ソニー KJ-85X9500G壁掛け施工

ソニー KJ-85X9500Gの壁掛け施工事例

岐阜県でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。マイホームはお客様宅は一戸建て。まだ建築中の段階のお問い合わせであり、壁掛けテレビの下地補強や配線ルートなどはハウスメーカー様が担当されるとのことでした。
ハウスメーカーはダイワハウス様。写真のように、左側の棚の中にレコーダ機器などを収納し、壁内を通ってテレビと繋がるように設計されています。

下地補強などはハウスメーカー様が担当されるとのことでしたので、弊社は85型テレビに見合う金具の選定と壁掛け作業、それに各種ケーブルの入線作業をメインとしたお見積りをお送りしております。

お客様は金具の種類(固定式or上下左右可動式)で悩まれていました。しかし85型となりますとテレビ本体だけで45kgほどになります。さらに壁掛け金具の重量も加算されることを考慮すると、可動式金具はお勧めしかねるとお客様にご提案。ご納得いただき、今回は角度固定式金具で設置することになりました。

施工当日はスタッフ2名でご訪問。すでに壁内に補強は施されていましたので作業はスムーズに進みました。金具を取り付け、ソニーの85型のテレビを壁掛けすると、写真のように迫力あふれる映像空間が誕生しました。

thumbnail.php?id=836_15_2582f5318c.jpg
工事完了直後の写真です。 これまで多くのテレビを壁掛けしてきましたが85型のテレビはやはり迫力が違います。テレビはソニーのブラビアシリーズKJ-85X9500G。本体サイズは約191cm×110cmです。

thumbnail.php?id=836_13_cfb32a0253.jpg
レコーダーなどの機器は向かって左側の収納棚に格納されています。HDMIなどの各種ケーブル類は壁内を通っているためテレビ周りにはケーブル類が一切見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=836_16_1d99158d1b.jpg
左方向から。テレビの取付位置は左右は壁の中央。高さはテレビの上端が左コーナーの棚と揃うようにしました。

thumbnail.php?id=836_17_53f18beb31.jpg
右方向から撮影。テレビ台が無いためテレビ下も広いスペースが確保できています。配線ルートをあらかじめ確保し、収納スペースと壁で仕切ることによってテレビだけの特別な空間が生み出されました。

thumbnail.php?id=836_18_d775e035cd.jpg
左側面の様子。KJ-85X9500Gは85型ながら本体厚みは7.3cmという薄さ。角度固定式金具と組み合わせると、壁掛け時の厚みを極力抑えることができます。

thumbnail.php?id=836_22_bf868620b1.jpg
壁掛けテレビの背面には、わずかな空間を活かして録画用のハードディスクを取り付けています。DVDなどの再生する機会が少ない方は小型ハードディスクを使った番組録画がおすすめです。番組をHDDに録画・再生することでブルーレイレコーダーの置き場所を考えずとも済むようになります。

thumbnail.php?id=836_14_63aaab80c5.jpg
数歩下がってお部屋の全体イメージ。テレビとレコーダー機器との位置関係がお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=836_20_742710a1b2.jpg
壁掛け工事直前の様子。ハウスメーカー様によって壁掛けテレビのための下地補強工事、および配線経路などはあらかじめ用意されていました。新築で壁掛けテレビをご検討中の方は設計・建築途中の段階から弊社にご相談いただくと話がスムーズに進みます。

thumbnail.php?id=836_21_48f7479030.jpg
工事途中の写真です。テレビの取付位置は写真のようにマスキングテープを使ってお部屋に合った位置をお客様にご提案します。今回の高さのイメージはテレビ設置面の壁に三つ棚がありましたので、一番上の棚とテレビの上端が揃うイメージでご提案させていただきました。

thumbnail.php?id=836_19_71eb6807dd.jpg
こちらは左の棚内部の様子。壁内を経由してきた各種ケーブル一旦ここから顔を出して各種機器へと繋がれていきます。すでに完成したお宅でも壁の状況によっては後から壁内を通すことは可能ですので、壁内配線をご希望の方はお気軽に弊社までご相談・お問い合わせください。
【KJ-85X9500G】岐阜県岐阜市で石膏ボード壁に85型大型液晶テレビ(KJ-85X9500G)を壁掛け
愛知県知立市でのテレビ壁掛け工事レポートです。お客様宅は新築でハウスメーカーは一条工務店。
設計の段階で壁掛けテレビは想定されており、リビングルームのエコカラット壁面は下地補強と空(から)配管が施されていました。

施工当日、お客様とご一緒にテレビの位置をご相談。写真のような壁面の場合、テレビの横位置は「壁の中心に」ということで即決となり、高さをどのくらいにするかで入念に話し合います。
テレビの取り付け位置が決まれば、金具の取り付け工事です。金具は将来のテレビ付け替えまで見越し、どのメーカにも広く対応した汎用型の角度固定式を採用。テレビのすぐ横にドアがあり、リビングに出入りするたびに壁掛け接合面が視界に入るので、なるべく薄く目立たないタイプの金具を選別しました。

金具の設置後、85型の大型テレビをスタッフ2名で取り付け。電源やHDMIケーブルなどを接続し、壁内へ通して完成となりました。

近い将来、テレビ台にサウンドバーやレコーダー機器を設置されるとのご予定でしたので、あらかじめ予備のHDMIケーブルを壁内に数本通してあります。壁掛けテレビ、それも角度固定式金具の場合はテレビと壁面の隙間を極力薄くできますが、その分あとからケーブル類を追加することが難しくなります。そのような場合、今回のようにあらかじめ予備の各種ケーブルを通しておかれることをおすすめいたしております。


thumbnail.php?id=763_22_cc8edbeead.jpg
(↑)エコカラットの壁面に壁掛け金具を設置し、85型の大型液晶テレビを壁掛けさせていただきました。ハウスメーカーは一条工務店です。

thumbnail.php?id=763_23_84ab731b9b.jpg
(↑)正面から。ソファからテレビを見るとご覧のような光景が広がります。最適な壁掛けテレビの高さは「お客様の身長や座高」「ソファの高さ」などを考慮しなければいけませんので一概には言えません。皆さんソファに座ったりしながら楽しそうに迷われます。

thumbnail.php?id=763_24_17b864eaa0.jpg
(↑)テレビのすぐ横に出入り口があり、お部屋を出入りするたびにテレビと壁面の接合面が視界に入ってきます。そこで金具は薄さを重視して角度固定式のタイプを採用しました。

thumbnail.php?id=763_25_8ddcc4d6f8.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-85X9500G。85型の大型液晶テレビです。本体サイズは191cm×110cm。俳優さんが「原寸大」で映し出される世界を体験できます。


thumbnail.php?id=763_26_211a87dca0.jpg
(↑)テレビとエコカラット壁との接合面。金具は壁面に合わせてホワイトを選択。隙間を極力薄く出来るのが固定式金具のメリットといえます。

thumbnail.php?id=763_27_ed051e8a3c.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真です。据え置きの場合、テレビは大型になればなるほど奥行きを必要とします。大型テレビを壁掛けにすると、テレビの位置がぐっと後退しますので、お部屋が広く感じられますよ。
【KJ-85X9500G】愛知県知立市でエコカラット壁に85インチの液晶テレビ ソニーブラビア KJ-85X9500Gを壁掛け
滋賀県草津市でソニーの85インチ液晶テレビ(KJ-85X9500G)とサウンドバーを壁掛けさせていただきました。

テレビ台の上に設置する場合、テレビ台の強度などの問題であまり大きなサイズは難しかったりしますが、壁掛けにはそのような制限はありません。壁掛けテレビを検討されている方は、ぜひ一回り大きなサイズもご検討ください。

ご訪問先の壁面は石膏ボード。補強工事が必要なので、間柱と壁内部分補強を使ってしっかり補強した上で金具を取り付けさせていただきました。

今回のもう一つのポイントであるサウンドバー。こちらもも壁掛けです。サウンドバー。こちらも壁内を経由して100ボルト電源と信号が行き来できるようにさせていただきました。

出来上がりはご覧の通り。85インチ液晶テレビ。サイズは191cm×110cm。大迫力ですね。そこにサウンドバーの奥行きある重低音が伝わってきます。

thumbnail.php?id=579_9_10b31a6861.jpg
(↑)テレビの裏側にはコンセントパネルを新設し、ケーブル類はすべて壁内を伝ってテレビ台の機器類につながっています。

thumbnail.php?id=579_10_e47b0b862b.jpg
(↑)壁掛けをご依頼される方は音にこだわりを持つお客様も多く、サウンドバーを所有されている方も少なくありません。テレビ台の上に置かれる方もいらっしゃれば、今回のようにサウンドバーも壁掛けを希望される方もいらっしゃいます。どちらも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

thumbnail.php?id=579_11_7167f5e3da.jpg
(↑)サウンドバーの電源は向かって左側に作りました。サウンドバーの壁掛け位置は「テレビと中心を揃える」のが定番。あとは高さをどうするかでお客様と念入りにご相談させていただきます。
【KJ-85X9500G】滋賀県草津市で85インチ液晶テレビ(KJ-85X9500G)とサウンドバーを壁掛け
エコカラット「グラナスルドラ」にシャープ・60インチ液晶テレビが壁掛けされていましたが、85インチ液晶テレビ「KJ-85X9500G」を買い替えられて掛け替え作業をさせていただきました。
シャープの純正金具から、汎用性の壁掛け金具に変更したことで、次の買い替えの時に金具はそのまま使っていただけます。

前までは壁内配線ではなく、テレビ下からテレビ台までケーブルが露出していましたが、壁状況からテレビ用コンセントが新設できましたので、壁内配線も併せて施工させていただきました。

新築時にハウスメーカー様に壁掛けテレビのイメージをお伝えしていたそうで壁補強は施されていましたが、配線が手違いにより壁内配線ではなくケーブル露出でご対応されたとお伺い致しました。
掛け替え前の最終コンサルで見た目を美しく仕上げたいという事で急遽テレビ用コンセントパネルの新設施工を承らせていただきました。

壁掛け後には、85インチの大画面が宙に浮き、エコカラットとの一体感を強く感じる美しさに仕上がり、オーナー様には大変喜んでいただけました。
【KJ-85X9500G】壁掛けされた60インチテレビを85インチテレビへ掛け替えさせていただきました。