パナソニック TH-55HZ1800壁掛け施工

パナソニック TH-55HZ1800の壁掛け施工事例

愛知県の安城市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はマイホーム完成間際の段階で弊社にお問い合わせくださいました。ご自宅はすでにエコカラットが貼られており、壁掛けにされるご予定でテレビも購入。ところがテレビを購入された量販店が
「エコカラットへの壁掛けは対応できない」
とのこと。そこでネットで検索し、弊社を見つけられたとのことでした。

今回はハウスメーカー様によって下地補強も行われていますし、壁掛け用のコンセントも配管経路も確保されているとのこと。弊社としては特に問題ありませんので、快くお引き受けしました。

施工当日、安城市のお客様宅へ。ハウスメーカーはヘーベルハウス様。壁面はエコカラットプラスのランドが壁全面に張られています。
まずはマスキングテープでテレビの場所をお客様とご相談。すでにテレビ用のコンセントパネルが用意されているため、テレビがそこにかぶる(=テレビでコンセントを隠せる)位置でポジションを決定。エコカラットの上から直接壁掛け金具を設置し、各種ケーブル類を壁内に通していきました。

金具は薄さと汎用性を重視した角度固定式タイプです。カラーはエコカラット側に合わせてホワイトを選択しました。テレビはお客様が量販店で購入されたパナソニックのビエラシリーズ TH-55HZ1800。55型の有機ELテレビです。スタンドを外して背面に壁掛け用金具を取り付けていきます。

テレビを金具に固定し、各種ケーブルをつなぎたら壁掛け工事は完成です。作業はスムーズに進み、動作確認も含み2時間ほどで完了しました。

thumbnail.php?id=892_11_c876e4ee9f.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真です。テレビボード内にはブルーレイレコーダーの他、プレステやNintendo Switchなどのゲーム機がしまわれており、壁内を通ってテレビと常時接続されています。

thumbnail.php?id=892_12_3055b61beb.jpg
(↑)テレビはパナソニックのビエラシリーズ。55インチの有機ELテレビです。スタンドを外した本体サイズは約123cm×78cm。本体の厚みは5.3cmという薄さです。

thumbnail.php?id=892_13_05c84dbb33.jpg
(↑)側面から撮影。壁内に補強を施すことで、壁面(エコカラット)と金具の台座が密着。隙間を可能な限り薄くすることが出来ます。壁内に補強が施されていない場合は、カトー電器推奨の「壁内部分補強工事」がおすすめです。強度を必要とする箇所をピンポイントで補強。大掛かりな工事も必要ありません。

thumbnail.php?id=892_14_705cbaf525.jpg
(↑)エコカラットの壁面に金具の台座を取り付けたところです。青いマスキングテープがテレビの位置を表しています。コンセントパネルがハウスメーカ様によって作られていたため、まずこれをテレビで隠れる位置にすることが第一条件となります。

thumbnail.php?id=892_15_7dfbfc8a24.jpg
(↑)壁内を通するケーブルはアンテナ線が2本、レコーダーやゲーム機用のHDMIケーブルが3本です。テレビのサイズもありケーブル長は相当の長さを必要とします。

thumbnail.php?id=892_16_719507b07b.jpg
(↑)これはテレビの背面。壁掛け用の金具を2本テレビにネジ止めして、エコカラット側の台座と合体させます。高さ調節用にたくさんのねじ穴が垂直に並んでいます。

thumbnail.php?id=892_17_2b441b0565.jpg
(↑)お客様が送ってくださった写真。壁面はエコカラットプラスのプラスランド。壁掛けテレビ用のコンセントパネルや配管経路も準備済みとなっています。テレビの位置を自由に決めたい場合は、コンセントパネルや配線経路をハウスメーカー様ではなく、カトー電器側にお任せください。
【TH-55HZ1800】愛知県安城市でエコカラットプラス ランドの壁面に55型有機ELテレビ(TH-55HZ1800)を壁掛け