問い合わせ

液晶テレビの壁掛け工事 カトー電器のトップページへ戻る

TV台を無くして子ども安全!

家族にPR!「壁掛けテレビの良いところ」

テレビ台から壁掛けテレビに切り替えれば、さまざまメリットが生まれます。「一回り大きいテレビもOK」「お掃除が楽々」「お子さんも安全」などなど、良いことたくさん。壁掛けテレビをご検討中の方は、これらのメリットを是非ご家族にもお伝えください。

テレビ台が無くなればお子さんも安全安心

TV台が無くなれば、お子さんも安全

子どもはテレビが大好き。まずリモコンに興味を示し、ハイハイやつかまり立ちを覚え始めたら、なぜかテレビ台へと突進していきます。そしてテレビ台につかまり、よじ登ろうとします!!

「テレビ台から子供を守りたい!」

一番手っ取り早い対策は、テレビを壁掛けにしてしまうこと。壁掛けにすることで、テレビ台そのものをお部屋から無くすことができます。さらに壁掛けテレビ+隠ぺい配線(配線を壁の裏に持っていく)にしてしまえば、お子さんがテレビの配線で遊んだり、ペットがケーブルをかじる恐れもなくなります。

「とにかく子どもの手が届かないようにしたい」

そんな方は上下可動式の金具を検討されてはいかがでしょう。天井近くに壁掛けすれば、お子さんが手を伸ばしてもテレビに触れることは出来なくなります。

壁掛けテレビにすることで、低い位置のコンセントをふさぐことができます。

子育てあるある(その1)

なぜか子どもを呼び寄せてしまう低い位置のコンセント。コンセントカバーを付けたいけれど、テレビの電源やアンテナ線は必要だし…とためらっているお母さん!「壁掛けテレビ+隠ぺい配線」をカトーデンキに依頼すれば、子どもには手が届かない高~い位置にコンセントを新設します。そちらにテレビを繋いでしまえば、低位置のコンセントは使用不可にできますよ。

テレビ台を無くせば、お子さんも安全安心です。

子育てあるある(その2)

目を離すとテレビにどんどん向かっていく子どもたち。テレビ台は角が尖っていたり、ガラス扉があったりと危険がいっぱい。中にはテレビ台によじ登ろうとする子も出てきます。壁掛けテレビにしてテレビ台を無くしてしまえば、そんな心配もなくなりますよ。

壁掛けテレビ 子育てのメリット

  • テレビ台を無くすことで、ケガの恐れが軽減。
  • 配線を壁裏に隠すことで、イタズラや感電も防止。
  • お子さんが手を伸ばしても届かない位置に壁掛け可能。

テレビ台が無くなったらレコーダー類はどうするの?

たとえば…「レコーダー類も壁掛けに」

テレビを壁掛けにするなら、レコーダー類もお子さんの手に届かない場所に設置してみてはいかがでしょう?

いままでテレビ台の中に収まっていたブルーレイやHDDレコーダー類。これらの置き場所に頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には壁掛けAVラックがおススメです。これらは「テレビと一緒にレコーダ類も壁掛けにしてしまおう」という考えのもとに生まれたもので各メーカからさまざまなデザインのものが販売されています。配線を目立たなくするため、多くは壁掛けテレビの真下、もしくは真上に設置されます。