部屋に合わせて今回は199cm。テレビはシャープの液晶テレビ アクオス LC-50W30です。スタンドを外した本体サイズは112cm×66cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=778_25_52acd266af.jpg
PIXYの外装はサンゲツの壁紙クロス仕上げ。お部屋の壁紙に合わせると一体感を演出できます。

thumbnail.php?id=778_26_2d283820f9.jpg
上部のニッチはお客様の好みで鮮やかなレッドと落ち着いたホワイトをチョイス。単調になりがちな壁面に良いアクセントとなってくれます。

thumbnail.php?id=778_27_d5b8a9f8fb.jpg
PIXY本体の右下に見えるのが既存のコンセントパネル。100ボルト電源はこちらから供給されています。コンセントパネルが壁面中央にある場合はPIXY本体で覆い隠して利用するすることも可能です。

thumbnail.php?id=778_28_2620a32905.jpg
壁面のコンセントパネル。その下を左右に走る配線カバー(モール)はテレビ用のアンテナ線。この壁面にはアンテナ端子が無いため、10メートルほど延長して反対側の壁面までのばしています。

thumbnail.php?id=778_29_46c40a7e1b.jpg
少し離れてリビング全景。アンテナ線を延長することで本来テレビが置けない壁面にも壁掛けテレビが実現できるようになりました。

thumbnail.php?id=778_30_59168a9f3a.jpg
点線の箇所がアンテナ線の経路。壁面と同系色の配線カバーを使い丁寧に覆い隠すことで、アンテナ線はほとんど目立たなくなっています。
愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、5…
東京都江東区でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお部屋の写真と間取り図面とを送っていただきました。写真をもとに施工担当スタッフが早速お見積もりを作成。必要となる各種ケーブルの種類、本数も計算し、20分で作成&お客様へメールでご連絡。とんとん拍子で話は進み、施工当日に弊社よりスタッフ2名が車でお伺いしました。

お客様ご希望の壁面は下地補強は施されていなかったため、壁内にプレートを使った部分補強を施し、十分な強度を確保。そこに角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。お問い合わせの時点よりお客様から
「入退室の際、テレビの真横を通るため壁掛け部分はなるべく綺麗な形に納めたい」とのご要望をいただいており、薄さ重視の固定式金具を採用し、テレビ用のコンセントパネルもドア側ではなく、窓側に作らせていただきました。

テレビはLG社の有機ELテレビ OLED65C9PJA。本体サイズは145cm ×83cm 壁掛け時の本体厚みは4.7cmです。

床上のコンセントは当初のリクエスト通り、HDMIの端子を持つコンセントパネルを増設。ここにレコーダー機器を繋げばテレビの録画が、ゲーム機などを繋げばテレビへの出力が可能になります。
「テレビの下には何も置きたくない」
「なるべくお部屋のスペースを広くしたい」
という方には、このHDMIコンセントパネルはおすすめです。ゲーム機などは使うときだけここに持ち運んで接続。遊び終わったら所定の場所に片づける…といった使い方も出来ます。

工事は無事終了し、写真のようにテレビ下に何もない広々とした壁掛けテレビが完成しました。


thumbnail.php?id=716_21_e0438ef0b6.jpg
東京都江東区のタワーマンションでのテレビ壁掛け工事です。下地補強が施されていない石膏ボード壁にカトー電器が得意とする壁内の部分補強を実施。強度をしっかり確保した上でLGの有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=716_22_1aac96ecb2.jpg
テレビの本体サイズは145cm ×83cm。開封したばかりですのでパネルの両端に赤い保護テープが貼られています。テレビの右下に見えているのがHDMI専用コンセントパネル。壁内を伝ってテレビとつながっています。

thumbnail.php?id=716_23_8d9541b5ef.jpg
壁掛けテレビにすることでテレビの下は何も無い空間が広がります。おうちで過ごす機会が増えている昨今、リビングをもっと広くされるならテレビの壁掛けはとても効果的です。

thumbnail.php?id=716_24_33a37fadc9.jpg
LGの有機ELテレビと固定式金具による側面。お部屋の出入り口側から撮影。こちらから見たときにテレビの配線が見えないようにテレビのコンセントは反対の窓側に新設しています。

thumbnail.php?id=716_25_5e28468966.jpg
テレビと繋がっているHDMIコンセントパネル。ここにレコーダー機器を繋いだり、ゲーム機を繋げば65インチの大画面に迫力あふれる映像と音声が出力されます。
東京都江東区のタワーマンションで石膏ボード壁に65型有機ELテ…
三重県四日市市でのテレビ壁掛け工事です。

お客様宅はまだ建築中とのことで、事前にご予約いただいてから当社ショールームにご来店。壁面は天然石「ナチュラルロブソン」を貼られるとのことで、壁掛け金具の設置スペースをどれだけ空けておくかがポイントとなりました。
テレビ(KJ-65A9F)も金具(可動式金具)もお客様がご用意されるとのことで、カトー電器としましてはこれまでの培った経験から壁掛けに必要となるスペースを算出。コンセントの位置も書き込んだ図面を作成し、お客様にお送りしました。図面は施主であるお客様からハウスメーカ様へと渡され、石材の貼り付け工事が完了。

壁掛け工事当日、お客様宅にお伺いすると計算通りのスペース(石膏ボード面)が用意されていました。下地補強もしっかり施されており、すぐに壁掛け工事をスタート。水平垂直に注意し壁掛け金具を設置した後、有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。配線はもちろんお客様ご自身で入線されるとのことで、これにて工事は完了。工事当日までの打ち合わせに時間を要した分、施工そのものはとてもスムーズかつ短時間で終了しました。

thumbnail.php?id=709_13_326c9bc28c.jpg
三重県四日市での壁掛け施工です。設計・建築段階の時点で弊社ショールームにご来店くださり、壁掛け工事の設計書を作成。ハウスメーカ様にお渡しして理想的な事前工事をおこなっていただきました。

thumbnail.php?id=709_14_75d2e5bb10.jpg
壁面に貼られているのは天然石「ナチュラルロブソン」。テレビの金具が接する箇所は貼られておらず石膏ボードのままとなっています。そのため今回は「石膏ボードへの壁掛け工事」として対応させていただきました。

thumbnail.php?id=709_15_5d60b5b4bf.jpg
正面から撮影。床上にたくさんのコンセントパネルが用意されています。今後テレビボードが設置される予定だそうです。

thumbnail.php?id=709_16_e343771f96.jpg
テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9F。金具はお客様がご用意された汎用タイプの可動式金具です。金具の設置面は石材が貼られていらず石膏ボードのままであることがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=709_17_6981628226.jpg
テレビ用のコンセントパネル(アンテナ端子付き)はハウスメーカ側によるもの。こ石材を貼られていない石膏ボードの壁面が65インチの有機ELテレビにうまく隠れて見えなくなるよう位置決めをするのが何よりのポイントでした。

thumbnail.php?id=709_18_5a7de439ba.jpg
工事前の写真。石材を貼らないスペースは壁掛け金具の種類やテレビの型番、コンセントパネルの位置や数によって変動します。壁面に石材などの装飾をご検討される方は設計に十分ご注意ください。
三重県四日市で65型ソニーブラビア有機ELテレビ (KJ-65A9F)を壁…
茨城県つくば市でのテレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器自社施工としてスタッフ2名がお伺いさせていただきました。
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはダイワハウス。ご希望の壁面は下地補強がないとのことで、現地到着後さっそく壁内を調査。
既存の床上コンセントからテレビ壁掛け面との間には縦桟(垂直の柱)があるため、壁内で電源・アンテナ線を延長するのは難しく、テレビ下まではモールで配線、そこから壁内を垂直に延長するという「L字型」の配線工事となりました。

壁掛け金具はさまざまなテレビメーカーに対応している汎用型の金具を採用。薄さを重視して角度固定式のタイプです。壁内に施した補強プレートと先述の間柱とを使ってしっかり固定してからテレビを掛けさせていただきました。テレビ裏には専用コンセントパネルを新設。テレビ周りはケーブルが見えない壁内配線となっています。

テレビ上にはウォールシェルフも設置。こちらもコンセントパネルを新設し、100ボルト電源とテレビからのHDMIケーブルが繋がるようになっています。

壁内の構造上、少し難しい工事となりましたが結果は御覧の通り。ホワイトを基調としたアクセントクロスになじんだ壁掛けテレビ&ウォールシェルフが完成しました。

thumbnail.php?id=738_19_6e4f1d342f.jpg
茨城県つくば市でのテレビ壁掛け工事です。壁面は石膏ボードに模様の入った壁紙クロス張り。下地補強は施されていなかったため、カトー電器が得意としている壁内の部分補強工事を行い、強度を確保させていただきました。

thumbnail.php?id=738_20_600a216a9a.jpg
テレビはハイセンスの55インチ液晶テレビ 55U7Eです。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは123cm×72cm。テレビ本体の厚みは5.2cmです。

thumbnail.php?id=738_21_e14627c2b0.jpg
既存の床上コンセント(左から3個目まで)から、テレビ裏までのあいだには縦桟(間柱)があり、電源とアンテナ線を壁内でつなげるにのは困難なため、一旦モールでテレビ下まで延長し、そこから壁内を通すというL字型の配線経路を採用しています。右側2つのコンセントパネルはカトー電器が新設しました。

thumbnail.php?id=738_22_fabdbe6373.jpg
今回はウォールシェルフも設置。ことらも専用のコンセントを新設しています。100ボルトでの電源とテレビにつながったHDMIケーブルが準備されており、サウンドバーを繋げると迫力あるサウンドが出力されます。

thumbnail.php?id=738_23_6905d9d951.jpg
床上の様子。手前2つのコンセントパネルはカトー電器が新設。将来はここにテレビボードが置かれる予定だそうです。さまざま機器が接続されるのでコンセント口も多めにご用意させていただきました。

thumbnail.php?id=738_24_3520e41614.jpg
テレビ側面を接写。テレビの薄さを活かして金具も薄さ重視の角度固定式タイプを使用しています。カラーは壁面に合わせたホワイトです。

壁掛けテレビで悩みがちなレコーダ機器類の置き場所。今お使いのテレビをそのまま流用していただいても結構ですし、写真のように新しく棚を設置し、そこに置いてしまうのも一つの解決策です。手持ちの機器類が少なければ、テレビ台を無くしてリビングをより広くすることも難しくありません。

おうち時間が増えてリビングをもっと快適にされたいとお考えの方は是非一度壁掛けテレビをご検討ください。
茨城県つくば市にて出張壁掛け施工。石膏ボード壁に55型液晶テ…
愛知県知立市でのテレビ壁掛け工事レポートです。お客様宅は新築でハウスメーカーは一条工務店。
設計の段階で壁掛けテレビは想定されており、リビングルームのエコカラット壁面は下地補強と空(から)配管が施されていました。

施工当日、お客様とご一緒にテレビの位置をご相談。写真のような壁面の場合、テレビの横位置は「壁の中心に」ということで即決となり、高さをどのくらいにするかで入念に話し合います。
テレビの取り付け位置が決まれば、金具の取り付け工事です。金具は将来のテレビ付け替えまで見越し、どのメーカにも広く対応した汎用型の角度固定式を採用。テレビのすぐ横にドアがあり、リビングに出入りするたびに壁掛け接合面が視界に入るので、なるべく薄く目立たないタイプの金具を選別しました。

金具の設置後、85型の大型テレビをスタッフ2名で取り付け。電源やHDMIケーブルなどを接続し、壁内へ通して完成となりました。

近い将来、テレビ台にサウンドバーやレコーダー機器を設置されるとのご予定でしたので、あらかじめ予備のHDMIケーブルを壁内に数本通してあります。壁掛けテレビ、それも角度固定式金具の場合はテレビと壁面の隙間を極力薄くできますが、その分あとからケーブル類を追加することが難しくなります。そのような場合、今回のようにあらかじめ予備の各種ケーブルを通しておかれることをおすすめいたしております。


thumbnail.php?id=763_22_cc8edbeead.jpg
(↑)エコカラットの壁面に壁掛け金具を設置し、85型の大型液晶テレビを壁掛けさせていただきました。ハウスメーカーは一条工務店です。

thumbnail.php?id=763_23_84ab731b9b.jpg
(↑)正面から。ソファからテレビを見るとご覧のような光景が広がります。最適な壁掛けテレビの高さは「お客様の身長や座高」「ソファの高さ」などを考慮しなければいけませんので一概には言えません。皆さんソファに座ったりしながら楽しそうに迷われます。

thumbnail.php?id=763_24_17b864eaa0.jpg
(↑)テレビのすぐ横に出入り口があり、お部屋を出入りするたびにテレビと壁面の接合面が視界に入ってきます。そこで金具は薄さを重視して角度固定式のタイプを採用しました。

thumbnail.php?id=763_25_8ddcc4d6f8.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-85X9500G。85型の大型液晶テレビです。本体サイズは191cm×110cm。俳優さんが「原寸大」で映し出される世界を体験できます。


thumbnail.php?id=763_26_211a87dca0.jpg
(↑)テレビとエコカラット壁との接合面。金具は壁面に合わせてホワイトを選択。隙間を極力薄く出来るのが固定式金具のメリットといえます。

thumbnail.php?id=763_27_ed051e8a3c.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真です。据え置きの場合、テレビは大型になればなるほど奥行きを必要とします。大型テレビを壁掛けにすると、テレビの位置がぐっと後退しますので、お部屋が広く感じられますよ。
愛知県知立市でエコカラット壁に85インチの液晶テレビ ソニーブ…
岐阜県可児市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
お客様は当社のホームページ「無料壁掛け診断」よりお問い合わせいただきました。既に補強が施されている壁面へのテレビ壁掛けのご相談です。早速お見積もりを作成し、メールにてご連絡。お見積もり内容にご納得いただけましたので、最短の工事可能日で予定をマッチング。クリスマスの日に施工させていただきました。

テレビは新しく購入されたソニーの液晶テレビKJ-55X9500H。55型の最新液晶テレビです。壁面に固定式金具を設置後、テレビのスタンドを外して取付けさせていただきました。
余談ですが、壁掛け後に「テレビのスタンドはどうすれば良いですか?」といったご質問を良く受けますが、スタンドは大切に保管しておくことをおすすめします。将来壁掛けテレビを新しいものに替えられた際、スタンドが無いと今のテレビはどこかに壁掛けせざるえなくなります。スタンドを取っておけばほかの部屋で据え置きとして使用することも可能です。

工事は順調に進み、テレビの電源・アンテナ接続まで無事終了。
写真でお分かりのようにまるで宙に浮いているようなきれいな壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=779_12_2ae8c99dff.jpg
(↑)岐阜県可児市での壁掛け工事です。角度固定式金具にソニーの最新液晶テレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=779_13_559d7eac5c.jpg
(↑)テレビの本体サイズは123cm×71cm。配線は壁内を経由する壁内配線。ケーブル類が一切見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=779_14_a65785de67.jpg
将来性を考えHDMIケーブルを3本テレビに接続してテレビ台までのばしています。将来ゲーム機などが増えるかも…という方は壁掛け工事の時点で予備のケーブルも壁内に通しておかれることをおすすめいたします。

thumbnail.php?id=779_15_b46c9a752c.jpg
工事前の写真です。テレビを壁掛けにすることでテレビ裏のケーブル類は驚くほど少なくなります。テレビ裏のお掃除が苦手な方にも壁掛けはおすすめですよ。
岐阜県可児市の補強済み石膏ボード壁に55インチの液晶テレビ(KJ…
東京都三鷹市への出張壁掛け工事レポートです。
今回のお客様も弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせをいただきました。壁掛け希望の壁面写真と図面を送っていただき、ご希望の壁面にはアンテナ端子が見当たりません。そこで工事スタッフ全員で送っていただいた図面とにらめっこ。協議の結果
「これ、天井裏からアンテナ線を分配・延長すれば…なんとかなるのでは?」
との結論に落ち着き、当日三鷹市へ。

お客様宅に到着。すでに壁面にはお客様自身の手で
「ここに設置してください!」
とマーキングが施されていました。(これは工事スタッフとしても気合が入ります)さっそく天井裏から調査させていただいたところ、当初の推測通り、アンテナ線が分配・延長できることを確認。天井裏の配線工事からスタートさせていただきました。ご希望の壁面にアンテナ線と電源が確保できればしめたもの。補強の無い壁面でしたので、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施して強度をしっかり確保。角度固定式の金具を設置し、弊社にてご購入いただいたソニーのブラビア KJ-55X9500Hを壁掛けさせていただきました。

カトー電器商会ではソニーのブラビアシリーズ、シャープのアクオスシリーズも取り扱っており、壁掛け工事と同時購入いただいた場合は特別お値引きもいたします。壁掛けを機にテレビも買い替え用とお考えの方は是非お見積もりご相談ください。

テレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを新設。天井裏経由で引き込んだアンテナ線を接続し、無事壁掛け工事は完了しました。

リビングはダイニングと隣接しており、システムキッチンの内側からでもテレビが視聴できるようになっています。最近の液晶テレビは左右の視野角がとても広いことと、テレビの壁掛け位置がダイニング寄りということもあり、角度固定式金具でも十分視聴できる用になっているのが特長です。

thumbnail.php?id=776_22_d96b7a21f4.jpg
アンテナ端子がない壁面に弊社でご購入いただいた液晶テレビ KJ-55X9500Hを壁掛け。天井裏からアンテナ端子を分岐させ、壁内経由でテレビ裏まで延長するというアクロバチックな配線工事をおこなっています。

thumbnail.php?id=776_23_5156c849d8.jpg
テレビの本体サイズは123cm×71cm。昨今のテレビは左右の視野角が広いので、斜め方向から見ても違和感をおぼえません。写真はダイニング側から見たところです。

thumbnail.php?id=776_24_c3993f8f2e.jpg
「ダイニングからもテレビが見えるようにしたい」とのご要望は多いです。写真のようにテレビとダイニングが近ければ角度固定式金具でも十分視聴できますが、ダイニングとテレビが離れる場合は可動式金具で角度調節する…という選択肢も出てきます。


後日お客様よりお褒めとお礼のメールをいただきました。
こちらこそありがとうございました。
末長く壁掛けテレビをお楽しみ頂けましたら幸いです。
東京都三鷹市でリビングの石膏ボード壁に55型液晶テレビ (KJ-55…
神奈川県小田原市での出張壁掛け工事レポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。リビングの写真と図面とを送ってくださいました。

壁掛けテレビそれ自体は問題ありませんが、レコーダーの置き場所で悩まされており、テレビ台やシェルフは避けて、なるべくすっきりさせたいとのご要望。お電話でご相談させていただき
「レコーダーはリビングの収納棚に設置する」
という案に落ち着きました。収納棚は写真のように、テレビの壁面とは反対方向に位置しているため、壁内から天井裏を通って配線させていただきました。

難易度の高い工事となりましたが、天井裏配線の経験値が高いスタッフにより工事は無事完了。お客様のご希望通り、壁掛けテレビの周りはスッキリとした大画面壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=773_17_853cbacea0.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。75型の最新液晶テレビです。本体サイズは167cm×97cm。ドラマや映画の役者さんが等身大で写し出される迫力です。

thumbnail.php?id=773_21_aa9e5ffe2c.jpg
(↑)テレビの右下にはHDMIコンセントを新設。ここにゲーム機などを接続すると75インチの大画面に映像と音声が出力される仕組みです。

thumbnail.php?id=773_18_1538a8ae58.jpg
(↑)番組を録画・再生するレコーダーは反対側の収納棚に格納。テレビから壁内→天井裏を経由してつながっています。難易度の高い工事でしたが、
「お客様のこだわりですからね。実現してみせますよー!」
と天井裏配線の経験豊富なスタッフが頑張ってくれました。

thumbnail.php?id=773_20_f468af70ad.jpg
(↑)本工事の目玉ともいえるレコーダーの様子。写真右手前に映っているのがブルーレイレコーダーです。ここから一旦天井裏を通り、奥のテレビへと繋がっています。


thumbnail.php?id=773_22_9836ab848d.jpg
(↑)分かりやすくケーブルの経路を描いてみました。Wi-Fiでも出来なくはないのですが、安定性を求め、より確実な有線でつなげさせていただきました。

thumbnail.php?id=773_19_123d1408ee.jpg
(↑)こちらは側面の様子。金具は将来別メーカのテレビに付け変えも対応できるように汎用型の角度固定式の金具を選択。壁面はカトー電器が得意とする壁内補強にて強度を確保しています。

今回のお客様はたくさん写真と資料を送ってくださり、おかげで社内の協議(配線経路はどうします?)もスムーズに進みました。
図面の用意が難しくてもさまざまな角度から写真を撮影していただければ、それだけ詳細なお見積もりプランが作成可能となります。壁掛けテレビをご検討中の方は、ぜひ壁面だだけでなくコンセント周りなどの写真も撮影してみてください。
神奈川県小田原市でリビングの石膏ボード壁に75型液晶テレビ (K…
12月です。この時期壁掛けテレビの工事でお伺いすると、クリスマスの飾り付けが施されているご家庭が少なくありません。今回のお客様もリビングにクリスマスツリーが飾られていました。

アクセントクロスが張られた壁面は下地補強が施されておらず、まずは下地補強の工事からスタート。カトー電器が得意としている補強プレートを用いた部分補強をおこない強度をしっかり確保。それから角度固定式の金具を設置させていただきました。

テレビはパナソニックのビエラシリーズ。有機ELテレビ TH-65EZ1000です。こちらのモデルはシステムスピーカーが壁掛け時にはタンドの役割も兼ねたシステムスピーカーが壁掛け時にスマートに格納される仕組みになっているのが特徴です。

配線は壁内にケーブル類を通す壁内配線。お客様がご用意されたHDMIケーブルとプレステ5用に当社がご用意したHDR対応のHDMIケーブル、それにアンテナ線と電源ケーブルがテレビ台へとつながっています。

テレビの位置決めからスタートし、壁掛け完了まで約2時間ほど。白を基調としたお部屋にスタイリッシュな壁掛けテレビが誕生しました。

thumbnail.php?id=770_10_c29b82e08d.jpg
クリスマスの飾り付けが施されたリビングに65型の有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。テレビはパナソニックのビエラ TH-65EZ1000。

thumbnail.php?id=770_11_12d26628ce.jpg
正面から撮影。テレビ台の中にはレコーダー機器やプレイステーション5などがあり、テレビとは壁内を通してHDMIケーブルでつながっています。

thumbnail.php?id=770_12_5965295049.jpg
側面から撮影。テレビ本体は壁掛けも想定しテレビ下のスピーカーがスマートに格納される仕組み。角度固定式金具と組み合わせることで、側面から見ても気にならない薄さです。

カトー電器商会ではお部屋の写真を送っていただくことで、必要となるケーブルの長さなども算出し、最短即日でお見積もりを無料で作成いたします。壁掛けテレビをご検討中の方は下記(↓)の「無料壁掛け診断」からお部屋の写真をUPしてみてください。
愛知県名古屋市で石膏ボード壁にパナソニックのビエラ TH-65EZ1…
愛知県でのテレビ壁掛け工事レポートです。

壁掛け診断フォームよりお問い合わせいただきました。お客様がご希望の壁面はエコカラット・ストーングレースが張られていましたが、壁掛けテレビのための下地補強は施されておりません。そこで壁面内部を調査し、間柱を使って金具を固定。強度をしっかり確保した上で65型の有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビは同時購入いただいたソニーのブラビアシリーズ KJ-65A9G。有機ELならではの映像美や、画面全体が振動してサウンドを再生する「アコースティック サーフェス オーディオプラス」はもとよりえ、本体厚みが4.0cmという薄さが壁掛けに最適です。お客様宅ではテレビのすぐ隣が出入り口となっていますが、このテレビと角度固定式の金具ならば接合面が目立つことはありません。

コンセントパネルもエコカラット壁面に新たに設け、テレビ台とのレコーダ類とは壁内経由で結線。アンテナ線の他、HDMIケーブルが3本つながっています。

出来上がりは御覧の通り。ケーブル類が一切見えない美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=765_17_c44b56edb0.jpg
(↑)エコカラット(ストーングレース)が張られた壁面に65型の有機ELテレビを壁掛け。下地の補強は施されていなかったため、カトー電器にて壁内を調査。間柱を探し当て壁掛け金具をしっかり固定させていただきました。

thumbnail.php?id=765_16_65babe9bf7.jpg
(↑)壁内配線のためケーブル類は写っていません。アンテナ線や100ボルト電源ケーブル、HDMIケーブル(4本)は壁内を経由してテレビ台内のレコーダー機器類などと繋がっています。

thumbnail.php?id=765_15_66042bc7a4.jpg
(↑)正面から。テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9G。テレビスタンドを外し壁掛け時の本体サイズは145cm×83cmです。

thumbnail.php?id=765_18_8c8ba1de10.jpg
有機ELテレビ KJ-65A9Gの本体厚みは4.0cm。角度固定式の金具と組み合わせることで壁との接合面を極力薄くすることができます。壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があり、接合面が絶えず視界に入るお部屋の場合は特に有効です。

thumbnail.php?id=765_19_d279b14540.jpg
(↑)壁掛け診断フォームよりお客様から送っていただいた写真がこちら。テレビは壁掛けを機に当社から有機ELをご購入いただきました。このエコカラットの壁面に専用コンセントを新設し、壁掛け金具を設置させていただきました。
愛知県清須市でエコカラット壁に65型有機ELテレビ(KJ-65A9G)を…
愛知県西尾市での有機ELテレビの壁掛け工事レポートです。

お客様からはマイホーム建築中の段階からお問い合わせいただきました。お部屋は写真のようにリビングのフロアに段差のあるピットリビング。この壁面にエコカラットを貼り、そこに壁掛けテレビをご予定とのこと。
コンセントパネルなど電気配線の工事はハウスメーカーさんに依頼されるとしても、コンセントの高さやエコカラットをどこまで貼られるかでお悩みのご様子でした。
そこでカトー電器からはテレビや金具の取り付け位置、コンセントパネルの位置を記した壁掛け事前カルテを作成させていただきました。事前カルテには
ハウスメーカ様への指示書として
「このように壁掛けしますので、コンセントはこの高さに作ってください」
との情報が盛り込まれています。

施工当日、新築のお宅を訪問すると、こちらがお願いした通りのコンセントが用意されていました。壁掛け金具とも干渉せず、テレビからはみ出てしまうこともないまさにベストなポジションです。
金具やテレビの取り付け位置も先にカルテをご用意しておりましたので、位置決めもスムーズに進みました。配線はHDMIケーブルと4本にLANケーブルが壁内を経由してテレビボード内へとつながっています。
さらにテレビの背面に録画用のハードディスクを設置。工事完了後テレビをつけると、77インチの大画面に有機ELの美しい映像が映し出されました。

今回の施工ではテレビも同時購入していただきましたので、施工当日にテレビも搬送。開梱から設置はもとより、各種設定、梱包材の回収まですべてカトー電器で行わせていただきました。

thumbnail.php?id=760_20_63d574d718.jpg
(↑)フロアに段差を持たせたピットリビング。御覧のようにテレビの視聴位置は通常よりも少し下がります。壁面は一面にエコカラット。その上から金具とテレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=760_22_9713a5301a.jpg
(↑)壁面はエコカラット。下地の補強はハウスメーカ様にて行われていました。テレビの取り付け位置は事前カルテの作成段階において十分シミュレーションされていましたので、工事はスムーズに進みました。

thumbnail.php?id=760_21_3fae8ddc36.jpg
(↑)テレビはソニーの有機ELテレビ。KJ-77A9G。テレビのパネル全体がスピーカーのように振動しサウンドを出力するアコースティック サーフェス オーディオプラス」を搭載。テレビ単体で臨場感あふれるサウンドを実現してくれます。本体サイズは172cm×100cm。本体の厚みは4.9cmという薄さ。薄さを求められる壁掛けテレビにはおすすめのモデルです。

thumbnail.php?id=760_23_bb6d301ddc.jpg
(↑)エコカラットへの壁掛けテレビの組み合わせは、カトー電器が得意とする分野です。マイホーム建築中の方やリフォームでエコカラットや壁掛けテレビをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

thumbnail.php?id=760_24_6e3c59cc49.jpg
(↑)施工前の写真。事前カルテでハウスメーカーさんにお願いした通り、壁掛け金具と干渉せず、テレビからはみ出ることもない良い位置にコンセントパネルが用意されていました。

施工後、その日のうちにお客様からお礼のメールをいただきました。(ありがとうございます!)

事前カルテの作成は壁掛け工事の専門スタッフが担当・作成いたします。有料のサービスとなりますが、ハウスメーカー様への指示などがスムーズに進みますのでマイホーム建築中の方は是非ご一考ください。
愛知県西尾市でピットリビングのエコカラット壁面に77型有機EL…
愛知県あま市でのテレビ壁掛け工事です。
石積み模様の壁紙クロスが貼られたリビングで、お客様がご希望される壁面にはテレビのアンテナ端子がありません。お問い合わせ時に送っていただいた図面でも確認が取れませんでしたが、工事当日天井裏に確認したところ
「何とかなりそうだ」
と判断。天井裏にて電源ケーブルとアンテナ線を分岐・延長し、目的の壁面まで引っ張ってくる工事を行いました。電源とアンテナ端子が確保できればしめたもの。お客様ご壁面にコンセントパネルを新設し、テレビ壁掛け工事のスタートです。

壁掛け用の下地補強は無いため、カトー電器が得意とする壁内の部分補強で強度を確保。壁掛け金具は将来のテレビ買い替えを見越して各社メーカーに対応した汎用型の角度固定式金具を設置。これは先ほどの補強箇所と間柱に固定しています。

テレビはパナソニックの有機ELテレビ TH-55FZ950。テレビ壁寄せスタンドをお使いでしたので、スタンドから外して、壁寄せから壁掛けに「お引越し」させていだきました。

今回はレコーダー用の置き場としてウォールシェルフ(棚)設置のリクエストもいただいており、これはテレビ上に設置。HDMIの端子を備えた専用コンセントパネルも新設しました。

アンテナ端子の無い壁面に、天井裏からアンテナ線を引き込むというちょっと難易度の高い作業を経て、壁掛け工事は無事完了。出来上がりは御覧の通り。テレビ下に何もない広々とした壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=752_22_22adac682e.jpg
(↑)石積み模様のクロス張りの壁面に有機ELテレビとレコーダー用のウォールシェルフ(棚)を壁掛けさせていただきました。配線は天井裏でアンテナ線と電源を分岐させ、こちらの壁面まで引っ張り込むという工事をおこなっています。

thumbnail.php?id=752_24_d63d4ce563.jpg
(↑)正面から撮影。小さなお子さんがレコーダー機器に触れないようにウォールシェルフはテレビの上に設置。棚とテレビのあいだにケーブルが見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=752_25_4b0e35f86f.jpg
(↑)斜めから見たところ。テレビ下の床上に見えるコンセントパネルはアンテナ端子を持っていないため、天井裏からアンテナ線を延長する必要がありました。

thumbnail.php?id=752_20_fc99282cc0.jpg
(↑)施工前の壁面です。この壁面にテレビとウォールシェルフ用のコンセントパネルを新設することから工事はスタートしました。ちなみにこの石積み模様の壁紙クロスは奥様が張られたそうです。(すごい!)

thumbnail.php?id=752_23_5b6e7175d5.jpg
(↑)ウォールシェルフはレコーダーの奥行まで確保できれば良いので、テレビ台ほど前面に出っ張ることはありません。何よりテレビ台がなくなることでリビングがひときわ広くなります。

thumbnail.php?id=752_21_b2bbbd0343.jpg
今回はウォールシェルフのコンセントパネルにHDMI端子(コンセントパネル右上)をご用意。ここにゲーム機やPCなどを差し込めば有機ELテレビに美しい映像とサウンドが出力されます。

thumbnail.php?id=752_26_60d0b20fc5.jpg
(↑)お客様から最初に送っていただいたお部屋の画像。テレビは壁寄せスタンドをご使用でした。壁寄せスタンドが置いてある壁面にはアンテナ端子が見えていますが「可能であればソファのある方に壁掛けを」とのご希望をお聞きし、天井裏の調査&工事が決定しました。


工事完了後、その日のうちにお客様からお礼のメールをいただきました。(ありがとうございます!)工事から帰ったスタッフはメールを読みながら照れ笑い。何よりの励ましとなりました。
愛知県あま市で55インチの有機ELテレビ(TH-55FZ950)を石膏ボー…
愛知県豊橋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
弊社の「無料壁掛け診断」からお問い合わせいただいたお客様です。今はテレビ台の上において視聴している58インチのテレビを壁掛けにできないか、というご相談でした。リビングの写真やコンセントの写真、さらには図面の写真まで送っていただきましたので、壁掛け工事担当スタッフはすぐに見積もりを作成スタート。必要となる各種ケーブルの長さ、本数も計算し、スピーディーにお客様へお返事(メール送信)。この間わずか20分弱の早業でした。

お見積もりの内容にお客様もご納得いただき工事決定。お問い合わせをいただいた翌日に工事にお伺いするというスピードスケジュールと相成りました。

予定は素早く決まりましたが、工事は慎重に行わせていただきます。ご希望の壁面は下地補強が施されていないため、カトー電器が得意とする壁内部の部分補強を実施。間柱も使って壁掛け金具をしっかり固定させていただきました。
お問い合わせ時に「隣接するキッチンからもテレビが視聴できるようにしたい」とのご要望をいただいておりましたので、今回は上下左右に角度が調節できる可動式の金具を持参。
テレビを動かせるので、固定式金具に比べて配線作業は楽ですが、アームを畳んだ際にケーブル類がはみ出ないように見せるのがポイントです。

テレビの背面には写真のように専用のコンセントパネルも新設。100ボルトの電源はもとより、アンテナ線やHDMIケーブルなどはすべてこの中を通ってテレビ下のコンセントへの繋がっています。

カトー電器商会ではスピーディーな対応をモットーとしておりますが、今回は特にそれが活かされたお仕事となりました。

thumbnail.php?id=719_31_a3382ddd55.jpg
(↑)角度調節のできる可動式金具による壁掛けテレビ。キッチン側から撮影。テレビは少しカメラ側に向くよう金具を調節しています。

thumbnail.php?id=719_32_32446b2299.jpg
(↑)少し近づいて撮影。ご訪問時は棚の上にクリスマスの飾り付けが施されていました。テレビ下にはケーブルが一切見えない壁内配線が壁掛けテレビをより一層際立たせてくれます。

thumbnail.php?id=719_34_45f4f813cb.jpg
(↑)反対側から撮影。今回はテレビの取り付け位置もとてもスムーズに決まりました。テレビ台は既存のものをそのまま流用されています。

thumbnail.php?id=719_33_cf7a7c3a74.jpg
(↑)正面から撮影したところ。テレビ台の中にはブルーレイレコーダーやひかりTVチューナーなどが収納されています。テレビは東芝のレグザシリーズ(58M500X)本体サイズは130×80cmです。

thumbnail.php?id=719_35_fc2c81730a.jpg
(↑)テレビ台を少し動かしてコンセント周りを撮影。テレビを壁掛けにして専用のコンセントに繋げてしまうことでテレビ関連のケーブル類が一気に減り、床上のコンセント周りはとてもスッキリします。お掃除もさっとひとふきで終わるのが壁掛けテレビ&壁内配線のメリットです。

thumbnail.php?id=719_36_b03bbeec32.jpg
(↑)可動式金具の接合面。テレビを自由に動かせますが、その分ケーブルのゆとりはかなり余裕を見込んでおかねばなりません。可動式金具+65インチテレビの組み合わせはカトー電器のショールームでも展示中。実際に動きや重さや体験してみたい方は「問い合わせ」→「来店予約」のページからご予約ください。
愛知県豊橋市で58型液晶テレビ(東芝レグザ 58M500X)を壁掛け
三重県桑名市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

当初、お客様がご希望される壁面には写真のようにコンセントパネルがありませんでした。テレビのアンテナ端子も無いためかなり難しい案件でしたが、お客様の壁掛けテレビに対する強い思いをに応えるべく現地をご訪問。
「屋根裏に上れば電源もアンテナ線も何とかなりそうだ!」
という活路を見出し、壁掛け工事決定となりました。

※カトー電器商会では、ほとんどの場合壁の写真を送ってくだされば工事可能かどうかが判断できます。今回は写真だけでは判断が難しかったため事前に下見訪問をさせていただきました。下見訪問の場合は別途料金が発生しますことをご了承ください。

まずは天井の点検口から入り、電源とテレビのアンテナ線をつかまえたら目的の壁面まで配線経路を新設します。(100ボルト電源など扱いますので電気工事士の資格は必須です)ご希望の壁面にテレビ用とウォールシェルフ用のコンセントを新設します。

次は下地補強。こちらはカトー電器が得意とする壁内での部分補強をおこない、金具とテレビを支える強度をしっかり確保しました。金具は将来テレビを取り替えられることも想定し、さまざまなメーカーに対応している汎用金具を設置。そこにお客様が先にご用意されていた65型テレビ  ハイセンス65U8Fを壁掛けしたら、ひとまずテレビは完成です。

レコーダー用のウォールシェルフはお子様の手が届きにくいテレビ上に設置。こちらも専用のコンセントが用意され、壁内を通してテレビと繋がっているのがポイントです。

出来上がりは御覧の通り。天井裏に入って電源とアンテナ線を確保するというちょっとアクロバティックな作業を行いましたが、配線が見えない壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=742_24_b4d2c55dc2.jpg
(↑)施工前の壁の写真です。アンテナ端子のあるコンセントパネルはありません。そこで天井裏にのぼって100電源とアンテナ線をつかまえるところから工事はスタートしました。

thumbnail.php?id=742_20_81a2e45bbc.jpg
(↑)工事完成後の写真。テレビはハイセンスの65U8F。スタンドを外した壁掛け時のサイズは145cm×86cm。

thumbnail.php?id=742_21_a582a43a93.jpg
(↑)レコーダー機器の置き場、ウォールシェルフ(棚)はお子さんの手が届かなテレビ上に設置。カラーは壁面に合わせたホワイト。

thumbnail.php?id=742_22_94bfd7feb4.jpg
(↑)工事途中の一枚。天井から壁内を通して引き込んだ電源ケーブルをもとに、シェルフ用、テレビ用、それぞれのコンセントパネルを新設。両者は壁の内側でつながっているため配線が目立つことはありません。

thumbnail.php?id=742_23_d7b20c40dd.jpg
(↑)少し下がって撮影。今回は天井裏で作業もあり、事前に一度下見訪問させていただきました。

壁掛けテレビには100ボルト電源とアンテナ端子のコンセントが必要となりますが、それらがない壁面でも今回のように天井裏で経路を作ったり、床下に潜ってケーブルを引っ張ってくる…ということも出来なくはありません。この場合、事前の下見(有料となります)が必要となる場合がございます。ご了承ください。
三重県 桑名市で石膏ボード壁に65型液晶テレビ(65U8F)とウォー…
愛知県東海市でダイニングに32インチ液晶テレビを天吊り工事

愛知県東海市で壁掛けテレビ工事レポートです。リビングでの壁掛け工事に続いて、こちらはダイニングでのテレビ天吊り工事となります。
テレビの置き場がない空間で壁掛けは有効な手段ですが、壁掛けするスペース確保も難しい場合には天吊りという解決案があります。

テレビはソニーの32インチ液晶テレビ KJ-32W500Eを設置。テレビ本体にはネットコンテンツを受信・出力する機能はありませんが、HDMI端子にGoogleのChromecast(クロームキャスト)を接続することで、YoutubeやNetflix、Amazon prime videoなど、さまざまなインターネット動画や音楽サービスが楽しめるようになっています。こうしてリビングに引き続き、ダイニングでもテレビや映画が楽しめる環境が整いました。

今回はリビングの壁掛け、ダイニングでの天吊り工事、そして天井にある4か所のスピーカー設置と比較的大掛かりな工事となりましたが、作業は滞りなく終了。映像はもちろん天井の各スピーカーからサウンドが降り注ぐ、ホテルのラウンジのようなリビング空間が生まれました。

thumbnail.php?id=741_1_db05298117.jpg
(↑)ダイニングキッチンのコーナー部に天井から吊り下げられた32型液晶テレビ。テレビを設置後、見やすい位置に角度が調節して取付完了です。

thumbnail.php?id=741_2_c29a9d4a22.jpg
(↑)テレビはソニーのKJ-32W500E。もちろんスタンドを外して取り付けています。スタンドを外した本体サイズは73cm x 44cm。重量は5kgです。

thumbnail.php?id=741_3_05ea616a7c.jpg
(↑)リビングだけでなく、キッチンや寝室、子供部屋などでも場所を取らない壁掛けテレビ・天吊りテレビの需要が増えています。

カトー電器商会では、「リビング+キッチン」「リビング+寝室」など壁掛けテレビ工事を2か所同時にお申込みいただくと、特別お値引きをさせていただいております。
「リビングもスッキリするのなら、寝室も…」
とお考えでしたら、まとめて写真を撮影し、壁掛け診断フォームより写真をUPしてみてください。最短即日で壁掛け工事担当者がお見積もりを作成、メール・お電話にてご連絡差し上げます。
愛知県東海市でダイニングに32インチ液晶テレビ(KJ-32W500E)を…
愛知県東海市で壁掛けテレビ工事レポートです。

今回のお客様はリビングとキッチンの2か所に壁掛け(と天吊り)のご依頼を承りました。テレビも同時購入していただきましたので、当日はテレビを積んで工事にお伺いしております。
リビングはエコカラットが貼られた壁面。壁掛けテレビを想定し、下地の補強は施されていましたので、お客様とテレビの取り付け高さを決めて金具の設置工事に入らせていただきました。
(今回もテレビの横位置は「壁の真ん中に」と、すんなり決定。壁掛けテレビでは横位置はすぐに決まる半面、高さは皆さん大いに検討されます。)
壁掛け金具は角度固定式金具。テレビのすぐ横が通り道となりますので、テレビ側面が視界に入った際、テレビと壁の隙間が極力目立たないようにしているのがポイントです。

既存のテレビボード内にはブルーレイレコーダー、ケーブルテレビチューナー、AVアンプが収納されており、テレビと都は壁内を通してHDMIケーブルで結ばれています。
さらに天井には天井スピーカー(CL-360TT)を4個設置させていただき、テレビからの音声が天井から降り注ぐような空間を演出させていただいております。
「テレビのスピーカーだけでは物足りない」と感じる方は少なくなく、サウンドバーや天井スピーカーの設置などご相談される方も増えてきました。

出来上がりは御覧の通り。
壁掛けテレビが完成すると、すぐさまお子さんたちが視聴を開始。しっかり動作確認に協力してくれました。

thumbnail.php?id=723_33_f17eded3b2.jpg
(↑)下地補強が行われたエコカラット壁に75インチの最新液晶テレビを壁掛けHDMIケーブル4本、USBケーブル1本、LANケーブル1本を壁内に通す作業はなかなか大変でした。

thumbnail.php?id=723_3_dba9d881f8.jpg
(↑)テレビはソニーの最新液晶テレビ KJ-65X8550H。(スタンドを外した)本体サイズは145cm×84cm。本体の厚みが5.2cmという薄さなので角度固定式の壁掛け金具と組み合わせると、サイド方向からの接合面がほとんど目立たなくなります。

thumbnail.php?id=723_2_8ba8fcffc5.jpg
(↑)壁掛け工事完了後、さっそくお子さんたちによる視聴テスト。ご満足いただいた表情でスタッフもほっと一安心。

カトー電器商会では壁掛けに最適なテレビとしてソニーのブラビアシリーズをお勧めしています。壁掛けを機会にテレビの買い替えもご検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。ソニーのブラビアシリーズでしたら、量販店に負けない価格でお見積もりをご提案。さらに壁掛け工事とセットでご購入いただければ(壁掛け工事費を)特別お値引きにて対応させていただきます。
愛知県東海市でリビングに65インチ液晶テレビ(KJ-65X8550H)を壁…
神奈川県小田原市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様宅は神奈川県小田原市。カトー電器自社施工として壁掛け工事スタッフ2名がお伺いさせていただきました。

お客様が壁掛けご希望の壁面は下地補強が施されていないため、カトー電器が得意とする壁面内部からの部分補強をおこない強度を確保。そこに角度固定式の金具を設置し、お客様ご使用中のテレビ ソニーのKDL-55W802Aを取り付けました。
写真では隠れていますが、テレビの背面には専用のコンセントパネルを2つ新設。100ボルト電源、アンテナケーブル、HDMIケーブルさらにスピーカーケーブルを壁内に配線し、床上のコンセントパネルにつなげています。床上のコンセントパネルは一か所をHDMIコンセントに組み替えており、ここにレコーダー機器やゲーム機などをつなげばテレビに映像やサウンドが出力されます。
後日、テレビ台が搬入されるとのことでしたので、一部ケーブル類は接続しやすいようにそのままの引き出したかたちで工事完了となりました。

テレビ台との併用を考えているお客様の中には
「テレビが壁掛けされた状態を見てから、(それに似合う)テレビ台を選びたい」
という方も多く、そのような場合は御覧のように後でつなぎやすい状態で工事を終えさせていただくことも可能です。

お客様とは施工中もいろいろ楽しいお話をさせていただき、リラックスした雰囲気の中で楽しく作業させていただきました。

thumbnail.php?id=739_14_f220e07199.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KDL-55W802A。テレビの本体サイズは125cm×x74cm。お客様お使いのテレビです。スタンドを外し、壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=739_15_aebb42cd1c.jpg
(↑)テレビで隠れていますがテレビ後ろの壁面にコンセントパネルを2か所新設。100ボルト電源、アンテナ線、HDMIケーブルが壁内を通って、床上のコンセントパネにつながっています。

thumbnail.php?id=739_16_994727aa3b.jpg
(↑)正面から撮影。後日テレビ台がこの下に置かれるとのこと。レコーダーやゲーム機をテレビ下のHDMI端子に接続すれば映像とサウンドがテレビから出力されます。

thumbnail.php?id=739_17_bb33bda823.jpg
(↑)真横から。金具は角度固定式金具。壁面に合わせて金具はホワイトを採用。テレビ本体の厚みは6.4cmです。

thumbnail.php?id=739_18_2f634634fb.jpg
(↑)床上のコンセントパネルです。真ん中のパネルにHDMIケーブルをつなぐ端子を作らせていただきました。

カトー電器商会では、現在リビングでお使いのテレビでも壁掛けさせていただきます。テレビの型番は多くの場合、背面に記されていますので、壁の写真と一緒に専用フォーム「無料壁掛け診断」よりお送りくだされば、工事担当者がスピーディーにお見積もりを作成。営業時間内でしたら即日メールにてお返事させていただきます。
年末年始を機にテレビの壁掛けをご検討中でしたら、ぜひこの機会にカトー電器までお問い合わせください。
神奈川県小田原市で石膏ボード壁に55型液晶テレビ(KDL-55W802A)…
今回は愛知県春日井市での壁掛け工事レポートです。テレビは弊社でご購入いただいたソニー ブラビアの最新モデル KJ-65X8000H。こちらを石膏ボード+クロス張りの壁面に壁掛けさせていただきました。

お客様が壁掛けをご希望される壁面は下地補強が施されていなかったため、当社スタッフが壁内より部分補強を行い、しっかり強度を確保。その上で角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。同時にテレビで隠れる位置にテレビ用のコンセントパネルを新設。100ボルトの電源のほか、アンテナ線、HDMIケーブルなども壁内を通して配線しています。

床上の既存コンセントは、HDMIの端子を持つコンセントに組み換え工事。ここにゲーム機やDVDプレイヤーをつなぐと大画面のテレビに映像と音声が再生されるようになっています。

お部屋をスッキリさせたいけれど、ゲーム機などの置き場所にお困りの方はこのHDMIコンセントを是非ご検討ください。使うときはここに差し込み、使わないときはケーブルを外して本体を離れた場所に片づける…といった使い方ができるようになります。

テレビの壁掛け、配線工事は無事終了。最後はお子さまに動作確認をご協力していただきました。(ご協力ありがとうございます!)

thumbnail.php?id=712_32_cf6e0484be.jpg
(↑)石膏ボードの壁面に部分補強をおこない十分な強度を確保。その上で角度固定式の金具と65型のテレビを壁掛けさせていただきました。壁掛けにすると視聴距離が30cmほど遠ざかるので、65型でも圧迫感はありません。

thumbnail.php?id=712_29_231599eecd.jpg
(↑)正面から撮影。床上に見えるのが既存のコンセントをベースにしたHDMI端子付きコンセントパネル。壁内を通ってテレビと繋がっており、ゲーム機やDVDプレイヤー、パソコンなどをつなぐと映像と音声が大画面のテレビにて再生されます。

thumbnail.php?id=712_30_b7dafa716e.jpg
(↑)壁掛け工事完了後、最後の動作確認をお子さんに手伝っていただきました。真剣な面持ちで動作確認中。

thumbnail.php?id=712_28_fa30e5ce37.jpg
(↑)設置場所の右側は通り道となっているため、テレビの壁掛け部が自ずと視界に入ります。接合面は見苦しくならないよう細心の注意を払い、薄くかつシンプルに収まるようにしました。

thumbnail.php?id=712_31_88699f0fe9.jpg
(↑)床上のHDMI端子付きのコンセントパネル。ここにゲーム機やDVDプレイヤーをその都度差し込しこむ、使い終わったら片づける…というルールにすれば、テレビ周りはいつもスッキリ。

thumbnail.php?id=712_23_47a289131a.jpg
(↑)ビフォー&アフターのビフォー。お客様から送っていただいた施工前の写真。この写真とご希望のテレビの型番をお伝えくだされば、必要となるケーブルの種類、さらにはケーブルの長さ、本数までベテランの工事スタッフが算出。最短即日でお見積もりを作ります。


せっかく壁掛けテレビにするのならテレビ台も無くしてスッキリしたリビングにしてみたい。そんな風に考えていらっしゃらう方も多いと思います。
壁掛けテレビ背面に録画用のハードデイスクを取り付けれ、HDMIコンセントをご用意すれば、番組の録画・再生、DVDの再生、ゲーム機との接続も一通り解決します。
「我が家でも出来るのかな?」
と思われたら壁面の写真をスマホでパチリと撮影。弊社の壁掛け診断フォームからお写真をUPしてみてください。

壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたら、ベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でご連絡差し上げます。
愛知県春日井市で石膏ボード壁に65型液晶テレビ(KJ-65X8000H)を…
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」によるテレビ壁掛けレポートです。

今回のお客様宅は分譲マンション。壁掛けご希望の場所が、コンクリートでなおかつお隣との境に位置するため大掛かりな工事は難しいと判断。そんな折にホームページで弊社のPIXYを知り、お問い合わせされたとのこと。

テレビは現在ご使用中のSONYの49型テレビ KJ-49X9000E。壁掛けには何の問題もありません。金具は弊社から角度固定式のタイプを持ち込み工事開始となりました。

今回のPIXYは横幅が1600mm。高さはお客様宅の天井高さに合わせて2145mmとなっています。サイズに関しては多少の融通は利きますのでPIXYをご検討中の方はお気軽にご相談・お問い合わせください。
外装のクロスは落ち着いた色調のサンゲツRE51543。既存のコンセントパネルは対角の壁面にあり、ここから延長するかたちで電源を確保しています。

録画機器は向かって右隣のラック内にあり、HDMIケーブル2本を通して接続しています。PIXYはウォールシェルフ(棚)と組み合わせることが多いのですが、今回は先にレコーダー専用置場が用意されておりましたのでこのような配置・配線となりました。
午前中から作業を開始し、夕方には完成。テレビや機器類の動作確認をさせていただき作業完了となりました。

thumbnail.php?id=710_32_82b90c3308.jpg
(↑)壁面はコンクリートにクロス張り。お隣様との境界面にあたり大掛かりな工事は不可能のため、PIXYをお選びいただきました。今回のサイズは天井高に合わせて2145×1600mm。厚みは10cmです。

thumbnail.php?id=710_31_3b856516ef.jpg
(↑)正面から。お客様は小さなお子さんがいらっしゃるので、安全面を考えて壁掛けテレビにしたかったとのこと。録画機器は隣のラックに収納されており、テレビとはPIXY内を通してHDMIケーブルでつながれています。

thumbnail.php?id=710_30_1b299d8cac.jpg
(↑)PIXYの設置されている壁面に電源やアンテナ端子は無いため、対角の壁面(カーテン下のコンセント)から電源とアンテナ線を延長しています。

thumbnail.php?id=710_24_bddd9419d3.jpg
(↑)対角の壁面にあるコンセント。ケーブル剝き出しでは見た目もよろしくないので、ここは壁面と同系色のモールで配線をカバー。極力目立たないようにさせていただきました。

施工から数日後にお客様からお礼のメッセージとご感想をいただきました!
ありがとうございます。以下、お客様からのご感想です。

★★★お客様からのメッセージ ★★★

先日はPIXYの設置ありがとうございました。子どもが歩きはじめ、テレビの液晶を叩いたりするのと、高階層で思った以上に地震での揺れが大きく、テレビ台に直置きでは不安だったため、見た目の綺麗さと安全面から設置をお願いしました。

設置から1週間すぎましたが、子どもが手の届かない高さになり、安心して子供が遊べるリビングスペースになりました。

テレビの高さについても設置当日に現地でシュミレーションして頂き、子どもの身長が伸びても届きづらい、且つソファから見やすい高さに調整して頂き大変助かりました。

お越し頂いたお2人も礼儀正しく、設置当日も安心してお任せできました。
私どもの家は横付けの家具を自分たちで手配し、そこにAV関連機器を設置しましたが配線のサポートまでして頂き、見た目のスッキリ感と利便性の両立が叶いました。

家具を買うよりはお値段はかかりますが、自分の家にピッタリサイズに調整ができ、プロが安全に設置してくれるPIXYは価格以上に満足度が高いものでした。本当にありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★

(こちらこそ、ご用命いただきありがとうございました!)

フェイクウォール「PIXY」の詳細や施工事例は下記URLから。
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん、関東圏・関西圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地で組み立て・設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。
名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、49型液…
滋賀県守山市で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛け

遠方からの工事お問い合わせが増えています。今回の壁掛け工事は滋賀県守山市から。お客様宅は分譲マンション。ご希望の壁面はコンクリート+石膏ボードのふかし壁となっており、壁内配線が実現できる構造でした。下地補強は施されていなかったため、弊社で壁内に部分補強を行い、角度固定式の金具とウォールシェルフ(棚)を取り付けさせていただきました。

テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-65X8000H。今年度の最新モデルです。本体サイズは169cm×97cm。据え置きでテレビ台の上に設置するとずいぶん大きく感じたりしますが、壁掛けにすると(視聴距離が30cm程遠ざかることもあり)威圧感は覚えません。テレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設し、ケーブル類が見えないように配線させていただきました。

ウォールシェルフもしっかり補強を行った上で設置。こちらもレコーダー用のコンセントパネルを新設しています。テレビとは壁内を伝って繋がっており、テレビとレコーダーの間にケーブルが見えないのが何よりの特長です。

実はこの壁面にはテレビ用のアンテナ端子がありませんでした。アンテナ端子があるのは左側の対角壁面。そこでこの既存コンセントから壁内を通って、テレビ・レコーダーまで電源とアンテナ線をググーッと延長しています。

「電気工事士の資格を持つ者として、何としても壁内で配線してみせる!」
と担当スタッフが持ち前の知識とスキルを発揮し、御覧のようにスッキリとした壁掛けテレビが出来上がりました。

テレビとレコーダの動作を確認して工事は完了。工事後にお客様から(新居のため)神棚設置のご依頼を受け、こちらの工事も無事完了。
(ご利益があるといいねー。)
と車中で話し合いながら名古屋へと帰ってきました。

thumbnail.php?id=713_23_1c6f697220.jpg
(↑)65インチの最新液晶テレビとウォールシェルフ(棚)の壁掛けです。壁内で部分補強を行い、間柱も使ってしっかり固定されています。テレビは65型。本体サイズは169cm×97cm。

thumbnail.php?id=713_22_c8ddce7d49.jpg
(↑)正面から。ウォールシェルフから床までは45cmの高さを確保。これくらいの余裕があればお掃除も楽々ですね。左側に見える小さいほうのコンセントは延長用に新設されたものです。

thumbnail.php?id=713_24_347a14ed2f.jpg
(↑)ケーブル類は壁内配線。テレビとレコーダーにはそれぞれ「100ボルト電源」「アンテナ端子」「HDMIケーブル」のコンセントパネルが新規で用意されています。

thumbnail.php?id=713_25_029efefe7c.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)を正面から。シェルフはレコーダーに合わせたブラック。左側に新設されたコンセントパネルが見えます。

thumbnail.php?id=713_26_da4e7619f7.jpg
(↑)少し離れて撮影。奥の壁面下に見えるのが既存のアンテナ端子を持つコンセント。ここを起点に壁内を90度曲がり、テレビとレコーダーまで電源とアンテナ線を延長しています。

thumbnail.php?id=713_27_601bcee517.jpg
thumbnail.php?id=713_28_6749a20023.jpg
(↑)既存のコンセント(A)と中継コンセント(C)。この既存コンセント(A)から
1.壁内を90度直角にケーブルを延長し(B)
2.テレビと同じ壁面に中継コンセント(C)を新設
3.(C)の中継コンセントからテレビとレコーダーまで壁内を延長配線しています。

施工完了後、お客様からお礼のメッセージをいただき、さらにSNS(Instagram)でも写真をUPしていただきました。(ありがとうございます!)


壁掛けテレビを考えているけれど、レコーダーやゲーム機などの置き場でお悩みでしたらお気軽にカトー電器にご相談ください。施工例のようなウォールシェルフの他、HDMIコンセントやフロートラックなど幾つもの解決案をご提示させていただきます。
まずは壁面の写真をスマホで撮影。それから弊社の壁掛け診断フォームをご利用ください。

 壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたら、ベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でご連絡差し上げます。
滋賀県守山市で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビ(KJ-65X8000H)…
愛知県春日井市でのテレビ壁掛け工事です。お客様宅は一戸建ての注文住宅。ハウスメーカーはウッドフレンズ。

壁掛け診断フォームより送っていただいた写真は、テレビとテレビ台をわざわざずらしてコンセント位置がわかるように撮影してくださいました。
お部屋の壁は石膏ボード+クロス張りですが、材のが見えているのが特徴。壁紙と柱の間に段差がありますので注意が必要です。
下地補強の無い壁でしたので、壁内部に部分補強を行い、壁掛け金具を設置。金具は柱には傷をつけないようにスペーサーを挟んで前述の段差をクリアしています。

金具に取り付けたテレビはソニーのブラビアシリーズ 有機ELテレビのKJ-65A9G。有機EL特有の美しい映像と、テレビ本体がかすかに振動することで臨場感あふれるサウンドを再現するアコースティックサーフェースが特徴です。

お部屋の壁には、テレビを据え置きで使うことを想定したアンテナ端子が用意されていましたのでこちらを壁内に戻すように配線し直し改めてテレビと接続しました。同時にお客様とご相談し、コンセントパネルにHDMI専用のコネクターを追加加工。ここにゲーム機などを接続するとテレビに映像が映し出されるようにしました。

今回は柱が露出している壁面が特長でしたが、事前に写真を送っていただいたことにより社内で十分対応を協議、お客様宅でもスムーズに施工することができました。

thumbnail.php?id=324_9_1c438d17be.jpg
(↑)施工完了後の写真。無垢の柱が露出した壁面に角度固定式の金具を取り付け、ソニーのブラビア有機ELテレビを壁掛け。写真にではテレビに隠れてしまっていますが、壁掛け金具は柱を傷つけないよう、スペーサーをかませて若干浮かし気味にしています。

thumbnail.php?id=324_10_818be2dfe2.jpg
(↑)テレビの下に見えるコンセントパネルはお客様宅でもともとも使用されていたもの。スタンド付き(据え置き用)テレビで使用されることを想定して作られたため、この位置に作られていました。

thumbnail.php?id=324_11_ecf23371e5.jpg
(↑)既存のコンセントパネル。テレビのアンテナ線は壁内に戻し、壁内を通ってテレビへ。同時にHDMI専用のコンセントを追加加工し、ゲーム機などが繋げれるようにしています。

thumbnail.php?id=324_12_2a54faea39.jpg
(↑)壁掛け診断フォームより送っていただいたお客様撮影画像。テレビとテレビ台をわざわざ動かしコンセントの位置をわかりやすく示してくださいました。(ありがとうござます)この画像を手掛かりに、壁掛け工事のスタッフが金具の取り付け方法やケーブルの長さなどを社内で協議・シミュレート。お見積もりを作成し、お客様にメールにてご連絡させていただきました。

お手持ちのスマホでお部屋の壁面を撮影。壁掛け診断フォームより写真を送っていただければ、下見をせずともおおよその状況は把握できます。同じ写真を見ながらお電話で打合せすることも可能です。
「我が家の壁でも壁掛け出来るのかな?」
とお悩みでしたら、まずは下記フォームより写真を送ってみてください。プロの工事スタッフが豊富な経験をもとに状況を確認し、概算のお見積もりまで無料でご用意いたします。

無料壁掛けお見積り診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県春日井市にて石膏ボード壁に有機ELテレビ(KJ-65A9G)を壁…
今回は千葉県四街道市での壁掛けテレビ工事レポートです。

お写真の通り新築で、壁面にはエコカラットのグラナスルドラが貼られていました。壁掛けのための下地補強はしっかり行われており、配線経路も確保されています。その壁面に壁掛け金具を慎重に設置。アンテナ線やHDMIケーブルなどを準備したのち、ソニーの最新液晶テレビ KJ-65X9500Hを壁掛けさせていただきました。テレビサイズは65インチ。明り取りの窓と中心が揃う配置です。

テレビ下には当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらもエコカラットの上から取り付けられており、接合面がスッキリ仕上がっているのが特長です。

thumbnail.php?id=679_19_38d910ee17.jpg
(↑)施工完了後の写真です。テレビはソニーの液晶テレビ KJ-65X9500H。本体サイズは145×83cm。その下に当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらも壁掛けです。

thumbnail.php?id=679_17_09f67d6c94.jpg
(↑)正面から撮影。フロートテレビボードにはレコーダー録画などを収納。アンテナケーブル、HDMIケーブルなどの配線は壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=679_18_4c5a9dee3c.jpg
(↑)フロートテレビボートと床面の隙間は15cmを確保。モップ掃除はもちろん、ルンバなどの掃除ロボットも楽々通過できる高さです。

thumbnail.php?id=679_20_44a2701752.jpg
(↑)少し下がって撮影。繰り返しパターンの続くエコカラット壁にテレビが良きアクセントとなっています。

thumbnail.php?id=679_21_315ecd7f2c.jpg
(↑)施工途中の写真。今回使用した壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
カラーが3色用意されており、壁面に合わせてブラックを選択。汎用性が高く他社のテレビに付け替えられたとしても、そのまま利用できるのがメリットです。

thumbnail.php?id=679_22_c8d607c3da.jpg
こちらはフロートテレビボードの接合面。エコカラットの上から取り付けています。


当社ではソニー、シャープのテレビ販売も取り扱っており、今回は壁掛け工事と一緒にテレビも同時購入していただきました。(ありがとうございます)テレビ同時購入の場合、施工当日にテレビも一緒にお持ちし、開梱・設置まで一度に行わせていただきます。

壁掛けを機会にテレビ本体の買い替えもご検討中でしたら、カトー電器商会にお気軽にお問い合わせください、テレビの価格も含めたお見積りを即日作成し、メールやお電話にてご連絡させていただきます。

カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらからどうぞ。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
千葉県四街道市でエコカラット壁に65インチ液晶テレビとオリジ…
兵庫県西宮市でのテレビ壁掛け工事です。ホームページの壁掛け診断フォームよりお問い合わせをいただき、カトー電器スタッフが兵庫県までご訪問。下地補強からテレビの壁掛けまで行わせていただきました。
テレビはパナソニックのビエラシリーズ。65型の有機ELテレビ TH-65GZ2000です。このテレビと金具の重さに耐える下地補強をおこなわせていただき、持参した角度固定式の金具を取り付け、壁内配線ののちにテレビを設置させていただきました。

壁掛け診断フォームにて、あらかじめたくさんの写真を送っていただきましたので、工事の手順はスムーズに進みました。壁内には電源ケーブル、アンテナ線、それにHDMIケーブルが通っており、テレビ裏に新設したコンセントパネルに繋がっています。

工事完了後は御覧の通り。テレビ台の上に乗っていたテレビも、スタンドを外して壁掛けされると威圧感は薄まり、お部屋に新たな広がりが誕生します。


thumbnail.php?id=688_18_a246643a56.jpg
(↑)名古屋市から施工スタッフ2名が兵庫県西宮市までご訪問。下地補強を含む壁掛け工事を行わせていただきました。既存のテレビ台はそのままご使用されるとのことで、テレビの高さ決めが重要となります。

thumbnail.php?id=688_19_e0c7b224cd.jpg
(↑)正面から撮影。写真では隠れていますが、テレビ台の裏に既存のコンセントパネルがあり、そこから各種ケーブルを壁内に通してテレビへと繋げています。これも隠れて見えませんが、テレビの裏には当社スタッフが新たにコンセントパネルを新設しました。

thumbnail.php?id=688_20_baaf4d27a8.jpg
(↑)金具は角度固定式金具を採用。テレビと壁面との隙間を狭くできるのが特徴です。壁掛けテレビのすぐ隣に出入口がある場合、部屋を出入りするたびに壁掛けテレビの側面が視界に入るので、ここは出来るだけスッキリ仕上げるように心掛けました。


お子さんがつかまり立ちを始め、テレビに触れたり、倒しそうになったらい是非壁掛けテレビをご検討ください。御覧のようにテレビ高を上げれば、それだけ事故防止へとつながります。

壁掛けテレビにしたいけれど何から着手してよいか分からない方は、まずは壁面の写真をスマホで撮影。それから弊社の壁掛け診断フォームをご利用ください。

壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたらベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でメール(もしくはお電話)にてご連絡差し上げます。
兵庫県西宮市の分譲マンションで65型有機ELテレビ(TH-65GZ2000)…
大阪府八尾市での壁掛けレポートです。今回は普通の壁掛けではなく、カトー電器のオリジナル製品フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」の設置です。PIXYはお部屋の壁の前にもう一枚頑丈なニセの壁(フェイクウォール)を設置する構造。
「賃貸のため、壁面に穴を開けるなど大掛かりな工事は不許可」
「壁面がコンクリートなので壁内配線は無理」
などといったお客様から高いご指示をいただいております。

今回ご訪問させていただいたお客様宅は事前に床から天井までの高さを測っていただき(236cmでした)、それに合わせた部材を当社でご用意。お部屋にて組立と設置を行わせていただきました。

PIXY全体をくるむ外装はサンゲツ社のクロス壁紙。こちらはネットカタログからお客様にお選びいただきました。PIXYの外装は「極力既存の壁紙に溶け込むように」似たデザインを選ばれる方もいらっしゃれば、「お部屋のアクセントに」と少し趣の異なるデザインを選ばれる方もいらっしゃいます。(今回は後者になりますね)

PIXY本体を取り付けたところで、カトー電器が最も得意とするテレビ壁掛け作業の開始です。お客様とご相談しテレビの高さを決めた後、水平に気を付けながら壁掛け金具を取り付けます。今回の金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。65インチまでのテレビに対応した角度固定式金具です。カラーが黒、白、そしてシルバーの3色が用意されており、今回はPIXYの外装にピッタリのシルバーを採用しました。

https://www.ace-of-parts.com/product/2695

さらに金具の下にテレビ用のコンセントも作ります。これでテレビの準備はバッチリです。

先述の通りPIXYは「ニセ」の壁。ニセですから、本物の壁ではためらってしまうような加工にも思い切って踏み切れるのがメリット。今回はお客様のご要望でテレビ下にレコーダーなどの置き場としてウォールシェルフ(棚)を2つと、機器用の専用コンセントを設置させていただきました。コンセントパネルの新設などは壁面に開口部を設けますが「身代わり壁」のPIXYなら何ら問題ありません。

最後にテレビを取り付け通電と動作確認。ここまで1日での作業となりました。


thumbnail.php?id=650_30_9a92cb5dcc.jpg
(↑)PIXY設置後、55インチの液晶テレビとウォールシェルフ2段を壁掛けしました。下段の棚はレコーダーやインターネット機器などの置き場としてさっそく利用されています。

thumbnail.php?id=650_26_f07545ec28.jpg
(↑)正面から見たところ。今回のPIXYはお部屋のアクセント的な意味も込め、既存の壁紙とは趣の異なるデザインとなっております。PIXYの壁紙はサンゲツ社の壁紙クロスカタログからお好きなデザインをお選びいただけます。

thumbnail.php?id=650_25_1cd7b5e07b.jpg
(↑)小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが機器類に触れないようにウォールシェルフ(棚)をテレビの上にリクエストされる方もいらっしゃいます。
施工例
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=608

thumbnail.php?id=650_27_a4b1b91217.jpg
(↑)PIXY本体の厚みは10cm。下段の棚と床のあいだには何も無いので、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できます。

thumbnail.php?id=650_28_dcb1a254ff.jpg
(↑)2段の棚にクローズアップ。レコーダー機器やインターネットのWiFi機器、更にはゲーム機などを一か所にまとめたい方はご覧のようなウォールシェルフがおすすめです。奥には専用コンセントも新設しており、ケーブル類がとぐろを巻くようなこともありません。レコーダー類とテレビとはPIXY本体の中でつながっています。

thumbnail.php?id=650_29_bb518f637a.jpg
(↑)今回のお客様宅ではPIXYの設置希望の壁面にコンセントやテレビのアンテナ端子が無かったため、90度対角の壁面から電源とアンテナ線を延長させていただきました。部屋のコーナー部をまたぐため壁内に隠すことは難しく、ここはモールと呼ばれる配線カバーでケーブル類を極力目立たないように処理しています。
また既存のコンセントからの壁内で分岐させており、2つの電源コンセントは別の電化製品が接続できます。

thumbnail.php?id=650_32_4861c8bbf1.jpg
(↑)使用した壁掛け金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。色はPIXYの外装に近いシルバーを選択しました。ネジ穴がたくさん開けられており、しっかり固定できるのが特長です。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=650_31_56daf7c677.jpg
(↑)壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があると、お部屋を出入りするたびに壁掛けの接合面が視界に入ってきます。この隙間が大き過ぎると人によっては気になってしまいますが、薄さ重視する角度固定式を使えばほとんど気になりません。

thumbnail.php?id=650_17_ce51ea2d53.jpg
(↑)上から「壁掛け金具とテレビ」「テレビ用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ1段目」「レコーダ機器用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ2段目」と続きます。ご自宅の壁面にこれだけの部材を施工するのはさすがにためらわれますが、「身代わり壁」PIXYなら思い切った施工が出来てしまいます。現に他のお客様も「PIXYにテレビのみ」という方は無く、棚や壁掛けサウンドバーなど多くのオプションを付け足されています。


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん関東圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地にて組み立て、設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
大阪府八尾市でフェイクウォール「PIXY」を設置(TH-55GX850と2…
三重県鈴鹿市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

テレビは既存のソニーブラビアKJ-65X8550G。65インチの液晶テレビですね。こちらを壁掛けし、レコーダー用のウォールシェルフ(棚)もあわせて壁掛けさせていただきました。

ご希望の壁面は下地補強がされていないため、当社が推奨する壁の内側からの補強で強度を確保。その後、テレビで隠れる位置にコンセントパネルとアンテナ端子を新設し、角度固定式の金具を取り付け。最後にテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビ下にはレコーダ用のウォールシェルフも取り付け。こちらもレコーダー用のコンセントを新設しています。ウォールシェルフの取り付け位置に関して、テレビの上か下かで迷われましたが、エアコンとの兼ね合いもあり今回はテレビ「下」となりました。

施工は無事に完了。リビングの中央に鮮明な映像を映し出す壁掛けテレビが誕生しました。

ソニーのブラビアシリーズは、地デジ放送やネット動画も高精細な4K画質にアップコンバート(変換)する技術を内蔵。斜めから見ても十分な美しさで映像を満喫できるのでおススメです。

thumbnail.php?id=616_11_09ab3862f9.jpg
(↑)お部屋の中央に位置する壁面に下地補強をしたうえで、65インチの液晶テレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=616_10_81ff538d17.jpg
(↑)正面から撮影。棚の取り付け位置はテレビの上か下かで迷われましたが、エアコンとの兼ね合いも考慮し、オーソドックスなテレビ下で。メディアの出し入れなど操作性を考えるならテレビ「下」がおすすめですが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんの手が届きにくいテレビ「上」が人気です。

thumbnail.php?id=616_9_2d9292f36e.jpg
(↑)ウォールシェルフの奥行きはレコーダーの幅に合わせて、あまり飛び出ないものを選択。カラーも壁面に合わせてホワイトを採用。

thumbnail.php?id=616_13_92a8f68e78.jpg
(↑)レコーダー用の棚。右側に専用のコンセントパネルを作りました。100ボルトのコンセントと他にテレビにつながるHDMIケーブルもここを通ります。

thumbnail.php?id=616_12_097b847c99.jpg
(↑)金具は薄さを重視して角度固定式金具。テレビを真横から見ても気にならない密着度です。

補強工事、コンセントの新設、テレビ壁掛け、棚の取り付け、配線工事など含めて今回の施工は3時間程度で完了しました。作業としては長くとも半日で終わりますので、壁掛けテレビを考えている方はお気軽にご相談ください。

壁掛けテレビ用無料お見積り診断フォームはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

送っていただいた写真を元に工事担当者がお見積りをスピーディに作成。最短で当日、遅くとも翌日にはメール、もしくはお電話にてお見積りをご連絡させていただきます。
三重県鈴鹿市で65インチテレビ(KJ-65X8550G)とレコーダ用の棚を…
関東地区での壁掛けレポートです。今回は千葉県松戸市にてソニーの有機ELテレビ(KJ-55A8H)を壁掛けさせていただきました。

ご訪問先は木目調のクロスが貼られた壁面。補強工事が必要でしたので、壁内にジャストップ補強を行い、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。テレビはソニーの有機ELテレビA8シリーズ。黒が映える映像美と、画面全体が小さく振動してサウンドを拡げるアコースティックサーフェイスが特長です。

今回はレコーダー類の置き場としてウォールシェルフ(棚)も新設。小さなお子さんもいらっしゃいますので、棚の位置はテレビの「上」となっています。テレビの背面と棚の上にそれぞれ専用のコンセントも新設しています。

壁掛けテレビで薄さを追求される方も多くいらっしゃいますが、壁面に密着させ過ぎると、USBメモリなどの機器類を接続するのが難しくなることがあります。それらを考慮し、今回の壁掛けはUSB機器(デジカメやビデオカメラなど)がお客様ご自身で接続しやすいよう、ある程度のスペースも確保させていただきました。

コロナ禍の影響で、ご家族揃ってリビングで過ごされる時間がとても増えています。家族が集まる大切な空間を壁掛けでもっと広く、そして快適にしていただけたら幸いです。


thumbnail.php?id=624_15_49f127eded.jpg
(↑)木目調の壁紙クロスが貼られた壁に有機ETテレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛け。ウォールシェルフはお子さんの手の届きにくいテレビ「上」に設置しました。

thumbnail.php?id=624_13_1a8eaa974f.jpg
(↑)今のテレビは視野角が大変広いので、斜めから見ても美しい映像が楽しめます。隣接するキッチンからでもテレビが視聴出来るのは嬉しいですね。

thumbnail.php?id=624_11_c66659eeff.jpg
(↑)正面から。テレビの裏側に新しくコンセントを1つ。それと棚の左上にもコンセントを1つ新設しています。

thumbnail.php?id=624_15_49f127eded.jpg
(↑)ウォールシェルフのズーム。レコーダー置き場所として人気です。HDMIなどの映像ケーブルは壁内を通ってテレビと接続されています。棚とテレビとの間に一切ケーブルが見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=624_14_27939b0354.jpg
(↑)デジカメやビデオカメラを直接テレビに接続して運動会などの映像を映し出したい時は、テレビ側面にある端子口が便利です。あまりに壁に密着させると個々のスペースが狭くなり、ケーブルの抜き差しが難しくなってしまいます。映像機器の抜き差しを頻繁にされる方は、ここにある程度のスペースを確保されることをおすすめいたします。
千葉県松戸市にて55インチ有機ELテレビ( KJ-55A8H)を壁掛け
今回の壁掛け施工は三重県四日市市です。ソニーの55インチ液晶テレビ KJ-55X9500Hを壁掛けさせていただきました。補強が施されていない壁でしたので、ジャストップによる壁内補強を行なった上で、角度固定式金具を取り付け。壁内配線の準備をしてからテレビを取り付けさせていただきました。

テレビ台はそのまま使用されるとのことで、テレビ台の中に収納されているブルーレイレコーダ、ケーブルテレビチューナーなどとは壁内を経由してテレビと接続しています。

50インチクラスのテレビとなる、そこに映し出される俳優さんは原寸大の人間と大差ありません。小さなお子さんさんはその区別がつかず、そこに本物の人がいると錯覚し「突進」していくこともしばしば。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭で、テレビに突進されて困っているご家庭がありましたら壁掛けテレビを是非ご検討ください。

thumbnail.php?id=621_7_dd1d6d0354.jpg
(↑)壁掛け施工完了後に正面から撮影。テレビ台に付けられたL字型クッションやストッパー類は小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では必需品となりつつあります。

thumbnail.php?id=621_8_bce95ce1d8.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビア X9500Hシリーズ。Androidを内蔵しており、リモコン操作で簡単にYoutubeやAmazonPrimeビデオ、Netflixなどのネット動画が大画面でお楽しみいただけます。
三重県四日市市で55インチ液晶テレビ(KJ-55X9500H)を壁掛け
カトー電器商会ではWebサイト上に壁掛け診断フォームを設置。お客様に壁の写真を送っていただくことで、下見を行わないお見積り作成を実施しております。年間数百を超える壁掛け施工を行っていますので、写真さえ見せていただければ、必要な工事やケーブル類の長さなどもある程度分かります。お見積りは無料ですので、壁掛けテレビをお考えの方はお気軽にご利用・ご相談ください。

無料壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

さて愛知県名古屋市での壁掛け工事レポートです。今回のお客様も上記の診断フォームより写真を送っていただきました。写真を見ると石膏ボード壁で既に下地補強が行われていることがうかがえます。
既に壁掛けテレビ用のコンセントパネルも用意されており、これを隠すためにテレビと金具の位置決めが重要になってきます。必要なケーブル類と長さを算出し、工事費を含めて「即日」お客様にお見積りをメールでご提案。お見積にご納得いただきましたので、日程を調節して施工となりました。

テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-65X9500G。65インチの液晶テレビです。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。据え置きですとスタンドのサイズも相まってとても大きく見えますが、壁掛けにするとスタンドもなく、さらにテレビ位置も30cmほど後退するので、圧迫感はほとんど感じられません。

今回はテレビ台との併用で、サウンドバーとの配線がポイントとなりました。テレビとサウンドバー、ブルーレイレコーダーをつなぐHDMI2本は壁内を通すかたちで写真には写っていません。そのため見た目はご覧のようにとてもすっきりしています。壁掛けテレビを美しく見せるポイントは「配線をいかに隠すか」ですので、この壁内処理には特に注意を払います。

thumbnail.php?id=525_4_29ee439e1d.jpg
(↑)壁掛け工事完了直後の写真。正面から撮影。既に壁掛けテレビ用のコンセントパネルが用意されている場合、コンセントをテレビで隠すためにテレビや金具の位置決めはある程度の制限を受けます。(当社でコンセントを作る場合はテレビ・金具の位置決めはかなり自由度が増えます。)今回は65インチのいうこともあり、綺麗にコンセントを隠すことが出来ました。

thumbnail.php?id=525_5_ca2bda598a.jpg
(↑)テレビはソニーの液晶テレビ KJ-65X9500G。65インチ(145cm×83cm)というサイズですが、壁掛けにすると据え置きに比べて画面が数十cm後退しますので、それほど圧迫感は感じません。

thumbnail.php?id=525_6_500f7e13a7.jpg
(↑)「壁掛け診断フォーム」経由でお客様から送っていただいた写真。この写真から金具の種類、ケーブルの本数、長さなどを施工担当者が算出しました。写真を送っていただければ下見をせずともお見積りまで作成できるのがカトー電器商会の強みです。


テレビの壁掛け工事をご検討中の方へ
スマホでお部屋の壁写真を撮影。あとは壁掛け診断フォームから必要項目を記入して送信するだけ。無料でお見積りを作成し、最短即日でメール、もしくはお電話でご連絡いたします。

壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県名古屋市で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビ(KJ-65X9500…
カトー電器商会では一般のお客様だけでなく、ハウスメーカー様からも壁掛けのご依頼を数多く承っております。今回はサーラ住宅様からのご依頼で、浜松市のモデルハウスにテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビは55インチ液晶テレビ。壁面はエコカラット。壁掛けテレビを想定し、壁内補強は万端の状態です。角度固定式の金具を取り付け、電源やアンテナ線、HDMIケーブルなどの配線処理を行なった上でテレビ本体を壁掛けさせていただきました。

今回のモデルハウスで興味深かったのはキッチンとリビングの間取りです。キッチンに立ちながらでも、テレビが楽に視聴できるようになっており、このレイアウトは良くできているなぁ…と驚かずにはいられませんでした。

thumbnail.php?id=618_9_9f22c49721.jpg
(↑)壁掛けテレビを前提に設計されたリビング壁面。1階のレイアウトは秀逸で、どの場所からでもテレビが視聴できるようになっています。

thumbnail.php?id=618_10_499b16df54.jpg
(↑)キッチンに立ったところからテレビを見てみます。リビングに背を向けずに調理できるのがポイントです。

thumbnail.php?id=618_11_4dcd60e763.jpg
(↑)こちらはリビング側から。テレビ台は脚付きタイプのものですが、壁掛けですのでケーブル類がとぐろを巻くようなことはありません。ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できるようになっています。
静岡県浜松市のサーラ住宅モデルハウスにて55インチ液晶テレビ(…
京都市での壁掛けテレビ施工です。

寝室に32インチの液晶テレビを壁掛けさせていただきました。寝室の壁掛けテレビで求められるのは「ベッドに寝ながら視聴できる」こと。テレビとベッドの位置関係から下から仰ぎ見ることになりますので、お客様とご相談の上、可動式の金具を採用させていただきました。可動式金具は上下方向に角度が変えられるものもありますが、写真のようにテレビとベッドの位置が斜めになるため、左右にも首が振れるいわゆる「角度上下左右可動式」の金具となっています。

録画した番組やDVDも視聴できるようにとのご要望で、レコーダー用のウォールシェルフ(棚)も設置。テレビ用とレコーダー用、それぞれコンセントパネルも新設し、壁内でこれらを接続しています。

テレビ本体はインターネットに対応しておりませんが、背面にAmazonのFire TV Stickを接続することで、YoutubeやAmazonPrime、さらにはNetflixなどのネット動画も楽しめるようになっています。

リビングに続いて寝室での壁掛けテレビも少しずつ広まっています。週末の夜、スマホよりもはるかに見やすい大画面で深夜番組やネット動画楽しんでみませんか。


thumbnail.php?id=632_12_6d9c1104a5.jpg
(↑)寝室に取り付けられた32インチテレビ。リビングとは異なり、寝室では「ベッドから仰ぎ見る」ことが多いため、上下方向に角度が変えられる金具が人気です。今回はテレビとベッドの位置関係から左右にも角度が変えられる金具を選ばせていただきました。

thumbnail.php?id=632_13_52dbe7f3ec.jpg
(↑)寝室にアンテナ線が無い場合でも、最近のテレビでしたらWiFi接続でYoutubeやNetflixなどのネット動画を楽しむことが出来ます。テレビがネットに対応していなく場合でも、AmazonのFire TV Stick、Googleの
Chromecastを差し込めばネット対応テレビに早変わり。

thumbnail.php?id=632_14_e0e1900f51.jpg
(↑)ベッド側から。枕元にリモコンを置いておけば朝のニュースチェックも楽々です。

thumbnail.php?id=632_15_a55b90f0eb.jpg
(↑)テレビの背面。テレビの向きが上下左右に変えられるため、ケーブルには多少の「あそび」を持たせてあります。テレビのサイズが大きくなり、ふり幅が大きくなれば、それだけケーブルの「あそび」も必要になりますのでご注意ください。


今回のお客様は寝室だけでなく、リビングの壁掛けもあわせてご依頼いただきました。
「京都市で65インチ有機ELテレビとサウンドバーを壁掛け」
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=602
カトー電器商会では、同日施工で2台以上の壁掛けをご依頼いただいたお客様に特別お値引きをさせていただいております。
「せっかくだから、この部屋も壁掛けしてみようかな…。」
とお考え中でしたら、まとめてお見積りをご相談ください。

thumbnail.php?id=632_17_a0114fad46.jpg
(↑)一軒で2台以上の同日施工なら特別お値引きさせていただいております。組み合わせはさまざま。「リビング+寝室」や「リビング+キッチン」が静かなブームです。
京都市で32インチ液晶テレビ(KDL-32CX400)を寝室に壁掛け
  1. ≪先頭
  2. <前へ
  3. 次へ>
  4. 最後≫