愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け 画像No.1
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け
  • 愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛け

カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」を使ったテレビ壁掛けレポートです。

お客様のお住まいは分譲マンション。直接ご来店されお話をうかがったところ、壁掛けテレビにしたいがご希望の壁面にはテレビ用のアンテナ端子がなく、さらにマンションゆえに大掛かりな工事は難しいとのことでした。こういう場合に強みを発揮するのがPIXYです。なおアンテナ端子が無い点は、反対側の壁面からモールを使って延長し、テレビまで引っ張ってくることで解決しています。

テレビはお客様がご用意されたシャープの50インチ液晶テレビLC-50W30。壁掛け金具は弊社から角度固定式のタイプを持ち込み、工事開始となりました。

今回のPIXYは横幅が1600mm。高さはお客様宅の天井(梁)高さに合わせて1993mmとなっています。PIXYはお客様からのご注文をいただいてから部材を用意するオーダーメイド。サイズは高あ・幅ともに多少の融通は利きますのでお気軽にご相談・お問い合わせください。
外装のクロスはお部屋の壁に合わせたサンゲツのSP9520。あまりに綺麗に溶け込んでしまい、写真で見ると「どこからどこまでがPIXYなのか」分かりづらくなってしまいました。既存のコンセントパネルは右下にあり、これら延長するかたちで電源を確保しています。

今回はウォールシェルフや追加のコンセントはありません。その代わりに、上部に2か所「ニッチ(飾り用のくぼみ)」を設置しました。カラーもレッドのホワイトの2色をはめ込み、良いアクセントとなってくれています。PIXYの設置はテレビの壁掛けまで含めて一日作業。午前中から作業を開始して夕方には完成となりました。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
名古屋市で設置したフェイクウォールPIXYの施工写真です。ウォールシェルフや追加のコンセントパネルはありませんが、オプション工事として上部にニッチ(飾り用のくぼみ)を2か所設けています。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
正面から撮影したところ。高さはお客様のお部屋に合わせて今回は199cm。テレビはシャープの液晶テレビ アクオス LC-50W30です。スタンドを外した本体サイズは112cm×66cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
PIXYの外装はサンゲツの壁紙クロス仕上げ。お部屋の壁紙に合わせると一体感を演出できます。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
上部のニッチはお客様の好みで鮮やかなレッドと落ち着いたホワイトをチョイス。単調になりがちな壁面に良いアクセントとなってくれます。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
PIXY本体の右下に見えるのが既存のコンセントパネル。100ボルト電源はこちらから供給されています。コンセントパネルが壁面中央にある場合はPIXY本体で覆い隠して利用するすることも可能です。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
壁面のコンセントパネル。その下を左右に走る配線カバー(モール)はテレビ用のアンテナ線。この壁面にはアンテナ端子が無いため、10メートルほど延長して反対側の壁面までのばしています。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
少し離れてリビング全景。アンテナ線を延長することで本来テレビが置けない壁面にも壁掛けテレビが実現できるようになりました。

愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、50型液晶テレビ(シャープ アクオス LC-50W30)を壁掛けの画像
点線の箇所がアンテナ線の経路。壁面と同系色の配線カバーを使い丁寧に覆い隠すことで、アンテナ線はほとんど目立たなくなっています。


Data Sheet
場所愛知県
施工カトー電器 自社施工
ハウスメーカー分譲マンション
壁の種類石膏ボード
テレビメーカーシャープ
テレビ型番LC-50W30
棚の施工棚あり
  • 壁掛けテレビ診断のアイコン
    無料壁掛診断
    スマホで壁の写真を送ってくだされば、最短即日で診断結果をお伝えします。
  • 壁掛けテレビの料金シミュレーションのアイコン
    料金計算
    Webから簡単料金計算。金額にご納得いただければ、そのままお申し込みもOK。
  • 直接来店希望の方は、お電話にてご予約をお願いします。
    来店予約
    店頭での壁掛け相談は予約制です。直接来店を希望される方はご予約ください。
  • オンライン下見
    オンライン下見
    LINE電話やZoomのテレビ電話機能を使い、お部屋の壁を見ながら壁掛け相談。予約制です。
  • 壁掛けテレビへの疑問・質問
    その他 問い合わせ
    壁掛けテレビの疑問や質問に施工担当者が直接メールもしくはお電話にてお返事します。マイホーム建築中の方も、今お住まいのお部屋で壁掛けされたい方も、お気軽にどうぞ。

最新の壁掛けギャラリー 23選

その他のテレビ壁掛け施工例を掲載しています。最近では壁掛け工事と一緒にクロスの張替えも行う「壁紙クロス同時張替え」や、エコカラットも一緒に施工する「エコカラット同時施工」も人気です。壁紙が古くなったり、汚れが目立ってきた方は壁紙もリニューアルしてみませんか?

  • 壁紙クロス同時張替え
  • エコカラット同時施工
愛知県春日井市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく補強工事が必要であると判断しました。そこで壁掛けの専任スタッフが早速お見積もりを作成してお客様へご連絡。お客様は今回を機にテレビの買い替えもご検討されているとのことでしたので、テレビのお見積もりもお送りしました。お見積もりの内容にお客様もご納得され、テレビ同時購入での壁掛け工事となりました。(ありがとうございます!)

施工当日はスタッフ2名でお客様宅へ。お客様宅は一戸建て。壁掛け施工の場所は一階のリビングです。なおハウスメーカーはトヨタホーム様とのことです。壁面はクロスが貼られているオーソドックスな石膏ボード壁。壁内を調べると予想通り下地補強は無かったため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施しました。

お客様のお住まいに合わせて「壁内部分補強」以外にも補強方法もご用意しております。これらの補強方法につきましては弊社のInstagramにて説明していますので、よろしければ目を通してみてください。Instagramの検索から『壁掛けテレビ基礎知識』で検索をかけていただくとすぐにご確認いただけます。
https://www.instagram.com/explore/tags/%E5%A3%81%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98/?hl=ja


お客様は床に座ってテレビを見ることが多いとのことでしたので、テレビの高さやや低めに設置しました。テレビの高さは後から変えることが難しくなりますので、お客様と話し合いは時間をかけて毎回入念に行わせていただいております。また今回のお部屋はテレビ上に明り取りの窓がありましたので、窓とテレビ、テレビ台のバランスを考えながら全体のレイアウトをご提案させていただきました。

接続機器はブルーレイレコーダーとNintendo Switchがありました。これらはともに壁内を経由してテレビと接続します。壁掛けテレビ+壁内配線にすることでケーブル類が見えなくなり、テレビ前の空間もいままで以上に広くなります。半面、壁掛けテレビ後にケーブルを新たに壁内に通すことは難しくなりますので、将来機器類が増えそうな場合はあらかじめ余分にケーブル類を壁内に通すことをお勧めしております。


thumbnail.php?id=935_21_ead12d6339.jpg
施工完了後の写真です。明り取りの窓に揃えるかたちでテレビの横位置は決まりました。テレビ台と併用される場合、テレビ台の上に物をおいても映像と被らないような高さを考慮しなければいけません。

thumbnail.php?id=935_22_c0e2b34f77.jpg
今回壁掛けしたテレビはソニーのXRJー55X90J。2021年の最新液晶テレビです。スタンドを外した本体サイズは約123㎝×71㎝。カトー電器にてご購入いただきましたので、施工当日にテレビ本体も一緒にお持ちし、開梱から設置、設定まで行わせていただきました。

thumbnail.php?id=935_23_cc0e28b42f.jpg
金具は薄さ重視の角度固定式タイプ。壁からの出幅を最小限に抑えることができます。壁掛けテレビで薄さを重視される方には角度固定式の金具をお勧めします。

thumbnail.php?id=935_24_5ee2e13983.jpg
テレビと壁面の接合部。壁の内部で補強を施しているため、壁面と金具のあいだに余計な起伏がなく、とてもスッキリとした見た目に仕上がっています。薄さを重視される分、御覧のように壁掛け設置後にケーブル類を追加するのは難しいことがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=935_25_bcd697450a.jpg
こちらは工事途中の写真です。壁の内部(写真中央)に部分的に補強を行い強度を確保。いまからめくりあげた壁紙を元に戻すところです。四角い開口はテレビ用のコンセントパネルになります。床上のコンセントから壁内を通すための経路を作っている最中です。

thumbnail.php?id=935_26_31a5400965.jpg
めくりあげた壁紙を元に戻し、壁掛け金具の台座部分が取り付けられました。開口部も100ボルト電源や各種ケーブルが準備され、専用のコンセントパネルが新設されています。

thumbnail.php?id=935_27_8e0a4967f8.jpg
壁の内部に補強が無いお部屋でも、御覧のように壁内部分補強と壁内配線を施すことで美しい壁掛けテレビが実現します。テレビの買い替えやリフォームを機会に壁掛けを考えておられる方は、お気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。
愛知県春日井市で石膏ボード壁に下地補強を施し、SONY最新型液…
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく補強工事が必要であると判断。早速担当者が下地補強も含めたお見積もりを作成し、お客様へご連絡。家族会議を経て、弊社にご依頼にの流れとなりました。

施工当日はスタッフ2名で豊田市へ。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはトヨタホーム。施工場所は一階のリビングです。壁面はクロスが張られているオーソドックスな石膏ボード壁です。ただ壁の内部に下地補強が無かったため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施し、十分な強度を確保しています。壁内補強は文字通り壁の内側から補強工事を行います。壁の外側に板を貼ったりしないため、出っ張りのないスマートな仕上がりになるのが特長です。今回はお客様のご要望により上下左右可動式の金具の設置でしたので、既存の間柱にも金具を固定することで強度を保っています。
今回のお客様は正面のソファだけでなく、ダイニングテーブルからも視聴したいとの思いから可動式金具を選ばれたとのこと。隣接するお部屋からも視聴されたい場合は
御覧のように左右に角度調整ができる金具は何かと便利です。

テレビ台は引き続き使用すされるということでしたので、テレビ台とテレビ下端の間隔を見ながらテレビの高さのコンサルをしていきました。テレビの左右の間隔はダウンライトの中心に合わせています。テレビ台もサウンドバーも同様です。

接続機器はNintendo Switchなどがありました。将来的に機器が増えるかも知れないとのことでしたので、壁内には余分にHDMIケーブルを壁内配線しています。

thumbnail.php?id=874_15_9ad16f2ed0.jpg
壁掛け工事完成直後の写真です。テレビ台とのバランスを考えたレイアウトです。サウンドバーはテレビ台に設置されていますが、テレビ台を無くされたい場合はウォールシェルフ(棚)に設置したりサウンドバー本体を壁掛けすることも可能です。

thumbnail.php?id=874_16_143a8b17e3.jpg
正面から撮影。テレビはLGのOLED 65C8PJA。65型の有機ELテレビです。スタンドを外した本体サイズは約145cm×83cm。本体厚みは4.7cmという薄さです。

thumbnail.php?id=874_18_f6d1cb9c73.jpg
来訪されたお客様などが必ずと言ってよいほど覗きまれるテレビの裏側。壁内で補強をしているため余分な出っ張りなどもなく壁面はフラットな状態です。金具の上には新設されたコンセントパネルが見えます。

thumbnail.php?id=874_17_a34f62dfe6.jpg
施工途中の写真。壁内部に補強を施しているため壁面はフラットなのがお分かりいただけると思います。上下可動式の金具を取り付け、壁内配線の真っ最中。金具の上と床上に見える開口部はコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=874_19_bd1f918046.jpg
工事前の様子。壁掛けにするとテレビの位置は20~30cm程後退します。視聴距離が長くなるため壁掛けを機会に一回り大きいテレビに買い替える方も少なくありません。カトー電器ではソニーのブラビアシリーズやシャープのアクオスシリーズのテレビもお取り使いしております。壁掛け工事とテレビを同時購入されますと特別お値引きも適用されますので、テレビでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
愛知県豊田市で石膏ボード壁に下地補強を施し、65型有機ELテレ…
愛知県大府市での壁掛け工事レポートです。

お客様は弊社のInstagramをご覧になり、カトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。壁掛けテレビに加えて市販のフロートテレビボードの壁掛けもご要望をいただきました。そこで事前にテレビボードの寸法を送っていただき担当者が確認。施工可能と判断できましたので正式に工事確定となりました。

施工当日。スタッフ2名で大府市のお客様宅をご訪問。お客様宅は一戸建て。施工場所は一階のリビングになります。壁面は写真のように石膏ボードにアクセントクロスが貼られていました。壁の内部には下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施し、十分な強度を確保しました。壁掛け金具には「壁からの出幅を抑えたい」とのご要望にて、角度固定式タイプの金具を選択しています。

同時にお客様ご用意のフロートテレビボードも設置。こちらも壁の内側を入念に調査し、既存の間柱三箇所を使ってしっかり固定させていただきました。

テレビとフロートテレビボードの位置関係は念入りにお客様とコンサルしました。今回のポイントはフロートテレビボードと床までの距離、ボードとテレビの間隔、それと将来テレビのサイズアップを意識したテレビの高さ設定の3点でした。
また床上に見える既存のコンセントをテレビボードで隠すべきかについてもお客様とご相談。このコンセントをテレビボードで隠そうとすると、テレビボードの設置位置がずいぶん下がってしまうため、新たにテレビボード用のコンセントを新設することで、全体のバランスが崩れないようにさせていただきました。

配線経路は壁内配線のご要望をいただきましたので、フロートテレビボード内のコンセントとテレビ裏に新設したコンセントパネルを用いて、ケーブル露出の無い仕上がりを実現しています。なお入線ケーブルは以下のとおりです。

・電源ケーブル 1本
・アンテナケーブル 1本
・HDMIケーブル2本
・USB延長ケーブル

壁内配線の場合、お客様ご自身が後からケーブルを追加するのが難しいので、将来ゲーム機などが増える可能性のある方は、あらかじめ予備のHDMIケーブルなどを数本通しておかれるとよいでしょう。

thumbnail.php?id=861_15_58b2aaf2d1.jpg
壁掛け施工完了直後の写真です。今回特に注意を払ったのが壁掛けテレビとフロートテレビボード(お客様ご用意)との位置関係です。テレビの大きさやテレビボードに何を置くかなど、お客様と念入りにコンサルし、テレビとボードの高さを決めさせていただきました。

thumbnail.php?id=861_16_055b50805d.jpg
テレビだけでなくテレビボードも壁掛けにすることでテレビ周りが思いのほかすっきりします。ルンバなどお掃除ロボットをお使いの方には特におすすめです。

thumbnail.php?id=861_17_890dc45068.jpg
テレビボートの下に見えるのが既存のコンセント。テレビボードの上段と下段のあいだに見えるのがカトー電器が新設したコンセントになります。既存のコンセントに合わせてテレビボードを設置すると取付位置が下がり過ぎてしまうため、今回は上段と下段のあいだに新しくコンセントを作ることで高さが下がり過ぎないようにしました。取り付けは既存の間柱に固定していますので強度の不安はありません。

thumbnail.php?id=861_18_4ca8bf0c8e.jpg
テレビの横にから撮った写真です。テレビと壁の隙間を利用してテレビ裏に録画用のハードディスク(HDD)を設置しています。ポータブルタイプのHDDですから電源アダプターの必要もなく御覧のようなスペースにも格納可能です。


thumbnail.php?id=861_19_c56cf5b66e.jpg
工事途中の写真。壁内には下地補強が無かったため、壁内部分補強で強度を確保したうえで角度固定式の金具(今回はホワイトを採用)を取り付けたところ。右上に見える開口部はテレビ用のコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=861_20_a9d7d57b18.jpg
壁掛け工事前の「Before」の様子です。御覧のように左右に明り取りの窓がある場合、壁掛けテレビの位置は「その中心に来るように」とのリクエストを数多くいただきます。左右の位置決めはすぐに決まりますが、その分「高さをどうするか?」でお客様と大いに話し合うのが壁掛けテレビの特徴といえます。

thumbnail.php?id=861_21_872770cbb0.jpg
施工前のテレビ裏側の様子。接続機器が多くなればなるほどテレビ裏の配線は複雑に絡み合っていきます。壁掛けテレビ+壁内配線によって、これらのケーブルがきれいに視界から隠せますので、テレビ裏のお掃除などでお困りの方はぜひ壁掛けもご検討ください。
愛知県大府市で石膏ボード壁に43型液晶テレビ(KJ-43X8000E)と…
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール『PIXY(ピクシィ)』を使った壁掛けテレビレポートです。場所は愛知県東海市。お客様宅は分譲マンションです。テレビは現在ご使用中のハイセンス 65U7F。壁掛け金具は弊社から角度固定式タイプを持ち込み午前中から着工となりました。

今回のPIXYは高さが2160mm。横幅は1625mmとなっています

お客様からのご要望はとにかくスッキリさせたいとのことでした。お客様がご希望の設置場所はお隣さんと接する壁面のため、壁に開口を設ける通常の壁掛けテレビは不可能そこでネットを出検索し弊社のPIXYを見つけてくださいました。

当日のコンサルで接続機器は特に無いとのことでしたので、今回はテレビのみを設置する最もシンプルなプランとなりました。

PIXYが選ばれる理由の一つに
「クロスを自由に選ぶことができる」
というのがあります。確かにお部屋の雰囲気インテリアなどに合わせる柔軟性はPIXYならではと言えるでしょう。今回のお客様はシンプルなホワイトのクロスかアクセントクロスにするかでずいぶん迷われたそうです。結果、あまり冒険はせず既存のクロスに一番近いクロスを選ばれたそうです。

施工前のコンサルでお客様が悩まれたのが水平方向での設置場所。写真のように向かって左側に棚があります。そこで
・壁全体の中央にPIXYを設置する
・棚のコーナー部と棚の端との中心にPIXYを設置する
2つの案をご提案させていただきました。お客様は見た目やバランスなどで悩まれていましたが、「テレビをどこから見ることが多いか」「生活動線」などを考慮し、壁全体の中心に配置されることをお決めになられました。

壁掛けテレビにおいてテレビの高さや左右の位置はとても重要ですが、「これ!」という答えは存在しません。お住まいの環境や何を優先するかなどによって最適解は大いに変わってきます。
「少し高めにして子供が触れられないようにしたい。」
「高いと首が疲れるから低めがいい。」
「うーん…。よくわからないからプロにお任せします。」
など、お客様によってご要望はさまざま。弊社スタッフもそうしたリクエストをお聞きし、これまでの経験をお伝えしつつ、共に考え、ベストな答えに至れるよう努力しております。

取付位置が決まれば、いよいよ工事スタート。所定の壁面にPIXY本体を構築。今回ご希望の壁面はコンセントパネルが無かったため、90度対角の壁面から100ボルト電源のアンテナ線を延長するかたちで配線ルートを確保しました。

PIXY本体にクロスを貼ってテレビを取付。
写真のように一体感のある壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=864_32_8037eef284.jpg
PIXY完成直後の写真です。今回ウォールシェルフ(棚)やサウンドバーが一切無いため、とてもシンプルかつスッキリとした仕上がりになってます。

thumbnail.php?id=864_33_9a2e9832c0.jpg
正面から撮影したところ。PIXYの本体サイズは約163cm×216cm。テレビはハイセンスの65型液晶テレビ 65U7F。壁掛け時の本体サイズは約145cm×84cm。テレビ本体の厚みは7.9cmとなっています。

thumbnail.php?id=864_35_6270b38fd0.jpg
左側の棚との距離が近づくことで「圧迫感があるのでは?」と懸念しましたが出来上がってみれば全くの杞憂でした。むしろ壁面と同じトーンの色調のため、一体感の方が強く感じられます。

thumbnail.php?id=864_34_e32772420d.jpg
壁面にコンセントパネルが無いため、右の対角90度の壁面から電源とアンテナ線を延長しています。壁面に沿ったケーブル類はモールと呼ばれる配線カバーで極力目立たないようにしています。

thumbnail.php?id=864_37_9353870b71.jpg
テレビとPIXYの接合面の様子。PIXY本体の厚みと、角度固定式による壁掛けテレビの厚みとがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=864_36_44fb324589.jpg
反対側から撮影。PIXYの厚みがお分かりいただけるでしょうか。既存の壁との接合面には幅木を用いてアクセントとしています。

thumbnail.php?id=864_38_b5d8ff3c5a.jpg
施工直前の写真です。この壁の向こう側は隣家となるため、壁に開口を設ける通常の壁掛け工事は不可能とのことでした。その点PIXYなら既存の壁はそのままで施工可能なのでマンションにお住まいの方から高い評価をいただいております。
愛知県東海市でフェイクウォール(ピクシィ)を設置し、65型液…
名古屋市中川区でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく、補強工事が必要であると判断しました。早速お見積もりを作成しお客様へご連絡。お客様は今回を機にテレビの買い替えもご検討されているとのことでしたので、テレビのお見積もりもお送りし、お客様もご納得。テレビ同時購入にての壁掛け工事となりました。(ありがとうございます!)

施工当日。スタッフ2名でお客様宅へ。施工場所は一戸建ての二階リビングになります。なおハウスメーカは大幸様。壁面はクロスが張られているオーソドックスな石膏ボード壁です。ただ壁の内部には下地補強が無かったため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施し、十分な強度を確保しています。壁内部分補強とは写真のように壁に開口部を作り、壁の内側からピンポイントで補強を行う工法。壁の内側で補強するため、余分な出っ張りが生じないのがっ特長です。開口部は元通りに塞ぎ。壁紙もきれいに戻してしまいます。

壁掛け金具は「壁からの出幅を抑えたい」とのご要望にて、角度固定式タイプの金具を設置させていただきました。

テレビ取付位置のコンサルはとても重要です。壁内部分補強ではテレビの位置に合わせて補強個所が決まります。今回は左上の窓との間隔を基準に高さを算出しました。
これまでの経験上、窓とテレビが近過ぎると圧迫感を覚える方が多いため、窓下から10~15センチ開けるようにおすすめしています。今回のお客様はテレビ台を置く気はないとのことでしたので、テレビ下のスペースも確保しつつバランスのの取れた高さをイメージさせていただきました。

仕上がりは御覧の通り。ケーブル類が見えないすっきりとした美しい壁掛けテレビが実現しました。
お客様もすっきりした仕上がりに
「スペースが広くなってうれしい」
と大変喜んでいただけました。また猫を飼っていらっしゃいましたが、壁掛けすることによってケーブルを踏まれたりイタズラされるリスクも解消しました。

お客様はテレビの買い替えもあわせて壁掛けを検討され、ネットで調べていたところ、弊社の施工例が出てきたことで今回のご縁をいただくことができました。

thumbnail.php?id=894_17_ca20cd187a.jpg
壁掛けテレビ完成直後の様子。今回のポイントは窓との間隔を意識したレイアウトです。テレビもカトー電器でご購入いただき、施工当日に本体をお持ちしました。テレビ同時購入の場合、壁掛け工事の当日にテレビをお持ちますので、工事日まで巨大なテレビや段ボールがお部屋を占有するようなこともありません。


thumbnail.php?id=894_18_0d066b50bc.jpg
テレビはソニーブラビアシリーズ。有機ELテレビKJ-55A9Gです。有機ELならではの映像美はもちろん、画面全体が振動してサウンドを生み出すアコースティックサーフェイスは壁掛け時にもその性能を存分に発揮し、リアルで迫力あるサウンド空間を演出してくれます。テレビ本体のサイズは約123cm×71cm。本体厚みは4.0cmという薄さです。


thumbnail.php?id=894_19_1a0e6049ad.jpg
ここからは施工中の写真です。写真のようにマスキングテープを使い、テレビの位置をお客様と念入りにコンサルします。壁内部分補強はまだ着手していません。床上の既存コンセントのカバーを外して壁内部の様子を診断中。

thumbnail.php?id=894_20_aada275d18.jpg
壁内部分補強の工事中。一旦めくりあげた壁紙をもとに戻すところです。今回の壁紙クロスは通常のクロスより薄いものが使われており、なかなか神経を使いました。写真上の開口部は、このあと電気工事士の資格を持つスタッフがテレビ用のコンセントパネルに仕上げます。

thumbnail.php?id=894_21_4132081f36.jpg

金具がつきました。角度固定式金具の台座部分になります。壁内部分補強を施した個所だけでなく、既存の間柱にもビスを効かせていきます。テレビ用のコンセントパネルも完成。100ボルトの電源2個口とアンテナケーブルが準備できています。今回有機ELテレビの薄さを最大限生かすため、コンセントの位置もこだわらせていただきました。


thumbnail.php?id=894_16_74404f213e.jpg
一歩引いた全体の光景がこちら。スタッフ(身長175センチ)の立っている目線からのアングルです。テレビの高さはお客様の身長やお使いになられているいすやソファも影響してきます。今回お客様に「どのような環境で視聴されますか?」とお聞きしたところ、「テレビはここから見ることが多いです」と、噂の『人をだめにするクッション』を指差されました。こちらは脚付きのソファに比べると高さがそれ程ないので、それも考慮し通常よりやや低めの高さで取り付けさせていただきました。

thumbnail.php?id=894_22_ce78616b30.jpg
こちらは施工前にお客様から送っていただいた写真。テレビは東芝のレグザ。手前にゲーム機が接続されています。

thumbnail.php?id=894_23_35eef5b9f2.jpg
こちらがそのテレビ裏の様子。既存のコンセントにテレビやゲーム機などのケーブルが御覧のように…。ほこりもたまりやすく、小さなお子さんやペットの標的にもなりかねません。壁掛けテレビ+壁内配線にするとこうしたケーブル類が一掃出来るのが何よりのメリットです。
名古屋市中川区で石膏ボード壁に55インチ有機ELテレビ(KJ-55A9G…
岐阜県でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。マイホームはお客様宅は一戸建て。まだ建築中の段階のお問い合わせであり、壁掛けテレビの下地補強や配線ルートなどはハウスメーカー様が担当されるとのことでした。
ハウスメーカーはダイワハウス様。写真のように、左側の棚の中にレコーダ機器などを収納し、壁内を通ってテレビと繋がるように設計されています。

下地補強などはハウスメーカー様が担当されるとのことでしたので、弊社は85型テレビに見合う金具の選定と壁掛け作業、それに各種ケーブルの入線作業をメインとしたお見積りをお送りしております。

お客様は金具の種類(固定式or上下左右可動式)で悩まれていました。しかし85型となりますとテレビ本体だけで45kgほどになります。さらに壁掛け金具の重量も加算されることを考慮すると、可動式金具はお勧めしかねるとお客様にご提案。ご納得いただき、今回は角度固定式金具で設置することになりました。

施工当日はスタッフ2名でご訪問。すでに壁内に補強は施されていましたので作業はスムーズに進みました。金具を取り付け、ソニーの85型のテレビを壁掛けすると、写真のように迫力あふれる映像空間が誕生しました。

thumbnail.php?id=836_15_2582f5318c.jpg
工事完了直後の写真です。 これまで多くのテレビを壁掛けしてきましたが85型のテレビはやはり迫力が違います。テレビはソニーのブラビアシリーズKJ-85X9500G。本体サイズは約191cm×110cmです。

thumbnail.php?id=836_13_cfb32a0253.jpg
レコーダーなどの機器は向かって左側の収納棚に格納されています。HDMIなどの各種ケーブル類は壁内を通っているためテレビ周りにはケーブル類が一切見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=836_16_1d99158d1b.jpg
左方向から。テレビの取付位置は左右は壁の中央。高さはテレビの上端が左コーナーの棚と揃うようにしました。

thumbnail.php?id=836_17_53f18beb31.jpg
右方向から撮影。テレビ台が無いためテレビ下も広いスペースが確保できています。配線ルートをあらかじめ確保し、収納スペースと壁で仕切ることによってテレビだけの特別な空間が生み出されました。

thumbnail.php?id=836_18_d775e035cd.jpg
左側面の様子。KJ-85X9500Gは85型ながら本体厚みは7.3cmという薄さ。角度固定式金具と組み合わせると、壁掛け時の厚みを極力抑えることができます。

thumbnail.php?id=836_22_bf868620b1.jpg
壁掛けテレビの背面には、わずかな空間を活かして録画用のハードディスクを取り付けています。DVDなどの再生する機会が少ない方は小型ハードディスクを使った番組録画がおすすめです。番組をHDDに録画・再生することでブルーレイレコーダーの置き場所を考えずとも済むようになります。

thumbnail.php?id=836_14_63aaab80c5.jpg
数歩下がってお部屋の全体イメージ。テレビとレコーダー機器との位置関係がお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=836_20_742710a1b2.jpg
壁掛け工事直前の様子。ハウスメーカー様によって壁掛けテレビのための下地補強工事、および配線経路などはあらかじめ用意されていました。新築で壁掛けテレビをご検討中の方は設計・建築途中の段階から弊社にご相談いただくと話がスムーズに進みます。

thumbnail.php?id=836_21_48f7479030.jpg
工事途中の写真です。テレビの取付位置は写真のようにマスキングテープを使ってお部屋に合った位置をお客様にご提案します。今回の高さのイメージはテレビ設置面の壁に三つ棚がありましたので、一番上の棚とテレビの上端が揃うイメージでご提案させていただきました。

thumbnail.php?id=836_19_71eb6807dd.jpg
こちらは左の棚内部の様子。壁内を経由してきた各種ケーブル一旦ここから顔を出して各種機器へと繋がれていきます。すでに完成したお宅でも壁の状況によっては後から壁内を通すことは可能ですので、壁内配線をご希望の方はお気軽に弊社までご相談・お問い合わせください。
岐阜県岐阜市で石膏ボード壁に85型大型液晶テレビ(KJ-85X9500G)…
愛知県春日井市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく、補強工事が必要であると判断しました。工事担当者が早速お見積もりを作成。金具やケーブル類も含めたお見積もりを作成しお客様へメールにてご連絡。お客様は可動式の金具をご希望でしたので、そちらのプランを中心にご提案させていただきました。

テレビをさまざまな場所から視聴されるお客様にはは可動式の金具をお勧めします。通常ならソファや椅子に腰掛けて視聴されると思いますが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭や、ゲームをする機会が多いご家庭では床に座って視聴されることも多いでしょう。またキッチンが隣接している場合は料理をしながらテレビを見たいこともあるかもしれません。可動式金具でしたらそうしたさまざまなリクエストにも柔軟に応えてくれます。

また可動式の金具にすると写真のようにテレビ本体を手前に引き出ることができるので、USB機器やケーブルの接続なども容易になります。DVDプレイヤーやゲーム機をお持ちで「普段はしまっておいて、使う時だけ繋ぎたい(なるべくテレビ周りに物を置きたくない)」方には、便利な使い方といえるかもしれません。

お客様からご予約いただき、いよいよ施工当日。春日井市のお宅へスタッフ2名でお伺いしました。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーは岡田建設。当初の見立ての通り壁内には補強はなかったため、今回もカトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。可動式金具はテレビを手前に引き出すと壁と金具の接合面が丸見えになりますので、ここをいかに美しく見えるかがポイントとなります。今回は既存の間柱の位置関係も正確に調べ、テレビと金具の重量に耐えうる十分な強度を確保しました。

テレビ位置のコンサル時にお客様から
「将来テレビをさらに大きいものへ買い替えるかもしれない」
とのお話をうかがいました。そこでテレビサイズアップのことも考慮し、テレビ台との間隔はやや広めにとってあります。

通常ですと、テレビの下端とテレビ台との間隔は間隔は30センチから50センチ程が多いです。ここが狭過ぎると壁掛けにする意味があまりありませんし、広げれば広がるほど「壁掛けテレビらしさ」が強調されます。今回のように将来のことを考え間隔を広めにした場合は、サウンドバーを置いたり、観葉植物や写真など小物を置いて空間を生かすことも出来ます。

工事はスムースに進み、2時間ほどで工事は完了。さまざまな角度から視聴できる壁掛けテレビが誕生が出来上がりました。

thumbnail.php?id=891_20_602c0b77e8.jpg
可動式金具を使った壁掛けテレビ施工事例。金具はわざとこちら側に向けています。キッチンなどが隣接しており、そこからもテレビを視聴されたい方には可動式金具はおすすめです。

thumbnail.php?id=891_17_76a009fec1.jpg
さらに横に移動して撮影してみました。テレビはソニーのブラビア55型液晶テレビ。壁掛け時の本体サイズは約123cm×71cm。本体厚みは6.9cmです。テレビは手前に引き出せば更に角度をつけることもできます。

thumbnail.php?id=891_19_15951d4a81.jpg
金具を折りたたんで正面から撮影したところ。アンテナ線やHDMIなどケーブル類はすべて壁内を通す壁内配線のためとてもすっきりとした外観に仕上がっています。

thumbnail.php?id=891_18_b38d813ece.jpg
今回のお客様はサウンドバーをお持ちでした。サウンドバーは写真のように既存のテレビ台に置いて使用される方もいらっしゃいますが、ウォールシェルフ(棚)を設置してそこを置き場所としたり、サウンドバーも壁掛けにすることもできます。壁掛けを機会にテレビ台を無くしたい方は、ウォールシェルフやサウンドバー壁掛けもご検討ください。

thumbnail.php?id=891_21_f6cce640cb.jpg
金具とテレビとの接合箇所。壁の内部で補強を施したため接合面はとてもシンプルかつフラットな仕上がりとなりました。壁内部分補強では壁面に一時的な開口部を設けますが修復跡は御覧のように見分けがつかなくなるほど美しく仕上がります。

thumbnail.php?id=891_22_60fb54f376.jpg
壁内部分補強の工事中写真。開口部分から手を入れ壁の中をさらに詳しく調べています。写真右下の開口部はテレビのコンセントパネルになる予定です。

thumbnail.php?id=891_23_7a9cc1775e.jpg
壁内の補強が終わりました。壁紙も元通りに直し、可動式金具が取り付けられたところです。(台座のカバーはまだ取り付けられていません) 右下にはテレビ用に新設されたコンセントです。100ボルト電源とアンテナ線、HDMIケーブルなどが準備されています。お部屋の動線を考えると、コンセントパネルは向かって左側(奥側)に設置したかったのですが、既存のコンセント位置(写真右下に移っているコンセント。ここから分岐して100ボルトの電源を確保しています)や壁内の構造の制限を受け、手前側に設置することとなりました。

thumbnail.php?id=891_24_66b835df07.jpg
お客様から送っていただいた施工前の写真。テレビ本体を壁掛けにすることでどれくらいかイメージが変わるかお分かりいただけると思います。

施工中、お部屋の配線などを見てお客様はかなり手先が器用な方だと確信。
「ご自身で壁掛けをしようとは思わなかったのかですか?」
とお聞きしたところ
「壁に下地を入れていなかったし、可動式の金具となるとさすがに怖かったので。こればかりはプロにお願いしようと思いました。」
とのお言葉をいただきました。

壁掛けテレビの魅力は大きく、DIYでももチャレンジされる方が増えてきました。しかし壁内補強やコンセントパネル新設など、美しく堅実に仕上げようと思うと、数多くの工具や電気工事士の資格なども必要となってきます。
「DIYはさすがに無理だし、リスクも大きい…」
とお悩みの方はぜひ経験豊富なカトー電器商会へお問い合わせください。
愛知県春日井市で石膏ボード壁に55型液晶テレビ(KJ-55X9000F)を…
名古屋市瑞穂区でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。
壁掛けテレビに加えて、IKEAのフロートテレビボード「ベストー」の壁掛け設置も併せて施工のご要望を頂きました。じっくり検討された上、弊社ショールームにも足を運んでいただき、入念な打ち合わせの後、工事確定となりました。

施工場所は戸建ての2階リビングです。ハウスメーカーは何度も施工経験のあるウッドフレンズです。

壁面は石膏ボードにアクセントクロスが貼られていました。壁内部には下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施し、十分な強度を確保しています。壁掛け金具には「壁からの出幅を抑えたい」とのご要望にて、角度固定式タイプの金具を設置させていただきました。
さらにIKEA・ベストーを設置するため、こちらも壁内部分補強を3か所施工しています。施工時間は全行程で約4時間程要しました。

テレビ及びフロートテレビボードの位置は既にお客様がマーキングされていました。これをベースに施工スタッフの経験も踏まえて最終位置のコンサルをさせていただき、壁掛け高さを確定させていただきました。

床上の既存コンセントは写真のようにベストーの中に収めるかたちとしました。ベストー内に収めることで後付感(後から付けた感じ)を無くすことができます。

配線経路はお客様より壁内配線のご要望をいただきましたので、ベストー内の既存コンセントとテレビ裏に新設したコンセントパネルを用いて、ケーブル露出の無い仕上がりを実現させて頂きました。なお入線ケーブルは以下のとおりです。

・電源ケーブル 1本
・アンテナケーブル 2本
・HDMIケーブル 4本
・LANケーブル1本

壁内配線は後からケーブルを追加するのが難しいので、将来ゲーム機などが増える可能性のある方は、あらかじめ予備のHDMIケーブルなどを数本通しておかれるとよいでしょう。

壁掛けテレビとIKEA・ベストーの美しい仕上がりとバランスの良い見た目にお客様には大変喜んで頂く事が出来ました。お客様は家を購入されたときから壁掛けテレビに憧れていたそうで、今回テレビを買い替えた機会に壁掛け施工業者を探されたとお伺いしました。またテレビの壁掛けと同時にテレビボードのベストーを壁掛けしてくれる業者をネット検索された際に、弊社の施工例が出てきたことで今回のご縁を頂くことが出来ました。

thumbnail.php?id=907_19_8f158dfa0a.jpg
(↑)アクセントクロスに壁掛けされた65型テレビとベストーの組み合わせ。ケーブル類の見えない美しい仕上がりとなりました。

thumbnail.php?id=907_21_fa0ae790b0.jpg
(↑)ベストーの立体感も上品な雰囲気を演出しています。今回のベストーは3つのセパレートタイプのものを1つのテレビボードとして壁掛けさせて頂きました。施工ポイントは中心と左右の高さ調整です。ここが1mmでもズレてしまうと段差が出来てしまい、見た目にも大きく影響してきます。ここは時間をかけて調整させて頂きました。

thumbnail.php?id=907_22_bfd32e1d54.jpg
(↑)ベストーの中にブルーレイレコーダー等を収納した様子。広々とした収納スペースはまだ多くの機器を設置することが可能でした。予備で入線したHDMIケーブルの余長も十分にあるため設置レイアウトも自由です。ケーブル長もコンサルの上、当日ご対応する事が可能です。

thumbnail.php?id=907_20_0ef794e5ff.jpg
(↑)ダイニングからの見たところ。テレビ映像の見やすさも確認していただき、とても喜んでいただけました。

thumbnail.php?id=907_23_6c76daeb8a.jpg
(↑)側面から撮影。テレビはソニーのブラビアシリーズ。KJ-65X9500H。65型の液晶テレビです。本体サイズは約145cm×83cm。厚みは7.0cm。角度固定式の金具を組み合わせることで壁掛け時の隙間を最小限に抑えることができます。

thumbnail.php?id=907_24_fb92afd52c.jpg
(↑)壁掛け施工途中の様子。壁内部に部分補強を施し、角度固定式タイプの金具(台座)を設置したところです。中央の開口部はこのあと電気工事士の資格を持つスタッフがコンセントパネルを作ります。

thumbnail.php?id=907_25_8ca1df3cd7.jpg
(↑)壁掛け工事直前の写真。壁面に貼られているテープはお客様によるテレビとベストーの位置決めを表しています。この目安は大いに助かりました。
名古屋市瑞穂区で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビ(KJ-65X9500…
愛知県飛島村でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ御覧になり、LINE経由にてお問合せくださいました。事前に現在の壁面やテレビの接続環境が分かる写真を送っていただき、お電話も交えながら進めさせて頂きました。

お客様のご要望としましては、

・テレビ台を無くし、壁掛けテレビにする事でスッキリさせたい。
・それに伴ったテレビへの接続機器の置き場所で最良な方法を教えて欲しい。

とのことでした。

お客様のご要望より、事前の電話コンサルでは補強方法も含めてウォールシェルフ(棚)を設置するイメージをお伝えし、概算お見積りをご提案させて頂きました。LINEによるスピーディなやり取りでスムーズに話は進み、工事のご予約をいただき。

施工当日。担当スタッフ2名がお伺い。お客様ご希望の壁面は石膏ボードにクロス貼りの間仕切り壁ですが、写真のように後ろ側に階段がありましたので、壁内状況を事前にしっかりと把握させていただきました。また壁内に下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強から着手しました。テレビ金具部分に加えて、シェルフ部分にも壁内部分補強を施しています。

続いて配線ケーブルや経路確保の施工です。今回の壁内配線施工のポイントは既存コンセントからケーブルテレビの光ケーブルが光終端装置へ配線されている事です。この光ケーブルは光終端装置から抜き差しできるタイプと、抜き差しできないタイプがあります。今回は抜き差しできるタイプでしたので、テレビ台の中に設置されていた光終端装置をテレビ上に設置したウォールシェルフ(棚)まで移設する事が出来ました。これによりテレビ下には既存コンセントだけ残る形でお客様の求められていたスッキリさを実現することが出来ました。

今回壁内配線で通したケーブルは以下の通りです。

・電源ケーブル 1本
・アンテナケーブル 1本
・HDMIケーブル 2本
・LANケーブル 1本

HDMIケーブルは既存コンセント(テレビ下側)とウォールシェルフ用コンセントに1か所ずつ、さらにHDMIコンセントも施工させて頂きました。これらはいずれゲーム接続用に使われるとのことだそうです。ウォールシェルフに設置されているソニーのプレステ4は今回壁掛けさせて頂きましたテレビと、もう一台別のテレビへの接続を想定されており、テレビの切り替えの際にHDMIコンセントから抜き、そのケーブルをテレビへ接続しやすいようにとHDMIコンセントをご選択されました。

テレビ下のHDMIコンセントは「ニンテンドースイッチなどを子供でも接続できるように」とのリクエストで、「日常生活の中で使いやすさ」を優先した仕上がりとなっています。

出来上がりは御覧の通り、お客様が求められていたスッキリ感に加えてテレビが宙に浮いた事にもとても喜んで頂く事が出来ました。ウォールシェルフへ光終端装置が移設できた点やケーブルが壁内に収まっている事にも、イメージしていた以上の光景に大変満足して頂けました。


thumbnail.php?id=915_30_160acb45fd.jpg
(↑)完成直後の写真です。壁掛けテレビとウォールシェルフとの組み合わせ。お部屋全体どこから見ても存在感のある仕上がりとなりました。

thumbnail.php?id=915_31_f656cbb373.jpg
(↑)正面から撮影。将来的にテレビを65インチクラスに変更してもウォールシェルフと干渉しないように壁掛け位置をお客様へコンサルさせて頂きました。

thumbnail.php?id=915_32_93d555c7ed.jpg
テレビはシャープの40型液晶テレビ。お部屋の出入りの際、こちら側の側面が視界に入るため、各種ケーブル類は極力反対側にまとめるようにしています。

thumbnail.php?id=915_33_6292007dc7.jpg
(↑)上下左右可動式金具を選択されたことで、お部屋のどこからでも最適な角度で視聴することができます。テレビで隠れる位置には電気工事士の資格を持つスタッフが専用のコンセントパネルを新設しました。御覧のように各種ケーブル類は目につきにくいこちら側に集中させています。コンセントパネルもこちら側にずらして新設しています。

thumbnail.php?id=915_34_f761b01e55.jpg
(↑)テレビの背面の様子。お客様とご相談し、工事前より使用されていた外付けハードディスク金具に取り付けさせていただきました。録画用ハードディスクを新しくご用意されるという方はポータブルサイズのタイプをお勧めいたします。

thumbnail.php?id=915_35_31cf8b2242.jpg
(↑)ウォールシェルフと専用のコンセントです。機器を多く接続できるように電源コンセントは3つ口でご用意。将来的にレコーダー用のアンテナ線を増設できるように空きもあります。HDMIコンセントはケーブル挿し口が他のケーブルとの接触を出来るだけ防ぐためにコンセント上部に設置させて頂きました。

thumbnail.php?id=915_36_4eb78c0373.jpg
(↑)床上の既存コンセントです。こちらも将来的に変更可能なレイアウトで仕上がております。アンテナ端子部分を壁内部で組み替えてHDMIコンセントへ変更しています。ここのゲーム機などを接続すると壁掛けテレビに映像や音声が出力されます。

thumbnail.php?id=915_37_0f8d9e1515.jpg
(↑)施工前の様子です。背面の壁には壁掛けを想定されておらず、下地補強も専用コンセントなどありません。こうした壁面でもあとから壁掛けテレビに出来るのがカトー電器の強みです。

thumbnail.php?id=915_38_2c56ad84f6.jpg
(↑)こちらも施工前の様子です。テレビ台に乗せて視聴されていたため、40インチといえどもかなりのスペースを占有されていました。

thumbnail.php?id=915_39_315a912dba.jpg
(↑)工事途中の写真。飛散防止用のビニールカバーで保護した後、青いマスキングテープでテレビの取付位置を想定。手前は壁紙を一部めくり、壁内補強工事を終えたところ。奥に見える開口部はコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=915_40_7690ddb528.jpg
(↑)可動式金具の台座を取り付けたところ。先ほどめくりあげた壁紙は丁寧に元に戻しているため、その痕跡はほとんどわかりません。電気工事士の資格を持つスタッフによりコンセントパネルは完成し、HDMIケーブルが壁内を通って顔をのぞかせています。

thumbnail.php?id=915_41_8feb2d32d5.jpg
(↑)壁掛けされる直前のテレビ背面です。可動式台座につけるための金具を2本取り付けています。このテレビはアンテナ線やケーブル類は下方や横方向から差し込むタイプのため、壁掛け時の厚みを抑えることができました。
愛知県飛島村で石膏ボード壁に40型液晶テレビ(LC-40G7)とウォー…
名古屋市中川区でのテレビ壁掛け工事レポートです。壁掛け工事の前に弊社にて補強工事とエコカラットのストーングレースを貼らせていただきました。

お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはウッドフレンズ様です。壁掛けご希望の壁面は石膏ボード+壁紙クロスとなっており、下地補強はありません。そこで先に壁内部分補強を施して、十分な強度を確保することからスタート。壁内の補強工事が終わったらエコカラットを貼っていきます。エコカラットを張り終えたら、ようやく壁掛け工事です。エコカラットの上から可動式金具を取り付け、各種配線を壁内に通していきます。今回はお客様リクエストでテレビ下のコンセントパネルをHDMIコンセントに組み替えました。ここにレコーダーやゲーム機をつなげるとテレビ側に映像や音声が出力されます。

エコカラット同時施工ということもあり、午前中からスタートして、完成したのは夕方となりました。出来上がりは御覧の通り、リビングの一画にシックな壁面とスマートな壁掛けテレビが誕生しました。

エコカラット ストーングレースレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器が名古屋市から出張し、工事を担当いたしました。

thumbnail.php?id=872_23_49fcb9f9e9.jpg
(↑)エコカラットを貼り、壁掛けテレビ工事を終えた直後の写真です。金具は可動式金具。テレビボードので隠れていますが床上のコンセントはHDMIコンセントに組み替えられています。

thumbnail.php?id=872_24_e1f489edbd.jpg
(↑)エコカラットは「エコカラットプラス ストーングレース」。壁掛けテレビと同時に施工する「エコカラット同時施工」をお選びいただき、1日でエコカラットとテレビ壁掛けを完成させました

thumbnail.php?id=872_25_d2c2146f96.jpg
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ。背面に録画用のハードディスクを取り付けています。テレビ下に見えるのがHDMIコンセントです。

thumbnail.php?id=872_26_d7aeaa470d.jpg
(↑)無料壁掛け診断フォームよりお客様から送っていただいた施工前の写真。壁掛けご希望の壁面には下地補強はなく、壁掛けテレビ用のコンセントパネルもありません。

thumbnail.php?id=872_27_1d06fa4955.jpg
(↑)工事の第一段階は壁内部に補強を施すこと。写真でもお分かりのように壁内部に4か所の部分補強を行いました。開口部はテレビ用のコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=872_28_822cea02f8.jpg
(↑)第二段階のエコカラット貼り付け工事。専用の糊(のり)を塗って順々にエコカラットを貼っていきます。窓周りやコンセントまわりなどはその形状に合わせてエコカラットをカットしておきます。

thumbnail.php?id=872_29_23a12905f6.jpg
(↑)エコカラットに直接設置された壁掛け金具。可動式タイプでカラーはホワイト。壁内部で補強しているので厚みも最小限度に抑えられます。

thumbnail.php?id=872_30_3067129149.jpg
(↑)テレビ側面の様子。テレビの背面には録画用のハードディスクを取り付けてあります。

thumbnail.php?id=872_31_205f976fe1.jpg
(↑)床上のコンセントパネル。右列真ん中に見えるのがHDMI用の端子です。ここにゲーム機を接続すると壁掛けテレビに映像や音声が出力されます。
名古屋市中川区でエコカラット ストーングレースを施工し、東芝…
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」を使ったテレビ壁掛けレポートです。東京都への出張施工です。お客様宅は分譲マンション。テレビは現在ご使用中のパナソニック ビエラシリーズ。壁掛け金具は弊社から角度固定式タイプを持ち込み午前中から着工となりました。

今回のPIXYは高さが2450mm。横幅は壁掛け時計などの関係もあり1400mmとなっています。
外装はサンゲツのRE51296。既存の石膏ボード壁と相性の良い石積み模様のクロスです。
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51296

テレビの周辺機器として
・レコーダー
・サウンドバー
・Google クロームキャスト
・外付けHDD
など数が多く、テレビ上にウォールシェルフ(棚)を設置し、そこに各種の機材を置かせていただきました。このウォールシェルフとテレビ裏にはそれぞれコンセントパネルを作り、PIXY内部を通してケーブル類が繋がるようになっています。中を通るケーブルは
・HDMIケーブル 2本
・LANケーブル 1本
・アンテナ線 2本
・電源ケーブル 1本
・光ケーブル 1本
本当の壁ですとなかなか厳しい量(太さ)なのですが、PIXYはその点融通が利くので助かります。

金具を設置しテレビを壁掛けして、夕方には完成しました。

PIXYは
・コンクリート壁でも設置可能
・目立たない配線類
・テレビボードを撤去できるウォールシェルフ(棚)
・テレビ下に広がる空きスペース
などさまざまメリットから、マンションにお住まいのお客様などから高い支持を得ています。設置をご検討される方は、PIXY専用ページから無料診断へお進みください。工事担当者がお部屋の写真を確認し、お見積もりを無料で作成。メールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。

thumbnail.php?id=846_16_ded8ed6b6d.jpg
(↑)PIXY完成直後の写真。高さは2450mm。写真でお分かりのように天井の梁と接しています。横幅は隣の壁掛け時計などの関係もあり1400mmとなりました。

thumbnail.php?id=846_17_fc2b77311b.jpg
(↑)正面から撮影。テレビ上にレコーダー機器などを設置するためのウォールシェルフ(棚)があります。外装はサンゲツ社の壁紙クロス(石積み模様)。テレビのサイズは111cm×64cmです。

thumbnail.php?id=846_18_abd67115ae.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)にレコーダー機器などを置くことでテレビボードをなくすことができます。テレビボードがなくなることで思いのほか広いスペースが生まれますよ。(お掃除も楽になるのがうれしいですね)

thumbnail.php?id=846_19_4e1358de9f.jpg
(↑)側面からの様子。PIXY本体は厚みが10cmほどあり、この中にアンテナ線やHDMIなどの各種ケーブルを通しています。十分な強度もあり大型テレビもしっかり壁掛け可能です。

thumbnail.php?id=846_20_4c774903ca.jpg
(↑)お客様から送っていただいた施工前の画像。壁面は石膏ボード壁です。この壁面にPIXYを設置させていただきました。なお壁掛けにするとテレビが30cmほど後退するので視聴距離が長くなります。
東京都葛飾区でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、49型…
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」を使ったテレビ壁掛けレポートです。

今回の施工場所は愛知県愛知郡東郷町。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはウッドフレンズです。テレビはソニーの有機ELテレビ「KJ-65A8H」。カトー電器にして同時購入していただき、当日PIXYとともに納品、壁掛けまでさせていただきました。

PIXYはコンクリート壁での施工例が多いのですが、今回はエコカラットが施された壁面です。エコカラットへの直接壁掛けも可能ですが、お客様より

・エコカラットを傷つけない施工をご希望。
・サウンドバーを将来機種変更した際壁、施工跡が残ってしまう事へのリスク回避

これら2点のリクエストをいただき、PIXYの設置と相成りました。
サウンドバーの壁掛けは買い替えの際、モデルによってはケーブルを通す開口部や壁掛け位置が大きく変わる可能性があります。クロス張りの壁でしたらまだ対応できる余地が多く残されていますが、エコカラットでは難しいため、自由度の高いフェイクウォールに施工させていただく流れとなりました。

今回のPIXYは高さが2700mm、横幅は1600mmです。外装はサンゲツの壁紙クロス(RE51237)。エコカラットとの一体感も良く、自然な仕上がりとなりました。
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51296

テレビの周辺機器としては
・レコーダー
・サウンドバー
・PS4
などがあり、サウンドバーはPIXYに壁掛け。レコーダーやゲーム機はPIXY右側のラックに配置させていただきました。

PIXY内を経由するケーブル類は

・HDMIケーブル 1本
・アンテナ線 2本
・電源ケーブル 1本

テレビと各機器の接続はアンプを介入させているため、ARC接続のHDMIケーブル1本で構築しています。配線の余長もPIXY内に収納しているためスッキリと仕上がり、御覧のようにスタイリッシュな雰囲気に仕上げる事が出来ました。

PIXYはウォールシェルフ(棚)を付けたり、サウンドバーを付けたりと、コンセントを追加したりと自由度の高いレイアウトアができるのが特徴です。レコーダー機器などはウォールシェルフ(棚)に置く以外にも、今回のように傍らにラックなどを用意し、そこに配置する方法もございます。
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=710

作業は午前中から開始して、夕方には完了。施工時間は約8時間程でした。
お客様からは「選んだクロスとエコカラットの一体感が想像以上にマッチしている。スッキリとして良かったです。」
と喜びの声も頂くことが出来ました。

PIXYは
・コンクリート壁でも設置可能
・目立たない配線類
・テレビボードを撤去できるウォールシェルフ(棚)
・テレビ下に広がる空きスペース
など、さまざまメリットからマンションにお住まいのお客様などから高い支持を得ています。設置をご検討される方は無料壁掛け診断へお進みください。工事担当者がお部屋の写真を確認し、お見積もりを無料で作成。メールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。

thumbnail.php?id=898_24_2e76cdcb3e.jpg
(↑)完成直後の写真です。PIXY本体にテレビとサウンドバーの壁掛け。機器接続および動作確認完了しています。ラック上の機材との結線などは、このあとお客様自身で決めていただきました。

thumbnail.php?id=898_23_c7a427138f.jpg
(↑)PIXY本体部の厚みは約5cm。壁掛けした有機ELテレビの出幅と合わせても約15cmとかなりの省スペースを実現できました。

thumbnail.php?id=898_22_6872b052d4.jpg
(↑)電気工事士の資格を持つスタッフによってPIXY下両側に電源コンセントを1か所ずつ配置させていたきました。コンセント数もリクエストに合わせて増減可能です。

thumbnail.php?id=898_25_99a867cb7a.jpg
(↑)PIXYコーナー部分には緩衝材を施します。作例では既存の壁との境界にスタイリッシュな見た目を意識してアルミの緩衝材を敷設させていただきました。
愛知県東郷町でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、65型…
愛知県の安城市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はマイホーム完成間際の段階で弊社にお問い合わせくださいました。ご自宅はすでにエコカラットが貼られており、壁掛けにされるご予定でテレビも購入。ところがテレビを購入された量販店が
「エコカラットへの壁掛けは対応できない」
とのこと。そこでネットで検索し、弊社を見つけられたとのことでした。

今回はハウスメーカー様によって下地補強も行われていますし、壁掛け用のコンセントも配管経路も確保されているとのこと。弊社としては特に問題ありませんので、快くお引き受けしました。

施工当日、安城市のお客様宅へ。ハウスメーカーはヘーベルハウス様。壁面はエコカラットプラスのランドが壁全面に張られています。
まずはマスキングテープでテレビの場所をお客様とご相談。すでにテレビ用のコンセントパネルが用意されているため、テレビがそこにかぶる(=テレビでコンセントを隠せる)位置でポジションを決定。エコカラットの上から直接壁掛け金具を設置し、各種ケーブル類を壁内に通していきました。

金具は薄さと汎用性を重視した角度固定式タイプです。カラーはエコカラット側に合わせてホワイトを選択しました。テレビはお客様が量販店で購入されたパナソニックのビエラシリーズ TH-55HZ1800。55型の有機ELテレビです。スタンドを外して背面に壁掛け用金具を取り付けていきます。

テレビを金具に固定し、各種ケーブルをつなぎたら壁掛け工事は完成です。作業はスムーズに進み、動作確認も含み2時間ほどで完了しました。

thumbnail.php?id=892_11_c876e4ee9f.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真です。テレビボード内にはブルーレイレコーダーの他、プレステやNintendo Switchなどのゲーム機がしまわれており、壁内を通ってテレビと常時接続されています。

thumbnail.php?id=892_12_3055b61beb.jpg
(↑)テレビはパナソニックのビエラシリーズ。55インチの有機ELテレビです。スタンドを外した本体サイズは約123cm×78cm。本体の厚みは5.3cmという薄さです。

thumbnail.php?id=892_13_05c84dbb33.jpg
(↑)側面から撮影。壁内に補強を施すことで、壁面(エコカラット)と金具の台座が密着。隙間を可能な限り薄くすることが出来ます。壁内に補強が施されていない場合は、カトー電器推奨の「壁内部分補強工事」がおすすめです。強度を必要とする箇所をピンポイントで補強。大掛かりな工事も必要ありません。

thumbnail.php?id=892_14_705cbaf525.jpg
(↑)エコカラットの壁面に金具の台座を取り付けたところです。青いマスキングテープがテレビの位置を表しています。コンセントパネルがハウスメーカ様によって作られていたため、まずこれをテレビで隠れる位置にすることが第一条件となります。

thumbnail.php?id=892_15_7dfbfc8a24.jpg
(↑)壁内を通するケーブルはアンテナ線が2本、レコーダーやゲーム機用のHDMIケーブルが3本です。テレビのサイズもありケーブル長は相当の長さを必要とします。

thumbnail.php?id=892_16_719507b07b.jpg
(↑)これはテレビの背面。壁掛け用の金具を2本テレビにネジ止めして、エコカラット側の台座と合体させます。高さ調節用にたくさんのねじ穴が垂直に並んでいます。

thumbnail.php?id=892_17_2b441b0565.jpg
(↑)お客様が送ってくださった写真。壁面はエコカラットプラスのプラスランド。壁掛けテレビ用のコンセントパネルや配管経路も準備済みとなっています。テレビの位置を自由に決めたい場合は、コンセントパネルや配線経路をハウスメーカー様ではなく、カトー電器側にお任せください。
愛知県安城市でエコカラットプラス ランドの壁面に55型有機ELテ…
大阪府枚方市でのテレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器が名古屋市から出張し、工事を担当いたしました。

お客様は弊社ショールームに来店され、細かな打ち合わせを行われました。弊社スタッフも可動式金具の実例などををお見せしながら、概算のお見積もりを作成。即日メールでお送りし、工事のご予約をいただきました。


施工当日、スタッフ2名が大阪へ。お客様宅はマンション。ご希望の壁面はお話でお聞きした通り、壁掛け用の下地が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強から入らせていただきました。補強工事で大型のテレビも支える十分な強度が確保できたら、次は配線経路の確保です。ご希望が壁内配線ですから電源やアンテナ線や壁内に通し、コンセントパネルも手際よく作っていきます。
金具は上下左右に角度が調節できる可動式タイプ。カラーは壁に合わせたホワイトを採用し、壁面に直接取り付けさせていただきました。壁の内側で補強を行っているため起伏が無く、写真のように金具と壁面がピタリと接するのが壁内補強の良いところです。

テレビはソニーのブラビシリーズ。KJ-55X9500H。55型の液晶テレビを金具に取り付け、各種配線を結線したら壁掛け工事は完了です。

写真のように様々な角度から視聴できる機能的で美しい壁掛けテレビが誕生しました。

thumbnail.php?id=880_29_c84f1dc6d5.jpg
(↑)大阪市枚方市のマンションでの壁掛け工事です。石膏ボード壁に55型の液晶テレビを可動式金具で壁掛けしました。可動式金具ですので御覧のようにテレビを好きな方向に向けられます。可動式金具の体験はカトー電器のショールームで実際に触って動かせますよ。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_campaign/kanagu_trial.php

thumbnail.php?id=880_27_209796ded9.jpg
(↑)可動式金具を畳んだ状態がこちら。アンテナ線やUSBケーブルなどは壁内を経由する壁内配線。そのためケーブル類が一切見えず非常にスマートな外観となっています。

thumbnail.php?id=880_28_eccc0e7621.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはソニーのブラビア KJ-55X9500H。壁掛け時のサイズは123cm×71cm。右側に置かれている録画用ハードディスクとは壁内経由でつながっています。今回録画機器の置き場がこの位置とのことで、壁内配線を駆使して壁内配線を駆使しています。

thumbnail.php?id=880_30_2960491c62.jpg
(↑)テレビの角度を変えたところを後ろから。テレビ背面に新設した専用コンセントパネルがお分かりいただけると思います。テレビと繋がっているのはアンテナ線のほかHDMIケーブル(3本)やUSBケーブルなど。可動式金具では御覧のようにケーブル類にかなりのあそび(ゆとり)を持たせておかねばいけません。

thumbnail.php?id=880_35_27bfb8e86d.jpg
(↑)テレビと壁面との隙間の様子。可動式金具も折りたたむとこのくらいの厚みで収まります。テレビ横のケーブル類が抜き差ししやすいのも可動式金具のメリットです。壁掛けテレビに薄さを求められる方は角度固定方の金具をおすすめしております。

thumbnail.php?id=880_31_73fdde3cac.jpg
(↑)打って変わって壁掛け工事の途中写真。壁掛け金具の取り付け位置に部分補強を施しているところです。壁紙をめくり壁内に補強を施した上で再び壁紙を元に戻すという作業を行います。右下の開口部はコンセントパネルを作っているところ。

thumbnail.php?id=880_32_5e0f020fc7.jpg
(↑)壁内補強が終了し、金具を取り付けたところです。ブルーのマスキングテープはテレビの位置を表しています。写真右下に写っているのが壁内配線の出口です。テレビにつないだHDMIケーブルやUSBケーブルがここから出てきます。

thumbnail.php?id=880_33_ab23bb39e5.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真。テレビはテレビ台に置かれ、ケーブル類は右隅のコンセントに繋がっています。壁掛け後の写真を見比べてみてください。

thumbnail.php?id=880_34_05a7aca2c3.jpg
(↑)こちらも施工直前の写真。この壁面に部分的に下地補強を施し、テレビ用のコンセントパネルを新設しました。こちらも完成後の写真と見比べてみてください。
大阪府枚方市で石膏ボード壁に55型液晶テレビ(KJ-55X9500H)を壁…
鹿児島市の協力会社による南さつま市でのテレビ壁掛け工事です。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見ると石膏ボードの壁面で壁内には下地補強も施されており、壁掛けテレビ用のコンセントパネルまで用意されています。すぐに弊社スタッフがお見積もりを作成し、お客様へご連絡。話はトントン拍子に進み、鹿児島市の協力会社へ引き継がせてもらいました。

施工当日は協力会社のスタッフがご訪問。お客様宅は一戸建。(ハウスメーカーはダイワハウス様とのことでした。)壁掛けをご希望される壁面は寝室となっており、ベッドで横になっても見やすい高さを相談し(これはベッドの高さやテレビとの距離なども関係してきます)テレビの取り付け位置を決定。壁掛け用金具を設置し、テレビを壁掛けさせていただきました。

壁掛け金具は薄さ重視の角度固定式タイプ。将来テレビの付け替えなども見越してさまざまなメーカーに対応した汎用タイプのモデルを設置しています。

テレビはお客様ご使用のソニー ブラビアシリーズ KJ-49X8000C。49型の液晶テレビですね。スタンドを外した本体サイズは111cm×65cm。Android TVを搭載しており、インターネットに接続すればYoutubeやNetflixなどのネット動画が楽しめる優れものののテレビです。

完成は御覧の通り。場所も取らず、スッキリとした壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=888_9_357afa0308.jpg
(↑)すでに下地補強が施されており、壁掛け手のコンセントパネルも用意されている壁面でした。写真を見てカトー電器のスタッフがお見積もりを無料作成。お客様にメールでお伝えし、見積内容にご納得いただきましたので鹿児島地区の協力会社に引き継がせていただきました。

thumbnail.php?id=888_7_15f179f51c.jpg
(↑)お部屋や寝室。ベッドで横になって視聴できるようとのことでしたので、お客様と高さについては慎重に協議。テレビは既存のソニー49型液晶テレビ(KJ-49X8000C)です。

thumbnail.php?id=888_8_c9b84d32b9.jpg
(↑)リビングはもとより、寝室や子供部屋、キッチンでの壁掛けテレビも徐々に増えてきました。「おうち時間」が増えた現在、場所を取らずお部屋を広く使える壁掛けテレビは静かな広まりを見せています。

今回は既に下地補強が施されている壁面でしたが、下地補強が施されていない壁でも壁内にピンポイントで補強を施す「壁内部分補強」でテレビは壁掛けできます。今お使いのテレビを壁掛けされたい方、テレビの買い替えを機会に壁掛けを検討されている方は、ぜひカトー電器にお問い合わせください。お部屋のお写真を送ってくだされば、ベテランの施工スタッフが写真を確認し、工事費や金具はもちろん、必要なケーブル類もあわせた概算お見積もりをメールもしくはお電話にてご連絡差し上げます。
鹿児島県南さつま市で寝室の石膏ボード壁にソニー49型液晶テレ…
大阪でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。現在の壁とテレビの様子、それに図面を送ってくださったので、施工担当者が写真をチェック。
「ゲーム機とレコーダーと…サウンドバーもありますね。これは壁内に何本ケーブルを通すことになるかな…」
と考えながらお見積もりを作成。工事可能な候補日も添えてメールでご連絡したところ、即日お返事をいただき、工事確定となりました。スピーディーな対応がモットーのカトー電器ですが、お客様もスピード感ある対応でサクサクと話は進み、いよいよ工事当日。スタッフ2名が名古屋から直接大阪へお伺いし、施工開始となりました。
なおお客様宅は一戸建てで、ハウスメーカーはヘーベルハウスです。

壁面は写真のようにタイル柄のエコカラット。壁内に下地補強は無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強に着手しました。壁内部分補強とは文字通り、壁面に開口を設け、壁内からピンポイントで補強を施す工法です。外側から板を貼る壁外補強と異なり、、見た目良く厚みも最小限に抑えられるのが特長。この工法でしっかりと強度を確保した上で、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。

お客様のご要望はケーブル類が見えない壁内配線でしたので、壁面にテレビ用のコンセントパネルも新設します。今回壁内を通すケーブルが多いため、コンセントパネルは2個分のスペースを使い、
・電源延長ケーブル
・アンテナケーブル2本
・HDMIケーブル2本
・LANケーブル1本
など計5本のケーブルを通しました。壁内配線ではあとからケーブルを追加するのは難しいので、将来ゲーム機などが増える可能性のある方は、あらかじめ予備のHDMIケーブルなどを数本通しておかれるとよいでしょう。

壁内を通ったケーブルはテレビ下のコンセントから顔を出し、各種機器へと接続。
レコーダーやゲーム機の電源を入れると、壁掛けされた75インチの大画面に迫力ある映像と音声が出力されるようになりました。

thumbnail.php?id=795_21_02a5fa8295.jpg
(↑)下地補強が施されていないエコカラット壁面に75型の大型液晶テレビを壁掛けしました。テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。壁掛け時の本体サイズは横幅167cm、高さが96cm。スタンドの付いた据え置きで使うと圧迫感がありますが、壁掛けにすると画面位置が30cmほど後退しますので、お部屋がぐっと広く感じられます。

thumbnail.php?id=795_22_68b6326715.jpg
(↑)お客様はテレビにサウンドバーを接続して使用されていました。今回サウンドバーはテレビ台の上に置いて使われることに。テレビ台の中にはレコーダー機器やゲーム機などが収納されており、いずれも壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=795_23_c03d40830a.jpg
(↑)壁掛け工事途中の写真。壁内部に下地補強の工事を行い、壁掛け金具を設置したところ。左下には壁内配線用のコンセントパネルも写っています。
大阪府岸和田市でエコカラット壁に75型大型液晶テレビ(KJ-75X95…
和歌山県でのテレビ壁掛け工事レポートです。
お客様は弊社ホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真をUPしていただきました。下地補強が施されていないエコカラット壁とのことで、施工担当が写真をチェックしながらお見積もりを作成。折り返しメールでご連絡し、施工のご予約をいただきました。

工事当日。担当スタッフ2名が和歌山県へ。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはダイワハウス様です。前述の通り、壁掛けテレビは想定されていない壁面のため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。エコカラット壁面に開口部を作り、そこから壁内に補強部材を入れていきます。間柱も使って十分な強度を確保出来たら開口部を丁寧に塞いで金具を設置。金具は角度固定式タイプのものを取り付けさせていただきました。
同時に壁掛けテレビ用の専用コンセントも作っていきます。電気工事士の資格を持つスタッフが手際よく配線を通し、コンセントを新設。アンテナ線の他、HDMIケーブルを4本、壁内に通して配線準備を整えました。

ここでようやくテレビを取り付けます。テレビは東芝のレグザシリーズ 65Z740X。薄さ重視の角度固定式金具と壁内補強によって、厚みを最小限度にとどめた壁掛けテレビが完成しました。

御覧のように、エコカラットを施工したあとでも、テレビ壁掛けは可能です。また下地補強が施されていなくとも、壁内部分補強によってあとから十分な強度を確保出来ます。
「エコカラット貼ってしまったからなぁ…」
「下地補強入れてないからなぁ…」
と壁掛けをあきらめていた方は、一度カトー電器に写真を送ってみてください。「無料壁掛け診断」より写真をUPしていただければ工事スタッフが写真をチェックし、必要なケーブル類から交通費まで含めた概算お見積もりをスピーディーに作成。メールもしくはお電話でご連絡差し上げます。

thumbnail.php?id=855_14_eab9d555d8.jpg
(↑)エコカラットの貼られた壁面に65型の液晶テレビを壁掛けさせていただきました。ハウスメーカは大和ハウス様とのこと。下地の補強が施されていなかったため、カトー電器の壁内部分補強で強度を確保させていただきました。

thumbnail.php?id=855_15_a876efd6f1.jpg
(↑)正面から撮影。テレビは東芝のレグザシリーズ 65Z740X。スタンドを外した本体サイズは
146cm×87cm。テレビ台に置くと思いのほか場所を取りますが、壁掛けにすると御覧のようにスッキリと収まります。

thumbnail.php?id=855_16_84705cc614.jpg
(↑)最近のテレビは左右の視野角が大変広いので多少斜めから視聴してもまったく苦になりません。隣接したキッチンからも視聴される場合は、角度が変えられる可動式タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=855_17_ffb7ef9820.jpg
(↑)真横から撮影。エコカラット壁の内部で補強を施しているため、エコカラットと壁掛け金具が直(じか)に接しているのがお分かりいただけるでしょうか。角度固定式タイプの金具と組み合わせることで、御覧のように隙間を最小限に抑えることができます。

thumbnail.php?id=855_18_340b3a072a.jpg
(↑)工事途中の写真。エコカラットの壁面に壁内補強を施した後、金具の台座を取り付けたところ。テレビ用のコンセントも新設し、各種ケーブルも準備万端。ケーブルの接続端子はテレビ横にあるため、これくらいのケーブル長が必要となります。

thumbnail.php?id=855_19_e915208cf0.jpg
(↑)お客様から送っていただいた壁面の写真。エコカラットが貼られていますが壁掛け用のコンセントが無いため、カトー電器にて新たに作らせていただきました。
和歌山県有田郡でエコカラット壁に65型液晶テレビ(東芝レグザ 6…
大阪府茨木市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社サイトの無料壁掛け診断からお問い合わせをいただきました。現状のお部屋と図面の写真を送っていただき、施工担当者がお見積もりを算出。折り返しメールにてご連絡差し上げました。お見積もり内容にお客様もご納得いただき、工事日が決定。

施工当日はスタッフ2名で大阪へ。
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーは旭化成ヘーベルハウス様です。お客様ご希望の壁面は石膏ボード壁。下地補強は無いためカトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。十分な強度を確保した上で角度固定式の金具を設置させていただきました。
テレビで隠れる位置には壁内配線用のコンセントパネルも新設。、アンテナ線やHDMIケーブルはここを通ってテレビ台のレコーダー機器へと繋がるように配線しました。

テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830です。65型の有機ELテレビです。テレビのスタンドを外し、背面に金具を取り付けて壁掛け完了。壁掛けにすることでテレビ位置は30cmほど後退し、お部屋に広がりがうまれました。

今回はBOSEのサウンドバー700も壁掛けさせていただきました。こちらも壁内に部分補強を施した上で壁面に設置。配線はテレビと同じ壁内配線となっています。サウンドバーはテレビ台の上に置いたままでも問題ありませんが、下方向への音の広がりを意識されるのでしたら壁掛けにされることをおすすめいたします。

出来上がりは御覧の通り。テレビもサウンドバーも壁掛けとなり、なおかつケーブル類が一切見えない洗練されたAV環境が誕生しました。

thumbnail.php?id=820_22_ffd3a38bb2.jpg
(↑)65型の有機ELテレビとサウンドーをそれぞれ壁掛けさせていただきました。お部屋の壁はオーソドックスな石膏ボード壁。壁内に部分補強を施すことで強度をしっかり確保しています。

thumbnail.php?id=820_23_aad2ed2263.jpg
(↑)正面から見たところ。上に明り取りの窓があります、この窓と揃えるようにテレビの位置が決まりました。壁掛けテレビの場合、横位置はすんなり決まりますが、縦位置(高さ)はどの家庭でも大いに悩まれます。

thumbnail.php?id=820_24_1ed16b66cb.jpg
(↑)反対側から撮影。テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830。スタンドを外した本体サイズは145cm×84cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。写真では見えませんがテレビの裏側には専用のコンセントパネルも新設されています。

thumbnail.php?id=820_25_39d01e9bbc.jpg
(↑)BOSE(ボーズ)社製のサウンドバー。こちらもお客様リクエストで壁掛けさせていただきました。こちらもサウンドバーで隠れる位置にコンセントを新設し、電源はもちろん、HDMIケーブルも壁内を通すようにしています。宙に浮いたようなかたちになりますので特に下方向への音の広がりを意識される方には「壁掛けサウンドバー」はおすすめと言えます。

thumbnail.php?id=820_26_a2225d9299.jpg
(↑)写真には全く写っていませんが、今回の施工で壁内にはアンテナ線が2本、HDMIケーブルが3本通っています。ゲーム機やオーディオ機器など多数お持ちの方は、予備のケーブルも通しておくか、HDMIセレクターを用意されることをおすすめいたします。

thumbnail.php?id=820_29_f31f601c24.jpg
(↑)テレビの壁面の設置個所をズーム撮影。壁内補強と角度固定式金具を組み合わせることで、テレビと壁との隙間は極力押させることが出来ます。

thumbnail.php?id=820_27_9eb7960487.jpg
(↑)工事途中の写真から。壁紙をめくり壁内に補強工事を施し、石膏ボードを塞いだところです。このあと壁紙も元通りにして金具の設置作業へと入ります。奥に見えているのはコンセントパネル用の開口部です。

thumbnail.php?id=820_28_9f094a5378.jpg
(↑)こちらは角度固定期金具を設置した直後の写真です。直前の写真と比較していただくと、壁紙が綺麗に戻されていることがお分かりいただけるかと思います。
金具はエースオブパー社のPLB-141M。カラーはテレビに合わせてブラックを採用しました。このあとコンセントパネルを作る作業へと入ります。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=820_30_7b5b612517.jpg
(↑)弊社ホームページの「無料壁掛け診断」にUPしていただいたお客様撮影画像。テレビ台の上にテレビ本体とサウンドバーが置かれた状態です。壁掛けにすることでテレビは少し高い位置に。サウンドバーは下方向にも音が広がるようになり、何よりテレビ裏のケーブル類がスッキリ綺麗に片付きました。
大阪府茨木市で石膏ボード壁に65型有機ELテレビ(65X830)とBOSE…
愛知県安城市でのテレビ壁掛け工事のレポートです。

お客様からは弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせをいただきました。
お客様ご希望の壁面はハウスメーカーによって既に下地補強は入っており、壁掛けテレビ用のコンセントパネルや配管なども用意されているとのこと。送られてきた写真をもとに施工担当者が早速お見積もりを作成。メールにてご連絡し、1週間後に施工の運びとなりました。

施工当日。スタッフ2名が安城市へ。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはAVANTIA(アバンティア)様でした。下地補強済みということもあり、テレビの取り付け位置はすぐに決まり、金具の取り付け作業に入らせていただきました。お客様のテレビと角度固定式の金具を組み合わせると、あらかじめ用意されたコンセントパネルと干渉することが判明。そこで壁面と金具との間にスペーサーを入れ、既存コンセントとの接触を回避することにしました。

新築で壁掛けテレビを希望される場合、ハウスメーカー様に一任される方も多いと思います。
「壁掛けテレビにしたいので、コンセントと配管を用意しておいてください」
とお伝えすればそのように工事してもらえますが、どのテレビとどの金具を組み合わせるかによって、干渉しないコンセント位置は変わってきますので注意が必要です。ハウスメーカや工務店様に一任される場合は、それまでにテレビや金具も用意されることをおすすめいたします。(テレビや金具の選択まで手がまわらないという方はカトー電器商会にご相談ください。お客様とハウスメーカー様とのあいだに入り、金具の選定はもちろん、適切なコンセント位置や配管ルートまで広く対応させていただきます。

壁掛け金具が無事取り付けれましたので、壁内にアンテナ線やHDMIケーブルを通していきます。今回はテレビ台を設置されるとのことなので、2本のHDMIケーブルは床下から顔を覗かせるまでにとどめておきました。レコーダー機器の他、ゲーム機などテレビと接続する機器が増える可能性のある方は、将来を見通して多めにケーブルを通しておかれることをおすすめいたします。

一通り準備が出来上がったところでテレビを取り付け。テレビは東芝の有機ELテレビレグザシリーズです。取付と同時に各種配線を済ませて動作確認。2時間弱で作業は無事完了しました。

thumbnail.php?id=628_16_6953c8f1f7.jpg
(↑)下地補強済みの壁面に55型の有機ELテレビの組み合わせです。壁面は石膏ボード壁。この後新しくテレビ台が設置される予定なので、壁内を経由して床上からHDMIケーブル2本を覗かせてあります。

thumbnail.php?id=628_17_6e9199f26e.jpg
(↑)反対方向から。壁掛けテレビを前提に壁面にした補強を入れられるご家庭が増えてきました。下地補強が無い壁面に壁掛けをご希望でしたらカトー電器の「壁内部分補強」をご利用ください。大掛かりな工事を必要とせず短時間で壁内にしっかりとした強度を確保いたします。

thumbnail.php?id=628_18_5543be61e5.jpg
(↑)正面から撮影。テレビは東芝のレグザシリーズ 55型有機EL(55X830)です。壁掛け時の本体サイズは123cm×71cm。金具は角度固定式タイプのものを使っています。

thumbnail.php?id=628_19_ee8ff6043d.jpg
(↑)新築であらかじめ下地補強を施される場合、壁内配線用の配管もご用意くださると、テレビ下にケーブルが顔を覗かせないスッキリとした壁掛けテレビが実現できます。

thumbnail.php?id=628_20_c45370f419.jpg
(↑)壁との接合面です。白いのが角度固定式金具。そのまま取り付けるとコンセントパネルと干渉してしまうため、金具と壁のあいだにスペーサーをかませて少し高さを調節しているのがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=628_21_5bc8209432.jpg
(↑)壁掛けテレビの真下の様子。テレビに繋がったHDMIケーブルが2本。テレビ台が後日設置される場合は、ここまでの作業完了となります。ゲームなどお好きな方は将来を見越して多めにケーブルを通しておかれるとよいでしょう。

thumbnail.php?id=628_22_cfde7ab97c.jpg
(↑)テレビ台を置かずにその都度ゲーム機などを繋げたいという方は、HDMIの端子を組み込んだHDMIコンセントがおすすめです。カトー電器の施工事例でも多数紹介しておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

thumbnail.php?id=628_23_ab7f9c11ad.jpg
(↑)壁掛け工事中の写真。青いマスキングテープはテレビの取り付け位置をイメージするために。下地補強済みの壁面に取り付けられているのはエースオブパーツ社の角度固定式金具PLB-141M。カラーは壁に合わせてホワイトを選びました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
ケーブル2本の配線工事中で、このあとコンセントパネルを取り付ける予定です。

thumbnail.php?id=628_24_b470d87a99.jpg
(↑)お客様から最初に送っていただいた写真。既に取付予定のテレビが到着していることが分かります。壁面に用意されているのは電源用コンセントパネル(左)とアンテナなどの配管ルート(右)です。
愛知県安城市で下地補強済みの石膏ボード壁に55型有機ELテレビ …
滋賀県守山市で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛け

遠方からの工事お問い合わせが増えています。今回の壁掛け工事は滋賀県守山市から。お客様宅は分譲マンション。ご希望の壁面はコンクリート+石膏ボードのふかし壁となっており、壁内配線が実現できる構造でした。下地補強は施されていなかったため、弊社で壁内に部分補強を行い、角度固定式の金具とウォールシェルフ(棚)を取り付けさせていただきました。

テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-65X8000H。今年度の最新モデルです。本体サイズは169cm×97cm。据え置きでテレビ台の上に設置するとずいぶん大きく感じたりしますが、壁掛けにすると(視聴距離が30cm程遠ざかることもあり)威圧感は覚えません。テレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設し、ケーブル類が見えないように配線させていただきました。

ウォールシェルフもしっかり補強を行った上で設置。こちらもレコーダー用のコンセントパネルを新設しています。テレビとは壁内を伝って繋がっており、テレビとレコーダーの間にケーブルが見えないのが何よりの特長です。

実はこの壁面にはテレビ用のアンテナ端子がありませんでした。アンテナ端子があるのは左側の対角壁面。そこでこの既存コンセントから壁内を通って、テレビ・レコーダーまで電源とアンテナ線をググーッと延長しています。

「電気工事士の資格を持つ者として、何としても壁内で配線してみせる!」
と担当スタッフが持ち前の知識とスキルを発揮し、御覧のようにスッキリとした壁掛けテレビが出来上がりました。

テレビとレコーダの動作を確認して工事は完了。工事後にお客様から(新居のため)神棚設置のご依頼を受け、こちらの工事も無事完了。
(ご利益があるといいねー。)
と車中で話し合いながら名古屋へと帰ってきました。

thumbnail.php?id=713_23_1c6f697220.jpg
(↑)65インチの最新液晶テレビとウォールシェルフ(棚)の壁掛けです。壁内で部分補強を行い、間柱も使ってしっかり固定されています。テレビは65型。本体サイズは169cm×97cm。

thumbnail.php?id=713_22_c8ddce7d49.jpg
(↑)正面から。ウォールシェルフから床までは45cmの高さを確保。これくらいの余裕があればお掃除も楽々ですね。左側に見える小さいほうのコンセントは延長用に新設されたものです。

thumbnail.php?id=713_24_347a14ed2f.jpg
(↑)ケーブル類は壁内配線。テレビとレコーダーにはそれぞれ「100ボルト電源」「アンテナ端子」「HDMIケーブル」のコンセントパネルが新規で用意されています。

thumbnail.php?id=713_25_029efefe7c.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)を正面から。シェルフはレコーダーに合わせたブラック。左側に新設されたコンセントパネルが見えます。

thumbnail.php?id=713_26_da4e7619f7.jpg
(↑)少し離れて撮影。奥の壁面下に見えるのが既存のアンテナ端子を持つコンセント。ここを起点に壁内を90度曲がり、テレビとレコーダーまで電源とアンテナ線を延長しています。

thumbnail.php?id=713_27_601bcee517.jpg
thumbnail.php?id=713_28_6749a20023.jpg
(↑)既存のコンセント(A)と中継コンセント(C)。この既存コンセント(A)から
1.壁内を90度直角にケーブルを延長し(B)
2.テレビと同じ壁面に中継コンセント(C)を新設
3.(C)の中継コンセントからテレビとレコーダーまで壁内を延長配線しています。

施工完了後、お客様からお礼のメッセージをいただき、さらにSNS(Instagram)でも写真をUPしていただきました。(ありがとうございます!)


壁掛けテレビを考えているけれど、レコーダーやゲーム機などの置き場でお悩みでしたらお気軽にカトー電器にご相談ください。施工例のようなウォールシェルフの他、HDMIコンセントやフロートラックなど幾つもの解決案をご提示させていただきます。
まずは壁面の写真をスマホで撮影。それから弊社の壁掛け診断フォームをご利用ください。

 壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたら、ベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でご連絡差し上げます。
滋賀県守山市で石膏ボード壁に65インチ液晶テレビ(KJ-65X8000H)…
兵庫県西宮市でのテレビ壁掛け工事です。ホームページの壁掛け診断フォームよりお問い合わせをいただき、カトー電器スタッフが兵庫県までご訪問。下地補強からテレビの壁掛けまで行わせていただきました。
テレビはパナソニックのビエラシリーズ。65型の有機ELテレビ TH-65GZ2000です。このテレビと金具の重さに耐える下地補強をおこなわせていただき、持参した角度固定式の金具を取り付け、壁内配線ののちにテレビを設置させていただきました。

壁掛け診断フォームにて、あらかじめたくさんの写真を送っていただきましたので、工事の手順はスムーズに進みました。壁内には電源ケーブル、アンテナ線、それにHDMIケーブルが通っており、テレビ裏に新設したコンセントパネルに繋がっています。

工事完了後は御覧の通り。テレビ台の上に乗っていたテレビも、スタンドを外して壁掛けされると威圧感は薄まり、お部屋に新たな広がりが誕生します。


thumbnail.php?id=688_18_a246643a56.jpg
(↑)名古屋市から施工スタッフ2名が兵庫県西宮市までご訪問。下地補強を含む壁掛け工事を行わせていただきました。既存のテレビ台はそのままご使用されるとのことで、テレビの高さ決めが重要となります。

thumbnail.php?id=688_19_e0c7b224cd.jpg
(↑)正面から撮影。写真では隠れていますが、テレビ台の裏に既存のコンセントパネルがあり、そこから各種ケーブルを壁内に通してテレビへと繋げています。これも隠れて見えませんが、テレビの裏には当社スタッフが新たにコンセントパネルを新設しました。

thumbnail.php?id=688_20_baaf4d27a8.jpg
(↑)金具は角度固定式金具を採用。テレビと壁面との隙間を狭くできるのが特徴です。壁掛けテレビのすぐ隣に出入口がある場合、部屋を出入りするたびに壁掛けテレビの側面が視界に入るので、ここは出来るだけスッキリ仕上げるように心掛けました。


お子さんがつかまり立ちを始め、テレビに触れたり、倒しそうになったらい是非壁掛けテレビをご検討ください。御覧のようにテレビ高を上げれば、それだけ事故防止へとつながります。

壁掛けテレビにしたいけれど何から着手してよいか分からない方は、まずは壁面の写真をスマホで撮影。それから弊社の壁掛け診断フォームをご利用ください。

壁掛け診断フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

お問い合わせを受け取りましたらベテランの工事担当者が写真を確認。金具や必要なケーブルなども合わせた詳細なお見積もりを最短即日でメール(もしくはお電話)にてご連絡差し上げます。
兵庫県西宮市の分譲マンションで65型有機ELテレビ(TH-65GZ2000)…
愛知県尾張旭市で壁掛け工事施工レポートです。

お客様は弊社の「無料壁掛け診断」から、写真をUPしてお問い合わせくださいました。写真を見るとテレビとテレビ台。それに石膏ボードの壁面が写っています。施工スタッフは写真をもとにすぐさまお見積もりを作成開始。必要となるケーブルの本数や長さなど算出し、お問い合わせを受けて数分後にはメールでお見積もりを送信。


それからほぼ一年を経て、お客様から施工のご依頼をいただきました。理由をお聞きしたところ、壁掛けにしたい思いと、デメリットへの懸念とがありましたが、1年経っても壁掛けへの思いが変わらなかったので今回思い切ってご依頼されたとのことでした。
確かに急を要するものではありませんので、このような選ばれ方が出来るのが壁掛けテレビの良い点と言えるかもしれません。

工事当日はスタッフ2名で尾張旭市へ。お客様宅は一戸建てでハウスメーカーはダイワハウス様です。壁内には下地補強が施されていなかったため、弊社が得意としている壁内部分補強で強度を確保。写真のように壁紙をめくったり、コンセント用の開口を作ったりしますが、これらをいかにきれいに戻すかが腕の見せ所となります。

配線はお客様希望で、ケーブル類を壁内に通す壁内配線を採用。100ボルトの電源ケーブル、アンテナ線、ゲーム機とつなぐHDMIケーブル×3本、それにUSBケーブルなどを壁内に通していきます。あわせてテレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設しました。

小さなお子さんがいらっしゃるとのことで、いたずらと事故防止のためにテレビの上部にウォールシェルフも設置。こちらも専用のコンセントパネルを新設。壁内経由でテレビと結線することで見た目の美しい壁掛けテレビを実現しています。

出来上がりは御覧の通り。
さっそくお子さんがテレビの前に陣取り、真剣な面持ちで動作確認を始められました。

thumbnail.php?id=827_24_cdffc1a0f3.jpg
(↑)壁掛けテレビ完成後、テレビ前にちょこんと座り「動作確認」中のご様子。お子さんが誤って触れたりしないようにサウンドバーやゲーム機などはテレビ上のウォールシェルフに置かせていただきました。

thumbnail.php?id=827_25_0d5d361de3.jpg
(↑)ウォールシェルフは壁面に合わせたホワイトを選択。ケーブル類をすべて壁内に通すことでスッキリとした外観を維持できます。テレビはソニーの65型液晶テレビ KJ-65X9500G。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。

thumbnail.php?id=827_26_4eff42483c.jpg
(↑)正面から撮影。 テレビのサイズが大きくなると、実物大に近いサイズで人物が映しだされるため、小さなお子さんは本物と勘違いしてテレビに向かって突進していくこともしばしば。「あぶないな…」と感じたら、取り付け位置を少し高めにした壁掛けテレビをご検討ください。

thumbnail.php?id=827_27_5257ac98ff.jpg
(↑)側面の様子。壁の中で補強工事をおこなっているため壁面は全くのフラット。金具とじかに接しているのがお分かりいただけると思います。金具は薄さを重視した角度固定式型。カラーは壁面の色に合わせたホワイトを採用しました。

thumbnail.php?id=827_28_21ea9197ff.jpg
(↑)壁内部分補強工事の写真です。壁紙をめくり、開口を作って内部に補強プレートを取り付け強度を確保していきます。テレビの重さに耐えうる十分な強度はもいろん、見た目の良さも求められる工事です。

thumbnail.php?id=827_29_3c2a34c747.jpg
(↑)部分補強の工事が終わり、壁紙を元に戻し、金具を設置したところ。ここまで原状回復に努めます。写真の上部には新たに設置されたコンセントパネルも見えています。

thumbnail.php?id=827_30_b28cde650e.jpg
(↑)こちらが施工に取り掛かる直前の写真。テレビ台の上に置いての視聴はどうしても不安定ですし、お子さんの興味を引き過ぎてしまいます。テレビの大型化が進めば進むほどその傾向は強く、より安全な壁掛けが高い支持を得るようになってきました。
尾張旭市で石膏ボード壁にソニーの65型液晶テレビ(KJ-65X9500G)…
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭から壁掛けテレビのご相談をいただく機会が増えてきました。ハイハイやつかまり立ちが出来るようになると、いつの間にかテレビ台に向かって「突進」していくお子さんたち。
お子さんの安全面から
「テレビ転倒を防止したい」
「テレビ台を無くしたい」
と思われる方が少なくありません。
そこで本特集では、お子さんの安全を第一に考えて壁掛けをご用命くださった施工事例をまとめてご紹介いたします。

thumbnail.php?id=121_3.jpg
(↑)ハイハイやつかまり立ちを覚えると、真っ先にテレビに向かって突進していく子どもたち。テレビの大型が進むことで、お子さんたちはそこに等身大の本物がいると錯覚してしまうみたいです。

まずは壁掛けを機にテレビ台も無くしてしまわれた例から。レコーダー機器の置き場さえ解決すれば、テレビ台を無くしてしまうことも夢ではありません。テレビ台がなくなるとリビングは思いのほか広く感じられます。

thumbnail.php?id=121_20.jpg
(↑)壁掛けテレビにすることで、テレビ台の角で頭をぶつけたり、誤ってテレビを倒してしまう危険性がなくなります。

thumbnail.php?id=121_21.jpg
(↑)壁掛けテレビの上にに専用のウォールシェルフ(棚)を設置してレコーダー機器などを設置した例です。テレビ台を無くしたい方、レコーダーへのイタズラ防止を考えている方におすすめです。

thumbnail.php?id=121_22.jpg
(↑)テレビ台がなくなるとリビングに想像以上の広がりが生まれます。こちらのお客さまも壁掛けテレビ+ウォールシェルフにされることでテレビ下に広いスペースが生まれました。

thumbnail.php?id=121_23.jpg
(↑)テレビ下はお子さん用のスペースに早変わり。テレビの上にはレコーダー置き場としてのウォールシェルフ(棚)が見えています。

thumbnail.php?id=121_13.jpg
(↑)こちらも壁掛けテレビとウォールシェルフ(棚)の施工例。ウォールシェルフはレコーダー機器の他、ゲーム機のサウンドバーの置き場としても利用されています。

thumbnail.php?id=121_14.jpg
(↑)ウォールシェルフに欠かせない専用コンセントです。100ボルトの電源とテレビと繋がるHDMIケーブルをご用意することで、棚とテレビのあいだにケーブルが見えないスッキリとした外観を維持できます。

thumbnail.php?id=121_15.jpg
(↑)ウォールシェルフの位置はテレビと合わせる方もいらっしゃいますし、少し右もしくは左右にずらして設置される方もいます。

thumbnail.php?id=121_16.jpg
(↑)テレビ上のウォールシェルフ工事中の写真。ご用命いただければ、電気工事士の資格を持つスタッフがシェルフ側にも専用のコンセントパネルをご用意いたします。

thumbnail.php?id=121_18.jpg
(↑)石積み模様の壁紙クロスへのテレビ壁掛け工事。ウォールシェルフは色調を合わせてホワイトを選択しました。

thumbnail.php?id=121_17.jpg
(↑)こちらはコンセントパネルにHDMI用の専用端子を組み込み。ゲーム機などをこのコネクタに差し込めば大画面のテレビに映像と音声が出力されます。

thumbnail.php?id=121_19.jpg
(↑)側面から見たところ。テレビ台はテレビ本体を支えるためかなりの奥行を必要としますが、ウォールシェルフ(棚)はレコーダーの奥行分だけ必要となります。そのため写真のように出幅をかなり抑えられるのもメリットの一つと言えるでしょう。

thumbnail.php?id=121_24.jpg
(↑)こちらはテレビ台はそのままで、テレビの壁掛けとウォールシェルフの設置を行わせていただきました。テレビをは壁掛けにすることでお子さんが誤って倒してしまう危険性はなくなります。

thumbnail.php?id=121_25.jpg
(↑)正面から見たところ。ゲーム機などは手の届きにくい棚上に設置することで、「遊ぶときは棚から降ろす」「遊び終わったら棚に戻す(親御さんに戻してもらう)」というメリハリのある遊び方を習慣づけることが出来ます。

thumbnail.php?id=121_12.jpg
(↑)レコーダー機器を使われないご家庭ならば、ウォールシェルフも必要ありません。こちらのお客様はウォールシェルフはありませんが、将来の拡張性を考慮し、床上のコンセントにHDMI端子を組み込ませていただきました。

thumbnail.php?id=121_11.jpg
(↑)右端に見えるのがHDMIの受け口端子。ここにゲーム機やDVDプレイヤーを接続すると壁掛けテレビに映像とサウンドが出力されます。

お子さんがテレビ台の角で頭をぶつけたり、テレビを倒してしまう前に、壁掛けテレビによる事故防止を是非ご検討ください。
「無料壁掛け診断」から現在のお部屋の写真を送ってくだされば、施工担当者がスピーディーにお見積もりを作成。ご用命いただけらば2~3時間で壁掛け工事とシェルフの取り付け、および配線工事を行わせていただきます。
壁掛けテレビなら子育ても安心。お子さんの安全を第一に考えた…
すべての写真を表示する
すべてのギャラリーを見る