シャープ アクオス CX1シリーズ 8T-C70CX1 壁掛けおすすめテレビ

70インチ 8T-C70CX1

8K・4Kチューナーを内蔵した70インチの液晶テレビです。外部チューナーが不要なため壁掛けもスッキリと仕上がります。本物をありのままに。 壁掛け時の本体サイズは横幅が約156cm。高さが約92cm。本体重量は41.5kgとなりますので壁面にはしっかりとした下地補強が必要です。

アクオス液晶テレビCX1の最上位モデル。8K・4Kチューナーを内蔵した70型の液晶テレビで4K放送はもちろん、8K放送にまで対応したモデル。

壁掛け時の本体サイズは横幅が156cm、高さが91cmとなります。壁掛けを考えている方は一度定規やマスキングテープなどを使って、ご希望の壁面に位置取りをし、おおよそのスケール感を確認してみてください。

壁掛け時には台座スタンドを外しますが、それでも本体重量は41.5キログラムとかなりあり、壁掛け金具の重量も考えると、壁面にはしっかりとした補強が必要となります。壁面の補強方法としては壁の内側に補強を施す「壁外補強」と壁の内側に施す「壁内補強」とがあります。カトー電器商会では「壁内補強」特に壁の一部分をピンポイントで補強する「壁内部分補強」を得意としており、短時間で終わる作業内容と見た目の美しさから高い評価をいただいています。

壁掛けテレビで薄さを重視されるのでしたら「壁内部分補強」+角度固定式タイプの金具の組み合わせがおすすめです。余分な出幅(ではば)を極力抑えることで、横から覗き込んでも隙間が目立たない美しい壁掛けテレビが実現できます。

隣室などからもテレビを見たい方は、角度が変えられる可動式金具と「壁内部分補強」の組み合わせが良いでしょう。角度固定式金具に比べ、可動域が多いためどうしても厚みは出てしまいますが、各種ケーブルの抜き差しが楽に出来、またテレビ裏のお掃除などメンテナンス性が高いのが特長となっています。

カトー電器にご依頼くだされば角度固定式、可動式、いずれの場合も最適な金具はこちらでご用意し、施工当日に持参しますので、金具についてお客様があれこれ悩む必要もありません。

壁掛け時の本体サイズ

スタンドを取り外したテレビ本体のみのサイズです。壁掛け時にはこれ以外に壁掛け金具の厚みも加わります。出幅を極力抑えるのでしたら可動式タイプの金具よりも角度固定式タイプの金具がおすすめです。
横幅 1564mm
高さ 917mm
厚み 113mm
重量 41500g (41.5kg)

こちらの商品はカトー電器でも取り扱い・販売しております。壁掛け工事とセットでTV本体を購入されると特別お値引きが適用されます。

カトー電器本体価格:492,800円 (税込)

8T-C70CX1の壁掛けについて

スタンドは大切に保管してください

8T-C70CX1を壁掛けしてもテレビの台座スタンドは捨てたりせずに大切に保管してください。将来新しいテレビを購入し、そちらを壁掛けすると8T-C70CX1は当然壁から降ろされることになります。その際スタンドが無いと置き場に困り、どこかの壁にもう一度壁掛けせざる得なくなります。業者に買い取ってもらったりするにしてもスタンドがついていないテレビは驚くほど安値で買いたたかれます。

壁掛けにするとスタンドは不要のように思われますが、将来を見越してネジ類と共に大切に保管するように心がけてください。

壁には下地補強が必須です

台座スタンドを外した8T-C70CX1の本体重量は41.5キログラム。これに壁掛け金具の重量(約3~8kg)が加わりますので、壁掛けする壁面には下地補強が欠かせません。

マイホームを建築中の方はハウスメーカーにご相談を。お住まいの壁に下地補強が無い方はカトー電器が得意とする「壁内部分補強」がおすすめです。「壁内部分補強」は荷重のかかる場所を重点的に補強し、十分な強度を確保します。壁の内側(内部)で補強するため余計な出っ張りなどもなく、見た目も美しく仕上がります。