壁掛けテレビギャラリー

壁掛けテレビギャラリー

  1. ≪先頭
  2. <前へ
  3. 次へ>
  4. 最後≫
今回は千葉県四街道市での壁掛けテレビ工事レポートです。

お写真の通り新築で、壁面にはエコカラットのグラナスルドラが貼られていました。壁掛けのための下地補強はしっかり行われており、配線経路も確保されています。その壁面に壁掛け金具を慎重に設置。アンテナ線やHDMIケーブルなどを準備したのち、ソニーの最新液晶テレビ KJ-65X9500Hを壁掛けさせていただきました。テレビサイズは65インチ。明り取りの窓と中心が揃う配置です。

テレビ下には当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらもエコカラットの上から取り付けられており、接合面がスッキリ仕上がっているのが特長です。

thumbnail.php?id=679_19_38d910ee17.jpg
(↑)施工完了後の写真です。テレビはソニーの液晶テレビ KJ-65X9500H。本体サイズは145×83cm。その下に当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらも壁掛けです。

thumbnail.php?id=679_17_09f67d6c94.jpg
(↑)正面から撮影。フロートテレビボードにはレコーダー録画などを収納。アンテナケーブル、HDMIケーブルなどの配線は壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=679_18_4c5a9dee3c.jpg
(↑)フロートテレビボートと床面の隙間は15cmを確保。モップ掃除はもちろん、ルンバなどの掃除ロボットも楽々通過できる高さです。

thumbnail.php?id=679_20_44a2701752.jpg
(↑)少し下がって撮影。繰り返しパターンの続くエコカラット壁にテレビが良きアクセントとなっています。

thumbnail.php?id=679_21_315ecd7f2c.jpg
(↑)施工途中の写真。今回使用した壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
カラーが3色用意されており、壁面に合わせてブラックを選択。汎用性が高く他社のテレビに付け替えられたとしても、そのまま利用できるのがメリットです。

thumbnail.php?id=679_22_c8d607c3da.jpg
こちらはフロートテレビボードの接合面。エコカラットの上から取り付けています。


当社ではソニー、シャープのテレビ販売も取り扱っており、今回は壁掛け工事と一緒にテレビも同時購入していただきました。(ありがとうございます)テレビ同時購入の場合、施工当日にテレビも一緒にお持ちし、開梱・設置まで一度に行わせていただきます。

壁掛けを機会にテレビ本体の買い替えもご検討中でしたら、カトー電器商会にお気軽にお問い合わせください、テレビの価格も含めたお見積りを即日作成し、メールやお電話にてご連絡させていただきます。

カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらからどうぞ。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
千葉県四街道市でエコカラット壁に65インチ液晶テレビとオリジ…
今回は愛知県名古屋市での壁掛け施工。ハウスメーカーは愛知県を中心に展開している玉善(たまぜん)さまです。

お客様がご既定の壁面は下地補強がされていなかったため、壁内に開口を設け、ジャストップによる部分補強を行いました。その後、間柱も併用して角度固定式の金具を取り付け。
金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
ホワイト、シルバー、ブラックのラインナップがあり、今回は壁面に合わせてホワイトを選択しました。
ケーブル類が一切見えない壁内配線をご希望でしたので、テレビで隠れる位置にコンセントパネルも新設。更にテレビ台の裏側にもコンセントを増設しています。


壁掛けするテレビはソニーのブラビア最新モデル KJ-65X8000Hです。すでに据え置きとして使用されていましたので、スタンドを取り外し、壁掛けさせていただきました。
「外したスタンドはどうすれば良いですか?」
と質問されるお客様がいらっしゃいますが、これはネジも含めて大切に保管されることを強くお勧めしています。将来壁掛けテレビを買い替えた際、スタンドが無いと壁から外されたテレビは再度どこかに壁掛けするしかありません。スタンドを取っておけば、再び据え置きとして「も」使うことが出来るようになります。

アンテナ線やHDMIなどケーブル類は壁内を通してテレビ台のレコーダー機器へ接続。動作確認まで行い、無事施工完了となりました。


thumbnail.php?id=669_15_686922cde6.jpg
(↑)石膏ボードの壁面は下地補強がされていなかっため、スタッフがジャストップによる部分補強を行い、間柱も併用して角度固定式金具を取り付けました。配線はケーブル類が壁の裏側に隠れる壁内配線です。

thumbnail.php?id=669_16_bc671c5a7f.jpg
(↑)真正面から撮影。テレビの位置は壁面の中心に。高さはあまり低くすると、せっかくの壁掛け感(宙に浮いている感じ)が薄れてしまいます。横位置の位置決めは簡単ですが、高さの位置決めは慎重に。

thumbnail.php?id=669_17_9e977401ce.jpg
(↑)壁掛けテレビの横に出入り口があります。お部屋を出入りするたびに壁掛けの厚みが気になる方は、極力隙間を減らせる角度固定式の金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=669_18_89dd9244be.jpg
(↑)反対方向から。テレビ台の中にレコーダー機器など収納されており、HDMIケーブルを通してテレビと繋がっています。壁内に通したHDMIケーブルは2本。

thumbnail.php?id=669_19_7e033791ef.jpg
(↑)今回使用した角度固定式金具。エースオブパーツ社のPLB-141M。さまざまなテレビメーカーに対応した汎用金具です。カラーが3色用意されており、今回は壁面に合わせたホワイトを選択。ねじ止めされている箇所に間柱と部分補強のジャストップがあります。
メーカーホームページはこちら
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
金具の右下に見えるのがテレビ用のコンセントと各種ケーブル類です。

thumbnail.php?id=669_20_aee4e71bd8.jpg
(↑)テレビと壁面のあ隙間にカメラを挿し込んで撮影。御覧のように隙間はギリギリ。薄さを求めるのなら角度固定式金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=669_21_a9e8e8ffba.jpg
(↑)こちらはテレビ台と壁面の隙間を上から撮影。当社で新設した2つ目のコンセントパネルです。

テレビの買い替えを機に壁掛けもお考えでしたら、専門店のカトー電器商会にお問い合わせ・ご相談ください。スマホで現在のお部屋の壁を撮影し、当社専用のフォームから送っていただければ工事スタッフが無料で診断・お見積作成。最短即日でご連絡差し上げます。

無料壁掛けお見積り診断フォームはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県名古屋市で65インチ液晶テレビ(KJ-65X8000H)を壁掛け
愛知県名古屋市でテレビ壁掛け工事レポートです。今回のお客様宅は積水ハウス。(過去に何度も施工させていただいております)

お客様がご希望される壁面は壁掛け用の下地補強が施されていませんでした。そこで当社が得意とするジャストップ補強を行い、壁掛け金具とウォールシェルフ(棚)をしっかり取り付けさせていただきました。
壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。角度固定式の金具でテレビと壁面の隙間を出来るだけ小さくしたい方におすすめです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
汎用金具ですのでさまざまなメーカーに対応しており、将来異なるメーカーのテレビに買い替えられたとしても、ほとんどの場合そのまま使い続けることが出来ます。

今回はレコーダー機器やゲーム機、それにWiFi機器などテレビと一緒に繋いで使う機材が多く、お客様からのご要望でウォールシェルフ(棚)を取り付けさせていただきました。ただしテレビの真下からケーブルが見えるのはスマートではありませんので、HDMIケーブルなどは一旦壁内を通し、シェルフ専用のコンセントパネルで接続する方法を採用しています。(壁内配線)

工事の結果はご覧の通り。床上に配線は1本も無く、とてもすっきりとした空間が生まれました。テレビ台を据え置きで視聴する場合、レコーダー機器やゲーム機などはテレビ台の中に収納しがちですが、壁掛けテレビ+ウォールシェルフにすることで、テレビ台を無くし、お部屋を広く使えるようになります。在宅ワークなっでリビングで過ごす時間が増えている方は、ぜひ一度「テレビ台の撤去」をイメージしてみてください。きっと思いのほか広いスペースが生まれるはずです。


thumbnail.php?id=655_10_ae522ffc33.jpg
(↑)パナソニック有機ELテレビ(TH-55FZ950)を壁掛けし、レコーダーやゲーム機の置き場としてテレビ下にウォールシェルフ(棚)を設置。施工時間は3時間程になります。

thumbnail.php?id=655_9_dce205c901.jpg
(↑)左下に見えるのが既存のコンセントパネル。電気工事士の資格を持つスタッフが、このコンセントをベースに壁内に配線を通し、テレビの裏側とウォールシェルフの左側に専用のコンセントを新設しました。

thumbnail.php?id=655_11_61c5e4ea2b.jpg
(↑)レコーダーやゲーム機、WiFiルーターなど、テレビに繋ぐ機材は増える一方。それらの重みに耐えられるようにウォールシェルフもジャストップによる補強を行った上でへ壁掛けしています。

thumbnail.php?id=655_12_64ed7c3fd5.jpg
(↑)左中央に見えるのがシェルフ用のコンセントパネル。HDMIケーブルなどが壁内を通してテレビと接続されています。小さなお子さんがいらっしゃる家庭では手が届かないようにと、テレビ「上」のシェルフが人気です。

thumbnail.php?id=655_13_a371f1a2db.jpg
(↑)使用した金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。汎用金具ですので、将来別メーカーのテレビに買い替えられたとしても、よほどのことが無い限りそのまま使い続けることが出来ます。カラーは壁面に合わせてホワイトを選択。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=655_14_7e2507e189.jpg
(↑)角度固定式金具の特徴は何といってもその薄さにあります。特に壁掛けテレビの横に出入り口があるお部屋の場合、部屋を出たり入ったりするたびに壁掛けテレビの側面が気になりますので、出来るだけ薄く、そして目立たない構成が重要になってきます。


「壁掛けテレビ、いいな」と思ったらお気軽にカトー電器にお問い合わせください。スマホで現在のお部屋の壁を撮影、専用フォームから送っていただくだけで専任スタッフが無料で診断・お見積作成。最短即日でご連絡差し上げます。

無料壁掛けお見積り診断フォームはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県名古屋市で55型パナソニック有機ELテレビ(TH-55FZ950)と…
愛知県名古屋市での施工事例です。お客様宅のハウスメーカーはへーベルハウス。今回は事前に当社ショールームにご来店いただき、そこで細かな打ち合わせをさせていただいております。

施工当日。壁掛けご希望の壁面にはエコカラットのグラナスルドラが貼られていました。壁掛け用の下地補強は無かったため、エコカラット壁に開口を設け、ジャストップを使って壁内に部分補強を行います。その後開口をふさぎ、角度固定式の汎用金具を取り付けました。エースオブパーツ社のPLB-141Mという金具で、さまざまなテレビメーカーに対応しているのが特徴。将来テレビを買いけられても、金具まで取り外すことなく、そのまま流用できるのがメリットです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695


同時にテレビ用のコンセントパネルも新設します。3個口のコンセントで1つは100ボルト電源、残りの2つには、アンテナ線とHDMIケーブルを通し、壁内を伝ってテレビ台のレコーダー機器類へと繋げました。

テレビは現在ご使用中のソニーブラビアシリーズ KJ-65A9G。有機ELテレビです。美しい映像と画面全体が振動してサウンドを再現するアコースティックサーフェイスが特長。本体の厚みの薄く、壁掛けにもおすすめのテレビといえます。

壁掛けテレビの隣にドアがある間取りですので、部屋の出入りのたびに壁掛けの接合面が視界に入ります。しかしエコカラットの上から直接壁掛けしており、接合面を極力薄くできる角度固定式金具+最新の薄型テレビのため、ご覧のように気になりません。

施工結果はご覧の通り、エコカラットの繰り返しパターンの中に、テレビが良いアクセントとなる素敵な一画が生まれました。


thumbnail.php?id=653_12_49a6d050b1.jpg
(↑)まずは正面から撮影。エコカラットは繰り返しパターンが続きますので、そこにテレビを壁掛けすると良いアクセントになってくれます。配線は壁内にケーブルを通す壁内配線です。

thumbnail.php?id=653_11_de7b6bdc73.jpg
(↑)リクシルのエコカラット「グラナスルドラ」が貼られたリビングの一画。ここにソニーの65型有機ELテレビ KJ-65A9Gを壁掛けさせていただきました。下地補強がないエコカラット壁でもカトー電器なら壁掛けテレビが実現できます。

thumbnail.php?id=653_14_d50afdfb99.jpg
(↑)テレビ台の中にはひかりTVチューナーやブルーレイプレイヤーが収められており、壁内を伝ってテレビとつながっています。壁内のケーブルは地デジ用アンテナ線1本とHDMIケーブルが4本。

thumbnail.php?id=653_13_ea9d1e386d.jpg
(↑)壁掛けテレビの隣に出入り口があり、リビングに出入りするたびにこの光景が視界に入ります。そのためテレビと壁面の接合面は目立たぬようにしました。

thumbnail.php?id=653_15_9405eb1548.jpg
(↑)使用した金具はエースオブパーツ社の角度固定式金具。PLB-141Mを採用。テレビと壁面の隙間を薄く出来るのだメリットです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
間柱と壁内補強がある個所にネジ止めしています。下に見えるのはテレビ用のコンセントパネル。白いケーブルがアンテナ線。黒い4本のケーブルがHDMIケーブルです。

thumbnail.php?id=653_16_8b17a678d0.jpg
(↑)エコカラット壁面の金具との接合面。エコカラット壁の上から直接金具を固定することで、とても自然かつすっきりとした仕上がりになりました。


下地補強なしのエコカラット壁でも、テレビの壁掛けは実現できます。既にエコカラットを貼られた方でも、「壁掛けテレビにしてみたいな」とお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
名古屋市でエコカラット壁に65インチ有機ELテレビ(KJ-65A9G)を…
愛知県知多市でのテレビ壁掛けレポート。ハウスメーカは過去に何度も施工経験があるエサキホームです。

壁掛けさせていただいたのはソニーの最新有機ELテレビA8Hシリーズ KJ-65A8H。スタンドを外すと本体厚みが5.2cmの薄さを誇る、まさに壁掛け向きのテレビです。

下地補強はありませんので、ジャストップによる補強を行い、間柱も併用して金具を取り付けさせていただきました。金具はエースオブパーツ社の PLB-141M。角度固定式でテレビとの隙間を最小限に抑えることが出来ます。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
またソニーのブラビアシリーズに限らず、さまざまなメーカーTVに対応しているのもポイント。将来別メーカーのテレビに買い替える際にもそのまま利用し続けられるのは大きなメリットといえます。

テレビの背面には4TBの外付けハードディスクを取り付け、番組録画も出来るようにさせていただきました。壁掛けテレビだけにして他の機器は置きたくないという方には、テレビ裏の録画ハードディスクは特におすすめです。

テレビとハードディスクのために専用のコンセントパネルも新設し、テレビ周りにケーブル類が一切見えない環境が完成しました。


thumbnail.php?id=651_15_7148991e4c.jpg
(↑)ハウスメーカーはエサキホーム。壁の向こうは玄関となっており、壁内の配線スペースは比較的余裕がありました。65インチの有機ELテレビを角度固定式の汎用金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=651_16_7a9180cc24.jpg
(↑)正面から撮影。ソニーの有機ELテレビはパネル自体が振動してサウンドを伝えるアコースティックサーフェイスを採用。サウンドバーを併設せずとも臨場感あふれるサウンドが楽しめるのが特長です。

thumbnail.php?id=651_17_ac591050ee.jpg
(↑)テレビの背面に専用の混戦tパネルを新設し、電源とアンテナ線をつなぐようになっています。テレビの裏側には録画用のハードディスクを取り付けています。

thumbnail.php?id=651_18_1b3151abe4.jpg
(↑)テレビを取り付ける前の状態。さまざまなメーカーに対応した角度固定式金具の台座と、テレビ用に新規に作られたコンセントパネルです。金具は壁の色に合わせたホワイトを選択しています。

thumbnail.php?id=651_19_c39bf2bc77.jpg
(↑)テレビ壁掛け後の新設コンセントパネルをズームで接写。テレビと録画用のハードディスクに電源を供給しています。壁掛けテレビでネックとなる配線周りですが、コンセントパネルを新設することでスマートに解決できます。

thumbnail.php?id=651_20_37d6a051a8.jpg
(↑)テレビと壁面との接合面。壁掛けテレビの隣に出入口がある場合、お部屋を出入りするたびに壁掛けテレビの側面が視界に入ります。この側面が気にならないように極力薄くスマートに仕上げるのが本施工のポイントといえるでしょう。

ソニーのブラビアシリーズは壁掛けを視野に入れた設計となっており、本体の厚みもかなりの薄さとなっております。カトー電器ではブラビアシリーズの販売も行っており、壁掛け工事とセットで購入された方には特別お値引きも実施しております。壁掛けを機にテレビの買い替えをご検討されているなら、ぜひテレビのお見積りもあわせて当社にご相談ください。

壁の写真を撮影し、専用フォームからお問い合わせくだされば工事担当者とテレビ販売担当が協力して、最短即日にてお見積りをご連絡いたします。

無料壁掛けお見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県知多市で65インチ有機ELテレビ(KJ-65A8H)を壁掛け
愛知県名古屋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

今回お客様が壁掛けをご希望された壁面にはアンテナ端子やコンセントパネルがありませんでした。そこで90度対角の壁面から100ボルト電源とアンテナ端子を延長する形で壁掛けテレビを実現しました。

テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-55GZ2000。55型の有機ELテレビです。パナソニックのテレビは他メーカーと比べて重量がありますので、補強も入念に行わねばなりません。そこで金具はエース・オブ・パーツ社の角度固定式金具(↓下記参照)を使い、間柱2本とジャストップ補強とを組み合わせて、がっちり固定させていただきました。

結果はご覧の通り。壁内に配線を通すことで、テレビとテレビ台のあいだにはケーブルが1本も見えない美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=652_15_3fb197d0d0.jpg
(↑)壁掛けテレビ完成写真から。テレビが設置されている壁面には電源コンセントやアンテナ端子がありません。奥の壁面から90度曲がるかたちでアンテナ線や電源を延長しています。


thumbnail.php?id=652_16_2a4785a7f4.jpg
(↑)壁掛け完成写真。右の壁から延長されたケーブル類はテレビ台の後ろを通り、一旦壁の中に入ってテレビと繋がっています。


thumbnail.php?id=652_17_de7b0f4b53.jpg
(↑)正面から撮影した写真。テレビとテレビボードとの間には何もないところがポイント。カトー電器が最も得意とする壁内配線です。


thumbnail.php?id=652_23_5e9e5a6ae3.jpg
(↑)金具はエース・オブ・パーツ社の角度固定式金具 PLB-141M。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
壁面へのネジ穴が斜めになっており、ネジ締めギリギリまで角度調節が出来るのが特徴。水平がポイントとなる壁掛けテレビでは、この角度調整がとても重要になってきます。カラーはホワイト、ブラック、シルバーが用意されている中で、壁面に合わせてホワイトを選択しました。
「もっと全体にネジを付けなくていいの?」
と思われるかもしれませんが、石膏ボードしか当たらない箇所にいくらネジどめしてもテレビは支えきれません。壁内の間柱に当たる場所、そしてジャストップ補強の箇所にのみしっかりネジ止めしています。

thumbnail.php?id=652_22_9fa7e1ef43.jpg
(↑)テレビ壁掛け後、金具とテレビの接合部を接写。この金具は壁面に固定するプレートと、テレビ側にネジ止めする2本の支持金具とで構成されています。組み合ると「カチッ!」とロック機構が働き、ガッチリ固定されるので安心です。

thumbnail.php?id=652_20_ac68ec8c66.jpg
(↑)壁面にはアンテナ端子や電源コンセントが無いため90度対角の壁面にあるコンセントから延長しています。ここは壁内を通すことが出来ませんので、そのままケーブル類を通し、モールと呼ばれる配線カバーで極力目立たないように処理しています。


thumbnail.php?id=652_21_59d8ed3338.jpg
(↑)電源コンセントの様子。配線カバーは壁面にピタリと付け、コーナー部分も専用部材でカバーしました。細部まで水平や直角を意識して取り付けると、ほとんど目立たなくなります。
コンセントが無い壁面に有機ELテレビ(TH-55GZ2000)を壁掛け
大阪府八尾市での壁掛けレポートです。今回は普通の壁掛けではなく、カトー電器のオリジナル製品フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」の設置です。PIXYはお部屋の壁の前にもう一枚頑丈なニセの壁(フェイクウォール)を設置する構造。
「賃貸のため、壁面に穴を開けるなど大掛かりな工事は不許可」
「壁面がコンクリートなので壁内配線は無理」
などといったお客様から高いご指示をいただいております。

今回ご訪問させていただいたお客様宅は事前に床から天井までの高さを測っていただき(236cmでした)、それに合わせた部材を当社でご用意。お部屋にて組立と設置を行わせていただきました。

PIXY全体をくるむ外装はサンゲツ社のクロス壁紙。こちらはネットカタログからお客様にお選びいただきました。PIXYの外装は「極力既存の壁紙に溶け込むように」似たデザインを選ばれる方もいらっしゃれば、「お部屋のアクセントに」と少し趣の異なるデザインを選ばれる方もいらっしゃいます。(今回は後者になりますね)

PIXY本体を取り付けたところで、カトー電器が最も得意とするテレビ壁掛け作業の開始です。お客様とご相談しテレビの高さを決めた後、水平に気を付けながら壁掛け金具を取り付けます。今回の金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。65インチまでのテレビに対応した角度固定式金具です。カラーが黒、白、そしてシルバーの3色が用意されており、今回はPIXYの外装にピッタリのシルバーを採用しました。

https://www.ace-of-parts.com/product/2695

さらに金具の下にテレビ用のコンセントも作ります。これでテレビの準備はバッチリです。

先述の通りPIXYは「ニセ」の壁。ニセですから、本物の壁ではためらってしまうような加工にも思い切って踏み切れるのがメリット。今回はお客様のご要望でテレビ下にレコーダーなどの置き場としてウォールシェルフ(棚)を2つと、機器用の専用コンセントを設置させていただきました。コンセントパネルの新設などは壁面に開口部を設けますが「身代わり壁」のPIXYなら何ら問題ありません。

最後にテレビを取り付け通電と動作確認。ここまで1日での作業となりました。


thumbnail.php?id=650_30_9a92cb5dcc.jpg
(↑)PIXY設置後、55インチの液晶テレビとウォールシェルフ2段を壁掛けしました。下段の棚はレコーダーやインターネット機器などの置き場としてさっそく利用されています。

thumbnail.php?id=650_26_f07545ec28.jpg
(↑)正面から見たところ。今回のPIXYはお部屋のアクセント的な意味も込め、既存の壁紙とは趣の異なるデザインとなっております。PIXYの壁紙はサンゲツ社の壁紙クロスカタログからお好きなデザインをお選びいただけます。

thumbnail.php?id=650_25_1cd7b5e07b.jpg
(↑)小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが機器類に触れないようにウォールシェルフ(棚)をテレビの上にリクエストされる方もいらっしゃいます。
施工例
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=608

thumbnail.php?id=650_27_a4b1b91217.jpg
(↑)PIXY本体の厚みは10cm。下段の棚と床のあいだには何も無いので、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できます。

thumbnail.php?id=650_28_dcb1a254ff.jpg
(↑)2段の棚にクローズアップ。レコーダー機器やインターネットのWiFi機器、更にはゲーム機などを一か所にまとめたい方はご覧のようなウォールシェルフがおすすめです。奥には専用コンセントも新設しており、ケーブル類がとぐろを巻くようなこともありません。レコーダー類とテレビとはPIXY本体の中でつながっています。

thumbnail.php?id=650_29_bb518f637a.jpg
(↑)今回のお客様宅ではPIXYの設置希望の壁面にコンセントやテレビのアンテナ端子が無かったため、90度対角の壁面から電源とアンテナ線を延長させていただきました。部屋のコーナー部をまたぐため壁内に隠すことは難しく、ここはモールと呼ばれる配線カバーでケーブル類を極力目立たないように処理しています。
また既存のコンセントからの壁内で分岐させており、2つの電源コンセントは別の電化製品が接続できます。

thumbnail.php?id=650_32_4861c8bbf1.jpg
(↑)使用した壁掛け金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。色はPIXYの外装に近いシルバーを選択しました。ネジ穴がたくさん開けられており、しっかり固定できるのが特長です。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=650_31_56daf7c677.jpg
(↑)壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があると、お部屋を出入りするたびに壁掛けの接合面が視界に入ってきます。この隙間が大き過ぎると人によっては気になってしまいますが、薄さ重視する角度固定式を使えばほとんど気になりません。

thumbnail.php?id=650_17_ce51ea2d53.jpg
(↑)上から「壁掛け金具とテレビ」「テレビ用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ1段目」「レコーダ機器用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ2段目」と続きます。ご自宅の壁面にこれだけの部材を施工するのはさすがにためらわれますが、「身代わり壁」PIXYなら思い切った施工が出来てしまいます。現に他のお客様も「PIXYにテレビのみ」という方は無く、棚や壁掛けサウンドバーなど多くのオプションを付け足されています。


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん関東圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地にて組み立て、設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
大阪府八尾市でフェイクウォール「PIXY」を設置(TH-55GX850と2…
愛知県名古屋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
今回のお客様宅はブラザー不動産。クロス張りの壁面に65インチのソニーブラビア KJ-65X8000Gとウォールシェルフを壁掛けさせていただきました。

お客様ご希望の壁面は下地補強が施されておりませんでした。そこでジャストップ補強を行った上で、間柱も使って壁掛け金具をしっかりと固定。専用コンセントパネルを新設した後、テレビを壁掛けしております。

壁掛け金具はエースオブパーツのPLB-141M。さまざまなメーカーに対応した角度固定式金具です。カラーが白、黒、シルバーの3色があり、壁紙の色とテレビの色から判断して今回は黒を採用しました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

今回の特長は将来に向けた拡張性。まずはテレビの上にウォールシェルフ(棚)を設置。コンセントパネルも作り、レコーダー置き場として利用されています。そしてテレビ下にはカトー電器が得意とするHDMIコンセント。ここにゲーム機やパソコンなどを繋げば、65インチの大画面に映像が映し出されます。

施工完了は御覧の通り。
テレビ下には何もない広々とした空間が生まれました。


thumbnail.php?id=574_17_91b6eb4791.jpg
(↑)壁掛け施工完了後の写真です。テレビは65インチのKJ-65X8000G。お子さんの手の届かない位置にレコーダー用のウォールシェルフ(棚)。テレビ下にはHDMIコンセントをご用意しました。

thumbnail.php?id=574_16_9e416fbd88.jpg
(↑)正面から見たところです。ウォールシェルフとテレビの間には何もありません。ケーブル類はすべて壁内をとおしています。


thumbnail.php?id=574_18_940976d557.jpg
(↑)角度固定式の金具を使っているため、壁掛け時の隙間は最小限に抑えられています。テレビの背面にはお客様からのリクエストで小型ハードディスクを設置しています。


thumbnail.php?id=574_19_9913571b7a.jpg
(↑)テレビ下のコンセントパネル。HDMIの受け口端子を2個ご用意。ゲーム機やパソコンなどを繋げばテレビに映像・音声が出力されます。テレビ下には何も置きたくない方にHDMIコンセントは特におすすめです。


thumbnail.php?id=574_20_235ab86eaa.jpg
(↑)テレビ上のウォールシェルフ。レコーダー機器の置き場所として早速利用されています。シェルフ上に専用のコンセントパネルを新設し、100ボルト電源とテレビから繋がるHDMIケーブルをご用意しました。

thumbnail.php?id=574_21_e4ce102688.jpg
(↑)ウォールシェルフは壁紙に合わせて木目仕様のものを選択。遠目で見てもお部屋の雰囲気に溶け込んでいます。


thumbnail.php?id=574_22_b770f3b1d4.jpg
(↑)金具は角度固定式。テレビのメーカーを問わない汎用金具 PLB-11M
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
カラーが黒、白、シルバーの3色ありますが、壁紙が木目調ということもあり、テレビと一体化したように見える黒を選択しました。


補強工事を行った壁掛けテレビ。コンセント付きのウォールシェルフ、HDMIコンセント、更にテレビ背面に録画用ハードディスクと、当社が得意とする技術の集まった壁掛けテレビとなりました。

壁掛けテレビを検討中でレコーダー機器やゲーム機の置き場や接続でお悩みの方は、カトー電器にお気軽にご相談ください。
壁掛け専用の問い合わせフォームからお部屋の写真と、所有されている機器類をお伝えくだされば、専任のスタッフが無料でお見積りを作成し、最短即日でメール、もしくはお電話でご連絡差し上げます。


カトー電器無料お見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県名古屋市で65インチ液晶テレビ(KJ-65X8000G)を壁掛け
カトー電器のオリジナル商品フェイクウォール「PIXY」の施工レポートです。

今回は愛知県名古屋市のお客様。当初はご自宅の壁にテレビを固定する「ふつうの壁掛けテレビ」をご検討されていましたが、その後当店のショールームに来店され、PIXYの設置をお決めになられました。

お部屋の壁は石積み模様のクロスが貼られており、そこに少しテイストの異なるPIXYが設置されるという構図です。お客様ご指定の壁面にはアンテナ端子やコンセントパネルが無かったため、90度対角の壁面から電源とアンテナ線を延長しています。


テレビはパナソニックの有機ELテレビ TH-55EZ950。PIXY内を経由してブルーレイレコーダが接続されており、レコーダー本体はテレビ上の棚に置かれています。棚はテレビ下にも設置できますが、小さなお子様が手を触れないようにとの配慮からテレビ上に設置となりました。

この棚はオプション扱いとなっておりますが、PIXYを検討されるお客様の多くが、レコーダーやゲーム機の置き場として棚の追加設置をリクエストされています。ご自宅の「本物の壁」に棚を設置するのはためらわれる方も多いのですが、PIXYはその名の通り「=フェイク(ニセの壁)」ですので、思い切った追加工事も問題なく受け入れてくれます。

今回のPIXY寸法は横幅が160cm。高さが222cm。規定のサイズは240cmなのですが、天井ではなく一段下がった梁と接するために少し低いサイズとなりました。お客様のお部屋の高さによって部材の寸法は調節しますので、PIXYをご検討されるお客様は事前に床から天井(もしくは梁)までの高さを測ってから、当社にご相談くださいますようお願いいたします。

thumbnail.php?id=629_20_71e116c2d5.jpg
(↑)55インチの有機ELテレビを壁掛けしたフェイクウォールPIXYの完成写真。小さなお子様の手の届かない位置にウォールシェルフ(棚)を設置し、レコーダーの置き場としています。

thumbnail.php?id=629_19_049ea932dc.jpg
(↑)通常PIXYは床と天井に接しますが、今回は一段低い梁と接するかたちに。お客様のお部屋の状況に合わせて高さは調整できますので、PIXYをご検討される方は床から天井(梁)までの高さを測ってみてください。

thumbnail.php?id=629_21_896b8e346b.jpg
(↑)PIXYを横方向から撮影。お部屋の壁紙は石積み模様。そこにぴったりと接するPIXYの厚みは10cmです。この壁面には電源とアンテナ端子がありませんので、対角の壁面(写真奥の壁面)から電源とアンテナ線を延長しています。


thumbnail.php?id=629_23_385d6850c7.jpg
(↑)既存のコンセントパネル。ここから電源とアンテナ端子を延長してPIXYの内部へと通しています。配線が極力目立たないよう、同系色の配線カバー(モール)でコーナー部も含めて丁寧にカバーさせていただきました。

thumbnail.php?id=629_22_fa51e424d1.jpg
(↑)テレビ上の棚はレコーダー置き場に。レコーダー用のコンセントパネルを作り、100ボルト電源の供給とHDMIケーブルの経路を確保しています。


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん、関東圏・関西圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地で組み立て・設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
名古屋市でフェイクウォール「PIXY」を設置し、55型有機ELテレ…
愛知県岡崎市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
今回天井が高く、壁は漆喰(しっくい)壁。壁面に下地補強は施されていませんので、ジャストップによる壁内補強を行い、間柱も使ってしっかり金具を取り付けさせていただきました。

テレビはハイセンスの65型液晶テレビ。65U8Fです。テレビ背面が若干丸みを帯びているため、テレビ背面と金具との間にスペーサーを取り付け、隙間を調節しています。

配線はテレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを作り、壁内を通してテレビ台裏のコンセントへ。100ボルト電源とアンテナ線、それにレコーダー用のHDMIケーブル(2本)を通しています。HDMIケーブルはそのまま出さず、コンセントパネルにメス端子を設け、抜き差しが出来るようになっています。

下地補強がない漆喰壁でも、ご覧のように素敵な壁掛けテレビが実現できます。お客様も漆喰壁で壁掛け工事が出来る業者さんを探していたとのこと。弊社を見つけていただいて何よりでした。

thumbnail.php?id=627_11_7935ca0640.jpg
(↑)漆喰の壁に部分的な補強工事を行い、壁掛け金具とテレビを設置しています。テレビはハイセンスの4K液晶テレビ 65U8F。壁内に配線を通し、テレビ台のレコーダーなどと繋がっているいわゆる壁内配線です。

thumbnail.php?id=627_12_e0efbec39d.jpg
(↑)正面から撮影。天井が高いお住まいでしたので、テレビの高さについてはお客様も少し悩まれておりました。壁掛けテレビでは横位置は比較的決まりやすいのですが、高さについてはじっくり考えられる方がほとんどです。

thumbnail.php?id=627_13_7186f87baa.jpg
(↑)テレビはご覧のように背面が緩くカーブしていましたので、スペーサーをかませて漆喰壁と接触しないように調整しています。壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141Mを使用。カラーが3種類ある中でホワイトを選択しました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=627_14_e13396c926.jpg
テレビ台に隠れているコンセントパネル。既存のコンセントですが、中央の端子部をHDMIが接続できるように組み換えさせていただきました。将来、ゲーム機などをここに接続すると壁内を通ってテレビに映像が出力されます。


オーソドックスな石膏ボードをはじめ、エコカラット、木壁、それに漆喰壁でもテレビは壁掛け可能です。
「うちの壁でも壁掛け出来るの?」
とお悩みの方は、お手持ちのスマホやデジカメで壁の写真を撮影して、当社の専用フォームから写真をUPしてください。工事担当者が責任を持って写真を確認。最短即日でお見積りを作成し、メールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。


カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
愛知県岡崎市で漆喰の壁に65インチ液晶テレビ(65U8F)を壁掛け
愛知県名古屋市でソニーの液晶テレビ KJ-55X8000Gとレコーダー用の棚を2段壁掛けさせていただきました。

壁掛けテレビを検討されている方のために、当社のホームページには「壁掛け診断フォーム」が用意されています。今回そのフォームから壁の写真を送っていただき、担当者が確認。お見積りをご提示させていただきました。

【壁掛け診断フォーム】
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

ご希望の壁面は建築時の段階で下地補強が行われており、各種コンセントまで設置されていました。テレビはSONYのブラビアシリーズ KJ-55X8000Gです。

壁面は写真のようにキューブ型のダウンライトが2つ取り付けられています。テレビは当然この中心に設置することになりました。横位置はすんなりと決まりましたが、高さは慎重に決めなくてはなりません。特に今回はテレビ下に2段のウォールシェルフも設置しますので、バランスと機能性とを考慮しつつ、お客様と一緒に位置決めをさせていただきました。

配線は当社が得意とする壁内配線です。映像、音声用のHDMIケーブルの他に、録画用のUSBケーブルも壁内を通しています。


thumbnail.php?id=625_16_bb4c889ce8.jpg
(↑)完成写真。テレビはソニーのブラビアKJ-55X8000G。124cm×72cm。壁掛け時にはスタンドを外しますが、このスタンドは大切に保管しておきましょう。将来テレビを買い替えた場合にスタンドが無いと、据え置きに戻せなくなってしまいます。

thumbnail.php?id=625_12_8e2d16a10a.jpg
(↑)正面から。ご覧のように左右に間接照明のライトがあるためテレビの取り付け位置(左右)はあっさり決まりました。反対に高さは慎重に決めねばなりません。

thumbnail.php?id=625_11_2c55ecf8c6.jpg
(↑)壁掛けテレビを想定されたおうちの場合、多くがほとんどがテレビがリビングの中央になるように設計されています。リビングで過ごす時間が増えている昨今、テレビを中心にご家族が集まる機会も増えてきました。

thumbnail.php?id=625_13_6bebf13db6.jpg
(↑)テレビ下のウォールシェルフ(棚)。当社から持参し、しっかり取り付けさせていただきました。レコーダーの億に見える壁面パネルを経由してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=625_15_7a21700604.jpg
(↑)壁掛け診断フォームから送っていただいたお部屋の写真。この写真を元に、必要な機材やケーブル長などを算出し、お見積りをご提案させていただきました。

thumbnail.php?id=625_14_1a3e7c518f.jpg
(↑)ソファ、椅子、床に座って…などなど、ご家庭によってテレビの視聴スタイルはさまざまです。壁掛けテレビの高さは一概に決めるのではなく、実際にソファ座るなどして最適な高さを見つけられることをお勧めしております。


撮影した写真を社内で見せたところ、スタッフから
「ダウンライトを点けた状態の壁掛け写真は撮らなかったんですか?絶対『映える』のに…。」
と言われてしまいました。なるほど確かに。ちょっともったいないことをしてしまいました。
名古屋市で55インチ液晶テレビ(KJ-55X8000G)とレコーダー用棚(2…
愛知県一宮市での壁掛け工事レポートです。
ご訪問先のハウスメーカーはスウェーデンハウス。北欧スウェーデンの輸入住宅で有名ですね。今回は広々としたリビングの一画にテレビの壁掛けさせていただきました。

テレビは東芝のレグザシリーズ 55BM620X。角度固定式の金具による壁掛けです。壁面は既に下地補強が済んでいたこともあり、作業はスムーズに行えました。

お客様のご希望もあり壁内に配線を通し、(テレビ台に隠れて見えませんが)HDMI用のコンセントパネルを新設しています。

工事完了後はご覧の通り。とても広いリビングの中央に壁掛けされることで、どこからでもテレビが視聴できる環境が生まれました。

thumbnail.php?id=626_12_4f656a54fa.jpg
(↑)テレビは東芝のレグザ 55BM620X。4Kチューナーを内蔵した液晶テレビです。サイズは124cm×76cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=626_11_779cda6b93.jpg
(↑)正面から撮影。テレビ台で隠れて見えませんが、HDMIコンセントを新設しています。

thumbnail.php?id=626_13_44a43c8021.jpg
(↑)広いリビングの真ん中に設置されることで、どこからでも鮮明な映像が楽しめるようになりました。
愛知県一宮市スウェーデンハウスのお宅で55インチテレビ(55BM62…
千葉県袖ケ浦(そでがうら)市での壁掛け施工レポートです。

ソニーの有機ELテレビ(KJ-65A8H)とカトー電器オリジナル家具 フロートテレビボードをお買い上げいただき、そられをリビングに壁掛けさせていただきました。


壁は補強がされていなかったため、ジャストップ施工による補強をしっかり行い、角度固定式金具を取り付け。その後、65インチの有機ELテレビを壁面中央に取り付けさせていただきました。

フロートテレビボードも壁内の補強を行い、水平に注意しながら取り付けました。テレビと中心線を揃えるのが何よりのポイントです。テレビとは壁内を通して繋がっており、将来の拡張を見越して壁内を通るHDMIケーブルは4本(!)となっています。

こちらのフロートテレビボード。カトー電器オリジナルの完全オーダーメイドとなっており、ゲームなどの接続機器の置き場としても十分。床とのスペースも確保していますので、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できます。


thumbnail.php?id=623_11_568a7b9778.jpg
(↑)65インチの有機ELテレビ(KJ-65A8H)とフロートテレビボード。床との間には十分なスペースがあるため、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過出来ます。

thumbnail.php?id=623_13_51e30a8738.jpg
(↑)通常のテレビボードはテレビを上に乗せることを前提に作られていますので、奥行きがかなりあります。当社のフロートテレビボードはテレビを載せない分、奥行きを短く出来るのがポイントです。

thumbnail.php?id=623_12_2e193eb1c9.jpg
(↑)奥行きは短くても収納スペースは十分、レコーダー機器はもちろんのこと、各種ゲーム機も収納できます。中にはボードの上にコンセントを新設し、ここをスマホの充電場所とされる方もいらっしゃいます。
千葉県袖ケ浦市で有機ELテレビ(KJ-65A8H)とフロートテレビボ…
関東地区での壁掛けレポートです。今回は千葉県松戸市にてソニーの有機ELテレビ(KJ-55A8H)を壁掛けさせていただきました。

ご訪問先は木目調のクロスが貼られた壁面。補強工事が必要でしたので、壁内にジャストップ補強を行い、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。テレビはソニーの有機ELテレビA8シリーズ。黒が映える映像美と、画面全体が小さく振動してサウンドを拡げるアコースティックサーフェイスが特長です。

今回はレコーダー類の置き場としてウォールシェルフ(棚)も新設。小さなお子さんもいらっしゃいますので、棚の位置はテレビの「上」となっています。テレビの背面と棚の上にそれぞれ専用のコンセントも新設しています。

壁掛けテレビで薄さを追求される方も多くいらっしゃいますが、壁面に密着させ過ぎると、USBメモリなどの機器類を接続するのが難しくなることがあります。それらを考慮し、今回の壁掛けはUSB機器(デジカメやビデオカメラなど)がお客様ご自身で接続しやすいよう、ある程度のスペースも確保させていただきました。

コロナ禍の影響で、ご家族揃ってリビングで過ごされる時間がとても増えています。家族が集まる大切な空間を壁掛けでもっと広く、そして快適にしていただけたら幸いです。


thumbnail.php?id=624_15_49f127eded.jpg
(↑)木目調の壁紙クロスが貼られた壁に有機ETテレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛け。ウォールシェルフはお子さんの手の届きにくいテレビ「上」に設置しました。

thumbnail.php?id=624_13_1a8eaa974f.jpg
(↑)今のテレビは視野角が大変広いので、斜めから見ても美しい映像が楽しめます。隣接するキッチンからでもテレビが視聴出来るのは嬉しいですね。

thumbnail.php?id=624_11_c66659eeff.jpg
(↑)正面から。テレビの裏側に新しくコンセントを1つ。それと棚の左上にもコンセントを1つ新設しています。

thumbnail.php?id=624_15_49f127eded.jpg
(↑)ウォールシェルフのズーム。レコーダー置き場所として人気です。HDMIなどの映像ケーブルは壁内を通ってテレビと接続されています。棚とテレビとの間に一切ケーブルが見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=624_14_27939b0354.jpg
(↑)デジカメやビデオカメラを直接テレビに接続して運動会などの映像を映し出したい時は、テレビ側面にある端子口が便利です。あまりに壁に密着させると個々のスペースが狭くなり、ケーブルの抜き差しが難しくなってしまいます。映像機器の抜き差しを頻繁にされる方は、ここにある程度のスペースを確保されることをおすすめいたします。
千葉県松戸市にて55インチ有機ELテレビ( KJ-55A8H)を壁掛け
東京都調布市での壁掛けテレビ施工です。
カトー電器のオリジナル商品「フロート家具 SORA」のご注文をいただき、愛知県の名古屋市から施工にお伺いしました。

【フロート家具 SORAの詳細】
https://www.cato.co.jp/float_tv_board/

まずは設置場所をお客様とご相談の上決定し、壁内の補強工事から着手します。特許工法のジャストップを使い強度を確保したら、次は配線経路です。

今回は壁掛け予定の壁にはコンセントパネルがなかったため、90度対角の壁面から電源を延長し、コンセントを新たに新設しました。なお新設コンセントはゲーム機などが接続できるようにHDMIの端子を兼ね備えた仕様となっています。

次はいよいよSORAの設置です。お部屋の壁やカーテンに合わせてカラーはホワイト。各部を手際よく組み立てて、最後にテレビを壁掛けさせていただきました。


thumbnail.php?id=622_8_ea42e090c1.jpg
(↑)カトー電器商会のオリジナル商品「SORA」。床と接しない壁掛け式が特長です。床と接しないのでルンバなどのロボット掃除機も問題なく使用できます。

thumbnail.php?id=622_7_d6dd071436.jpg
(↑)正面から撮影。テレビ下の棚はレコーダー置き場として。配線はSORAの中を経由してテレビと繋がっています。棚上にはサウンドバーも設置。

thumbnail.php?id=622_10_b61ddc688b.jpg
(↑)SORAの下にはコンセントパネルも新設。テレビと繋がったHDMIの端子も用意し、ゲーム機やパソコンなども繋げられるようになっています。拡張性は十分です。

thumbnail.php?id=622_9_b46df181a0.jpg
(↑)今回、ご指定の壁にはコンセントパネル(電源)が無かったため、対角90度左の壁面から電源を延長しています。モールと呼ばれる配線カバーも同色のものをご用意し、この個所は極力周囲に溶け込むように処理させていただきました。
東京都調布市でフロートテレビ「SORA」とKJ-65X9500Hを壁掛け
今回の壁掛け施工は三重県四日市市です。ソニーの55インチ液晶テレビ KJ-55X9500Hを壁掛けさせていただきました。補強が施されていない壁でしたので、ジャストップによる壁内補強を行なった上で、角度固定式金具を取り付け。壁内配線の準備をしてからテレビを取り付けさせていただきました。

テレビ台はそのまま使用されるとのことで、テレビ台の中に収納されているブルーレイレコーダ、ケーブルテレビチューナーなどとは壁内を経由してテレビと接続しています。

50インチクラスのテレビとなる、そこに映し出される俳優さんは原寸大の人間と大差ありません。小さなお子さんさんはその区別がつかず、そこに本物の人がいると錯覚し「突進」していくこともしばしば。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭で、テレビに突進されて困っているご家庭がありましたら壁掛けテレビを是非ご検討ください。

thumbnail.php?id=621_7_dd1d6d0354.jpg
(↑)壁掛け施工完了後に正面から撮影。テレビ台に付けられたL字型クッションやストッパー類は小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では必需品となりつつあります。

thumbnail.php?id=621_8_bce95ce1d8.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビア X9500Hシリーズ。Androidを内蔵しており、リモコン操作で簡単にYoutubeやAmazonPrimeビデオ、Netflixなどのネット動画が大画面でお楽しみいただけます。
三重県四日市市で55インチ液晶テレビ(KJ-55X9500H)を壁掛け
ソニーの液晶テレビ KJ-65X8000Hを壁掛けさせていただきました。角度固定式の金具で壁掛けしましたが、昨今のテレビは視野角が広く、斜めから見ても十分きれいな映像が楽しめます。リビングの隣にキッチンが隣接しているご家庭でも、これくらいの角度なら特に問題なく視聴できます。

写真では確認できませんが、番組の録画用に小型のUSBハードディスク(2TB)をテレビの背面に取り付けています。小型ハードディスクは場所をとらず、また電源アダプターを必要としないため(USBケーブルで給電まで行うすぐれもの!)、壁掛けテレビときわめて相性が良いのが特長です。


thumbnail.php?id=620_13_00cfd32984.jpg
(↑)壁面にテレビだというシンプルな構造。しかし裏側にはハードディスクを取り付けており、録画もバッチリという仕掛けなのです。

thumbnail.php?id=620_15_6c67b50d14.jpg
(↑)KJ-65X8000Hは、地デジ放送もYoutubeなどのネット動画も4K画質にアップコンバート(変換)し、コントラストも向上させてくれるので今のテレビは斜めからでも美しい映像が楽しめます。

thumbnail.php?id=620_14_6aeebf63ca.jpg
(↑)さらに後退して隣接するキッチンから。ここからでも十分視聴できます。ご覧のようにテレビ台を無くすことで、家族みんなが集うリビングをもっと広く快適に出来るのです。
ソニー ブラビア「KJ-65X8000H」を壁掛け
ちょっと変わったタイトルです。
壁掛け診断フォームから送っていただいたお部屋の写真。エコカラットが貼られていますが、テレビの壁掛け面だけはエコカラットが除外されていました。施工されたハウスメーカーはAVANTIA(アバンティア)様。壁掛けテレビを想定し、壁内の補強工事を行った上で、エコカラットはこのような施工をされたそうです。このような場合、カトー電器商会ではエコカラットではなく、石膏ボードの工事として対応させていただきます。


AVANTE様によって既に補強が行われていますので、金具やテレビの取り付けはスムーズに進みました。壁内の配線工事はアンテナ線のほかに
・ブルーレイレコーダー
・ひかりTVチューナー
・SONYプレイステーション
それぞれのHDMIケーブル(計3本)を通すことに成功。ご覧のようにテレビ下にケーブルが一切見えない姿が実現しました。

壁内にHDMIケーブルを通す場合、パッと見て「そんなに長さはいらないかな」と思われがちですが、昨今のテレビはHDMI端子は思いのほか離れており、かなりの距離を必要とします。


thumbnail.php?id=617_12_8a3a71a696.jpg
(↑)側面から接写。ご覧のように金具を取り付ける箇所にはあらかじめエコカラットは貼られておらず、石膏ボードの壁面となっています。


thumbnail.php?id=617_9_2052bbfe4d.jpg
(↑)正面から。65インチクラスのテレビで壁内配線を施した場合、HDMIケーブルはかなりの長さを要します。

thumbnail.php?id=617_11_4afd559f56.jpg
(↑)壁一面にエコカラットを貼られると同じパターンの柄が繰り返されますが、そこに壁掛けテレビが良いアクセントとなってくれます。

thumbnail.php?id=617_9_2052bbfe4d.jpg
(↑)近頃では、設計の段階で壁掛けテレビを想定されるお客様が増えてまいりました。「壁掛けテレビを考えているけれど、エコカラットは貼ってしまっても良いの?」とお悩みの方は、カトー電器までお気軽にご相談ください。専用のフォームから図面の写真を送っていただければ、専任スタッフがメールもしくはお電話にて対応させていただきます。


【壁掛け診断(建築中)】
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload

直接来店してのご相談はこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_consulting/
エコカラット壁面(ただし金具取付面は除外)に65インチ液晶テレ…
カトー電器商会では一般のお客様だけでなく、ハウスメーカー様からも壁掛けのご依頼を数多く承っております。今回はサーラ住宅様からのご依頼で、浜松市のモデルハウスにテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビは55インチ液晶テレビ。壁面はエコカラット。壁掛けテレビを想定し、壁内補強は万端の状態です。角度固定式の金具を取り付け、電源やアンテナ線、HDMIケーブルなどの配線処理を行なった上でテレビ本体を壁掛けさせていただきました。

今回のモデルハウスで興味深かったのはキッチンとリビングの間取りです。キッチンに立ちながらでも、テレビが楽に視聴できるようになっており、このレイアウトは良くできているなぁ…と驚かずにはいられませんでした。

thumbnail.php?id=618_9_9f22c49721.jpg
(↑)壁掛けテレビを前提に設計されたリビング壁面。1階のレイアウトは秀逸で、どの場所からでもテレビが視聴できるようになっています。

thumbnail.php?id=618_10_499b16df54.jpg
(↑)キッチンに立ったところからテレビを見てみます。リビングに背を向けずに調理できるのがポイントです。

thumbnail.php?id=618_11_4dcd60e763.jpg
(↑)こちらはリビング側から。テレビ台は脚付きタイプのものですが、壁掛けですのでケーブル類がとぐろを巻くようなことはありません。ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できるようになっています。
静岡県浜松市のサーラ住宅モデルハウスにて55インチ液晶テレビ(…
岐阜県可児市での壁掛けテレビ工事です。

訪問先の壁面は壁掛けテレビを前提で作られており、既に下地補強が施された状態でした。今回は壁掛けテレビの他にレコーダー機器の置き場所としてウォールシェルフ(棚)も設置されたいとのご要望でしたので、壁掛け金具と一緒にホワイトの棚も持参しました。

使用した壁掛け金具は、金具メーカー「エース・オブ・パーツ」のPLB-141M。65インチまで対応した角度固定式の金具で、ブラック・ホワイト・シルバーのカラーバリエーションが用意されています。今回はお部屋の壁に合わせてホワイトを使用しました。ご覧のようにねじ止め用の穴が数多くあけられているので、どこに間柱や下地補強があっても、きっちりネジ止め出来るのがポイントです。

壁掛け金具 PLB-141M
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

テレビを取り付ける前にレコーダー用のウォールシェルフも取り付けておきます。こちらは間柱にしっかり固定し、壁内を通して

・アンテナ線×1本
・HDMIケーブル×2本
・USBケーブル×1本

これらを通しています。(もちろん100ボルト電源も付いています)

これだけの準備が完了したら、いよいよテレビ本体を壁掛けします。テレビは東芝のレグザ55C340X。4K放送に対応した55型液晶テレビです。壁掛け完了後、テレビの電源を入れると、ホワイトを基調とした壁面に色鮮やかな映像が映し出されました。


thumbnail.php?id=613_16_8680e4680d.jpg
(↑)施工完成写真。壁の色に合わせてホワイトのウォールシェルフ(棚)をテレビ上に取り付けています。小さなお子さんがいらっやる家庭や室内でペットを飼われているご家庭の場合、棚はテレビ「上」を望まれる方が少なくありません。

thumbnail.php?id=613_17_85840f64fa.jpg
(↑)正面から。テレビは東芝のレグザシリーズ55C340X。55インチの4K放送対応液晶テレビ。サイズは123cm×71cm。テレビ本体の厚みは7cmです。

thumbnail.php?id=613_18_080b13e3d9.jpg
(↑)テレビの下はもちろん、棚とテレビの間にもケーブル類が無いのがポイント。アンテナ線やHDMIケーブルなどはすべて壁内を通して結ばれていいます。

thumbnail.php?id=613_19_06a529b561.jpg
(↑)壁掛け金具は「エース・オブ・パーツ」のPLB-141Mを使用。角度固定式で65インチまで対応。3色のカラーバリエーションから壁に合わせてホワイトを選択。ねじ止め用の穴が数多くあけられており、壁裏の柱や下地補強を見つけやすいのが特長です。青いマスキングテープはテレビの位置を表しています。

thumbnail.php?id=613_20_3d6ed0d680.jpg
(↑)棚上のコンセントパネル。電気工事士の資格を持つスタッフが新設しました。壁内を通って、アンテナ線やHDMIケーブル、USBケーブルをつなげます。青いマスキングテープはテレビの位置を表しています。

thumbnail.php?id=613_21_e83a77b8d7.jpg
(↑)レコーダーを置いてみたところです。左のコンセントパネルから出てきているHDMIケーブルと接続します。将来の拡張性を考慮し、予備として数本HDMIケーブルを通しておかれるお客様が増えています。

thumbnail.php?id=613_22_f1da0e151e.jpg
(↑)少し下がって、階段付近からの撮影。ホワイトをベースとした屋内に色鮮やかな映像が浮かび上がります。
岐阜県可児市で東芝レグザ(55C340X)とレコーダ用棚を壁掛け
今回のお客様はマイホーム建築中の段階でお見積りのご依頼をいただきました。※当社ではマイホーム建築中で壁掛け検討中の方のために専用フォームをご用意しております。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

壁掛けをご希望される壁面はエコカラット仕上げ。補強工事はハウスメーカー様が行ってくださるとのことでした。ハウスメーカーはアバンティア様です。

施工当日はエコカラットの上から角度固定式の金具を取り付け。そして60インチの大型テレビを取り付けます。テレビ台に置かれたサウンドバー、光テレビチューナーなどとは壁内を通して配線しており、テレビの下にはケーブル類が一切見えないのがポイントです。

壁掛けテレビが少しずつ普及するにつれて、見た目の美しさ、とりわけ「配線類をいかに目立たなくするか」が強く求められるようになりつつあります。
エコカラット壁にアクオス60インチ(LC-60US40)を壁掛け
愛知県名古屋市での壁掛け工事です。ハウスメーカーはファースト住建です。

今回はお部屋の角にテレビのアンテナ端子とコンセントパネルがあり、そのすぐ上にテレビを壁掛けさせていただきました。金具は左右に角度を調節できるものをお客様側にて購入済み。下地補強が無い壁面でしたので、壁内からジャストップによる補強を行った上で金具を設置させていただきました。

テレビ裏には電源用のコンセントパネルも新設。アンテナ線の他、HDMIケーブルも2本壁内を通すかたちになっています。「壁内を通すだけなのでケーブル類はそれほど長くなくても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、壁からテレビの端子口までつなぐ際、50インチを超える大型テレビは思いのほか長さを必要とします。さらに今回のように角度を変えられる金具の場合、背面のケーブルには相当の「あそび」を用意しておかねばなりません。この点、既存のケーブル類を壁掛けでも流用される際にはご注意ください。

施工結果はご覧の通り。このあとテレビ台を購入されるとのことでしたので、Wi-Fi機器などはそのままの状態で撮影させていただきました。

thumbnail.php?id=611_10_42da9fdcc4.jpg
(↑)壁掛け施工完成写真。壁掛け位置はお部屋のコーナー部ですが、金具が左右に首を振るタイプのものですから、斜め方向からの視聴も問題ありません。

thumbnail.php?id=611_11_19bf921bf5.jpg
(↑)お客様はこの後、テレビ台を購入・設置予定とのことでしたので、Wi-Fiの機材などはそのままの状態で撮影させていただいております。「壁掛け後の雰囲気を見てからテレビ台を選びたい」という方はその旨ご連絡ください。ケーブル類はすぐに接続できる状態にさせていただきます。

thumbnail.php?id=611_12_cdf6631379.jpg
(↑)アンテナ端子や電源コンセントがお部屋の角にある方でも、左右に角度を調節できる金具を用いれば、ご覧のような壁掛けテレビが実現します。「我が家では無理かも…」とあきらめかけている方も是非一度ご相談ください。

thumbnail.php?id=611_13_cf1a08822d.jpg
(↑)左右に首を触れる金具。今回はお客様ご自身がお選びいただいたものを取り付けさせていただきました。

thumbnail.php?id=611_14_29f6476a88.jpg
(↑)金具を少し動かして、テレビ背面のコンセントパネルを撮影。この専用コンセントは当社で新設したものです。100ボルト電源が1口、白いケーブルがアンテナ線、黒い2本のケーブルがHDMI。壁内を通って真下のコンセントにつながっています。

thumbnail.php?id=611_15_f8d7872685.jpg
(↑)テレビ真下の既存コンセント周り。テレビと繋がった黒いHDMIケーブルが出てきておりレコーダー待ちの状態で準備万端。アンテナ端子は壁内で結線済みです。この後にどのようなテレビ台が置かれるのかちょっと楽しみですね。


お部屋のコーナー部であっても金具次第で壁掛けテレビは実現できますし、テレビ台がまだ来ていない状態でも施工は特に問題ありません。

「この場所に壁掛けは出来るのかな…?」
「壁掛けが出来てからテレビ台を選びたい…。」
そんな方もお気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。お部屋の壁面をスマホで撮影し、当社専用の無料見積相談フォームからお送りいただければ、工事担当者が確認し、最短即日でお見積りをご連絡させていただきます。

壁掛け無料お見積り専用フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
お部屋のコーナー部に50インチ液晶テレビを壁掛け
岐阜県岐阜市での施工です。

お客様がご希望された壁面はエコカラット壁(パールマスクII)が既に貼られていました。壁掛け補強はされていないとのことでしたので、ジャストップ補強を行い、間柱も使って壁掛け金具を設置。さらにエコカラット壁面にコンセントパネルも作らせていただきました。

テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-55GX850。レコーダー機器、プレステ4や音響機器など、更にUSB接続のハードディスクなど、テレビと接続する機器が多く壁内にはHDMIケーブルを4本通しています。

エコカラットが既に施工され、下地補強が無い壁であってもご覧のように壁掛けテレビは施工可能です。壁掛けテレビのためにエコカラットの一部分だけ貼らないという手もありますが、真横から隙間を覗き込んだ時にエコカラットと金具の接合部が目立たいのがこの施工のポイントです。

エコカラットを既に貼られた方も、これから貼ろうと考えている方も、壁掛けテレビとの組み合わせでお悩みでしたら、カトー電器商会にご相談ください。まずはスマホで壁の写真を撮影し、専用の診断フォームからお送りくだされば最短即日でご連絡差し上げます。

無料壁掛けお見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/


thumbnail.php?id=612_9_7c2c49e8bd.jpg
(↑)壁掛け施工完了後、正面から撮影。テレビ台の上にプレイステーション、各種スピーカー、テレビ台の中にはレコーダー機器などがあり、壁内を通してテレビと接続されています。

thumbnail.php?id=612_8_fd19a3fbb8.jpg
(↑)エコカラットは「エコカラットプラス パールマスクⅡ」。壁掛けテレビ用の下地補強は無かったため、当社にて補強工事とコンセントの新設などを行わせていただきました。

thumbnail.php?id=612_10_5cce21b7e6.jpg
(↑)写真では見えていませんが、壁掛けテレビの背面とテレビ台の背面に、それぞれコンセントパネルを新設しています。金具は角度固定式の設置。

thumbnail.php?id=612_11_39f4f1dab9.jpg
(↑)エコカラット壁面と壁掛け金具との接地面です。金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M(ホワイト)を使用しています。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
壁掛け金具の箇所のみエコカラットを貼らないという方法もありますが、ご覧のようにエコカラットの上から壁掛けすると接合面がほとんど目立ちません。壁面とテレビとの間に距離が生まれやすい可動式金具の際にはこの違いは顕著になります。

thumbnail.php?id=612_12_6e7a3d7459.jpg
(↑)真上からテレビ台とエコカラットの隙間をのぞいてみます。左側に見えるのがエコカラットの上から新設したコンセントパネルです。


エコカラット壁へのテレビ壁掛け工事はカトー電器が得意とする分野です。
「エコカラットを先に貼ってからテレビを壁掛けするの?」
「テレビを壁掛けして配線してからエコカラットを貼るべきなの?」
「壁掛けテレビを前提としたとき、エコカラットを貼る上での注意点は?」
などなど、エコカラット+壁掛けテレビの組み合わせでお悩みでしたら、専用フォームよりお写真を送ってみてください。

無料壁掛けお見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload
岐阜県でエコカラット壁の上から55型液晶テレビ(TH-55GX850)を…
この度のお客様はマイホーム建築中の時点からお問い合わせをいただいておりました。

※カトー電器は「建築中の方向け」無料壁掛け診断もご用意しています。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

ハウスメーカーさんはアバンティア様。当初は壁掛け予定では無かったということで、当社が得意とするピンポイントでの壁掛け補強「ジャストップ施工」を用いて、しっかり補強を行った上でテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビはソニーの液晶テレビ「KJ-55X9500G」。映像、音声、それにネット動画対応とバランスの取れた55インチテレビです。電源やアンテナ線などは写真のようにすべて壁内を通すことで完結しています。

テレビ台の後ろは何かとケーブルがうねりがちですが、壁掛けすることでテレビ台の周辺もスッキリさせることが出来、掃除の手間暇の軽減されるのがメリットですね。

今まさにマイホームを建築中、もしくは設計中という方で、壁掛けテレビをご検討中の方は、カトー電器の無料壁掛け診断から必要事項を入力の上、設計図面をUPしてみてください。ベテランの施工担当者が図面を確認し、最短即日にてお見積りをメール、もしくはお電話にてご連絡差し上げます。
新築のリビングにソニー液晶テレビ KJ-55X9500Gを壁掛け
愛知県日進市での壁掛け施工レポートです。

テレビは東芝のレグザシリーズ 50M540X。4Kチューナー内蔵50型液晶テレビです。ご指定の壁面では補強工事が必要でしたので、壁裏の間柱(まばしら)と、ジャストップ工法によってしっかり補強をした上で、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。

次に電気工事士の資格を持つスタッフが、テレビの裏側と床上にコンセントパネルを新しく設置し100ボルトコンセントの他各種ケーブルを通します。さらにお客様のリクエストで、アンテナ線の他にも

・ブルーレイレコーダ用
・ひかりテレビチューナー用
・SONYプレステ用
・Nintendo Switch用

などなど、HDMIケーブル4本も合わせて壁内に配線させていただきました。テレビ+テレビ台で環境でこれだけの配線を行うと、テレビ台周辺がケーブルだらけになってしまいますが、壁掛けならご覧のようにスッキリと仕上がります。


thumbnail.php?id=610_17_9af1ee49ca.jpg
(↑)壁掛け工事完了後、すぐに始まりましたテレビ鑑賞会。テレビの位置は明り取りの窓を基準にして中心が揃うようになっています。

thumbnail.php?id=610_15_59fca730de.jpg
(↑)テレビとその下のテレビ台との間には、100ボルト電源、アンテナ線、さらにHDMIケーブル4本が繋がっています。すべて壁内を通しています。

thumbnail.php?id=610_16_44490c5bef.jpg
(↑)壁面に明り取り用の窓がある場合、お客様の多くがそれを基準にしてテレビの位置決めをされます。「壁掛けテレビは部屋の真ん中に!」というのは、皆さんが思い描く一つの理想像なのかもしれません。
愛知県日進市で50インチ液晶テレビ(50M540X)を壁掛け
「PIXY(ピクシィ)」はご自宅の壁の手前にもう一枚新しく設置する「にせの壁(フェイクウォ-ル)」です。壁がコンクリートだったり賃貸などの理由で大掛かりな補強工事は難しいという方のために生み出された当社オリジナルの施工方法になります。

詳しい解説ページはこちら
https://www.cato.co.jp/fake_wall/

今回は愛知県のお客様からのご依頼で「PIXY」の設置にお伺いしました。


まずは完成写真をご覧ください。

thumbnail.php?id=608_25_a206ba4b0c.jpg
(↑)完成写真。65インチの有機ELテレビを壁掛けし、サウンドバーとレコーダー用のウォールシェルフ(棚)も取り付けさせていただきました。

PIXYは「フェイク」という名前に反して構造はしっかりしています。またご自宅の壁は間柱などの関係でコンセントや棚の新設が難しかったりしますが、PIXYにはそのような制限は特にありません。
「テレビを壁掛けしたい」
というリクエストはもちろんのこと、

「サウンドバーを取り付けたいです。」
「レコーダーなどの置き場所も欲しいです。」
「棚は子供の手の届きにくい高い場所が良いです」

といったリクエストにもひろくお応えできるようになっています。

お客様はまず当店のショールームにご来店いただき、そこでPIXYの特徴について十分なご説明をさせていただきました。それからPIXYの外装に貼るクロス壁を選んでいただきました。お客様がお選びになったのはサンゲツのクロス壁紙「RE-7916」。お部屋の壁紙と異なるデザインを選ばれることで、アクセントとしての立ち位置が際立ちました。

thumbnail.php?id=608_29_fb6da1d55b.jpg
(↑)サンゲツのクロス壁紙の見本から。豊富なデザインが用意されています。PIXYの外装もそれに合わせてさまざまなデザインに出来るのが特長です。

thumbnail.php?id=608_26_0df19347d2.jpg
(↑)お子さんの目線で撮影。テレビ上の棚にはレコーダー機器などが置かれていますが、これならさすがに触れることはできません。

thumbnail.php?id=608_27_6b92f8cd32.jpg
(↑)棚の上の様子。レコーダー用のコンセントパネルが作られています。お好きな場所にコンセントを作れるのもフェイクウォール「PIXY」のメリットです。小さなお子さんがいらっしゃらないご家庭ならばテレビの下に棚を取り付けても問題ありません。

thumbnail.php?id=608_28_03ff4c9bf0.jpg
(↑)PIXYの厚みは約10cm。真横から見るとご覧のような薄さです。

今回お客様がお選びになったのは角度固定式の壁掛け金具。お部屋を移動される際、毎回テレビの真横を通り過ぎることになりますが、そんなときも固定式なら厚みが気になることもありません。

工事は午前と午後を使って1日で終了。仕上がりは想像以上にインスタ映えするので、普段より多めに写真を撮らせていただきました。(笑)


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん関東圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地にて組み立て、設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」に65インチ有機ELテレビを…
愛知県の尾張旭市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

建築中の段階からお問い合わせをいただき、送っていただいた図面をもとにお見積りを作成。その後、直接当社のショールームにご来店いただき、綿密な打ち合わせもさせていただきました。

ハウスメーカーはサーラ住宅。住宅展示場のモデルハウスでも壁掛け工事を数多く承っております。

施工当日。建築途中から壁掛けテレビをお考えということもあり、目的の壁面は既に補強済み。そこに高さをご確認の上、壁掛け金具をしっかり取り付け、ソニーの液晶テレビ KJ-65X9500Hを設置させていただきました。テレビ台の中にはブルーレイレコーダがあり、壁内を伝ってTVと繋がっているのがポイントです。

今回こちらのテレビとブルーレイレコーダー(共にSONY製)は当社にてご購入いただいております。カトー電器ではソニーとシャープのテレビも販売しており、壁掛け工事とセットでご購入いただくと、特別お値引きをさせていただきます。
壁掛けを機にテレビの買い替えもご検討中でしたら、ぜひテレビのお見積りもご相談ください。


thumbnail.php?id=606_8_f3046f8443.jpg
(↑)新築のお部屋に65インチのテレビを壁掛け。建築段階からご相談いただいておりましたので施工当日は大変スムーズに作業が進みました。

thumbnail.php?id=606_7_8ff7d9758f.jpg
(↑)正面から撮影。テレビ台の中には当社でご購入いただいたブルーレイレコーダー BDZ-ZW1700を設置。テレビとは壁内を伝ってHDMIケーブルでつながっています。

thumbnail.php?id=606_9_a1d5f93547.jpg
(↑)天井にはダウンライトが2つ付けられており、バランス的にこの中心にテレビが来るような配置とさせていただきました。
愛知県尾張旭市で65型液晶テレビ(KJ-65X9500H)を壁掛け
京都市での壁掛けテレビ工事レポートです。

今回のお客様は京都にお住まいで、わざわざ当社(名古屋)のショールームまで(!)御足労いただいております。ショールームでは事前に送っていただいた写真を元に細かな打ち合わせをさせていただきました。

施工当日は施工スタッフ2名が京都までご訪問。石膏ボードの壁にジャストップで下地補強を行い、間柱を使ってしっかり金具を固定。テレビで隠れる位置には専用のコンセントを1つ作らせていただきました。

テレビはLGの65インチ有機ELテレビ OLED65C9PJA。背面に2TBに小型ハードディスクを取り付けて番組録画にも対応させています。

サウンドバーも補強した壁面に壁掛けし、テレビとは壁内を伝ってHDMIケーブルで接続しています。床置式の低音専用サブウーハーはそのままではコードが目立つので、モールと呼ばれる配線カバーを使い、コードが極力目立たないようにもしています。

完成はご覧の通り。リビング壁面の真ん中に映像とサウンドを楽しめスペースが生まれました。

今回壁掛けさせていただいたテレビとサウンドバーは、お客様にとって大変思い入れのある品とお聞きしました。これからも長く利用されますことを願ってやみません。


thumbnail.php?id=602_26_09da8b056c.jpg
(↑)京都市でのテレビ壁掛け工事です。テレビはLG社の有機EL65インチ。サウンドバーも壁掛けし配線は壁内で。据え置きのサブウーハーはモールと呼ばれる配線カバーで極力目立たないようにしています。

thumbnail.php?id=602_27_a21b22e4ab.jpg
(↑)リビングの壁面中央に位置する壁掛けテレビ。サウンドバーもテレビと中心が揃うように配置しています。隠れて見えませんが、テレビの背面には録画用の小型ハードディスクを設置しています。

thumbnail.php?id=602_25_80e2a6e3c7.jpg
(↑)サウンドバーの下に見えるのが既存のコンセント。ここから壁内を伝って、サウンドバーとテレビに100ボルトの電源とアンテナ線、さらにHDMIケーブルなどをつなげています。


thumbnail.php?id=602_28_ec70658854.jpg
据え置き式のサブウーハー。そのまま設置すると電源と信号ケーブルの黒色が目立つのでホワイトの配線カバーで極力目立たないように処理しています。


thumbnail.php?id=602_29_54ac1bacf9.jpg
既存のコンセントパネルも一工夫。HDMIの受け口端子を作り拡張性をたかめました。パソコンやDVDプレイヤーをここに接続すると、テレビ側に映像が映し出されるようになっています。



今回のお客様はこちらのリビングだけでなく寝室の壁掛けもあわせてご依頼いただきました。
「≫京都市で32インチ液晶テレビを寝室に壁掛け」
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=632
カトー電器商会では、同日施工で2台以上の壁掛けをご依頼いただいたお客様に特別お値引きをさせていただいております。
「せっかくだから、この部屋も壁掛けしてみようかな…。」
とお考え中でしたら、まとめてお見積りをご相談ください。

thumbnail.php?id=602_30_0cfbd18ee8.jpg
(↑)一軒で2台以上の同日施工なら特別お値引きさせていただいております。組み合わせはさまざま。「リビング+寝室」や「リビング+キッチン」が静かなブームです。
京都市で65インチ有機ELテレビとサウンドバーを壁掛け
京都市での壁掛けテレビ施工です。

寝室に32インチの液晶テレビを壁掛けさせていただきました。寝室の壁掛けテレビで求められるのは「ベッドに寝ながら視聴できる」こと。テレビとベッドの位置関係から下から仰ぎ見ることになりますので、お客様とご相談の上、可動式の金具を採用させていただきました。可動式金具は上下方向に角度が変えられるものもありますが、写真のようにテレビとベッドの位置が斜めになるため、左右にも首が振れるいわゆる「角度上下左右可動式」の金具となっています。

録画した番組やDVDも視聴できるようにとのご要望で、レコーダー用のウォールシェルフ(棚)も設置。テレビ用とレコーダー用、それぞれコンセントパネルも新設し、壁内でこれらを接続しています。

テレビ本体はインターネットに対応しておりませんが、背面にAmazonのFire TV Stickを接続することで、YoutubeやAmazonPrime、さらにはNetflixなどのネット動画も楽しめるようになっています。

リビングに続いて寝室での壁掛けテレビも少しずつ広まっています。週末の夜、スマホよりもはるかに見やすい大画面で深夜番組やネット動画楽しんでみませんか。


thumbnail.php?id=632_12_6d9c1104a5.jpg
(↑)寝室に取り付けられた32インチテレビ。リビングとは異なり、寝室では「ベッドから仰ぎ見る」ことが多いため、上下方向に角度が変えられる金具が人気です。今回はテレビとベッドの位置関係から左右にも角度が変えられる金具を選ばせていただきました。

thumbnail.php?id=632_13_52dbe7f3ec.jpg
(↑)寝室にアンテナ線が無い場合でも、最近のテレビでしたらWiFi接続でYoutubeやNetflixなどのネット動画を楽しむことが出来ます。テレビがネットに対応していなく場合でも、AmazonのFire TV Stick、Googleの
Chromecastを差し込めばネット対応テレビに早変わり。

thumbnail.php?id=632_14_e0e1900f51.jpg
(↑)ベッド側から。枕元にリモコンを置いておけば朝のニュースチェックも楽々です。

thumbnail.php?id=632_15_a55b90f0eb.jpg
(↑)テレビの背面。テレビの向きが上下左右に変えられるため、ケーブルには多少の「あそび」を持たせてあります。テレビのサイズが大きくなり、ふり幅が大きくなれば、それだけケーブルの「あそび」も必要になりますのでご注意ください。


今回のお客様は寝室だけでなく、リビングの壁掛けもあわせてご依頼いただきました。
「京都市で65インチ有機ELテレビとサウンドバーを壁掛け」
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=602
カトー電器商会では、同日施工で2台以上の壁掛けをご依頼いただいたお客様に特別お値引きをさせていただいております。
「せっかくだから、この部屋も壁掛けしてみようかな…。」
とお考え中でしたら、まとめてお見積りをご相談ください。

thumbnail.php?id=632_17_a0114fad46.jpg
(↑)一軒で2台以上の同日施工なら特別お値引きさせていただいております。組み合わせはさまざま。「リビング+寝室」や「リビング+キッチン」が静かなブームです。
京都市で32インチ液晶テレビ(KDL-32CX400)を寝室に壁掛け
岐阜県のお客様から壁掛け工事のご依頼を受けました。
ハウスメーカはサーラ住宅。私たちにとってもなじみ深いハウスメーカーさんです。

壁掛けテレビを想定されており壁は補強工事済み。すでに取り付けられていたフロートテレビボードとの位置関係が重要になってきます。フロートテレビと中心を合わせるようにしてテレビを位置決めし、金具とテレビとを取り付け。配線は壁内を通してテレビボード内のDVDプレイヤーと繋がっています。

今回のポイントはテレビの背面にとりつけられた小型ハードディスクです。お客様からのご要望で2TBのものを壁掛けテレビの背面に取り付けさせていただきました。

thumbnail.php?id=595_8_b624a75bc2.jpg
(↑)テレビの真横から撮影したのがこちらの写真。奥に薄い機材がつけられているのがお分かりいただけるでしょうか。

thumbnail.php?id=595_9_a0483b1416.jpg
(↑)分かりやすく明るさを調節してみました。黒く写っているのが小型ハードディスクです。テレビと壁の間にある程度のすきまが確保できれば、ご覧のようにハードディスクを取り付けることもできます。

壁掛けテレビではとかく薄さが求められますが、今回のようにテレビの背面に小型の機材を取り付けたり、あとでUSB機器などをつなげたい場合は、いくばくかのスペースを確保しておくの賢明です。

例えばUSBメモリに入れた家族写真。テレビに差し込めば大画面に写真が映し出されます。今回のテレビは向かって左サイドにUSBポートが用意されていますが、あまりに薄さを追求すると、これらののポートに何もさせなくなってしまう可能性もあるわけです。

thumbnail.php?id=595_7_7cbd0c5086.jpg
(↑)今回はご覧のように十分な隙間が確保されており、USBメモリやデジカメなども気楽に差し込めるようになっています。

レコーダーに限らず、デジカメやUSBメモリなどさまざまな機器をテレビにつなげて楽しまれたい方は、テレビと壁の隙間について改めて検討されることをお勧めいたします。
49インチ壁掛けテレビの背面に録画用ハードディスクの取り付け
  1. ≪先頭
  2. <前へ
  3. 次へ>
  4. 最後≫