愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け 画像No.1
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け
  • 愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛け

愛知県一宮市でのテレビ壁掛け施工のレポートです。

お客様宅はマイホームが設計の段階からお問い合わせいただきました。テレビの機種、エコカラット共に決まっており、壁掛け工事のご依頼ということで直接ご来店いただき、綿密な打合せまでさせていただきました。

お問い合わせから7か月後。お客様宅も完成し、いよいよカトー電器がお邪魔させていただくこととなりました。

施工スタッフはまずお客様とテレビの取り付け位置をご相談。高さと位置を決めた後に、持参した金具の設置にとりかかりました。奥様から「隣接するダイニングからもテレビが見えるように」とのリクエストで、金具は角度が上下左右に変えられる可動式金具です。
固定式金具のような薄さ重視とはいきませんが、隣の部屋からでも視聴できること、それとお掃除などのメンテナンスがしやすいのが特長です。反対に角度を変えた際、テレビの配線類が視界に入りますので、ここをどれだけ綺麗に見せるかがポイントとなってきます。

今回テレビに接続するケーブル類は
・アンテナケーブル
・HDMIケーブル2本
・録画用ハードディスクとつなぐUSBケーブル2本
と本数が多く、ハウスメーカさんがあらかじめ用意したコンセントパネルでは通すこと出来ず、一部コンセントを組み替える作業が必要でした。

それでも作業は順調に進み、2時間ほどで工事は終了。
テレビなど各種動作確認を行い、無事工事完了となりました。


愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)ハウスメーカーは一条工務店さま。エコカラットは正方形の「ペトラスクエア」です。建築の時点で下地補強もしっかり行われており、私たちはテレビの壁掛け設置作業と配線工事を担当させていただきました。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ 58Z20X。58型の液晶テレビです。スタンドを外した時の本体サイズは横幅130cm。高さが77cm。角度が変えられる可動式金具との組み合わせです。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)テレビを手前に引き出して撮影。可動式の金具は壁面に合わせたホワイトを選定。アンテナ線やHDMIケーブル、USBケーブルなど多数の線が繋がっており、これらをいかにきれいにまとめるかがポイントとなります。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)左のダイニング側にテレビを向けたところ。奥様からキッチンからもテレビが見えるようにしたいとのご要望にて、可動式金具が採用となりました。薄さよりも実用性を重視される方に可動式金具はおすすめです。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)ダイニング側からテレビを見たところ。可動式金具+テレビの組み合わせはカトー電器商会のショールームでも展示しており、実際に動かして重さや力の入れ具合、どこを持つといいのかなどが「体験」できます。気になる方は「来店予約」よりご予約ください。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)側面から見たところ。薄さ重視の固定式金具と異なり、可動式金具はテレビにUSBケーブルなどが差しやすいこと、お掃除などがしやすいことがメリットと言えます。テレビボードにはサウンドバーやレコーダ機器などが収納されており、壁内を通してテレビと繋がっています。

愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレビ(58Z20X)を壁掛けの画像
(↑)壁掛け工事直前の写真。据え置きから壁掛けにすることで背面のケーブルは驚くほど少なくなります。

Data Sheet
場所愛知県
施工カトー電器 自社施工
ハウスメーカー一条工務店
壁の種類エコカラット
テレビメーカー東芝
テレビ型番58Z20X
棚の施工棚なし
  • 壁掛けテレビ診断のアイコン
    無料壁掛診断
    スマホで壁の写真を送ってくだされば、最短即日で診断結果をお伝えします。
  • 壁掛けテレビの料金シミュレーションのアイコン
    料金計算
    Webから簡単料金計算。金額にご納得いただければ、そのままお申し込みもOK。
  • 直接来店希望の方は、お電話にてご予約をお願いします。
    来店予約
    店頭での壁掛け相談は予約制です。直接来店を希望される方はご予約ください
  • 壁掛けテレビへの疑問・質問
    問い合わせ
    壁掛けテレビの疑問・質問に施工担当者が直接お返事します。お気軽にどうぞ。

最新の壁掛けギャラリー 23選

三重県員弁郡(いなべ)でのテレビ壁掛け工事レポートです。先に投稿したリビングへのエコカラット壁と同じお客様です。リビングと寝室の同時施工にて承りました。

リビングだけでなく、寝室のテレビも壁掛けされるお客様が増えてきました。リビングとは異なり、寝室では「横になってテレビを見たい」というご要望が多く、そのため壁掛け金具は上下時方向に角度が調節できるタイプのものが人気です。

今回のお客さまも55型の有機ELテレビと上下可動式金具の組み合わせで壁掛けさせていただきました。こちらも建築段階でお問い合わせいただきましたので、

・下地補強の範囲
・テレビの取付予定位置
・金具の取付予定位置(ちゃんとテレビに隠れる位置に)
・コンセントパネル位置(こちらもテレビに隠れる位置に)

これらを記した専用の指示書を作成。ハウスメーカー(一条工務店)様にお渡しして下準備をお願いしています。下地補強もコンセントもハウスメーカー様でご用意してくださったため工事は順調に進み、御覧のような綺麗な壁掛けテレビが完成しました。

ベッドに腰掛けて見ても良し。もちろん横になっても楽しめる理想的な寝室用テレビです。

thumbnail.php?id=791_6_b80ff16fe5.jpg
テレビは55型の有機ELテレビ。パナソニックのビエラ TH-55GZ2000です。壁掛け時の本体サイズは横幅が123cm。高さが76cm。高コントラストを追求した有機ELディスプレイで暗部のコントラストも忠実に再現してくれます。

thumbnail.php?id=791_7_8f3bf17452.jpg
寝室での壁掛け工事では、事前にベッドに座ったり、横になってもらったりしながら高さや角度を決めることも。「こうかな?…いや、もうちょっとこっちかな…。」とリビングとはまた違ったコンサルティングが展開します。

thumbnail.php?id=791_8_54076a315f.jpg
側面の様子がこちら。今回は寝室ということで上下方向に角度が調節できる金具を採用。カラーはホワイトです。壁内に補強が施されているため壁面と金具とがピッタリ接している点にご注目ください。
三重県員弁郡で寝室の石膏ボード壁に55インチ有機ELテレビ(TH-5…
三重県員弁郡(いなべ)でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はへ弊社ホームページの「来店予約フォーム」からお申込みくださいました。名古屋市までご足労いただき、図面を見せていただきながらコンサルティング。壁掛けテレビへのリクエストや疑問をお聞きして情報を共有させていただきました。
お客様がお帰りになった後で施工担当者がPCで配管ルートやコンセント位置などを記した指示書を作成。
「このように下地補強をお願いします。またコンセントパネル、配管ルートを作成してください」
とハウスメーカー(一条工務店)様にお渡ししました。

それから2か月後。お客様宅が完成したとのご連絡を受け、スタッフ2名が施工のためご訪問。リビングを見せていただいたところ、指示書通りのエコカラット壁面が出来上がっていました。下地補強の範囲、コンセントパネルの位置、壁内配線のための配管ルート。いずれも指示書通りです。ご訪問の時点でテレビの位置も決まりましたので、すぐに工事をスタート。

エコカラット壁面に直接金具を取り付け、各種ケーブル類を壁内に通していきました。壁掛け金具は薄さと汎用性を重視した角度固定式金具。壁内に通すケーブルは
・地上波デジタル用のアンテナ線1本
・BS放送用のアンテナ線1本
・LANケーブル1本
・HDMIケーブル1本
の合計4本です。

金具と配線の準備が出来上がりましたので、いよいよテレビの登場です。今回壁掛けしたのはソニーのブラビアのフラッグシップモデル。77型有機ELテレビ KJ-77A9G。有機ELならではの映像美と迫力あるサウンドが楽しめる最高機種。壁掛け時の本体サイズは172cm×100cmです。テレビを壁掛けし、各種ケーブルを接続。テレビボード内のアンプとも結線し、動作確認。問題ないことを確認してこちらの工事は完了となりました。

thumbnail.php?id=788_12_0fe06b1b36.jpg
2種類のエコカラットを組み合わせた壁面に77インチの大型の有機ELテレビを壁掛け。建築中の段階でご相談いただけたため、弊社スタッフが下地補強やコンセント、配管ルートなどの指示書を作ることが出来ました。指示書は一条工務店の担当者様にお渡し、理想通りのポジションにコンセントなどを作っていただけました。

thumbnail.php?id=788_13_51cd4bb247.jpg
(↑)ケーブル類はもちろん壁内配線。一条工務店様が用意してくださった配管ルートを経由してテレビ台内のアンプへと繋がっています。

thumbnail.php?id=788_14_b319d339e4.jpg
(↑)壁掛けテレビを数多く手がけている弊社スタッフでもなかなか見かけない77型有機ELテレビ。ソニーノブラビア KJ-77A9G。壁掛け時の本体サイズは横幅172cm。高さ100cm。これだけのサイズ感ながら厚みは4.9cmと驚きの薄さを誇ります。

thumbnail.php?id=788_15_0222b7e34c.jpg
(↑)弊社スタッフが作成した「指示書」に基づいて作られた下地補強入りのエコカラット壁とコンセントパネル。角度固定式金具はカトー電器が持ち込み取り付けさせていただきました。エコカラット壁と金具がじかに接しているのがポイントです。

thumbnail.php?id=788_16_05f30f49e2.jpg
横からのぞき込んだところ。コンセントパネルを奥に配置したことで、こちらか覗き込んでもケーブル類が目立つことはありません。金具は将来別メーカのテレビに買い替えられても大乗なように汎用性の高いモデルを選んでいます。
三重県員弁郡でリビングのエコカラット壁に77型有機ELテレビ(ソ…
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け施工のレポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」からお問い合わせくださいました。いままさに建築途中ということで間取りの図面を送っていただきました。施工スタッフが図面を確認して早速お見積もり。メールにてご連絡し、その後何度かメールのやり取りを経て工事のご予約をいただきました。

施工当日はスタッフ2名でご訪問。ちなみにハウスメーカー様はセキスイハイムさまです。

あらかじめ図面と壁面の写真をいただいておりましたので、お客様とテレビ位置を確認し工事スタート。壁面は下地補強がしっかり施されており専用のコンセントパネルまで用意されていました。しかしテレビ用のコンセントパネルが金具の台座と幾分干渉することが判明。これは金具と壁面との間にスペーサーを挟むことでクリアしました。(壁掛け金具の種類はさまざまですので、先にコンセントパネルが作られているご家庭の場合このような場面に遭遇したりもします。)

取り付けた金具はエースオブパーツ社の角度固定式金具。メーカーを問わずさまざまなテレビに対応している汎用タイプですので、将来別メーカーのテレビに付け替えても十分対応してくれます。カラーは壁面の色に合わせてホワイトを選択しています。

テレビはお客様が現在お使い中の40型のシャープのアクオス(LC-40J9)。壁掛けのためスタンドを外した本体サイズは横幅94cm。高さは58cm。アンテナ線はテレビ背面のコンセントに接続し、録画機器用のHDMIケーブルは壁内を伝ってテレビ下のレコーダー機器に繋がるようにさせていただきました。

事前に写真や図面など十分な情報をいただいていたおかげで工事はスムーズに進み、テレビの動作確認をして一連の作業が無事完了。ケーブル類が見えないとてもスッキリとした仕上がりとなりました。

マイホーム建築の時点から壁掛けテレビを意識して壁内に全面補強を施したり、壁掛けテレビ用のコンセントパネルまでご用意されるお客様が増えてまいりました。最初からしっかり補強がされているおけがで作業もしやすくなりますが、コンセントパネルや配管経路などは建築中の段階から是非弊社にご相談ください。ご相談いただければ金具と干渉しない、よりベストな位置をご提案させていただきます。

thumbnail.php?id=603_12_fefe290579.jpg
(↑)工事完了直後の写真です。石膏ボードはハウスメーカー(セキスイハイム様)によってしっかり下地補強が施されており、コンセントパネルや配管も準備済みでした。配線は壁内に各種ケーブルを通してしまう壁内配線。

thumbnail.php?id=603_13_7b735f7017.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはシャープのアクオス40型液晶テレビ。壁掛け時の本体サイズは94cm×58cm。テレビ壁掛け後もスタンドは大切に保管されておくことをおすすめしています。

thumbnail.php?id=603_14_b704e83f4c.jpg
(↑)壁内配線のメリットは何より見た目の美しさにあります。テレビ下にケーブルが顔を覗かせないので、まるでテレビが宙に浮いているかのように見えるのが何よりの特長です。

thumbnail.php?id=603_15_8cbee9f681.jpg
(↑)テレビ台の中にはブルーレイレコーダーが収納されています。テレビとは壁内を伝ってHDMIケーブルで接続されています。

thumbnail.php?id=603_16_3031abf217.jpg
(↑)壁掛け側面の様子。あらかじめ用意されていたコンセントパネルが壁掛け金具の台座と干渉することが分かり、壁掛け金具の台座にスペーサーを入れることで問題点をクリアしています。

thumbnail.php?id=603_17_2b441870a4.jpg
(↑)施工前にお客様から送っていただいた壁面写真。マイホーム建築中の場合、下地補強はもちろんテレビ用コンセントや空配管までご用意されるご家庭が増えてきました。
愛知県豊田市で補強済みの石膏オード壁に40インチ液晶テレビ(シ…
愛知県 名古屋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページのIPPIN PRICEにて有機ELテレビをご購入いただき、あわせて壁掛け工事もお申込みいただきました。施工当日、スタッフ2名がテレビと一緒にご訪問。

お客様宅ご希望の壁面は下地補強が施されていましたがテレビ用のコンセントはありません。聞けば工務店様から
「コンセントは壁掛け業者にお願いされたほうが、見た目も綺麗でコストも掛からないですよ」とアドバイスされたそうです。確かにコンセントの新設はテレビを壁掛けする者がした方が確実です。

お客様とテレビの位置、特に高さについて相談したあと、テレビ用のコンセント新設工事に入らせていただきました。テレビ背面の専用コンセントの位置は

・金具の邪魔にならず
・テレビの裏にはみ出ることなく隠れて
・横から覗き込んでも目立たない場所

の3条件。お部屋のレイアウトも考慮し今回は向かって少し左寄りに設置しています。

コンセント同時に各種ケーブル類を通すための壁内配線も準備します。電源ケーブルやアンテナケーブル、そしてHDMIケーブルを用意して壁内に通しました。

コンセントと配線が出来上がれば次は壁掛け金具です。薄さ重視の角度固定式金具。カラーは壁面に合わせたホワイトを選択。水平に気を付けしっかりと固定。最後に有機ELテレビを取り付けました。

完成は御覧の通り。スッキリとした壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=557_7_b727a5e0b6.jpg
(↑)お客様ご希望の壁面にはコンセントパネルが無いため、向かって左の壁面から100ボルト電源とアンテナ線を延長し、テレビ台の後ろとテレビの後ろの計2か所にコンセントを新設しています。

thumbnail.php?id=557_8_af9c222adc.jpg
(↑)テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9G。漆黒の黒が映える有機ELならではの映像美と、画面全体から出力されるサウンドが特長。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。本体の厚みが4cmというのも特徴で、このモデルを選択される方の多くが薄さを重視した角度固定式金具を選ばれます。(左右からの視野角が広いのも良いですね)

thumbnail.php?id=557_9_924fd989e1.jpg
(↑)側面から覗き込んだところ。壁の中で補強が施されているため、壁面と金具がピッタリと密接。コンセントパネルは反対側に新設したため、ケーブルが目立たないのもポイントです。

thumbnail.php?id=557_10_6e75d01a7e.jpg
(↑)こちらは既存のコンセント。このコンセントから100ボルト電源とアンテナ線を分岐させ、左方向の対角壁面へ延長しています。配線はモールと呼ばれるカバーで丁寧に隠ぺい。

thumbnail.php?id=557_11_9c53a4232c.jpg
(↑)こちらがテレビ台の裏に隠れている新設コンセント。アンテナ端子の他、HDMIの端子もご用意。ここにゲーム機をつなげばテレビに映像やサウンドを出力出来るようになっています。

写真には写っていませんが、お客様からのリクエストでテレビ背面に録画用のハードディスクも設置しています。インターネット設定も完了し、録画にもネット動画にも対応した視聴環境が整いました。
石膏ボード壁に65型の有機ELテレビ(ソニーブラビア KJ-65A9G)を…
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」フォームよりお問い合わせいただきました。お客様宅ではすでに50インチの壁掛けテレビを使用されていましたが、テレビの買い替えを機に、

・新しいテレビへの付け替え工事
・ケーブル類の壁内配線処理
・HDMIコンセントの増設

これらのリクエストをいただきました。施工担当者が早速お見積もりを作成。これまでの膨大な施工写真の中から、お客様の完成イメージに近いものを選んで一緒に送信。その後何度かやり取りの後、工事のご予約をいただき、当日スタッフ2名でお伺いしました。

アンテナ端子のあるコンセントが90度対角の壁面にあるため、壁内を経由させることは出来ず、ここは壁の外側に沿ってアンテナケーブルを配線。目立たないようにモールでカバーでさせていただきました。アンテナ線は90度カーブしたのち、壁内に入ってテレビへと接続。またテレビに接続されたHDMIケーブルは壁内を真下に降りて新設のHDMIコンセントへの繋がっています。

金具は薄さ重視の角度固定式。カラーは壁面に合わせたホワイトです。既に下地補強が施されている壁面でしたのでスムースに工事は進み、機能的かつ美しい壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=583_6_4d7758b31d.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真。テレビはパナソニックのビエラシリーズ(TH-55FZ950)。壁掛け時の本体のサイズは横幅123cm×71cm。壁内配線によりテレビの周りにケーブル類が見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=583_7_f2fe73521f.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその1。
テレビと壁の接合面は誰もが気になるらしく誰しも一度は覗きこみます。この接合面をいかにスマートに処理するかが重要になってきました。

thumbnail.php?id=583_8_b992cb83d5.jpg
(↑)そこでポイントになるのが下地補強。壁の内側(壁内部)に補強を施せば、御覧のように金具と壁面がピタッと接するフラットで薄い壁掛けテレビが実現します。

thumbnail.php?id=583_9_78ea3b8a06.jpg
(↑壁掛けテレビのここがポイントその2。
壁掛けテレビにすると考えてしまうのがレコーダー機器やゲーム機の置き場。壁掛けを機会にテレビ台を無くしてしまいたい方はHDMIコンセントをご検討ください。

thumbnail.php?id=583_10_ca180aad18.jpg
(↑)HDMIコンセントパネルの実例です。この先は壁内を伝ってテレビと繋がっており、ゲーム機やDVD再生機器を子のコンセントに差し込めば美しい映像と迫力あふれるサウンドがテレビに出力されます。使い終わったらゲームや機器類は片づける…というルールを決めればテレビ周りはいつもスッキリ。きれいなままです。

thumbnail.php?id=583_11_89b19d81c3.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその3。
「テレビを壁掛けにしたいけれど、アンテナ端子があるコンセントは別の壁面…」そんな場合はアンテナ線を延長させることで対応可能です。モールと呼ばれる配線カバーを使うことで極力目立たないようにすることも出来ます。

thumbnail.php?id=583_12_16e3d7765f.jpg
(↑)壁内部に空間のある「ふかし壁」の場合、壁の内部でLJ形に延長させることも出来ます。ちょっと大掛かりになりますが、天井裏や床下を経由させることで離れた壁面までアンテナ線を延長させた事例もあります。

壁掛けテレビの普及に伴い、壁掛けテレビの取り外し・付け替えなどのご相談もたくさん寄せられるようになりました。付け替えや取り外しに関してもスマホなどで現状を撮影し、当社の「無料壁掛け診断」→「壁掛けリトライ」から送ってみてください。施工担当者が写真を確認し、お見積もりをスピーディーに作成。メールやお電話にてご連絡させていただきます。
愛知県豊田市で石膏ボード壁に55型有機ELテレビ(パナソニック …
横浜市でのテレビ壁掛けレポートです

マイホームの設計段階の時点で弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」からお問い合わせをいただきました。さっそくUPしていただいた図面の写真を確認。お客様のご希望は

・エコカラット壁
・フロートテレビボード
・65型液晶テレビ(カトー電器にてご購入)

この3点が主です、エコカラット壁の施工とフロートテレビボードの設置はハウスメーカ様が担当されることになりました。エコカラット壁には下地補強が施されますが、問題となるのは補強の範囲。これは金具の種類によって大きく変わってきます。さらにコンセントや空(から)配管の位置もテレビと金具の組み合わせによって最適な場所が変わってしまいます。

そこで有料とはなりますが、カトー電器の「事前カルテ作成サービス」をご利用いただき、ハウスメーカー様向けの「指示書」を作成させていただきました。これは弊社の施工担当者がテレビと金具、そしてフロートテレビボードのデータをもとに、補強の範囲やコンセントの位置を記した図面を作成。ハウスメーカー様に指示書としてお渡しするサービスです。壁掛けテレビ専門店としてのノウハウを詰め込んだ指示書は、これまでも「分かりやすい」「迷わずこちらの工事が出来ました」とご好評をいただいております。

なおハウスメーカーは横浜に拠点を置くウィザース神奈川さまです。(ご協力ありがとうございました)

お客様のマイホームも完成し、いよいよ名古屋から施工スタッフ2名でご訪問。
リビングを見せていただくと事前カルテ(指示書)通り、エコカラット壁+フローとテレビボードが出来上がっていました。テレビの取り付け位置も事前カルテで相談済みですので工事は順調にスタート。エコカラット壁に可動式の金具を直接取り付け(下地補強がされているから直接取り付けOK)、各種ケーブルを用意された配管内に通し、ご購入いただいたテレビを開梱、壁掛けします。

打ち合わせと事前の準備がしっかり出来ていたおかげで、一連の作業は大変スムーズ完了。写真のようにスタイリッシュで美しい壁掛けテレビが実現しました。

マイホームがまだ設計段階、もしくは建築中という方は、弊社サービス「壁掛け事前カルテ作成サービス」がおすすめです。お客様のご要望をお聞きし、補強やコンセント、配管の最適位置を記した指示書をカトー電器が作成、ハウスメーカー様にお渡し、共闘して壁掛けテレビをすすめさせていただきます。

thumbnail.php?id=833_17_58ec32cd93.jpg
(↑)下地補強をしっかり施したエコカラットの壁面に、直接金具を設置し、65型の液晶テレビを壁掛けさせていただきました。下地補強範囲やコンセントの取り付け位置、配管ルートなどは事前にカトー電器が指示書を作成。ハウスメーカー様にお渡ししてご用意していただきました。

thumbnail.php?id=833_18_c0db4bc005.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはソニーのブラビアシリーズ 65型液晶テレビ KJ-65X9500H。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。アンテナ線やHDMIケーブルは指示書通り、壁内の配管を経由してテレビボードへと繋がっています。

thumbnail.php?id=833_19_2816e2d779.jpg
(↑)エコカラットの幾何学的なパターンに壁掛けテレビは良いアクセントとなってくれます。テレビボードはお客様がご購入され、ハウスメーカー様が指示書に基づて設置してくださいました。

thumbnail.php?id=833_20_86dabd971e.jpg
(↑)テレビを動かしてみたところ。背面に録画用のUSBハードディスクを取り付けています。視界に入るところですのでケーブル類も丁寧に束ねて処理しています。奥に出入口がありますので、コンセントはなるべく目立たないように手前側に設計させていただきました。

thumbnail.php?id=833_21_fec0d4e0cc.jpg
(↑)壁内に補強を施すことで写真のように金具を直接エコカラット面に取り付けることが出来ます。あいだに板など挟みませんので、一段薄くて見た目も美しい壁掛けが実現できました。

thumbnail.php?id=833_22_acb4c05221.jpg
(↑)工事途中の写真。今回使用した金具は可動式。コンセントパネルは金具の右下。事前カルテ作成の際、弊社の施工担当者が「金具の可動式に接触せず」「テレビからはみ出ることもなく」「お部屋の出入りの際にも目立たない」ベストな位置を算出しました。

thumbnail.php?id=833_23_4f0925a501.jpg
(↑)壁掛け施工が始まる直前の写真です。壁面の下地補強、エコカラットの貼り付け、フロートテレビボードの取り付け、コンセントパネルの設置まではハウスメーカー様によって終えられていました。
神奈川県 横浜市でエコカラット壁に65型液晶テレビ KJ-65X9500H…
愛知県稲沢市での液晶テレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの無料壁掛け診断からお問い合わせいただきました。UPしていただいた写真を見るとお客様がご希望される壁面にコンセントはなく、右対角の壁面にテレビ用のコンセントパネルが見えています。そこで電源ケーブルとアンテナ線を90度延長させる方法にてお見積もりをご提案。お客様も御納得され、稲沢市のお宅へお伺いしました。

壁面は下地補強が無いため、壁内から部分補強の工事を実施。今回は接合面が視界に入りやすい可動式金具のため工事跡が極力目立たないように払いました。強度が確保できた壁面に可動式の金具を取り付け、同時にテレビ用の電源コンセントも新設しました。
金具の色は壁面に合わせたホワイトを採用。上述の55型テレビを取り付け、各種のケーブル類を接続。テレビを大きく動かしてもスッキリと見える壁掛けテレビが出来上がりました。

今回はレコーダー用のウォールシェルフ(棚)も新設。小さなお子さんがいらっしゃるのでイタズラ防止もかねて取り付け位置は「テレビ上」となっています。こちらにも専用コンセントを新設し、壁内を通してテレビと繋がるように配線されています。

出来上がりは御覧の通り。

工事完成後にお子さんがテレビの「視察」にいらっしゃいましたが、レコーダー機器にも触わられず、映し出される映像を御覧になるばかりでした。

thumbnail.php?id=794_30_d2775713cf.jpg
(↑)愛知県稲沢市で石膏ボードの壁面に55型の液晶テレビを壁掛けさせていただきました。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんのイタズラ・事故防止のために壁掛けテレビを検討される方が増えています。

thumbnail.php?id=794_31_1e3be56218.jpg
(↑)テレビの上にウォールシェルフを新設し、レコーダー機器を設置。これもお子さんの手が届かないようにとの思いからです。ウォールシェルフにも専用のコンセントをご用意。テレビとは壁の内側を経由して繋がっています。

thumbnail.php?id=794_32_c42e4862c0.jpg
(↑)壁掛け工事完了後、愛車と共に「視察」に来られたお子さまのご様子。お客様ご希望の壁面にはコンセントが無かったため、90度対角の壁面から100ボルト電源とアンテナ線を延長しています。

thumbnail.php?id=794_33_68a791f467.jpg
(↑)引き続き視察中のお子さま。壁掛け金具は左右にも首が触れる可動式金具を採用。隣接するダイニングからでもテレビが視聴できるようになっています。

thumbnail.php?id=794_34_83b8927871.jpg
(↑)90度対角の壁面(右)から延長し、所定の壁面にコンセントパネル(左)を新設しました。延長したケーブルは極力目立たないように、またお子様が触れにくいようにホワイトの配線カバーでしっかりカバーしています。

thumbnail.php?id=794_35_424d996d9c.jpg
(↑)テレビ上のウォールシェルフ(棚)の様子。こちらもコンセントを新設。真下のテレビから壁内経由でHDMIアンテナ線が繋げられるようになっています。

thumbnail.php?id=794_36_350f101fc4.jpg
(↑)可動式金具を動かして壁掛け接合面を撮影。壁の中に補強を施すことで壁面がご覧のように起伏もなくとてもスッキリしています。金具の上部には見えるのがテレビ用のコンセントパネルです。

壁掛け工事に併せて、
・ウォールシェルフ
・テレビ背面
・床上
計3か所のコンセントを新設しましたが、それによりケーブル類が目立たない美しい壁掛けテレビが実現しました。

壁掛けしたい壁面にコンセントが無くとも、お写真や図面を送っていただければ施工スタッフが幾つかのの配線ルートを検討し、ご提案させていただきます。「この壁では無理かな…。」
とあきらめる前に、一度「無料壁掛診断」よりお問い合わせください。
愛知県稲沢市で石膏ボードの壁面に55型液晶テレビ(4T-C55CL1)と…
静岡市で石膏ボード壁に壁内部分補強を施し、60型液晶テレビ(TH-L55DT60)とウォールシェルフ(棚)を壁掛け

静岡県静岡市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの無料壁掛け診断よりお問い合わせをいただきました。夜にお問い合わせいただきましたので翌朝壁掛け担当者が写真を確認し、お見積もりを作成してメールにてご案内。いくつかのご質問&回答を経て、施工予約を承りました。

施工当日は壁掛け工事スタッフ2名でご訪問。
お客様ご希望の壁面は下地補強は施されていないため、カトー電器が壁内部分補強を実施。テレビと金具の重量に耐えうる強度を確保した上で、可動式金具を取付させていただきました。可動式金具の場合、下地が全く見えない壁内補強は特に有効です。

テレビで隠れる位置にコンセントパネルも新設。壁内に配線経路を用意して、いよいよテレビを取り付けます。テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-L55DT60。60型の液晶テレビです。

今回はレコーダー機器用のウォールシェルフ(棚)も設置しました。こちらも専用のコンセントパネルを新設し、壁内を通ってテレビと接続されるようになっています。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭(写真でもお分かりのように、お子さんのミニカー大コレクションが写っています)では、手の届きにくい「テレビ上」のシェルフが人気です。

工事は無事完了。ホワイトを基調としたリビングにマッチした壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=657_21_f6dab55fcd.jpg
(↑)まずは正面から見たところ。テレビは60型液晶テレビ 。壁掛け時の本体サイズは124cm×72cm。テレビの上にはレコーダー用のウォールシェルフも設置。すべて壁内配線で処理されており、ケーブル類が見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=657_22_46655b9124.jpg
(↑)斜めから撮影。テレビは一度手前に引き出し角度を変えています。右に左に角度を変えられるのが可動式金具の良いところ。テレビボードが無いため、テレビ下の空間が有効活用できるのもうれしいですね。

thumbnail.php?id=657_23_7c6256485d.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)の使い道はいろいろ。レコーダー機器やゲーム機、Wi-Fiルーターやサウンドバーの置き場として重宝されがちです。テレビ下が一般的ですが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では「いたずら防止」のためテレビ上が圧倒的に人気です。

thumbnail.php?id=657_24_64a3c53de5.jpg
(↑)ウォールシェルフに置かれたレコーダー機器。100ボルト電源およびテレビと接続するHDMIケーブルが通る専用コンセントパネルが用意されています。
将来機器が増えることを想定して、あらかじめ予備のHDMIケーブルやLANケーブルを通しておかれるお客様が増えてきました。

thumbnail.php?id=657_25_e57aeb66a5.jpg
工事中の写真。壁内補強を施した上で、可動式金具を取り付けたところ。壁の内側に補強を行うことで、金具台座と壁面に密着するフラットな環境が出来上がりました。可動式金具のように設置壁面が視界に入る場合は、見ばえの良い壁内補強を強くお勧めいたします。
静岡市で石膏ボード壁に壁内部分補強を施し、60型液晶テレビ(TH…
愛知県名古屋市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

ホームページの「無料壁掛け診断」から壁面とコンセント周りの写真をUPしていただきました。施工担当者が素早くチェックして5分(!)でお見積もりを作成し、お客様にメールでご連絡。そこからトントン拍子で話は進み、壁掛け工事当日。ベテランスタッフ2名でご訪問させていただきました。

まずはテレビの取り付け位置をお客様とご相談。高さと位置が決まればいいよ工事スタートです。お客様リクエストの壁面は下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内補強を実施。壁内に補強プレートを取り付け、金具やテレビの重量に耐えられる十分な強度を確保します。さらにテレビで隠れる位置に専用のコンセントパネルも新設。100ボルト電源はもちろんアンテナ線やHDMIケーブルなども通せるようにしておきます。

配線の準備が整ったら、壁掛け金具の取り付けです。今回使用した金具は薄さを重視した角度固定式金具。色は壁面にあわせてホワイトを選んでいます。写真でお分かりのように壁掛けテレビのすぐ隣にドアがあり、出入りのたびにテレビ側面が視界に入るので、ここは出来るだけ薄く、かつ目立たないにしなければいけません。同じ考えからテレビ裏のコンセントも少し左側に寄せて新設しています。

金具を設置したら、いよいよテレビ本体の壁掛けです。テレビはパナソニックンビエラシリーズ TH-55HX750。スタンドを外して、2人ががりで取り付けました。同時に各種ケーブルをテレビ接続して工事は完了。

美しい壁掛けテレビが姿を現し、お客様にも喜んでいただけました。

お話を聞くと、当初テレビを購入されたお店で壁掛け工事をご依頼されたそうですが、現場下見の時点で「壁掛けは出来ない」と言われ、ネットで弊社を見つけていただいたそうです。他にも量販店やハウスメーカさんに
「この壁では無理ですね」
と言われた方の多くが(あきらめずに)弊社にお問い合わせくださり、念願の壁掛けテレビを実現しています。壁の写真を送ってくだされば、ほぼ下見なしで施工可能かどうか判断できますので、一度よそで断られた方もあきらめずに弊社に問い合わせてみてください。

thumbnail.php?id=808_19_f5c7a28c98.jpg
(↑)アクセントクロスが貼られた石膏ボード壁です。テレビの重量を支えるための下地補強は施されていないためカトー電器が得意とする壁内からの部分補強工事で強度を確保しています。配線も壁内を経由してテレビ台の機器類に接続する壁内配線。

thumbnail.php?id=808_20_d5d124161d.jpg
(↑)テレビはパナソニックの55型液晶テレビ TH-55HX750。壁掛け時の本体サイズは横幅124cm。高さは72cm。

thumbnail.php?id=808_21_a6d5ada034.jpg
(↑)向かって左側にドアがあり、お部屋の出入りのたびに壁掛けテレビの側面が視界に飛び込んできます。ここをいかに美しく見せるかが本工事のポイントと言えるでしょう。

thumbnail.php?id=808_22_fd73cbac04.jpg
(↑)側面から見たところ。壁内補強、角度固定式の金具を組み合わせることで横サイドから見ても隙間が極力目立たないようにしています。テレビ背面のコンセントパネルも奥側に設けてケーブルが見えないように配慮しています。

thumbnail.php?id=808_23_07c05497c1.jpg
(↑)テレビ台にはレコーダー機器やゲーム機類などが収納されており、テレビとはHDMIケーブルで繋がっています。今回使用したHDMIケーブルは3本。たとえ1台しか繋げずとも将来を考え、予備を数本壁内に通しておくお客様が増えてきました。

thumbnail.php?id=808_26_1b9e87ae64.jpg
(↑)反対側から見たところ。壁内で補強しているため壁面と台座金具(ホワイト)が密着しているのがお分かりいただけるでしょうか。

thumbnail.php?id=808_24_98bc3ddd71.jpg
(↑)施工前の「before」写真。壁掛けテレビにすることでテレビ台裏のゴチャゴチャとした配線が一掃できるのが何よりのメリットです。

後日お客様からお礼のメールをいただきました。(ありがとうございます)
他の業者さんに依頼して断られた方も、あきらめずに一度お問い合わせください。経験豊かつ粘り強い施工スタッフたちが「何とかならないな」と知恵を絞って施工方法を考えます。
愛知県名古屋市でアクセントクロス貼りの石膏ボード壁に55型駅…
安城市での壁掛けテレビ施工です。ハウスメーカは積水ハウス様。
弊社ホームページの壁掛け診断よりお問い合わせいただきました。お客様は当初
「うちの壁(エコカラット)ではPIXYになるのでは?」
とお考えでしたが、施工スタッフが写真を確認し
「これなら通常の壁掛けの方がいいですね」
と判断。お見積もりを作成し、お客様にメールにその旨ご連絡させていただきました。
お客様もご納得され、施工当日はエコカラット壁を得意とするスタッフ2名でご訪問。早速施工に取り掛からせていただきました。


壁掛けテレビのための下地補強は無いため、カトー電器が得意としている壁内の部分補強で強度を確保します。エコカラットを極力傷つけないようにしつつ、壁の内側から補強し、角度固定式の金具を取り付けました。壁面に合わせて金具のカラーはホワイト。将来テレビを買い替えられることを見据え、別メーカのテレビにも対応する汎用タイプの金具を選択しています。

テレビはソニーのブラビアシリーズ。KJ-55A8H。55型の有機ELテレビ最新モデルです。壁掛けにすることでテレビの位置が後退しお部屋がより広く感じられます。何よりテレビ周りのケーブル類がスッキリするのが良いですね。なお壁掛け時のテレビのサイズは横幅が123cm。高さが71cm。本体厚みは5.2cmです。

余談ですが、カトー電器ではお客様に
「テレビのスタンドは大切に保管しておいてください」
とお願いしております。将来新しいテレビに買い替えられた際、スタンドが無いと現在のテレビの置き場に困ってしまうからです。スタンドがあればもう一度取り付けて据え置きとして使うことも出来ますので捨てたりせずに取り付けねじと一緒に大事に保管されることをおすすめしております。


見た目を左右するケーブル類は、すべて壁内を通す壁内配線。これによりまるで宙に浮いているかのようなテレビが実現します。壁内を通っている配線は
・100ボルト電源ケーブル×1本
・アンテナケ-ブル×1本
・HDMIケーブル×2本
計4本です。

各種配線が完了し、テレビの動作確認をおこなって工事は無事終了。お客様も大変喜んでいただけました。

thumbnail.php?id=806_26_3bbaae8e7d.jpg
(↑)エコカラットが貼られた壁面に下地補強を施した上で55型有機ELテレビを壁掛けしています。アンテナ線や電源ケーブル、下のレコーダーやゲーム機とつなぐHDMIケーブルなどはすべて壁内を通して接続。スッキリと美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=806_24_28ec780325.jpg
(↑)反対方向から撮影。テレビはソニーのブラビアシリーズ。KJ-55A8H。壁掛け時の本体サイズは123cm×71cm。本体厚みは5.2cmという薄さです。この薄さを重視されるのでしたら施工例のように角度固定式の金具との組み合わせがおすすめです。

thumbnail.php?id=806_25_252ee48b45.jpg
(↑)エコカラットへの壁掛け工事はカトー電器が得意としている分野です。下地補強が施されていなくとも、ピンポイントで補強を施す「壁内部分補強」でしっかり強度を確保します。

thumbnail.php?id=806_27_1fb203cf2f.jpg
(↑)隙間にカメラを近づけて撮影。壁内で補強を施していますからエコカラットと金具がダイレクトに接しています。これくらいの隙間ならテレビ側面のコネクタにもアクセスしやすくUSBメモリなども接続できます。

thumbnail.php?id=806_22_291d8ddbc2.jpg
(↑)施工前の一枚。当初お客様は「PIXY」の設置を考えていらっしゃいましたが、天井部に一部吹き抜けがあることと、これまでの豊富な経験から「エコカラット壁への壁掛け」をご提案させていただきました。
愛知県安城市でエコカラット壁に55インチ有機ELテレビ(KJ-55A8H…
愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はわざわざ名古屋市の弊社ショールームまでご足労いただき、そこで図面を見ながら打ち合わせをさせていただきました。そしていただいた情報をもとにして施工スタッフが
「この範囲に下地補強を」
「コンセントパネルはこことここに設置を」
などと記された「図面指示書」を即日PCで作成。お客様にメールでお送りし、ハウスメーカー様にお伝えいただくようお願いしたしました。

それから数か月後。
お客様のマイホームが完成し、壁掛け工事にお伺いすると指示書通りの壁が出来上がっていました。今回工事と同時にお買い上げいただいた有機ELテレビ ソニーブラビアKJ-55A8H(55インチ)を開梱し、テレビの壁掛け工事に着手しました。

金具は薄さを重視した角度固定式金具。将来のテレビ買い替えも見越して各社に対応した汎用タイプのモデルを選んでいます。慎重に金具を取り付けた後、各種ケーブルを壁内に通す壁内配線へ。さらにテレビ背面に録画用の小型ハードディスクを設置。最後にテレビ壁掛けして工事完了となりました。

設計・建築段階からご相談いただくことで、お客様が悩みがちな下地補強はもちろん、コンセントの位置・数などの問題も綺麗に解決します。現在マイホームを設計中、建築中の
方で壁掛けテレビを考えている方、ハウスメーカーとのご相談に不安を感じている方はお気軽に弊社までご連絡・ご相談ください。

thumbnail.php?id=804_11_b8d373f1c0.jpg
(↑)愛知県みよ市での壁掛け施工。マイホーム設計の段階でご相談いただけたため、弊社にて詳細な壁掛けプランをご用意。ハウスメーカー様にもご協力いただき、最適な場所に下地補強とコンセントパネルをご用意いただけました。

thumbnail.php?id=804_12_97663c09e0.jpg
(↑)将来 フロートテレビボードを設置されるご予定。テレビボードが取り付けられる壁面もしっかり下地補強が施されています。

thumbnail.php?id=804_13_e9d641be69.jpg
(↑)テレビはカトー電器でお買い上げいただいたソニーの55型有機ELテレビ KJ-55A8H。壁掛け時の本体サイズは横幅145cm。高さ84cm。本体厚みは5.2cm。

thumbnail.php?id=804_14_ea32e67dd8.jpg
(↑)工事までにテレビの取り付け位置、専用コンセントから壁内までの結線など、準備は万全に出来上がっておりましたので当日の作業はとてもスムーズに進みました。

カトー電器ではソニー、シャープのテレビも販売しております。壁掛けテレビの工事とセットでご購入いただいた場合は特別お値引きにも対応いたしております。また今回のようにマイホームが設計中(建築中)で壁掛け工事までの期間が長い場合は、テレビのご購入は出来るだけ引き伸ばされることをお勧めしています。(特に新商品の場合、価格が徐々に下がりますので)
愛知県みよし市で石膏ボード壁に55インチ有機ELテレビ(KJ-55A8H…
今回は三重県鈴鹿市でのテレビ壁掛けレポートです。弊社ホームページの「無料壁掛け診断」よりお問い合わせいただきました。UPしていただいた壁面と図面の写真を施工スタッフが確認。必要となるケーブルの長さや本数も含めたお見積もりを作成し、メールにて返信。
お見積もり内容にお客様も納得され、スケジュールを調整。施工当日スタッフ2名がお伺いさせていただきました。

お客様ご希望の壁面は、裏側が玄関と収納スペースになっており壁掛けテレビ用の下地補強はありません。そこで壁内からピンポイントで補強する「部分補強」を施し強度を確保。同時にテレビに隠れる位置に専用コンセントを新設しました。

壁面に向かって左側が通路となり、出入りのたびにテレビ側面が視界に入ります。そこで金具は薄さを重視した角度固定式タイプ。壁面に溶け込むホワイトを選択しています。

テレビはソニーのブラビア 75型液晶テレビ KJ-75X8550Gです。壁掛け時の本体サイズは167cm×96cmで大画面の迫力ある映像が楽しめます。それでいて本体厚みは5.4cmという薄さ。壁掛けにピッタリのモデルと言えます。こちらを壁掛けし各種配線を接続して動作確認。

既存のテレビ台はお客様ご自身の手で戻されるとのことで、作業は完了。
お部屋の一角にミニシアターともいえる映像空間が出来上がりました。

thumbnail.php?id=799_15_fd9d6adb16.jpg
(↑)下地補強が施されていない石膏ボード壁に壁内からピンポイントで補強を施し、75型の大型液晶テレビを壁掛けしています。テレビ横が通路となっており、テレビ側面が常に視界に入るので、ここをスッキリ見せるのがポイントです。

thumbnail.php?id=799_16_8a46f4ca59.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはソニーの75型ブラビアシリーズ(KJ-75X8550G)横幅が167cm。高さが96cm。俳優さんが等身大で映し出される迫力ある映像が楽しめます。

thumbnail.php?id=799_14_a2d8d31a8e.jpg
(↑)テレビ台につながる各種ケーブルはHDMIケーブルが4本、アンテナ線が1本、LANケーブルが1本。これだけの配線も壁内に通すことでスッキリとした見た目を実現できます。

thumbnail.php?id=799_17_361764bcb2.jpg
(↑)通路側からテレビの側面を接写。「壁の内部」で補強を施しているため、壁面と金具がぴったりと接しているのが特徴。金具も角度固定式タイプを使うことで厚みをを可能な限り抑えています。

thumbnail.php?id=799_13_573d2a6529.jpg
(↑)工事前の壁面の様子。この中央にテレビ用のコンセントパネルを新設し、壁内に部分補強を行いました。下地補強が施されていない壁面でも後から補強工事を行うことで壁掛けテレビが実現できます。
三重県鈴鹿市で石膏ボード壁に75型液晶テレビ KJ-75X8550Gを壁…
カトー電器商会のオリジナル商品 フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」を使ったテレビ壁掛けレポートです。

お客様のお住まいは分譲マンション。直接ご来店されお話をうかがったところ、壁掛けテレビにしたいがご希望の壁面にはテレビ用のアンテナ端子がなく、さらにマンションゆえに大掛かりな工事は難しいとのことでした。こういう場合に強みを発揮するのがPIXYです。なおアンテナ端子が無い点は、反対側の壁面からモールを使って延長し、テレビまで引っ張ってくることで解決しています。

テレビはお客様がご用意されたシャープの50インチ液晶テレビLC-50W30。壁掛け金具は弊社から角度固定式のタイプを持ち込み、工事開始となりました。

今回のPIXYは横幅が1600mm。高さはお客様宅の天井(梁)高さに合わせて1993mmとなっています。PIXYはお客様からのご注文をいただいてから部材を用意するオーダーメイド。サイズは高あ・幅ともに多少の融通は利きますのでお気軽にご相談・お問い合わせください。
外装のクロスはお部屋の壁に合わせたサンゲツのSP9520。あまりに綺麗に溶け込んでしまい、写真で見ると「どこからどこまでがPIXYなのか」分かりづらくなってしまいました。既存のコンセントパネルは右下にあり、これら延長するかたちで電源を確保しています。

今回はウォールシェルフや追加のコンセントはありません。その代わりに、上部に2か所「ニッチ(飾り用のくぼみ)」を設置しました。カラーもレッドのホワイトの2色をはめ込み、良いアクセントとなってくれています。PIXYの設置はテレビの壁掛けまで含めて一日作業。午前中から作業を開始して夕方には完成となりました。

thumbnail.php?id=778_23_3b4372b012.jpg
名古屋市で設置したフェイクウォールPIXYの施工写真です。ウォールシェルフや追加のコンセントパネルはありませんが、オプション工事として上部にニッチ(飾り用のくぼみ)を2か所設けています。

thumbnail.php?id=778_24_8009a0e0d1.jpg
正面から撮影したところ。高さはお客様のお部屋に合わせて今回は199cm。テレビはシャープの液晶テレビ アクオス LC-50W30です。スタンドを外した本体サイズは112cm×66cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=778_25_52acd266af.jpg
PIXYの外装はサンゲツの壁紙クロス仕上げ。お部屋の壁紙に合わせると一体感を演出できます。

thumbnail.php?id=778_26_2d283820f9.jpg
上部のニッチはお客様の好みで鮮やかなレッドと落ち着いたホワイトをチョイス。単調になりがちな壁面に良いアクセントとなってくれます。

thumbnail.php?id=778_27_d5b8a9f8fb.jpg
PIXY本体の右下に見えるのが既存のコンセントパネル。100ボルト電源はこちらから供給されています。コンセントパネルが壁面中央にある場合はPIXY本体で覆い隠して利用するすることも可能です。

thumbnail.php?id=778_28_2620a32905.jpg
壁面のコンセントパネル。その下を左右に走る配線カバー(モール)はテレビ用のアンテナ線。この壁面にはアンテナ端子が無いため、10メートルほど延長して反対側の壁面までのばしています。

thumbnail.php?id=778_29_46c40a7e1b.jpg
少し離れてリビング全景。アンテナ線を延長することで本来テレビが置けない壁面にも壁掛けテレビが実現できるようになりました。

thumbnail.php?id=778_30_59168a9f3a.jpg
点線の箇所がアンテナ線の経路。壁面と同系色の配線カバーを使い丁寧に覆い隠すことで、アンテナ線はほとんど目立たなくなっています。
愛知県名古屋市でフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置し、5…
愛知県一宮市でのテレビ壁掛け施工のレポートです。

お客様宅はマイホームが設計の段階からお問い合わせいただきました。テレビの機種、エコカラット共に決まっており、壁掛け工事のご依頼ということで直接ご来店いただき、綿密な打合せまでさせていただきました。

お問い合わせから7か月後。お客様宅も完成し、いよいよカトー電器がお邪魔させていただくこととなりました。

施工スタッフはまずお客様とテレビの取り付け位置をご相談。高さと位置を決めた後に、持参した金具の設置にとりかかりました。奥様から「隣接するダイニングからもテレビが見えるように」とのリクエストで、金具は角度が上下左右に変えられる可動式金具です。
固定式金具のような薄さ重視とはいきませんが、隣の部屋からでも視聴できること、それとお掃除などのメンテナンスがしやすいのが特長です。反対に角度を変えた際、テレビの配線類が視界に入りますので、ここをどれだけ綺麗に見せるかがポイントとなってきます。

今回テレビに接続するケーブル類は
・アンテナケーブル
・HDMIケーブル2本
・録画用ハードディスクとつなぐUSBケーブル2本
と本数が多く、ハウスメーカさんがあらかじめ用意したコンセントパネルでは通すこと出来ず、一部コンセントを組み替える作業が必要でした。

それでも作業は順調に進み、2時間ほどで工事は終了。
テレビなど各種動作確認を行い、無事工事完了となりました。


thumbnail.php?id=796_14_b347140799.jpg
(↑)ハウスメーカーは一条工務店さま。エコカラットは正方形の「ペトラスクエア」です。建築の時点で下地補強もしっかり行われており、私たちはテレビの壁掛け設置作業と配線工事を担当させていただきました。

thumbnail.php?id=796_15_f4a47f3f3c.jpg
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ 58Z20X。58型の液晶テレビです。スタンドを外した時の本体サイズは横幅130cm。高さが77cm。角度が変えられる可動式金具との組み合わせです。

thumbnail.php?id=796_16_da7ace51c5.jpg
(↑)テレビを手前に引き出して撮影。可動式の金具は壁面に合わせたホワイトを選定。アンテナ線やHDMIケーブル、USBケーブルなど多数の線が繋がっており、これらをいかにきれいにまとめるかがポイントとなります。

thumbnail.php?id=796_17_fb67b180e4.jpg
(↑)左のダイニング側にテレビを向けたところ。奥様からキッチンからもテレビが見えるようにしたいとのご要望にて、可動式金具が採用となりました。薄さよりも実用性を重視される方に可動式金具はおすすめです。

thumbnail.php?id=796_18_363a6a2cf5.jpg
(↑)ダイニング側からテレビを見たところ。可動式金具+テレビの組み合わせはカトー電器商会のショールームでも展示しており、実際に動かして重さや力の入れ具合、どこを持つといいのかなどが「体験」できます。気になる方は「来店予約」よりご予約ください。

thumbnail.php?id=796_19_748bd1a405.jpg
(↑)側面から見たところ。薄さ重視の固定式金具と異なり、可動式金具はテレビにUSBケーブルなどが差しやすいこと、お掃除などがしやすいことがメリットと言えます。テレビボードにはサウンドバーやレコーダ機器などが収納されており、壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=796_13_eeab0800ff.jpg
(↑)壁掛け工事直前の写真。据え置きから壁掛けにすることで背面のケーブルは驚くほど少なくなります。
愛知県一宮市でエコカラット壁(ペトラスクエア)に58型液晶テレ…
東京都江東区でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお部屋の写真と間取り図面とを送っていただきました。写真をもとに施工担当スタッフが早速お見積もりを作成。必要となる各種ケーブルの種類、本数も計算し、20分で作成&お客様へメールでご連絡。とんとん拍子で話は進み、施工当日に弊社よりスタッフ2名が車でお伺いしました。

お客様ご希望の壁面は下地補強は施されていなかったため、壁内にプレートを使った部分補強を施し、十分な強度を確保。そこに角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。お問い合わせの時点よりお客様から
「入退室の際、テレビの真横を通るため壁掛け部分はなるべく綺麗な形に納めたい」とのご要望をいただいており、薄さ重視の固定式金具を採用し、テレビ用のコンセントパネルもドア側ではなく、窓側に作らせていただきました。

テレビはLG社の有機ELテレビ OLED65C9PJA。本体サイズは145cm ×83cm 壁掛け時の本体厚みは4.7cmです。

床上のコンセントは当初のリクエスト通り、HDMIの端子を持つコンセントパネルを増設。ここにレコーダー機器を繋げばテレビの録画が、ゲーム機などを繋げばテレビへの出力が可能になります。
「テレビの下には何も置きたくない」
「なるべくお部屋のスペースを広くしたい」
という方には、このHDMIコンセントパネルはおすすめです。ゲーム機などは使うときだけここに持ち運んで接続。遊び終わったら所定の場所に片づける…といった使い方も出来ます。

工事は無事終了し、写真のようにテレビ下に何もない広々とした壁掛けテレビが完成しました。


thumbnail.php?id=716_21_e0438ef0b6.jpg
東京都江東区のタワーマンションでのテレビ壁掛け工事です。下地補強が施されていない石膏ボード壁にカトー電器が得意とする壁内の部分補強を実施。強度をしっかり確保した上でLGの有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=716_22_1aac96ecb2.jpg
テレビの本体サイズは145cm ×83cm。開封したばかりですのでパネルの両端に赤い保護テープが貼られています。テレビの右下に見えているのがHDMI専用コンセントパネル。壁内を伝ってテレビとつながっています。

thumbnail.php?id=716_23_8d9541b5ef.jpg
壁掛けテレビにすることでテレビの下は何も無い空間が広がります。おうちで過ごす機会が増えている昨今、リビングをもっと広くされるならテレビの壁掛けはとても効果的です。

thumbnail.php?id=716_24_33a37fadc9.jpg
LGの有機ELテレビと固定式金具による側面。お部屋の出入り口側から撮影。こちらから見たときにテレビの配線が見えないようにテレビのコンセントは反対の窓側に新設しています。

thumbnail.php?id=716_25_5e28468966.jpg
テレビと繋がっているHDMIコンセントパネル。ここにレコーダー機器を繋いだり、ゲーム機を繋げば65インチの大画面に迫力あふれる映像と音声が出力されます。
東京都江東区のタワーマンションで石膏ボード壁に65型有機ELテ…
三重県四日市市でのテレビ壁掛け工事です。

お客様宅はまだ建築中とのことで、事前にご予約いただいてから当社ショールームにご来店。壁面は天然石「ナチュラルロブソン」を貼られるとのことで、壁掛け金具の設置スペースをどれだけ空けておくかがポイントとなりました。
テレビ(KJ-65A9F)も金具(可動式金具)もお客様がご用意されるとのことで、カトー電器としましてはこれまでの培った経験から壁掛けに必要となるスペースを算出。コンセントの位置も書き込んだ図面を作成し、お客様にお送りしました。図面は施主であるお客様からハウスメーカ様へと渡され、石材の貼り付け工事が完了。

壁掛け工事当日、お客様宅にお伺いすると計算通りのスペース(石膏ボード面)が用意されていました。下地補強もしっかり施されており、すぐに壁掛け工事をスタート。水平垂直に注意し壁掛け金具を設置した後、有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。配線はもちろんお客様ご自身で入線されるとのことで、これにて工事は完了。工事当日までの打ち合わせに時間を要した分、施工そのものはとてもスムーズかつ短時間で終了しました。

thumbnail.php?id=709_13_326c9bc28c.jpg
三重県四日市での壁掛け施工です。設計・建築段階の時点で弊社ショールームにご来店くださり、壁掛け工事の設計書を作成。ハウスメーカ様にお渡しして理想的な事前工事をおこなっていただきました。

thumbnail.php?id=709_14_75d2e5bb10.jpg
壁面に貼られているのは天然石「ナチュラルロブソン」。テレビの金具が接する箇所は貼られておらず石膏ボードのままとなっています。そのため今回は「石膏ボードへの壁掛け工事」として対応させていただきました。

thumbnail.php?id=709_15_5d60b5b4bf.jpg
正面から撮影。床上にたくさんのコンセントパネルが用意されています。今後テレビボードが設置される予定だそうです。

thumbnail.php?id=709_16_e343771f96.jpg
テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9F。金具はお客様がご用意された汎用タイプの可動式金具です。金具の設置面は石材が貼られていらず石膏ボードのままであることがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=709_17_6981628226.jpg
テレビ用のコンセントパネル(アンテナ端子付き)はハウスメーカ側によるもの。こ石材を貼られていない石膏ボードの壁面が65インチの有機ELテレビにうまく隠れて見えなくなるよう位置決めをするのが何よりのポイントでした。

thumbnail.php?id=709_18_5a7de439ba.jpg
工事前の写真。石材を貼らないスペースは壁掛け金具の種類やテレビの型番、コンセントパネルの位置や数によって変動します。壁面に石材などの装飾をご検討される方は設計に十分ご注意ください。
三重県四日市で65型ソニーブラビア有機ELテレビ (KJ-65A9F)を壁…
茨城県つくば市でのテレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器自社施工としてスタッフ2名がお伺いさせていただきました。
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはダイワハウス。ご希望の壁面は下地補強がないとのことで、現地到着後さっそく壁内を調査。
既存の床上コンセントからテレビ壁掛け面との間には縦桟(垂直の柱)があるため、壁内で電源・アンテナ線を延長するのは難しく、テレビ下まではモールで配線、そこから壁内を垂直に延長するという「L字型」の配線工事となりました。

壁掛け金具はさまざまなテレビメーカーに対応している汎用型の金具を採用。薄さを重視して角度固定式のタイプです。壁内に施した補強プレートと先述の間柱とを使ってしっかり固定してからテレビを掛けさせていただきました。テレビ裏には専用コンセントパネルを新設。テレビ周りはケーブルが見えない壁内配線となっています。

テレビ上にはウォールシェルフも設置。こちらもコンセントパネルを新設し、100ボルト電源とテレビからのHDMIケーブルが繋がるようになっています。

壁内の構造上、少し難しい工事となりましたが結果は御覧の通り。ホワイトを基調としたアクセントクロスになじんだ壁掛けテレビ&ウォールシェルフが完成しました。

thumbnail.php?id=738_19_6e4f1d342f.jpg
茨城県つくば市でのテレビ壁掛け工事です。壁面は石膏ボードに模様の入った壁紙クロス張り。下地補強は施されていなかったため、カトー電器が得意としている壁内の部分補強工事を行い、強度を確保させていただきました。

thumbnail.php?id=738_20_600a216a9a.jpg
テレビはハイセンスの55インチ液晶テレビ 55U7Eです。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは123cm×72cm。テレビ本体の厚みは5.2cmです。

thumbnail.php?id=738_21_e14627c2b0.jpg
既存の床上コンセント(左から3個目まで)から、テレビ裏までのあいだには縦桟(間柱)があり、電源とアンテナ線を壁内でつなげるにのは困難なため、一旦モールでテレビ下まで延長し、そこから壁内を通すというL字型の配線経路を採用しています。右側2つのコンセントパネルはカトー電器が新設しました。

thumbnail.php?id=738_22_fabdbe6373.jpg
今回はウォールシェルフも設置。ことらも専用のコンセントを新設しています。100ボルトでの電源とテレビにつながったHDMIケーブルが準備されており、サウンドバーを繋げると迫力あるサウンドが出力されます。

thumbnail.php?id=738_23_6905d9d951.jpg
床上の様子。手前2つのコンセントパネルはカトー電器が新設。将来はここにテレビボードが置かれる予定だそうです。さまざま機器が接続されるのでコンセント口も多めにご用意させていただきました。

thumbnail.php?id=738_24_3520e41614.jpg
テレビ側面を接写。テレビの薄さを活かして金具も薄さ重視の角度固定式タイプを使用しています。カラーは壁面に合わせたホワイトです。

壁掛けテレビで悩みがちなレコーダ機器類の置き場所。今お使いのテレビをそのまま流用していただいても結構ですし、写真のように新しく棚を設置し、そこに置いてしまうのも一つの解決策です。手持ちの機器類が少なければ、テレビ台を無くしてリビングをより広くすることも難しくありません。

おうち時間が増えてリビングをもっと快適にされたいとお考えの方は是非一度壁掛けテレビをご検討ください。
茨城県つくば市にて出張壁掛け施工。石膏ボード壁に55型液晶テ…
愛知県知立市でのテレビ壁掛け工事レポートです。お客様宅は新築でハウスメーカーは一条工務店。
設計の段階で壁掛けテレビは想定されており、リビングルームのエコカラット壁面は下地補強と空(から)配管が施されていました。

施工当日、お客様とご一緒にテレビの位置をご相談。写真のような壁面の場合、テレビの横位置は「壁の中心に」ということで即決となり、高さをどのくらいにするかで入念に話し合います。
テレビの取り付け位置が決まれば、金具の取り付け工事です。金具は将来のテレビ付け替えまで見越し、どのメーカにも広く対応した汎用型の角度固定式を採用。テレビのすぐ横にドアがあり、リビングに出入りするたびに壁掛け接合面が視界に入るので、なるべく薄く目立たないタイプの金具を選別しました。

金具の設置後、85型の大型テレビをスタッフ2名で取り付け。電源やHDMIケーブルなどを接続し、壁内へ通して完成となりました。

近い将来、テレビ台にサウンドバーやレコーダー機器を設置されるとのご予定でしたので、あらかじめ予備のHDMIケーブルを壁内に数本通してあります。壁掛けテレビ、それも角度固定式金具の場合はテレビと壁面の隙間を極力薄くできますが、その分あとからケーブル類を追加することが難しくなります。そのような場合、今回のようにあらかじめ予備の各種ケーブルを通しておかれることをおすすめいたしております。


thumbnail.php?id=763_22_cc8edbeead.jpg
(↑)エコカラットの壁面に壁掛け金具を設置し、85型の大型液晶テレビを壁掛けさせていただきました。ハウスメーカーは一条工務店です。

thumbnail.php?id=763_23_84ab731b9b.jpg
(↑)正面から。ソファからテレビを見るとご覧のような光景が広がります。最適な壁掛けテレビの高さは「お客様の身長や座高」「ソファの高さ」などを考慮しなければいけませんので一概には言えません。皆さんソファに座ったりしながら楽しそうに迷われます。

thumbnail.php?id=763_24_17b864eaa0.jpg
(↑)テレビのすぐ横に出入り口があり、お部屋を出入りするたびにテレビと壁面の接合面が視界に入ってきます。そこで金具は薄さを重視して角度固定式のタイプを採用しました。

thumbnail.php?id=763_25_8ddcc4d6f8.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-85X9500G。85型の大型液晶テレビです。本体サイズは191cm×110cm。俳優さんが「原寸大」で映し出される世界を体験できます。


thumbnail.php?id=763_26_211a87dca0.jpg
(↑)テレビとエコカラット壁との接合面。金具は壁面に合わせてホワイトを選択。隙間を極力薄く出来るのが固定式金具のメリットといえます。

thumbnail.php?id=763_27_ed051e8a3c.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真です。据え置きの場合、テレビは大型になればなるほど奥行きを必要とします。大型テレビを壁掛けにすると、テレビの位置がぐっと後退しますので、お部屋が広く感じられますよ。
愛知県知立市でエコカラット壁に85インチの液晶テレビ ソニーブ…
岐阜県可児市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
お客様は当社のホームページ「無料壁掛け診断」よりお問い合わせいただきました。既に補強が施されている壁面へのテレビ壁掛けのご相談です。早速お見積もりを作成し、メールにてご連絡。お見積もり内容にご納得いただけましたので、最短の工事可能日で予定をマッチング。クリスマスの日に施工させていただきました。

テレビは新しく購入されたソニーの液晶テレビKJ-55X9500H。55型の最新液晶テレビです。壁面に固定式金具を設置後、テレビのスタンドを外して取付けさせていただきました。
余談ですが、壁掛け後に「テレビのスタンドはどうすれば良いですか?」といったご質問を良く受けますが、スタンドは大切に保管しておくことをおすすめします。将来壁掛けテレビを新しいものに替えられた際、スタンドが無いと今のテレビはどこかに壁掛けせざるえなくなります。スタンドを取っておけばほかの部屋で据え置きとして使用することも可能です。

工事は順調に進み、テレビの電源・アンテナ接続まで無事終了。
写真でお分かりのようにまるで宙に浮いているようなきれいな壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=779_12_2ae8c99dff.jpg
(↑)岐阜県可児市での壁掛け工事です。角度固定式金具にソニーの最新液晶テレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=779_13_559d7eac5c.jpg
(↑)テレビの本体サイズは123cm×71cm。配線は壁内を経由する壁内配線。ケーブル類が一切見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=779_14_a65785de67.jpg
将来性を考えHDMIケーブルを3本テレビに接続してテレビ台までのばしています。将来ゲーム機などが増えるかも…という方は壁掛け工事の時点で予備のケーブルも壁内に通しておかれることをおすすめいたします。

thumbnail.php?id=779_15_b46c9a752c.jpg
工事前の写真です。テレビを壁掛けにすることでテレビ裏のケーブル類は驚くほど少なくなります。テレビ裏のお掃除が苦手な方にも壁掛けはおすすめですよ。
岐阜県可児市の補強済み石膏ボード壁に55インチの液晶テレビ(KJ…
東京都三鷹市への出張壁掛け工事レポートです。
今回のお客様も弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせをいただきました。壁掛け希望の壁面写真と図面を送っていただき、ご希望の壁面にはアンテナ端子が見当たりません。そこで工事スタッフ全員で送っていただいた図面とにらめっこ。協議の結果
「これ、天井裏からアンテナ線を分配・延長すれば…なんとかなるのでは?」
との結論に落ち着き、当日三鷹市へ。

お客様宅に到着。すでに壁面にはお客様自身の手で
「ここに設置してください!」
とマーキングが施されていました。(これは工事スタッフとしても気合が入ります)さっそく天井裏から調査させていただいたところ、当初の推測通り、アンテナ線が分配・延長できることを確認。天井裏の配線工事からスタートさせていただきました。ご希望の壁面にアンテナ線と電源が確保できればしめたもの。補強の無い壁面でしたので、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施して強度をしっかり確保。角度固定式の金具を設置し、弊社にてご購入いただいたソニーのブラビア KJ-55X9500Hを壁掛けさせていただきました。

カトー電器商会ではソニーのブラビアシリーズ、シャープのアクオスシリーズも取り扱っており、壁掛け工事と同時購入いただいた場合は特別お値引きもいたします。壁掛けを機にテレビも買い替え用とお考えの方は是非お見積もりご相談ください。

テレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを新設。天井裏経由で引き込んだアンテナ線を接続し、無事壁掛け工事は完了しました。

リビングはダイニングと隣接しており、システムキッチンの内側からでもテレビが視聴できるようになっています。最近の液晶テレビは左右の視野角がとても広いことと、テレビの壁掛け位置がダイニング寄りということもあり、角度固定式金具でも十分視聴できる用になっているのが特長です。

thumbnail.php?id=776_22_d96b7a21f4.jpg
アンテナ端子がない壁面に弊社でご購入いただいた液晶テレビ KJ-55X9500Hを壁掛け。天井裏からアンテナ端子を分岐させ、壁内経由でテレビ裏まで延長するというアクロバチックな配線工事をおこなっています。

thumbnail.php?id=776_23_5156c849d8.jpg
テレビの本体サイズは123cm×71cm。昨今のテレビは左右の視野角が広いので、斜め方向から見ても違和感をおぼえません。写真はダイニング側から見たところです。

thumbnail.php?id=776_24_c3993f8f2e.jpg
「ダイニングからもテレビが見えるようにしたい」とのご要望は多いです。写真のようにテレビとダイニングが近ければ角度固定式金具でも十分視聴できますが、ダイニングとテレビが離れる場合は可動式金具で角度調節する…という選択肢も出てきます。


後日お客様よりお褒めとお礼のメールをいただきました。
こちらこそありがとうございました。
末長く壁掛けテレビをお楽しみ頂けましたら幸いです。
東京都三鷹市でリビングの石膏ボード壁に55型液晶テレビ (KJ-55…
神奈川県小田原市での出張壁掛け工事レポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。リビングの写真と図面とを送ってくださいました。

壁掛けテレビそれ自体は問題ありませんが、レコーダーの置き場所で悩まされており、テレビ台やシェルフは避けて、なるべくすっきりさせたいとのご要望。お電話でご相談させていただき
「レコーダーはリビングの収納棚に設置する」
という案に落ち着きました。収納棚は写真のように、テレビの壁面とは反対方向に位置しているため、壁内から天井裏を通って配線させていただきました。

難易度の高い工事となりましたが、天井裏配線の経験値が高いスタッフにより工事は無事完了。お客様のご希望通り、壁掛けテレビの周りはスッキリとした大画面壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=773_17_853cbacea0.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。75型の最新液晶テレビです。本体サイズは167cm×97cm。ドラマや映画の役者さんが等身大で写し出される迫力です。

thumbnail.php?id=773_21_aa9e5ffe2c.jpg
(↑)テレビの右下にはHDMIコンセントを新設。ここにゲーム機などを接続すると75インチの大画面に映像と音声が出力される仕組みです。

thumbnail.php?id=773_18_1538a8ae58.jpg
(↑)番組を録画・再生するレコーダーは反対側の収納棚に格納。テレビから壁内→天井裏を経由してつながっています。難易度の高い工事でしたが、
「お客様のこだわりですからね。実現してみせますよー!」
と天井裏配線の経験豊富なスタッフが頑張ってくれました。

thumbnail.php?id=773_20_f468af70ad.jpg
(↑)本工事の目玉ともいえるレコーダーの様子。写真右手前に映っているのがブルーレイレコーダーです。ここから一旦天井裏を通り、奥のテレビへと繋がっています。


thumbnail.php?id=773_22_9836ab848d.jpg
(↑)分かりやすくケーブルの経路を描いてみました。Wi-Fiでも出来なくはないのですが、安定性を求め、より確実な有線でつなげさせていただきました。

thumbnail.php?id=773_19_123d1408ee.jpg
(↑)こちらは側面の様子。金具は将来別メーカのテレビに付け変えも対応できるように汎用型の角度固定式の金具を選択。壁面はカトー電器が得意とする壁内補強にて強度を確保しています。

今回のお客様はたくさん写真と資料を送ってくださり、おかげで社内の協議(配線経路はどうします?)もスムーズに進みました。
図面の用意が難しくてもさまざまな角度から写真を撮影していただければ、それだけ詳細なお見積もりプランが作成可能となります。壁掛けテレビをご検討中の方は、ぜひ壁面だだけでなくコンセント周りなどの写真も撮影してみてください。
神奈川県小田原市でリビングの石膏ボード壁に75型液晶テレビ (K…
12月です。この時期壁掛けテレビの工事でお伺いすると、クリスマスの飾り付けが施されているご家庭が少なくありません。今回のお客様もリビングにクリスマスツリーが飾られていました。

アクセントクロスが張られた壁面は下地補強が施されておらず、まずは下地補強の工事からスタート。カトー電器が得意としている補強プレートを用いた部分補強をおこない強度をしっかり確保。それから角度固定式の金具を設置させていただきました。

テレビはパナソニックのビエラシリーズ。有機ELテレビ TH-65EZ1000です。こちらのモデルはシステムスピーカーが壁掛け時にはタンドの役割も兼ねたシステムスピーカーが壁掛け時にスマートに格納される仕組みになっているのが特徴です。

配線は壁内にケーブル類を通す壁内配線。お客様がご用意されたHDMIケーブルとプレステ5用に当社がご用意したHDR対応のHDMIケーブル、それにアンテナ線と電源ケーブルがテレビ台へとつながっています。

テレビの位置決めからスタートし、壁掛け完了まで約2時間ほど。白を基調としたお部屋にスタイリッシュな壁掛けテレビが誕生しました。

thumbnail.php?id=770_10_c29b82e08d.jpg
クリスマスの飾り付けが施されたリビングに65型の有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。テレビはパナソニックのビエラ TH-65EZ1000。

thumbnail.php?id=770_11_12d26628ce.jpg
正面から撮影。テレビ台の中にはレコーダー機器やプレイステーション5などがあり、テレビとは壁内を通してHDMIケーブルでつながっています。

thumbnail.php?id=770_12_5965295049.jpg
側面から撮影。テレビ本体は壁掛けも想定しテレビ下のスピーカーがスマートに格納される仕組み。角度固定式金具と組み合わせることで、側面から見ても気にならない薄さです。

カトー電器商会ではお部屋の写真を送っていただくことで、必要となるケーブルの長さなども算出し、最短即日でお見積もりを無料で作成いたします。壁掛けテレビをご検討中の方は下記(↓)の「無料壁掛け診断」からお部屋の写真をUPしてみてください。
愛知県名古屋市で石膏ボード壁にパナソニックのビエラ TH-65EZ1…
愛知県でのテレビ壁掛け工事レポートです。

壁掛け診断フォームよりお問い合わせいただきました。お客様がご希望の壁面はエコカラット・ストーングレースが張られていましたが、壁掛けテレビのための下地補強は施されておりません。そこで壁面内部を調査し、間柱を使って金具を固定。強度をしっかり確保した上で65型の有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビは同時購入いただいたソニーのブラビアシリーズ KJ-65A9G。有機ELならではの映像美や、画面全体が振動してサウンドを再生する「アコースティック サーフェス オーディオプラス」はもとよりえ、本体厚みが4.0cmという薄さが壁掛けに最適です。お客様宅ではテレビのすぐ隣が出入り口となっていますが、このテレビと角度固定式の金具ならば接合面が目立つことはありません。

コンセントパネルもエコカラット壁面に新たに設け、テレビ台とのレコーダ類とは壁内経由で結線。アンテナ線の他、HDMIケーブルが3本つながっています。

出来上がりは御覧の通り。ケーブル類が一切見えない美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=765_17_c44b56edb0.jpg
(↑)エコカラット(ストーングレース)が張られた壁面に65型の有機ELテレビを壁掛け。下地の補強は施されていなかったため、カトー電器にて壁内を調査。間柱を探し当て壁掛け金具をしっかり固定させていただきました。

thumbnail.php?id=765_16_65babe9bf7.jpg
(↑)壁内配線のためケーブル類は写っていません。アンテナ線や100ボルト電源ケーブル、HDMIケーブル(4本)は壁内を経由してテレビ台内のレコーダー機器類などと繋がっています。

thumbnail.php?id=765_15_66042bc7a4.jpg
(↑)正面から。テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9G。テレビスタンドを外し壁掛け時の本体サイズは145cm×83cmです。

thumbnail.php?id=765_18_8c8ba1de10.jpg
有機ELテレビ KJ-65A9Gの本体厚みは4.0cm。角度固定式の金具と組み合わせることで壁との接合面を極力薄くすることができます。壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があり、接合面が絶えず視界に入るお部屋の場合は特に有効です。

thumbnail.php?id=765_19_d279b14540.jpg
(↑)壁掛け診断フォームよりお客様から送っていただいた写真がこちら。テレビは壁掛けを機に当社から有機ELをご購入いただきました。このエコカラットの壁面に専用コンセントを新設し、壁掛け金具を設置させていただきました。
愛知県清須市でエコカラット壁に65型有機ELテレビ(KJ-65A9G)を…
すべての写真を表示する
すべてのギャラリーを見る