壁掛けテレビとHDMIコンセント

テレビ台を無くせる?HDMIコンセント

壁掛けを機にテレビ台を無くしたい方へ。HDMIコンセントを新設すればゲーム機やDVDプレイヤーが簡単に抜き差しできます。

HDMIコンセントの使用例
壁掛けテレビの下に設置されたHDMIコンセント。ゲーム機やPCなどを接続するとテレビに映像とサウンドが出力されます。

壁掛けテレビを機会に

「いっそのことテレビ台もなくしたい」

という方にはHDMIコンセントがおすすめです。床上にHDMIコンセントを新設することで、ゲーム機やDVDプレイヤーは「使うときだけ接続し、使わないときは外して片付ける」という新しい生活サイクルが生まれます。

番組録画はテレビの背面に小型ハードディスクを設置したり、ウォールシェルフ(棚)+レコーダーといった解決策もご用意。

特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではHDMIコンセント+TV背面ハードディスクの組み合わせが人気です。

HDMIコンセントを使ってゲーム機やパソコンを使いたいときだけ接続

ゲーム機やパソコンを接続

HDMIコンセントにノートパソコンやゲーム機を手軽に接続。「使う時だけつなぐ」「使い終わったら外して片付ける」を生活習慣にすればテレビ下はいつもすっきり。

エコカラットにHDMIコンセントパネルを新設した例

エコカラットにも設置可能

カトー電器商会のHDMIコンセントはエコカラット壁でも設置可能です。作例写真はエコカラットのストーングレース。HDMIコンセントは右列真ん中です。

新しく100ボルト電源とHDMIコンセントのパネルを新設した例

あたらしく新設できます

HDMIコンセントは既存のコンセントにコネクタを追加する方法と、新しくコンセントパネルごと新設する方法とがあります。こちらはまるっと新設した例。

HDMI端子を2つもつ2個口コンセントも新設できます

コンセント2個口も大丈夫

接続機器がたくさんお持ちでしたらコネクタを2つ用意することもできます。それぞれテレビのHDMIに接続しており、テレビリモコンで切り替え可能です。

既存のコンセントパネルにHDMI端子を追加した例です

既存コンセントをカスタマイズ

床上の既存コンセントに空きスペースがあれば、それをHDMI端子に組み替えることも可能です。作例は右端中央をHDMI端子に交換しています。

電気工事士が確かな技術で施工します

電気工事士による確かな施工

HDMIコンセントは写真のように100ボルト電源と隣接することが多いので、必ず電気工事士の資格を持つスタッフが担当します。

既存コンセントにHDMI端子を2個追加した例です

既存コンセントに2個口

既存のコンセントパネルのHDMI端子2個口を追加した例です。こちらの施工例では番組録画は棚に置かれたレコーダーが担当しています。

ウォールシェルフ側にHDMIコンセントを作りました

シェルフ側も追加可能

ウォールシェルフ(棚)のコンセントパネルにHDMI端子を追加した例です。HDMIコンセントとシェルフとの組み合わせは高い評価を得ています。

愛知県飛島村でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ御覧になり、LINE経由にてお問合せくださいました。事前に現在の壁面やテレビの接続環境が分かる写真を送っていただき、お電話も交えながら進めさせて頂きました。

お客様のご要望としましては、

・テレビ台を無くし、壁掛けテレビにする事でスッキリさせたい。
・それに伴ったテレビへの接続機器の置き場所で最良な方法を教えて欲しい。

とのことでした。

お客様のご要望より、事前の電話コンサルでは補強方法も含めてウォールシェルフ(棚)を設置するイメージをお伝えし、概算お見積りをご提案させて頂きました。LINEによるスピーディなやり取りでスムーズに話は進み、工事のご予約をいただき。

施工当日。担当スタッフ2名がお伺い。お客様ご希望の壁面は石膏ボードにクロス貼りの間仕切り壁ですが、写真のように後ろ側に階段がありましたので、壁内状況を事前にしっかりと把握させていただきました。また壁内に下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強から着手しました。テレビ金具部分に加えて、シェルフ部分にも壁内部分補強を施しています。

続いて配線ケーブルや経路確保の施工です。今回の壁内配線施工のポイントは既存コンセントからケーブルテレビの光ケーブルが光終端装置へ配線されている事です。この光ケーブルは光終端装置から抜き差しできるタイプと、抜き差しできないタイプがあります。今回は抜き差しできるタイプでしたので、テレビ台の中に設置されていた光終端装置をテレビ上に設置したウォールシェルフ(棚)まで移設する事が出来ました。これによりテレビ下には既存コンセントだけ残る形でお客様の求められていたスッキリさを実現することが出来ました。

今回壁内配線で通したケーブルは以下の通りです。

・電源ケーブル 1本
・アンテナケーブル 1本
・HDMIケーブル 2本
・LANケーブル 1本

HDMIケーブルは既存コンセント(テレビ下側)とウォールシェルフ用コンセントに1か所ずつ、さらにHDMIコンセントも施工させて頂きました。これらはいずれゲーム接続用に使われるとのことだそうです。ウォールシェルフに設置されているソニーのプレステ4は今回壁掛けさせて頂きましたテレビと、もう一台別のテレビへの接続を想定されており、テレビの切り替えの際にHDMIコンセントから抜き、そのケーブルをテレビへ接続しやすいようにとHDMIコンセントをご選択されました。

テレビ下のHDMIコンセントは「ニンテンドースイッチなどを子供でも接続できるように」とのリクエストで、「日常生活の中で使いやすさ」を優先した仕上がりとなっています。

出来上がりは御覧の通り、お客様が求められていたスッキリ感に加えてテレビが宙に浮いた事にもとても喜んで頂く事が出来ました。ウォールシェルフへ光終端装置が移設できた点やケーブルが壁内に収まっている事にも、イメージしていた以上の光景に大変満足して頂けました。


thumbnail.php?id=915_30_160acb45fd.jpg
(↑)完成直後の写真です。壁掛けテレビとウォールシェルフとの組み合わせ。お部屋全体どこから見ても存在感のある仕上がりとなりました。

thumbnail.php?id=915_31_f656cbb373.jpg
(↑)正面から撮影。将来的にテレビを65インチクラスに変更してもウォールシェルフと干渉しないように壁掛け位置をお客様へコンサルさせて頂きました。

thumbnail.php?id=915_32_93d555c7ed.jpg
テレビはシャープの40型液晶テレビ。お部屋の出入りの際、こちら側の側面が視界に入るため、各種ケーブル類は極力反対側にまとめるようにしています。

thumbnail.php?id=915_33_6292007dc7.jpg
(↑)上下左右可動式金具を選択されたことで、お部屋のどこからでも最適な角度で視聴することができます。テレビで隠れる位置には電気工事士の資格を持つスタッフが専用のコンセントパネルを新設しました。御覧のように各種ケーブル類は目につきにくいこちら側に集中させています。コンセントパネルもこちら側にずらして新設しています。

thumbnail.php?id=915_34_f761b01e55.jpg
(↑)テレビの背面の様子。お客様とご相談し、工事前より使用されていた外付けハードディスク金具に取り付けさせていただきました。録画用ハードディスクを新しくご用意されるという方はポータブルサイズのタイプをお勧めいたします。

thumbnail.php?id=915_35_31cf8b2242.jpg
(↑)ウォールシェルフと専用のコンセントです。機器を多く接続できるように電源コンセントは3つ口でご用意。将来的にレコーダー用のアンテナ線を増設できるように空きもあります。HDMIコンセントはケーブル挿し口が他のケーブルとの接触を出来るだけ防ぐためにコンセント上部に設置させて頂きました。

thumbnail.php?id=915_36_4eb78c0373.jpg
(↑)床上の既存コンセントです。こちらも将来的に変更可能なレイアウトで仕上がております。アンテナ端子部分を壁内部で組み替えてHDMIコンセントへ変更しています。ここのゲーム機などを接続すると壁掛けテレビに映像や音声が出力されます。

thumbnail.php?id=915_37_0f8d9e1515.jpg
(↑)施工前の様子です。背面の壁には壁掛けを想定されておらず、下地補強も専用コンセントなどありません。こうした壁面でもあとから壁掛けテレビに出来るのがカトー電器の強みです。

thumbnail.php?id=915_38_2c56ad84f6.jpg
(↑)こちらも施工前の様子です。テレビ台に乗せて視聴されていたため、40インチといえどもかなりのスペースを占有されていました。

thumbnail.php?id=915_39_315a912dba.jpg
(↑)工事途中の写真。飛散防止用のビニールカバーで保護した後、青いマスキングテープでテレビの取付位置を想定。手前は壁紙を一部めくり、壁内補強工事を終えたところ。奥に見える開口部はコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=915_40_7690ddb528.jpg
(↑)可動式金具の台座を取り付けたところ。先ほどめくりあげた壁紙は丁寧に元に戻しているため、その痕跡はほとんどわかりません。電気工事士の資格を持つスタッフによりコンセントパネルは完成し、HDMIケーブルが壁内を通って顔をのぞかせています。

thumbnail.php?id=915_41_8feb2d32d5.jpg
(↑)壁掛けされる直前のテレビ背面です。可動式台座につけるための金具を2本取り付けています。このテレビはアンテナ線やケーブル類は下方や横方向から差し込むタイプのため、壁掛け時の厚みを抑えることができました。
【HDMIコンセント】愛知県飛島村で石膏ボード壁に40型液晶テレ…
名古屋市中川区でのテレビ壁掛け工事レポートです。壁掛け工事の前に弊社にて補強工事とエコカラットのストーングレースを貼らせていただきました。

お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはウッドフレンズ様です。壁掛けご希望の壁面は石膏ボード+壁紙クロスとなっており、下地補強はありません。そこで先に壁内部分補強を施して、十分な強度を確保することからスタート。壁内の補強工事が終わったらエコカラットを貼っていきます。エコカラットを張り終えたら、ようやく壁掛け工事です。エコカラットの上から可動式金具を取り付け、各種配線を壁内に通していきます。今回はお客様リクエストでテレビ下のコンセントパネルをHDMIコンセントに組み替えました。ここにレコーダーやゲーム機をつなげるとテレビ側に映像や音声が出力されます。

エコカラット同時施工ということもあり、午前中からスタートして、完成したのは夕方となりました。出来上がりは御覧の通り、リビングの一画にシックな壁面とスマートな壁掛けテレビが誕生しました。

エコカラット ストーングレースレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器が名古屋市から出張し、工事を担当いたしました。

thumbnail.php?id=872_23_49fcb9f9e9.jpg
(↑)エコカラットを貼り、壁掛けテレビ工事を終えた直後の写真です。金具は可動式金具。テレビボードので隠れていますが床上のコンセントはHDMIコンセントに組み替えられています。

thumbnail.php?id=872_24_e1f489edbd.jpg
(↑)エコカラットは「エコカラットプラス ストーングレース」。壁掛けテレビと同時に施工する「エコカラット同時施工」をお選びいただき、1日でエコカラットとテレビ壁掛けを完成させました

thumbnail.php?id=872_25_d2c2146f96.jpg
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ。背面に録画用のハードディスクを取り付けています。テレビ下に見えるのがHDMIコンセントです。

thumbnail.php?id=872_26_d7aeaa470d.jpg
(↑)無料壁掛け診断フォームよりお客様から送っていただいた施工前の写真。壁掛けご希望の壁面には下地補強はなく、壁掛けテレビ用のコンセントパネルもありません。

thumbnail.php?id=872_27_1d06fa4955.jpg
(↑)工事の第一段階は壁内部に補強を施すこと。写真でもお分かりのように壁内部に4か所の部分補強を行いました。開口部はテレビ用のコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=872_28_822cea02f8.jpg
(↑)第二段階のエコカラット貼り付け工事。専用の糊(のり)を塗って順々にエコカラットを貼っていきます。窓周りやコンセントまわりなどはその形状に合わせてエコカラットをカットしておきます。

thumbnail.php?id=872_29_23a12905f6.jpg
(↑)エコカラットに直接設置された壁掛け金具。可動式タイプでカラーはホワイト。壁内部で補強しているので厚みも最小限度に抑えられます。

thumbnail.php?id=872_30_3067129149.jpg
(↑)テレビ側面の様子。テレビの背面には録画用のハードディスクを取り付けてあります。

thumbnail.php?id=872_31_205f976fe1.jpg
(↑)床上のコンセントパネル。右列真ん中に見えるのがHDMI用の端子です。ここにゲーム機を接続すると壁掛けテレビに映像や音声が出力されます。
【HDMIコンセント】名古屋市中川区でエコカラット ストーングレ…
神奈川県小田原市での出張壁掛け工事レポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。リビングの写真と図面とを送ってくださいました。

壁掛けテレビそれ自体は問題ありませんが、レコーダーの置き場所で悩まされており、テレビ台やシェルフは避けて、なるべくすっきりさせたいとのご要望。お電話でご相談させていただき
「レコーダーはリビングの収納棚に設置する」
という案に落ち着きました。収納棚は写真のように、テレビの壁面とは反対方向に位置しているため、壁内から天井裏を通って配線させていただきました。

難易度の高い工事となりましたが、天井裏配線の経験値が高いスタッフにより工事は無事完了。お客様のご希望通り、壁掛けテレビの周りはスッキリとした大画面壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=773_17_853cbacea0.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。75型の最新液晶テレビです。本体サイズは167cm×97cm。ドラマや映画の役者さんが等身大で写し出される迫力です。

thumbnail.php?id=773_21_aa9e5ffe2c.jpg
(↑)テレビの右下にはHDMIコンセントを新設。ここにゲーム機などを接続すると75インチの大画面に映像と音声が出力される仕組みです。

thumbnail.php?id=773_18_1538a8ae58.jpg
(↑)番組を録画・再生するレコーダーは反対側の収納棚に格納。テレビから壁内→天井裏を経由してつながっています。難易度の高い工事でしたが、
「お客様のこだわりですからね。実現してみせますよー!」
と天井裏配線の経験豊富なスタッフが頑張ってくれました。

thumbnail.php?id=773_20_f468af70ad.jpg
(↑)本工事の目玉ともいえるレコーダーの様子。写真右手前に映っているのがブルーレイレコーダーです。ここから一旦天井裏を通り、奥のテレビへと繋がっています。


thumbnail.php?id=773_22_9836ab848d.jpg
(↑)分かりやすくケーブルの経路を描いてみました。Wi-Fiでも出来なくはないのですが、安定性を求め、より確実な有線でつなげさせていただきました。

thumbnail.php?id=773_19_123d1408ee.jpg
(↑)こちらは側面の様子。金具は将来別メーカのテレビに付け変えも対応できるように汎用型の角度固定式の金具を選択。壁面はカトー電器が得意とする壁内補強にて強度を確保しています。

今回のお客様はたくさん写真と資料を送ってくださり、おかげで社内の協議(配線経路はどうします?)もスムーズに進みました。
図面の用意が難しくてもさまざまな角度から写真を撮影していただければ、それだけ詳細なお見積もりプランが作成可能となります。壁掛けテレビをご検討中の方は、ぜひ壁面だだけでなくコンセント周りなどの写真も撮影してみてください。
【HDMIコンセント】神奈川県小田原市でリビングの石膏ボード壁…
愛知県あま市でのテレビ壁掛け工事です。
石積み模様の壁紙クロスが貼られたリビングで、お客様がご希望される壁面にはテレビのアンテナ端子がありません。お問い合わせ時に送っていただいた図面でも確認が取れませんでしたが、工事当日天井裏に確認したところ
「何とかなりそうだ」
と判断。天井裏にて電源ケーブルとアンテナ線を分岐・延長し、目的の壁面まで引っ張ってくる工事を行いました。電源とアンテナ端子が確保できればしめたもの。お客様ご壁面にコンセントパネルを新設し、テレビ壁掛け工事のスタートです。

壁掛け用の下地補強は無いため、カトー電器が得意とする壁内の部分補強で強度を確保。壁掛け金具は将来のテレビ買い替えを見越して各社メーカーに対応した汎用型の角度固定式金具を設置。これは先ほどの補強箇所と間柱に固定しています。

テレビはパナソニックの有機ELテレビ TH-55FZ950。テレビ壁寄せスタンドをお使いでしたので、スタンドから外して、壁寄せから壁掛けに「お引越し」させていだきました。

今回はレコーダー用の置き場としてウォールシェルフ(棚)設置のリクエストもいただいており、これはテレビ上に設置。HDMIの端子を備えた専用コンセントパネルも新設しました。

アンテナ端子の無い壁面に、天井裏からアンテナ線を引き込むというちょっと難易度の高い作業を経て、壁掛け工事は無事完了。出来上がりは御覧の通り。テレビ下に何もない広々とした壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=752_22_22adac682e.jpg
(↑)石積み模様のクロス張りの壁面に有機ELテレビとレコーダー用のウォールシェルフ(棚)を壁掛けさせていただきました。配線は天井裏でアンテナ線と電源を分岐させ、こちらの壁面まで引っ張り込むという工事をおこなっています。

thumbnail.php?id=752_24_d63d4ce563.jpg
(↑)正面から撮影。小さなお子さんがレコーダー機器に触れないようにウォールシェルフはテレビの上に設置。棚とテレビのあいだにケーブルが見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=752_25_4b0e35f86f.jpg
(↑)斜めから見たところ。テレビ下の床上に見えるコンセントパネルはアンテナ端子を持っていないため、天井裏からアンテナ線を延長する必要がありました。

thumbnail.php?id=752_20_fc99282cc0.jpg
(↑)施工前の壁面です。この壁面にテレビとウォールシェルフ用のコンセントパネルを新設することから工事はスタートしました。ちなみにこの石積み模様の壁紙クロスは奥様が張られたそうです。(すごい!)

thumbnail.php?id=752_23_5b6e7175d5.jpg
(↑)ウォールシェルフはレコーダーの奥行まで確保できれば良いので、テレビ台ほど前面に出っ張ることはありません。何よりテレビ台がなくなることでリビングがひときわ広くなります。

thumbnail.php?id=752_21_b2bbbd0343.jpg
今回はウォールシェルフのコンセントパネルにHDMI端子(コンセントパネル右上)をご用意。ここにゲーム機やPCなどを差し込めば有機ELテレビに美しい映像とサウンドが出力されます。

thumbnail.php?id=752_26_60d0b20fc5.jpg
(↑)お客様から最初に送っていただいたお部屋の画像。テレビは壁寄せスタンドをご使用でした。壁寄せスタンドが置いてある壁面にはアンテナ端子が見えていますが「可能であればソファのある方に壁掛けを」とのご希望をお聞きし、天井裏の調査&工事が決定しました。


工事完了後、その日のうちにお客様からお礼のメールをいただきました。(ありがとうございます!)工事から帰ったスタッフはメールを読みながら照れ笑い。何よりの励ましとなりました。
【HDMIコンセント】愛知県あま市で55インチの有機ELテレビ(TH-5…
神奈川県小田原市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様宅は神奈川県小田原市。カトー電器自社施工として壁掛け工事スタッフ2名がお伺いさせていただきました。

お客様が壁掛けご希望の壁面は下地補強が施されていないため、カトー電器が得意とする壁面内部からの部分補強をおこない強度を確保。そこに角度固定式の金具を設置し、お客様ご使用中のテレビ ソニーのKDL-55W802Aを取り付けました。
写真では隠れていますが、テレビの背面には専用のコンセントパネルを2つ新設。100ボルト電源、アンテナケーブル、HDMIケーブルさらにスピーカーケーブルを壁内に配線し、床上のコンセントパネルにつなげています。床上のコンセントパネルは一か所をHDMIコンセントに組み替えており、ここにレコーダー機器やゲーム機などをつなげばテレビに映像やサウンドが出力されます。
後日、テレビ台が搬入されるとのことでしたので、一部ケーブル類は接続しやすいようにそのままの引き出したかたちで工事完了となりました。

テレビ台との併用を考えているお客様の中には
「テレビが壁掛けされた状態を見てから、(それに似合う)テレビ台を選びたい」
という方も多く、そのような場合は御覧のように後でつなぎやすい状態で工事を終えさせていただくことも可能です。

お客様とは施工中もいろいろ楽しいお話をさせていただき、リラックスした雰囲気の中で楽しく作業させていただきました。

thumbnail.php?id=739_14_f220e07199.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KDL-55W802A。テレビの本体サイズは125cm×x74cm。お客様お使いのテレビです。スタンドを外し、壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=739_15_aebb42cd1c.jpg
(↑)テレビで隠れていますがテレビ後ろの壁面にコンセントパネルを2か所新設。100ボルト電源、アンテナ線、HDMIケーブルが壁内を通って、床上のコンセントパネにつながっています。

thumbnail.php?id=739_16_994727aa3b.jpg
(↑)正面から撮影。後日テレビ台がこの下に置かれるとのこと。レコーダーやゲーム機をテレビ下のHDMI端子に接続すれば映像とサウンドがテレビから出力されます。

thumbnail.php?id=739_17_bb33bda823.jpg
(↑)真横から。金具は角度固定式金具。壁面に合わせて金具はホワイトを採用。テレビ本体の厚みは6.4cmです。

thumbnail.php?id=739_18_2f634634fb.jpg
(↑)床上のコンセントパネルです。真ん中のパネルにHDMIケーブルをつなぐ端子を作らせていただきました。

カトー電器商会では、現在リビングでお使いのテレビでも壁掛けさせていただきます。テレビの型番は多くの場合、背面に記されていますので、壁の写真と一緒に専用フォーム「無料壁掛け診断」よりお送りくだされば、工事担当者がスピーディーにお見積もりを作成。営業時間内でしたら即日メールにてお返事させていただきます。
年末年始を機にテレビの壁掛けをご検討中でしたら、ぜひこの機会にカトー電器までお問い合わせください。
【HDMIコンセント】神奈川県小田原市で石膏ボード壁に55型液晶…
東京都江東区でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお部屋の写真と間取り図面とを送っていただきました。写真をもとに施工担当スタッフが早速お見積もりを作成。必要となる各種ケーブルの種類、本数も計算し、20分で作成&お客様へメールでご連絡。とんとん拍子で話は進み、施工当日に弊社よりスタッフ2名が車でお伺いしました。

お客様ご希望の壁面は下地補強は施されていなかったため、壁内にプレートを使った部分補強を施し、十分な強度を確保。そこに角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。お問い合わせの時点よりお客様から
「入退室の際、テレビの真横を通るため壁掛け部分はなるべく綺麗な形に納めたい」とのご要望をいただいており、薄さ重視の固定式金具を採用し、テレビ用のコンセントパネルもドア側ではなく、窓側に作らせていただきました。

テレビはLG社の有機ELテレビ OLED65C9PJA。本体サイズは145cm ×83cm 壁掛け時の本体厚みは4.7cmです。

床上のコンセントは当初のリクエスト通り、HDMIの端子を持つコンセントパネルを増設。ここにレコーダー機器を繋げばテレビの録画が、ゲーム機などを繋げばテレビへの出力が可能になります。
「テレビの下には何も置きたくない」
「なるべくお部屋のスペースを広くしたい」
という方には、このHDMIコンセントパネルはおすすめです。ゲーム機などは使うときだけここに持ち運んで接続。遊び終わったら所定の場所に片づける…といった使い方も出来ます。

工事は無事終了し、写真のようにテレビ下に何もない広々とした壁掛けテレビが完成しました。


thumbnail.php?id=716_21_e0438ef0b6.jpg
東京都江東区のタワーマンションでのテレビ壁掛け工事です。下地補強が施されていない石膏ボード壁にカトー電器が得意とする壁内の部分補強を実施。強度をしっかり確保した上でLGの有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=716_22_1aac96ecb2.jpg
テレビの本体サイズは145cm ×83cm。開封したばかりですのでパネルの両端に赤い保護テープが貼られています。テレビの右下に見えているのがHDMI専用コンセントパネル。壁内を伝ってテレビとつながっています。

thumbnail.php?id=716_23_8d9541b5ef.jpg
壁掛けテレビにすることでテレビの下は何も無い空間が広がります。おうちで過ごす機会が増えている昨今、リビングをもっと広くされるならテレビの壁掛けはとても効果的です。

thumbnail.php?id=716_24_33a37fadc9.jpg
LGの有機ELテレビと固定式金具による側面。お部屋の出入り口側から撮影。こちらから見たときにテレビの配線が見えないようにテレビのコンセントは反対の窓側に新設しています。

thumbnail.php?id=716_25_5e28468966.jpg
テレビと繋がっているHDMIコンセントパネル。ここにレコーダー機器を繋いだり、ゲーム機を繋げば65インチの大画面に迫力あふれる映像と音声が出力されます。
【HDMIコンセント】東京都江東区のタワーマンションで石膏ボー…
今回は愛知県春日井市での壁掛け工事レポートです。テレビは弊社でご購入いただいたソニー ブラビアの最新モデル KJ-65X8000H。こちらを石膏ボード+クロス張りの壁面に壁掛けさせていただきました。

お客様が壁掛けをご希望される壁面は下地補強が施されていなかったため、当社スタッフが壁内より部分補強を行い、しっかり強度を確保。その上で角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。同時にテレビで隠れる位置にテレビ用のコンセントパネルを新設。100ボルトの電源のほか、アンテナ線、HDMIケーブルなども壁内を通して配線しています。

床上の既存コンセントは、HDMIの端子を持つコンセントに組み換え工事。ここにゲーム機やDVDプレイヤーをつなぐと大画面のテレビに映像と音声が再生されるようになっています。

お部屋をスッキリさせたいけれど、ゲーム機などの置き場所にお困りの方はこのHDMIコンセントを是非ご検討ください。使うときはここに差し込み、使わないときはケーブルを外して本体を離れた場所に片づける…といった使い方ができるようになります。

テレビの壁掛け、配線工事は無事終了。最後はお子さまに動作確認をご協力していただきました。(ご協力ありがとうございます!)

thumbnail.php?id=712_32_cf6e0484be.jpg
(↑)石膏ボードの壁面に部分補強をおこない十分な強度を確保。その上で角度固定式の金具と65型のテレビを壁掛けさせていただきました。壁掛けにすると視聴距離が30cmほど遠ざかるので、65型でも圧迫感はありません。

thumbnail.php?id=712_29_231599eecd.jpg
(↑)正面から撮影。床上に見えるのが既存のコンセントをベースにしたHDMI端子付きコンセントパネル。壁内を通ってテレビと繋がっており、ゲーム機やDVDプレイヤー、パソコンなどをつなぐと映像と音声が大画面のテレビにて再生されます。

thumbnail.php?id=712_30_b7dafa716e.jpg
(↑)壁掛け工事完了後、最後の動作確認をお子さんに手伝っていただきました。真剣な面持ちで動作確認中。

thumbnail.php?id=712_28_fa30e5ce37.jpg
(↑)設置場所の右側は通り道となっているため、テレビの壁掛け部が自ずと視界に入ります。接合面は見苦しくならないよう細心の注意を払い、薄くかつシンプルに収まるようにしました。

thumbnail.php?id=712_31_88699f0fe9.jpg
(↑)床上のHDMI端子付きのコンセントパネル。ここにゲーム機やDVDプレイヤーをその都度差し込しこむ、使い終わったら片づける…というルールにすれば、テレビ周りはいつもスッキリ。

thumbnail.php?id=712_23_47a289131a.jpg
(↑)ビフォー&アフターのビフォー。お客様から送っていただいた施工前の写真。この写真とご希望のテレビの型番をお伝えくだされば、必要となるケーブルの種類、さらにはケーブルの長さ、本数までベテランの工事スタッフが算出。最短即日でお見積もりを作ります。


せっかく壁掛けテレビにするのならテレビ台も無くしてスッキリしたリビングにしてみたい。そんな風に考えていらっしゃらう方も多いと思います。
壁掛けテレビ背面に録画用のハードデイスクを取り付けれ、HDMIコンセントをご用意すれば、番組の録画・再生、DVDの再生、ゲーム機との接続も一通り解決します。
「我が家でも出来るのかな?」
と思われたら壁面の写真をスマホでパチリと撮影。弊社の壁掛け診断フォームからお写真をUPしてみてください。

壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたら、ベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でご連絡差し上げます。
【HDMIコンセント】愛知県春日井市で石膏ボード壁に65型液晶テ…
愛知県名古屋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
今回のお客様宅はブラザー不動産。クロス張りの壁面に65インチのソニーブラビア KJ-65X8000Gとウォールシェルフを壁掛けさせていただきました。

お客様ご希望の壁面は下地補強が施されておりませんでした。そこで弊社が得意とする壁内部分補強工事を行い、間柱も使って壁掛け金具をしっかりと固定。テレビで隠れる位置に専用コンセントパネルを新設した後、テレビを壁掛けしています。

壁掛け金具はエースオブパーツのPLB-141M。さまざまなメーカーに対応した角度固定式金具です。カラーが白、黒、シルバーの3色があり、壁紙の色とテレビの色から判断して今回は黒を採用しました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

今回の特長は将来に向けた拡張性。まずはテレビの上にウォールシェルフ(棚)を設置。コンセントパネルも作り、レコーダー置き場として利用されています。さらにテレビ下には、これも弊社が得意とするHDMIコンセント。ここにゲーム機やパソコンなどを繋げば、65インチの大画面に映像とサンドが出力される仕組みです。(ゲームやパソコンは使い終わったら所定の場所に片づけます)

施工完了は御覧の通り。
テレビ下には何もない広々とした空間が生まれました。

thumbnail.php?id=574_17_91b6eb4791.jpg
(↑)壁掛け施工完了後の写真です。テレビは65インチの液晶テレビ KJ-65X8000G。お子さんの手の届かない位置にレコーダー用のウォールシェルフ(棚)。テレビ下にはHDMIコンセントをご用意しました。

thumbnail.php?id=574_16_9e416fbd88.jpg
(↑)正面から見たところです。ウォールシェルフとテレビの間には何もありません。ケーブル類はすべて壁内に通す壁内配線です。

thumbnail.php?id=574_18_940976d557.jpg
(↑)角度固定式の金具を使っているため、壁掛け時の隙間は最小限に抑えられています。テレビの背面にはお客様からのリクエストで小型ハードディスクを設置しています。

thumbnail.php?id=574_19_9913571b7a.jpg
(↑)テレビ下のコンセントパネル。HDMIの受け口端子を2個ご用意。ゲーム機やパソコンなどを繋げばテレビに映像・音声が出力されます。テレビ下には何も置きたくない方にHDMIコンセントは特におすすめです。

thumbnail.php?id=574_20_235ab86eaa.jpg
(↑)テレビ上のウォールシェルフ。レコーダー機器の置き場所として早速利用されています。シェルフ上に専用のコンセントパネルを新設し、100ボルト電源とテレビから繋がるHDMIケーブルをご用意しました。

thumbnail.php?id=574_21_e4ce102688.jpg
(↑)ウォールシェルフは壁紙に合わせて木目仕様のものを選択。遠目で見てもお部屋の雰囲気に溶け込んでいます。

thumbnail.php?id=574_22_b770f3b1d4.jpg
(↑)金具は角度固定式。テレビのメーカーを問わない汎用金具 PLB-11M
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
カラーが黒、白、シルバーの3色ありますが、壁紙が木目調ということもあり、テレビと一体化したように見える黒を選択しました。


補強工事を行った壁掛けテレビ。コンセント付きのウォールシェルフ、HDMIコンセント、更にテレビ背面に録画用ハードディスクと、当社が得意とする技術の集まった壁掛けテレビとなりました。

壁掛けテレビを検討中でレコーダー機器やゲーム機の置き場や接続でお悩みの方は、カトー電器にお気軽にご相談ください。
壁掛け専用の問い合わせフォームからお部屋の写真と、所有されている機器類をお伝えくだされば、専任のスタッフが無料でお見積りを作成し、最短即日でメール、もしくはお電話でご連絡差し上げます。

カトー電器無料お見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【HDMIコンセント】愛知県名古屋市で65インチ液晶テレビ(KJ-65X…
愛知県岡崎市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
今回天井が高く、壁は漆喰(しっくい)壁。壁面に下地補強は施されていませんので、壁内部分補強と間柱を使って、しっかり金具を取り付けさせていただきました。

テレビはハイセンスの65型液晶テレビ。65U8Fです。テレビ背面が若干丸みを帯びているため写真のようにテレビ背面と金具との間にスペーサーを取り付け、隙間を調節しています。

配線はテレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを作り、壁内を通してテレビ台裏のコンセントへ。100ボルト電源とアンテナ線、それにレコーダー用のHDMIケーブル(2本)を通しています。HDMIケーブルはそのまま出さず、コンセントパネルにメス端子を設け、抜き差しが出来るようになっています。
(同じものをご希望される方は「HDMIコンセントをお願いします」とお伝えください。)

下地補強がない漆喰壁でも、ご覧のように素敵な壁掛けテレビが実現できます。お客様も漆喰壁で壁掛け工事が出来る業者さんを探していたとのこと。弊社を見つけていただいて何よりでした。

thumbnail.php?id=627_11_7935ca0640.jpg
(↑)漆喰の壁に部分的な補強工事を行い、壁掛け金具とテレビを設置しています。テレビはハイセンスの4K液晶テレビ 65U8F。壁内に配線を通し、テレビ台のレコーダーなどと繋がっているいわゆる壁内配線です。

thumbnail.php?id=627_12_e0efbec39d.jpg
(↑)正面から撮影。天井が高いお住まいでしたので、テレビの高さについてはお客様も少し悩まれておりました。壁掛けテレビでは横位置は比較的決まりやすいのですが、高さについてはじっくり考えられる方がほとんどです。

thumbnail.php?id=627_13_7186f87baa.jpg
(↑)テレビはご覧のように背面が緩くカーブしていましたので、スペーサーをかませて漆喰壁と接触しないように調整しています。壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141Mを使用。カラーが3種類ある中でホワイトを選択しました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=627_14_e13396c926.jpg
テレビ台に隠れているコンセントパネル。既存のコンセントですが、中央の端子部をHDMIが接続できるように組み換えさせていただきました。将来、ゲーム機などをここに接続すると壁内を通ってテレビに映像が出力されます。

オーソドックスな石膏ボードをはじめ、エコカラット、木壁、それに漆喰壁でもテレビは壁掛け可能です。
「うちの壁でも壁掛け出来るの?」
とお悩みの方は、お手持ちのスマホやデジカメで壁の写真を撮影して、当社の専用フォームから写真をUPしてください。工事担当者が責任を持って写真を確認。最短即日でお見積りを作成し、メールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。

カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【HDMIコンセント】愛知県岡崎市で漆喰の壁に65インチ液晶テレ…
東京都調布市での壁掛けテレビ施工です。
カトー電器のオリジナル商品「フロート家具 SORA」のご注文をいただき、愛知県の名古屋市から施工にお伺いしました。

【フロート家具 SORAの詳細】
https://www.cato.co.jp/float_tv_board/

まずは設置場所をお客様とご相談の上決定し、壁内の補強工事から着手します。壁内部分補強を使い強度を確保したら、次は配線経路です。

今回は壁掛け予定の壁にはコンセントパネルがなかったため、90度対角の壁面から電源を延長し、コンセントを新たに新設しました。なお新設コンセントはゲーム機などが接続できるようにHDMIの端子を兼ね備えた仕様となっています。

次はいよいよSORAの設置です。お部屋の壁やカーテンに合わせてカラーはホワイト。各部を手際よく組み立てて、最後にテレビを壁掛けさせていただきました。


thumbnail.php?id=622_8_ea42e090c1.jpg
(↑)カトー電器商会のオリジナル商品「SORA」。床と接しない壁掛け式が特長です。床と接しないのでルンバなどのロボット掃除機も問題なく使用できます。

thumbnail.php?id=622_7_d6dd071436.jpg
(↑)正面から撮影。テレビ下の棚はレコーダー置き場として。配線はSORAの中を経由してテレビと繋がっています。棚上にはサウンドバーも設置。

thumbnail.php?id=622_10_b61ddc688b.jpg
(↑)SORAの下にはコンセントパネルも新設。テレビと繋がったHDMIの端子も用意し、ゲーム機やパソコンなども繋げられるようになっています。拡張性は十分です。

thumbnail.php?id=622_9_b46df181a0.jpg
(↑)今回、ご指定の壁にはコンセントパネル(電源)が無かったため、対角90度左の壁面から電源を延長しています。モールと呼ばれる配線カバーも同色のものをご用意し、この個所は極力周囲に溶け込むように処理させていただきました。
【HDMIコンセント】東京都調布市でフロートテレビ「SORA」とKJ-…
京都市での壁掛けテレビ工事レポートです。

今回のお客様は京都にお住まいで、わざわざ当社(名古屋)のショールームまで(!)御足労いただいております。ショールームでは事前に送っていただいた写真を元に細かな打ち合わせをさせていただきました。

施工当日は施工スタッフ2名が京都までご訪問。石膏ボードの壁に壁内部分補強で下地補強を行い、間柱を使ってしっかり金具を固定。テレビで隠れる位置には専用のコンセントを1つ作らせていただきました。

テレビはLGの65インチ有機ELテレビ OLED65C9PJA。背面に2TBに小型ハードディスクを取り付けて番組録画にも対応させています。

サウンドバーも補強した壁面に壁掛けし、テレビとは壁内を伝ってHDMIケーブルで接続しています。床置式の低音専用サブウーハーはそのままではコードが目立つので、モールと呼ばれる配線カバーを使い、コードが極力目立たないようにもしています。

完成はご覧の通り。リビング壁面の真ん中に映像とサウンドを楽しめスペースが生まれました。

今回壁掛けさせていただいたテレビとサウンドバーは、お客様にとって大変思い入れのある品とお聞きしました。これからも長く利用されますことを願ってやみません。


thumbnail.php?id=602_26_09da8b056c.jpg
(↑)京都市でのテレビ壁掛け工事です。テレビはLG社の有機EL65インチ。サウンドバーも壁掛けし配線は壁内で。据え置きのサブウーハーはモールと呼ばれる配線カバーで極力目立たないようにしています。

thumbnail.php?id=602_27_a21b22e4ab.jpg
(↑)リビングの壁面中央に位置する壁掛けテレビ。サウンドバーもテレビと中心が揃うように配置しています。隠れて見えませんが、テレビの背面には録画用の小型ハードディスクを設置しています。

thumbnail.php?id=602_25_80e2a6e3c7.jpg
(↑)サウンドバーの下に見えるのが既存のコンセント。ここから壁内を伝って、サウンドバーとテレビに100ボルトの電源とアンテナ線、さらにHDMIケーブルなどをつなげています。


thumbnail.php?id=602_28_ec70658854.jpg
据え置き式のサブウーハー。そのまま設置すると電源と信号ケーブルの黒色が目立つのでホワイトの配線カバーで極力目立たないように処理しています。


thumbnail.php?id=602_29_54ac1bacf9.jpg
既存のコンセントパネルも一工夫。HDMIの受け口端子を作り拡張性をたかめました。パソコンやDVDプレイヤーをここに接続すると、テレビ側に映像が映し出されるようになっています。



今回のお客様はこちらのリビングだけでなく寝室の壁掛けもあわせてご依頼いただきました。
「≫京都市で32インチ液晶テレビを寝室に壁掛け」
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=632
カトー電器商会では、同日施工で2台以上の壁掛けをご依頼いただいたお客様に特別お値引きをさせていただいております。
「せっかくだから、この部屋も壁掛けしてみようかな…。」
とお考え中でしたら、まとめてお見積りをご相談ください。

thumbnail.php?id=602_30_0cfbd18ee8.jpg
(↑)一軒で2台以上の同日施工なら特別お値引きさせていただいております。組み合わせはさまざま。「リビング+寝室」や「リビング+キッチン」が静かなブームです。
【HDMIコンセント】京都市で65インチ有機ELテレビとサウンドバ…
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」フォームよりお問い合わせいただきました。お客様宅ではすでに50インチの壁掛けテレビを使用されていましたが、テレビの買い替えを機に、

・新しいテレビへの付け替え工事
・ケーブル類の壁内配線処理
・HDMIコンセントの増設

これらのリクエストをいただきました。施工担当者が早速お見積もりを作成。これまでの膨大な施工写真の中から、お客様の完成イメージに近いものを選んで一緒に送信。その後何度かやり取りの後、工事のご予約をいただき、当日スタッフ2名でお伺いしました。

アンテナ端子のあるコンセントが90度対角の壁面にあるため、壁内を経由させることは出来ず、ここは壁の外側に沿ってアンテナケーブルを配線。目立たないようにモールでカバーでさせていただきました。アンテナ線は90度カーブしたのち、壁内に入ってテレビへと接続。またテレビに接続されたHDMIケーブルは壁内を真下に降りて新設のHDMIコンセントへの繋がっています。

金具は薄さ重視の角度固定式。カラーは壁面に合わせたホワイトです。既に下地補強が施されている壁面でしたのでスムースに工事は進み、機能的かつ美しい壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=583_6_4d7758b31d.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真。テレビはパナソニックのビエラシリーズ(TH-55FZ950)。壁掛け時の本体のサイズは横幅123cm×71cm。壁内配線によりテレビの周りにケーブル類が見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=583_7_f2fe73521f.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその1。
テレビと壁の接合面は誰もが気になるらしく誰しも一度は覗きこみます。この接合面をいかにスマートに処理するかが重要になってきました。

thumbnail.php?id=583_8_b992cb83d5.jpg
(↑)そこでポイントになるのが下地補強。壁の内側(壁内部)に補強を施せば、御覧のように金具と壁面がピタッと接するフラットで薄い壁掛けテレビが実現します。

thumbnail.php?id=583_9_78ea3b8a06.jpg
(↑壁掛けテレビのここがポイントその2。
壁掛けテレビにすると考えてしまうのがレコーダー機器やゲーム機の置き場。壁掛けを機会にテレビ台を無くしてしまいたい方はHDMIコンセントをご検討ください。

thumbnail.php?id=583_10_ca180aad18.jpg
(↑)HDMIコンセントパネルの実例です。この先は壁内を伝ってテレビと繋がっており、ゲーム機やDVD再生機器を子のコンセントに差し込めば美しい映像と迫力あふれるサウンドがテレビに出力されます。使い終わったらゲームや機器類は片づける…というルールを決めればテレビ周りはいつもスッキリ。きれいなままです。

thumbnail.php?id=583_11_89b19d81c3.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその3。
「テレビを壁掛けにしたいけれど、アンテナ端子があるコンセントは別の壁面…」そんな場合はアンテナ線を延長させることで対応可能です。モールと呼ばれる配線カバーを使うことで極力目立たないようにすることも出来ます。

thumbnail.php?id=583_12_16e3d7765f.jpg
(↑)壁内部に空間のある「ふかし壁」の場合、壁の内部でLJ形に延長させることも出来ます。ちょっと大掛かりになりますが、天井裏や床下を経由させることで離れた壁面までアンテナ線を延長させた事例もあります。

壁掛けテレビの普及に伴い、壁掛けテレビの取り外し・付け替えなどのご相談もたくさん寄せられるようになりました。付け替えや取り外しに関してもスマホなどで現状を撮影し、当社の「無料壁掛け診断」→「壁掛けリトライ」から送ってみてください。施工担当者が写真を確認し、お見積もりをスピーディーに作成。メールやお電話にてご連絡させていただきます。
【HDMIコンセント】愛知県豊田市で石膏ボード壁に55型有機ELテ…
カトー電器商会では「壁掛け診断」という専用画面を用意しており、お部屋の写真を送っていただくことでお見積りを無料作成・ご連絡しております。今回壁掛け診断に送られてきた画像は壁に55インチサイズの新聞紙が貼られていました。
「ここです!この位置に壁掛けしたいです!」
壁掛けテレビが広まるにつれて、あらかじめ新聞紙やマスキングテープで位置決めをされるお客様が増えてきました。こうしたお客様からの熱いご要望には是非お応えしたいものです。

お見積りから何度かメールで打ち合わせの後、いよいよ施工となりました。テレビは既にご購入されていたパナソニックの有機ELテレビTH-55GZ1000。金具は角度固定式のタイプを使い、ご覧のようにイメージ通りのスタイルに仕上がりました。

ポイントはテレビ下のコンセントパネル。これも当初からのご要望で
「ゲーム機など用にHDMIコンセントをつけたいです。2つつけることも可能ですか?」を実現させていただきました。壁内を通してテレビのHDMI端子と繋がっており、ゲーム機はもちろんパソコンやDVDプレイヤーなども接続できます。

従来、こうした機器類は繋ぎっぱなしにしてテレビ台の上に置いておく主流でしたが、HDMIコンセントを導入することで「使い終わったゲーム機はケーブルを外して片付ける」という新たな選択肢が生まれます。一度始めたらなかなかやめられないゲーム遊びに一区切りつける上でも「使い終わったら外して片付ける」はなかなか有用な手段ではないでしょうか。
【HDMIコンセント】55インチ有機ELテレビとHDMIコンセントの組…
愛知県 名古屋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページのIPPIN PRICEにて有機ELテレビをご購入いただき、あわせて壁掛け工事もお申込みいただきました。施工当日、スタッフ2名がテレビと一緒にご訪問。

お客様宅ご希望の壁面は下地補強が施されていましたがテレビ用のコンセントはありません。聞けば工務店様から
「コンセントは壁掛け業者にお願いされたほうが、見た目も綺麗でコストも掛からないですよ」とアドバイスされたそうです。確かにコンセントの新設はテレビを壁掛けする者がした方が確実です。

お客様とテレビの位置、特に高さについて相談したあと、テレビ用のコンセント新設工事に入らせていただきました。テレビ背面の専用コンセントの位置は

・金具の邪魔にならず
・テレビの裏にはみ出ることなく隠れて
・横から覗き込んでも目立たない場所

の3条件。お部屋のレイアウトも考慮し今回は向かって少し左寄りに設置しています。

コンセント同時に各種ケーブル類を通すための壁内配線も準備します。電源ケーブルやアンテナケーブル、そしてHDMIケーブルを用意して壁内に通しました。

コンセントと配線が出来上がれば次は壁掛け金具です。薄さ重視の角度固定式金具。カラーは壁面に合わせたホワイトを選択。水平に気を付けしっかりと固定。最後に有機ELテレビを取り付けました。

完成は御覧の通り。スッキリとした壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=557_7_b727a5e0b6.jpg
(↑)お客様ご希望の壁面にはコンセントパネルが無いため、向かって左の壁面から100ボルト電源とアンテナ線を延長し、テレビ台の後ろとテレビの後ろの計2か所にコンセントを新設しています。

thumbnail.php?id=557_8_af9c222adc.jpg
(↑)テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9G。漆黒の黒が映える有機ELならではの映像美と、画面全体から出力されるサウンドが特長。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。本体の厚みが4cmというのも特徴で、このモデルを選択される方の多くが薄さを重視した角度固定式金具を選ばれます。(左右からの視野角が広いのも良いですね)

thumbnail.php?id=557_9_924fd989e1.jpg
(↑)側面から覗き込んだところ。壁の中で補強が施されているため、壁面と金具がピッタリと密接。コンセントパネルは反対側に新設したため、ケーブルが目立たないのもポイントです。

thumbnail.php?id=557_10_6e75d01a7e.jpg
(↑)こちらは既存のコンセント。このコンセントから100ボルト電源とアンテナ線を分岐させ、左方向の対角壁面へ延長しています。配線はモールと呼ばれるカバーで丁寧に隠ぺい。

thumbnail.php?id=557_11_9c53a4232c.jpg
(↑)こちらがテレビ台の裏に隠れている新設コンセント。アンテナ端子の他、HDMIの端子もご用意。ここにゲーム機をつなげばテレビに映像やサウンドを出力出来るようになっています。

写真には写っていませんが、お客様からのリクエストでテレビ背面に録画用のハードディスクも設置しています。インターネット設定も完了し、録画にもネット動画にも対応した視聴環境が整いました。
【HDMIコンセント】石膏ボード壁に65型の有機ELテレビ(ソニーブ…
今回の施工は常滑市で新築のお客様。石膏ボードの壁に55インチのビエラを壁掛けさせていただきました。

まずはテレビの位置を決めていただき、追加リクエストでHDMIの専用コンセントを増設することに。このHDMIコンセントは近頃リクエストが多く、さまざまな訪問先で工事相談をお受けしております。
テレビ台を置かない場合は、写真のように見た目スッキリ。テレビ台を置いたときは、ここにレコーダーを繋げれば普通に使うことが出来ます。
今回は電気工事士の資格を持つスタッフが手早く加工し、御覧のようなコネクタをご用意しました。そして動作確認用のパコンをつなぐと、PCのデスクトップがテレビの大画面に映し出されて一安心。
見た目の良さとその機能性にお客様もご納得されておりました。

ゲーム機が大好きなお子さんがいらっしゃるご家庭では、このHDMIコンセントは特に有効です。ゲーム機は「遊ぶときだけつなぐ」「時間が来たらケーブルを抜く!」というルールで、ゲーム時間にメリハリを持たせることが出来ます。
他にも、おじいちゃんやおばあちゃんが遊びに来たときはDVDプレイヤーを繋いで卒業式のDVDをお見せする…などといった使い方も可能です。壁掛けテレビの将来性を広げてくれるHDMIコンセント。ご希望の方はお気軽にご相談ください。(壁掛け診断時に、「HDMIのコンセント希望」と一言書き添えてくださると助かります。)
【HDMIコンセント】常滑市で55インチビエラを壁掛け(HDMI専用…
愛知県春日井市でのテレビ壁掛け工事です。お客様宅は一戸建ての注文住宅。ハウスメーカーはウッドフレンズ。

壁掛け診断フォームより送っていただいた写真は、テレビとテレビ台をわざわざずらしてコンセント位置がわかるように撮影してくださいました。
お部屋の壁は石膏ボード+クロス張りですが、柱が見えているのが特徴。壁紙と柱の間に段差がありますので注意が必要です。
下地補強の無い壁でしたので、壁内部に部分補強を行い、壁掛け金具を設置。金具は柱には傷をつけないようにスペーサーを挟んで前述の段差をクリアしています。

金具に取り付けたテレビはソニーのブラビアシリーズ 有機ELテレビのKJ-65A9G。有機EL特有の美しい映像と、テレビ本体がかすかに振動することで臨場感あふれるサウンドを再現するアコースティックサーフェースが特徴です。

お部屋の壁には、テレビを据え置きで使うことを想定したアンテナ端子が用意されていました。こちらを壁内に戻すように配線し直し、改めてテレビと接続しました。同時にお客様とご相談し、コンセントパネルにHDMI専用のコネクターを追加加工。ここにゲーム機などを接続するとテレビに映像が映し出されるようにしました。

今回は柱が露出している壁面が特長でしたが、事前に写真を送っていただいたことにより社内で十分対応を協議、お客様宅でもスムーズに施工することができました。

thumbnail.php?id=324_9_1c438d17be.jpg
(↑)施工完了後の写真。無垢の柱が露出した壁面に角度固定式の金具を取り付け、ソニーのブラビア有機ELテレビを壁掛け。写真にではテレビに隠れてしまっていますが、壁掛け金具は柱を傷つけないよう、スペーサーをかませて若干浮かし気味にしています。

thumbnail.php?id=324_10_818be2dfe2.jpg
(↑)テレビの下に見えるコンセントパネルはお客様宅でもともとも使用されていたもの。スタンド付き(据え置き用)テレビで使用されることを想定して作られたため、この位置に作られていました。

thumbnail.php?id=324_11_ecf23371e5.jpg
(↑)既存のコンセントパネル。テレビのアンテナ線は壁内に戻し、壁内を通ってテレビへ。同時にHDMI専用のコンセントを追加加工し、ゲーム機などが繋げれるようにしています。

thumbnail.php?id=324_12_2a54faea39.jpg
(↑)壁掛け診断フォームより送っていただいたお客様撮影画像。テレビとテレビ台をわざわざ動かしコンセントの位置をわかりやすく示してくださいました。(ありがとうござます)この画像を手掛かりに、壁掛け工事のスタッフが金具の取り付け方法やケーブルの長さなどを社内で協議・シミュレート。お見積もりを作成し、お客様にメールにてご連絡させていただきました。

お手持ちのスマホでお部屋の壁面を撮影。壁掛け診断フォームより写真を送っていただければ、下見をせずともおおよその状況は把握できます。同じ写真を見ながらお電話で打合せすることも可能です。
「我が家の壁でも壁掛け出来るのかな?」
とお悩みでしたら、まずは下記フォームより写真を送ってみてください。プロの工事スタッフが豊富な経験をもとに状況を確認し、概算のお見積もりまで無料でご用意いたします。

無料壁掛けお見積り診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【HDMIコンセント】愛知県春日井市にて石膏ボード壁に有機ELテ…
リビングのアクセントクロスが美しく施された壁面に、東芝REGZA(レグザ)「58M510X」を壁掛け施工させていただきました。

オーナー様からテレビを壁掛けにすることによって、テレビ台を無くす事ができてリビングを広く使える点をメリットと考えられてご依頼されたとお伺いしました。
省スペースに貢献できるほかにも、高級感の溢れる雰囲気にも魅力を感じられて「壁掛けテレビにするしかない」と思われたそうです。

壁掛け場所は、ダイニング及びキッチンからの視聴にも適した位置でしたので、角度固定式金具を用いた壁からの出幅を抑えた仕上がりを当日ご提案させていただきました。
壁からの出幅を抑えた「まるで絵画のような仕上がり」が、よりスタイリッシュさを演出してくれると個人的には感じております。

さらにテレビ台を無くし、壁掛けテレビだけの理想的な雰囲気を実現するために、配線にもこだわらせていただきました。
既存コンセントが2か所あり、壁内で分配してテレビ用コンセントを新設していますので、表面上では既存コンセントに何も接続されていない仕上がりになります。

今回はHDMI端子型のコンセントもご用意させていただきましたので、ゲーム機などを使いたいときにHDMIのコンセントに差し込めば今までと変わらずに遊ぶ事が可能です。
使いたいときに置くだけなので、使用頻度が少ない方にとっては、常時テレビ台を置いておく必要もなくなります。

既存のコンセント周りにも配線を見せない徹底さで、まるで初めから壁掛けテレビの為の環境が整っていたような仕上がりを実現することができます。

イメージされていたスッキリさと、後付け感の無い見た目や使い勝手にオーナー様には大変喜んでいただけました。
【HDMIコンセント】テレビ台を無くし理想的な壁掛けテレビを実…
リビングの広さを最大限に活かして、ソニー・ブラビア有機ELテレビ「KJ-65A9G」を壁掛け施工させて頂きました。

オーナー様は新築マンションへの引っ越しをきっかけに、テレビの買い替えと壁掛けテレビをイメージされて、テレビの購入から壁掛け施工までを当店で一貫してご用命頂く事ができました。

リビングの印象をよりスッキリとスタイリッシュに見せたいという想いから、壁からの出幅を最大限に抑えられるテレビと金具の組み合わせをご提案させていただきました。

ポータブルタイプの外付けHDDをテレビ裏に隠して設置することで、場所を取る事無く録画機能も楽しむ事ができ、ゲーム機やブルーレイディスク・DVDの再生の事を考慮して遊びたいときにだけ接続できるように、テレビ下にはHDMIコンセントも新設させて頂きました。

プレーヤー等を使いたいときにだけ接続できるようにしておく事で、使いやすさも活かしつつ、テレビだけが壁掛けされている理想的な空間にも出来る事が今回の組み合わせの最大の魅力と考えます。

施工後には、有機ELテレビの美しい映像とテレビだけのスタイリッシュな空間にとても喜んで頂く事が出来ました。
【HDMIコンセント】マンションのリビングに65インチ・有機ELテ…
マンションの補強されていないアクセントクロスの壁にソニー・ブラビアの55インチ有機ELテレビ「KJ-55A8F」を壁掛け施工させていただきました。

オーナー様は壁掛けテレビと併せてブルーレイレコーダー用のシェルフ(棚)の取付も構想されておられましたが、録画および視聴頻度があまり高くない事とテレビのみの壁掛けが理想的なカッコよさという事もありまして、シェルフは辞められました。

ポータブルタイプの外付けHDDをテレビ裏に接続・設置することで録画問題は解決し、テレビ裏で完全に隠すことができるので、スッキリとした見た目で番組録画を求められるなら最良な選択肢と言えます。

壁内は配線するには十分なスペースがあり、対角の既存コンセントまではケーブルを一切露出することなくご対応させていただきました。

向かって左下のコンセントには、HDMI専用端子と電源コンセントを1系統ずつ備えていますので、ブルーレイレコーダーやゲーム機を繋ぎたいときにも対応できる環境になっております。

HDMIの専用端子の為、使わないときにもすっきりとした印象に仕上がります。

ケーブルも一切見えずに、テレビがまるで絵画のように薄く壁掛けされた雰囲気に、オーナー様には大変喜んでいただけました。
【HDMIコンセント】アクセントクロスの壁にテレビだけの理想的…