神奈川県で壁掛けテレビ工事

神奈川県の壁掛けテレビ 工事例

神奈川県で行った壁掛けテレビの施工例を多くの写真と詳細な説明で多数ご紹介。
横浜市では下地補強が施されていないエコカラット壁に壁内部分補強を施し有機ELテレビを設置した例や、マイホーム建築段階からハウスメーカー様も交えてプランを練りテレビとフロートテレビボードを壁掛けした例をご紹介。また横須賀市では壁内に配線を通す「壁内配線」でケーブル類を見えなくし、お掃除などが楽になった事例をご紹介しています。
小田原市の壁掛けレポートでは75インチの大型液晶テレビを壁掛けし、レコーダーなどの録画機器は部屋の反対側のクローゼットに設置、各種ケーブルは天井裏を経由して接続するというなかなかアクロバチックな配線などをご紹介しています。
他にも壁に穴を開けられないなどの理由でフェイクウォールPIXYを使って壁掛けさせていただいた横浜市での作例や、珪藻土の壁に49インチの液晶テレビを設置した藤沢市での工事レポートなども掲載しています。
神奈川県にお住まいでテレビの壁掛け工事をお考えの方は、カトー電器のホームページにご用意した「無料壁掛け診断」から現状のお部屋の様子を撮影し、UPしてみて下さい。壁掛け工事の担当スタッフが送っていただいた写真を確認し、壁掛け施工が可能であると判断したら金具や工事費を含んだ概算のお見積もりを作成し、折り返しメールもしくはお電話にてご連絡差し上げます。
石膏ボード壁やエコカラット壁、コンクリート壁などさまざまな条件にも広く対応しておりますので、お気軽にご連絡・ご相談ください。

■人気の「エコカラット同時施工」
何もない壁にご希望のエコカラットを貼り、その上からテレビを壁掛けする「エコカラット+テレビ壁掛け同時施工」が人気です。ご指定の壁にコンセントが無ければ電気工事士の資格を持つスタッフが手早くコンセントを新設します。エコカラットは壁一面はもちろん、壁の一部分のみ貼ることも可能です。工事は一日で完了し、その日のうちにエコカラットを背景にしたスマートな壁掛けテレビを満喫できます。ご希望のお客様はまずはお部屋の写真を撮影し、ホームページの「無料壁掛け診断」から現状の壁の写真をUPしてください。
マイホーム建築中などで撮影が難しい方は、図面の写真でも問題ありません。また現地での下見などが可能な方は「Zoomによるリモート相談」も対応しております。

■横浜のお客様とZoomで現地下見
今回ご紹介するお客様は横浜にお住まい。遠方ということもありZoomを使った「リモート下見」でお部屋の現状を見せていただきました。「リモート下見」ではお客様のスマホやタブレットを使い、カメラで壁の様子やコンセント位置などを見せてもらいます。
このZoomによる下見はなかなか楽しく
「テレビのご希望の位置は…?」
「ああ、このあたりです!配線は壁内配線でお願いしたいです」
「そうなりますと、そこから一番近いコンセントはどこですか?」
「ここです!ここです!見えますか?」
「あー、…見えました!2m位離れてますか?」
「そうですね。大体2.5mくらいでしょうか」
と、お客様とワイワイ話しながらモニターを見つつ懸命に情報を収集します。最終的に壁掛け可能であると判断すれば、詳細な見積もりを作成して送信。お客様の家族会議にゆだねる…という流れになります。

■施工当日の様子
施工当日はスタッフ2名がエコカラットを積み名古屋から一路横浜へ。
ご挨拶の後、まずはテレビの壁掛け位置をお客様と一緒に決めます。テレビの位置が決まれば壁内部の補強工事と壁内配線工事です。エコカラットを貼る前にしっかりとした下地補強を作り、同時にテレビ用のコンセントパネルも用意しておきます。(エコカラット同時施工では、エコカラットを貼るまで下準備が最も重要な工程となります。)
下準備が終われば次はエコカラット施工。床から天井へとパーツごとに丁寧に貼ってゆきます。今回は天井まで敷き詰め、引き戸と接する箇所には見切り材を設置し、エッジ部の見映えを整えてあります。
最後に壁掛け金具を設置し、お客様ご用意の65インチテレビを開梱、壁掛け。各種配線を接続し動作確認まで済めば工事は完了。写真のようにケーブルなどが一切見えないすっきりとした壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真と見どころポイント解説
以下、各部の写真と見どころポイントの解説です。テレビ背面のコンセントをあえてお部屋の出入口は反対側に設置し、お部屋の出入りの際に目立たないようにしている点にご注目ください。

thumbnail.php?id=1279_17_68031a9e39.jpg&alt=横浜市でのエコカラット+テレビ壁掛け同時施工。カトー電器が一日でエコカラットを貼り、テレビの壁掛け工事までおこないます。
(↑)横浜市でのエコカラット+テレビ壁掛け同時施工です。カトー電器が一日でエコカラットを貼り、テレビの壁掛け工事までおこないます。その日のうちに壁掛けテレビを満喫できるのが特長です。

thumbnail.php?id=1279_18_52628cd473.jpg&alt=エコカラットを貼る前に壁内補強と壁内配線工事を済ませてしまいますので仕上がりはケーブル理が一切見えません。
(↑)「エコカラット同時施工」はエコカラットを貼る前に壁内の補強工事と壁内配線の工事を済ませます。そのため仕上がり時にはテレビ周りにケーブル類などは一切見えません。

thumbnail.php?id=1279_19_d885af8982.jpg&alt=今回のテレビはお客様ご用意のパナソニック ビエラ65インチ液晶テレビ(TH-65LX800)
(↑)今回壁掛けしたテレビはお客様ご用意のパナソニック ビエラTH-65LX800。65型の液晶テレビです。壁掛け時のサイズは横幅が1453mm、高さが841mm、テレビ本体の厚みは83mmです。重量はテレビ単体で20kg以上あり、これに壁掛け金具の重量も加わりますので壁内補強などしっかりとした下地が求められます。

thumbnail.php?id=1279_20_3bb7c79712.jpg&alt=エコカラットはグラナスヴィスト。手前の端部には見切り材を設置しています。
(↑)エコカラットはグラナスヴィスト。写真手前の端部は見切り材を使用し見映えを整えています。

thumbnail.php?id=1279_21_4f8bc2378a.jpg&alt=エコカラットは床から天井まで貼られています。
(↑)エコカラットは床から天井まで施工。壁掛け部分はくり抜いたりせず、エコカラットの上から直接金具を取り付けます。

thumbnail.php?id=1279_22_20b64328ff.jpg&alt=テレビとエコカラットの接合面。エコカラットの上から直接壁掛け金具を設置するのがカトー電器が得意とする工法です
(↑)壁掛け金具とエコカラットの接合面。エコカラットの上から直接金具を取り付けるのがカトー電器が得意とする工法です。一部分だけエコカラットをくり抜いたり、板を貼ったりもしないので、接合面はフラットなまま。

thumbnail.php?id=1279_23_bcdf28ea09.jpg&alt=お部屋の入り口と反対側の接合面。こちらにコンセントを作りケーブル類を集約させることで、お部屋の出入りの際ケーブル類が視界に入らないようにしています。
(↑)お部屋の入り口と反対側の接合面です。こちらにコンセントを作り各種ケーブル類を集約させることで、お部屋の出入りの際、ケーブル類が視界に入らないようにしています。

■遠方ならばZoomで下見も承ります
カトー電器は愛知県名古屋市に拠点を置いています。遠方にお住まいの方で下見訪問をご希望の方は、Zoomを使った「オンライン下見」がおすすめです。
カメラを内蔵したスマホ、タブレット、ノートパソコンにZoomを入れていただければ、お部屋の壁を見ながら当社スタッフとリモートで壁掛け相談が実現します。弊社ホームページでも「壁掛けTV」のページにZoom下見専用ページをご用意。お申し込みも専用フォームで受け付けておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

【Zoomオンライン下見】
https://www.cato.co.jp/wall_tv_btob/online_meeting.php
【神奈川県】神奈川県横浜市でエコカラット(グラナスヴィスト)を貼り、パナソニック ビエラ65インチ液晶テレビ(TH-65LX800)を壁掛け
■横幅60cmのスリナなフェイクウォール「PIXY 600」
カトー電器商会のオリジナル商品「フェイクウォール」シリーズは、壁に穴をあけない壁掛けテレビを実現するために生み出されました。本物の壁の手前にもう一枚「にせの壁」を作ってしまう構造で、

・下地補強
・壁内配線
・コンセント増設
・シェルフ(棚)設置

などをすべてフェイクウォールが担当し、本物の壁には開口を設けません。そのためコンクリート壁や賃貸などのお客様から数多くのお問い合わせをいただいております。
今回ご紹介するのはPIXYのスリムバージョン「PIXY 600」の施工事例です。PIXY 600は横幅が600mm(=60cm)固定となっており、奥行きはわずか5cm。横幅60cm×奥行き5cmのスペースさえ確保できれば、壁掛けテレビが実現するという仕組みです。
壁寄せスタンドと異なり、床面に段差を持つ広い台座などを必要としません。また壁寄せスタンドではケーブルの処理が大変ですが、PIXYは本体内部に配線をおこないますので、ケーブル類が見えず非常にすっきりとした外観に仕上がります。

外装は石目調タイルを使った「エアストーン」仕上げ。エアストーンは表面がコーティングされており、壁紙クロスやエコカラットなどに比べて汚れや傷に強いのもメリットの一つです。(特にお子さんによる色鉛筆やクレヨンの落書き攻撃には強いですよ!)

■神奈川県川崎市でのPIXY600
本施工例のお客様は川崎市にお住まい。弊社のホームページでPIXY 600をお知りになりお問い合わせくださいました。送っていただいた現状写真を見ると、お客様ご希望のPIXY設置位置と既存コンセントの位置がかなり離れています。
「ここは壁内配線できるとスマートですよね。」
「壁内のスペース次第ですね。」
と工事担当が打ち合わせ。
施工当日はベテランのスタッフ2名が名古屋から川崎市へ。お客様と一緒にテレビの位置決めをおこなったあと、いよいよPIXY600の設置に着手しました。壁内を調べると十分なスペースが確保できることが分かりましたので既存コンセントから壁内配線でPIXY600まで100ボルト電源とアンテナ線を延長。それらのケーブルはPIXY600の本体内部を経由してテレビへとつながります。
外装は5種類あるエアストーンのうちの一つ「スモーク」を使い、前面と側面に丁寧に貼ってゆきます。角度固定式タイプの金具を取り付け、お客様ご用意の55インチテレビを壁掛けしたら工事は完了。半日にしてコード類が見えない、かつテレビ周りに広々としたスペースを持つ壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真と見どころポイントの解説
各部の写真と気になる見どころポイントの解説です。特にPIXY本体の厚み、コーナー部分のL字型アングルによる処理、広々とした床周りにご注目ください。

thumbnail.php?id=1262_21_e052158ff0.jpg&alt=川崎市のマンションでフェイクウォール「PIXY 600」を設置し55インチテレビを壁掛け
(↑)川崎市の分譲マンションでフェイクウォールPIXYのスリムタイプ「PIXY 600」を設置し、パナソニック ビエラ55インチテレビを壁掛けしました。PIXYの横幅は600mmです。本物の壁の手前にもう一枚ニセの壁を作り、テレビ壁掛けや壁内配線を肩代わりさせています。

thumbnail.php?id=1262_22_349877fba3.jpg&alt=本物の壁の手前にもう一枚ニセの壁を作り、テレビ壁掛けや壁内配線を肩代わりさせています。
(↑)テレビは有機ELテレビTH-55HZ1000。壁掛け時の本体サイズは横幅が1228mm、高さが712mm、本体の厚みが58mm。重量は21kgあります。PIXY600は65インチまでのテレビに対応しております。それ以上のサイズを壁掛けされたい方は横幅1600mm前後の「PIXY レギュラー」タイプをご検討ください。
PIXYの専用ページはこちら
https://www.cato.co.jp/fake_wall/

thumbnail.php?id=1262_23_9881e2b24d.jpg&alt=床と天井に接する構造。壁寄せスタンドのように広い台座を必要としません
(↑)PIXYは床と天井に接する構造です。お問い合わせの際には床から天井までの高さをご連絡ください。壁寄せスタンドのように床面に幅広い台座を必要としないのでフラットで広々としたスペースが確保できます。

thumbnail.php?id=1262_24_ecb4536766.jpg&alt=ななめ方向から。外装は石目調タイルのエアストーン「スモーク」仕上げ
(↑)斜め方向から撮影。PIXY外装は石目調タイルの「エアストーン」仕上げ。5種類のデザインからお好きなものをお選びいただけます。作例はちょっとコンクリートを思わせる近代的な色調デザインの「スモーク」。白系統の壁紙とも相性も良く、飽きの来ない落ち着いたトーンがおすすめです。

thumbnail.php?id=1262_25_3cda4af3ee.jpg&alt=手前に見える既存コンセントから壁内を通して100ボルト電源、アンテナ線を分岐・延長しています。
(↑)手前に見えるのが既存のコンセント。幸い壁内に十分なスペースがありましたので、壁内配線で100ボルトの電源やアンテナ線を分岐・延長し、PIXY内へと通すことが出来ました。壁内での配線が難しい場合は壁外配線とし、モールと呼ばれる配線カバーで極力目立たないように処理します。

thumbnail.php?id=1262_26_8019eb87da.jpg&alt=側面の様子。PIXY本体の厚みは5cm
(↑)側面の様子。PIXYシリーズは本体の厚みが70mmですが、PIXY 600は構造上さらに薄い50mmで設置可能です。(ただし対応できるテレビは65インチまでとなります)

thumbnail.php?id=1262_27_c5d7b23e78.jpg&alt=テレビ背面には録画用の小型ハードディスクを設置しています
(↑)テレビの背面スペースには録画用のハードディスクを設置しています。録画機器をハードディスクにすることでレコーダー機器などの置き場に悩む必要はなくなります。DVDなどの再生は後述のHDMIコンセントをご利用ください。

thumbnail.php?id=1262_28_0d3fdfbe1f.jpg&alt=既存コンセントにはテレビにつながるHDMI専用端子を追加しました
(↑)既存コンセントは一旦分解し、テレビにつながるHDMI専用端子を追加しました。ここにDVDプレイヤーやゲーム機などを接続すればテレビに映像とサウンドが出力される仕組みです。

thumbnail.php?id=1262_29_67c41341ec.jpg&alt=後日お客様から施工のお礼メールと共にいただいた写真です「時計も取り付けました」とのメッセージが添えられていました
(↑)後日お客様から施工のお礼メールと共にいただいた写真です「時計も取り付けました」とのメッセージが添えられていました。

thumbnail.php?id=1262_30_ef4dabe447.jpg&alt=施工後にお客様から送っていただいた写真(2枚目)。「大満足です」とのお言葉をいただき施工スタッフも思わずガッツポーズ
(↑)施工後にお客様から送っていただいた写真(2枚目)。「大満足です」とのお言葉をいただき施工スタッフも思わずガッツポーズ。

■PIXYシリーズは3種類
フェイクウォールPIXYは

・横幅600mmの「PIXY 600」
・横幅1600mm前後の「PIXY レギュラー」
・壁一面に設置する「PIXY 壁一面」

の3種類を御用意しております。いずれもマイホームの壁に開口を設けるようなことはせず、身代わりの壁としてテレビ壁掛けはもちろん、シェルフ(棚)やコンセントの追加に対応いたします。壁掛けテレビにしてお部屋を広く使われたい方、ケーブルだらけの状態を無くしたい方は、どうぞお気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。
ホームページの「PIXY 無料壁掛け診断」からお部屋の現状をお伝えくだされば工事担当者がすぐにプランを検討。概算のお見積もりをメールにてご連絡差し上げます。
【神奈川県】神奈川県川崎市のマンションでフェイクウォール「PIXY 600」を設置し、パナソニック55インチ有機ELテレビを壁掛け
■賃貸やコンクリ壁の方に人気「PIXY」
フェイクウォールPIXY(ピクシィ)は既存の壁の手前にもう一枚ニセの壁(フェイクゥオール)を作り、そこにテレビや棚などを壁掛けします。通常の壁掛けテレビと違い、本物の壁には開口を設けたりしないので、賃貸にお住いの方やコンクリート壁の方から高い評価をいただいております。
作業時間もテレビの位置決めから完成まで一日で完了するため、その日のうちに快適な壁掛けテレビが楽しめます。

■神奈川県川崎市でのPIX工事
お客様は川崎市にお住まいで弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。PIXYの設置で重要となるのは床から天井までの高さです。今回のお客様宅は228cm(実際に測ってくださいました。ありがとうございます)とのことで、さっそく施工スタッフが設計プランを作成。よく似た施工事例もあわせてお客様にお見積もりをお送りしました。その日のうちにお客様よりご予約のご連絡をいただき、施工当日スタッフ3名が川崎市へ。
お客様宅は賃貸マンション。ご希望の壁面はコンセントが無いため、左側90度対角の壁面から電源とアンテナ線を延長することにしました。PIXY本体の外装は壁紙クロス仕上げ。サンゲツ社のRE-51784です。テレビで隠れる位置にコンセントパネルを用意し、壁掛け金具を取り付け、85インチの大型液晶テレビを壁掛けします。
出来上がりはご覧の通り。リビングの一角に85インチの大画面映像スペースが出来上がりました。

■各部の写真と見どころポイント解説
以下、各部の写真とポイント解説です。

thumbnail.php?id=1224_22_96d44ed751.jpg&alt=神奈川県川崎市の賃貸マンションでPIXYを設置
(↑)神奈川県川崎市の賃貸マンションでフェイクゥオールPIXYを設置しテレビを壁掛け。今回のPIXYの横幅は2310mmです。

thumbnail.php?id=1224_23_5375b5398c.jpg&alt=壁面にコンセントが無いため左側の対角壁から電源とアンテナ線を延長しています
(↑)壁面にコンセントパネルが無いため、左90度対角壁から100ボルト電源とアンテナ線を延長しています。

thumbnail.php?id=1224_24_488dbc102f.jpg&alt=テレビはソニーのブラビア85インチ。角度固定式タイプの金具で壁掛け
(↑)テレビはお客様がご用意されたソニーのブラビア 85インチ。迫力の大画面です。テレビ本体の横幅は1888mm、高さは1086mm。85インチとなるとさすがに重く、壁掛け時の重量は50kg近くになります。

thumbnail.php?id=1224_25_4758f71244.jpg&alt=正面から撮影
(↑)正面から撮影。テレビの大画面化に伴い、PIXYのサイズ(横幅)も徐々に大型化が進みつつあります。

thumbnail.php?id=1224_26_ff3a9f58eb.jpg&alt=背面の壁は石積み模様のアクセントクロスです。
(↑)下から見上げて撮影。背面の壁は石積み模様のアクセントクロスです。その手前にPIXYを設置していますが巾木(はばき)を付けることで接地面がぐっと引き締まります。

thumbnail.php?id=1224_27_9883325cfc.jpg&alt=PIXYとテレビの接合面。PIXY本体が下地補強も兼ねているため金具を直接取り付けられるのが強みです。
(↑)PIXY本体は十分な強度を持っており、下地補強なしで壁掛け金具を直接取り付けられるのが特長です。

thumbnail.php?id=1224_28_4f85181498.jpg&alt=床に接する箇所をクローズアップ
(↑)床と接する箇所にも巾木(はばき)を付けています。

thumbnail.php?id=1224_29_3a7b1ae44a.jpg&alt=工事前にお客様が撮影して送ってくださった写真です。完成後写真と見比べてみてください。(↑)
(↑)施工前にお客様が撮影してくださった「Before」の写真画像。完成後の写真と是非見比べてみてください。


■棚やコンセントも増設できます
PIXYはニセの壁。ニセの壁だからこそ、本物の壁にはなかなか出来ない「棚の設置」や「コンセントの増設」なども思いのまま追加できます。オプション工事としてレコーダー機器やWiFi機器の置き場としてウォールシェルフ(棚)、電源コンセント、HDMIコンセントの追加なども承ります。お問い合わせ時にリクエストいただければ工事担当者がそれらを含めたお見積もりをご用意いたします。興味のある方はお気軽にご相談・お問い合わせください。
【神奈川県】神奈川県 川崎市でフェイクウォールPIXYを設置し、ソニーの85インチ大型液晶テレビ(XRJ-85X95J)を壁掛け
■大型テレビだからこそ壁掛けに
テレビの大型化が進んでいます。70インチや80インチになるとテレビボードによってははみ出てしまうこともあり、地震やお子さんのいたずらなによる倒壊の危険性も高まります。それゆえ大型テレビへの買い替えを機会に壁掛けを検討される方が増えてきました。壁掛けならば(テレビボードと異なり)テレビのサイズ、重量に制限はありません。また壁掛けにするとテレビの位置が30~50cm程後ろに下がりますのでお部屋に対する圧迫感も薄まります。
テレビを支えるには十分な強度が求められますが、カトー電器が得意としている壁内部分補強を施せば通常の石膏ボード壁でもしっかりとした強度が確保できます。より大きなサイズのテレビをお考えでしたら、設置方法についても是非ご検討ください。

■神奈川県横浜市で大型テレビ壁掛け工事
さて、今回ご紹介するのは横浜市でのテレビ壁掛け工事です。テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-77A9G。77インチの有機ELテレビになります。お客様宅で既に使用されており、据え置き→壁掛けへの切替工事となりました。

施工当日はベテランのスタッフ2名が名古屋から横浜へ。ご挨拶ののちテレビを見せていただくと見たことのないテレビボードが目につきました。聞けば奥様のお父様が建具職人をされており、お父様の手による完全オリジナルとのこと。フロント部の丁寧な細工に感心しながら壁の配線の状況を確認させていただきました。テレビの位置はこのオリジナルテレビボードと中心を揃えることになり工事スタート。壁内部に開口を設け、荷重のかかる箇所に補強を施したら、開口を丁寧に戻します。テレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設し、大型テレビに対応した金具を取り付け。最後に77インチのテレビを丁寧に取り付ければ工事は完了です。3時間ほどで写真のようにバランスの取れた壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の見どころとポイント解説
以下、各部の写真と見どころ解説です。

thumbnail.php?id=1209_13_7f48d42fd1.jpg&alt=横浜でのテレビ壁掛け工事。お客様ご使用中の77インチ大型有機ELテレビを壁掛けに
(↑)横浜市でのテレビ壁掛け工事です。お客様ご使用中の77インチ大型テレビを壁掛けに切り替えました。既存の壁には下地補強が無かったのでカトー電器が得意とする「壁内部分補強」で強度を確保。各種のケーブル類は壁内配線を採用し、テレビ下にコードが一本も見えないのがポイントです。

thumbnail.php?id=1209_11_b4ac58b382.jpg&alt=テレビボードは奥様のお父様による完全手作り。フロント部の細かな細工にご注目
(↑)テレビボードは奥様のお父様による完全手作り。フロント部の細かな細工にご注目ください。壁内には100ボルト電源、アンテナ線、HDMIケーブル4本、USBケーブルまでも通してあります。サウンドバーは今回テレビボードの上に置かれるスタイルに落ち着きました。

thumbnail.php?id=1209_12_9249957a01.jpg&alt=テレビはソニーの有機ELテレビKJ-77A9G
(↑)テレビはソニーの有機ELテレビKJ-77A9G。壁掛け時の本体サイズは横幅が1721mm、高さが996mm。秀逸なのは奥行きです。77インチというサイズながら本体厚49mmという薄さを誇ります。

thumbnail.php?id=1209_14_0d75d0351c.jpg&alt=壁内部に補強を施しフラットな壁面に角度固定式金具を取り付け
(↑)側面から撮影したところ。壁の内部に補強を施しましたので壁面はフラットなまま。そこにテレビの薄さを活かしてくれる角度固定式タイプの金具を取り付け、テレビ本体を壁掛けしています。

thumbnail.php?id=1209_16_6c36484c27.jpg&alt=工事前の写真。壁掛けにすることでテレビの位置は数十xmほど後退します
(↑)こちらは工事前にお客様が撮影し送ってくださった一枚。大型のテレビボードでもさすがに77インチが乗るとバランス的に厳しいものを感じます。壁掛けにに、テレビとテレビボードを切り離すことで壁面に新たな広がりが生まれます。


■いまお使いのテレビも壁掛け出来ます
壁掛けテレビは新築の方の特権ではありません。「壁内部分補強」を行えば、今お使いのテレビをそのまま壁掛けテレビに切り替えることが可能です。さらにテレビで隠れる位置にコンセントを作り「壁内配線」を施せばコード類を一切見せない美しい壁掛けテレビが実現します。テレビの壁掛けだけなら工事は数時間で完了予定。
リフォームやお部屋の模様替えをお考えの方は、この機会にテレビの壁掛けも想像してみてください。
【神奈川県】神奈川県横浜市のマンションで下地補強をおこない、77インチ有機ELテレビ(KJ-77A9G)を壁掛け
■カトー電器はエコカラットも貼ります
カトー電器商会では、テレビの壁掛と一緒にエコカラット同時施工も承っております。石膏ボードの壁面に

1.壁内にしっかりとした補強を施し、
2.電源やアンテナ線の経路(コンセント)を作り
3.お好みのエコカラットを貼り
4.テレビ壁掛け工事

これを1日で終えるのが、カトー電器の「壁掛けテレビ+エコカラット同時施工」です。先に下地補強や電源ルートなどを作ってからエコカラットを貼るため、とても綺麗に仕上がるのが何よりの特長です。(金具のためにエコカラットの一部分を四角く空けておくということもありません)
今回はその同時施工を、横浜のお客様からご依頼いただきました。

■ご希望の壁面にコンセントが無い場合
カトー電器では自社サイトに「無料壁掛け診断」というページを設置しており、そこからお部屋の現状を写真をUPしてくださるようにお願いしております。お客様が送ってくださった写真を見ると、ご希望の壁面にはコンセントパネルが見当たりません。代わりに90度対角の壁面にアンテナ端子を持ったコンセントが写っています。ここから90度コーナーを曲がって目的の壁面にどうやって電源の経路を作るかが最大のポイントです。壁内に隙間があれば壁内配線で、隙間が無ければ壁外配線+配線カバー(モール)となります。本工事では運よく十分なスペースが確認出来ましたので、壁内配線で経路を確保でき、モールなどもないスッキリとしたコーナー部が実現しました。

■テレビも取り扱ってます
カトー電器商会ではソニーのブラビアシリーズと、シャープのアクオスシリーズを自社で取り扱っております。テレビの買い替えを機に壁掛けをご検討中の方は、テレビ同時購入プランも是非ご検討ください。壁掛けとセットでお申込みいただくと、通常価格から特別お値引きにて対応させていただきます。
同時購入の場合は壁掛け工事の当日にテレビをお持ちします。壁掛けが終わったら、巨大な段ボール箱や発泡スチロールなどはすべて回収しますので、すぐに快適な壁掛けテレビが楽しめます。

■写真と見どころ解説
ここからは各部の写真と見どころとなる箇所の解説です。
thumbnail.php?id=1102_20_d575fb974e.jpg&alt=エコカラット(グラナスヴィスト)を貼った上に55型の有機ELテレビを壁掛け
(↑)神奈川県横浜市のマンションで壁掛けテレビ工事。石膏ボード壁の壁面に壁内部分補強を施し、しっかり強度を確保してからエコカラットを貼らせていただきました。次に55インチの有機ELテレビを角度固定式タイプの金具で壁掛け。電源コンセントが無い壁でしたが、90度対角のコンセントから壁内経由で100ボルトの電源とアンテナ線を延長・分岐させています。

thumbnail.php?id=1102_19_1321a8f006.jpg&alt=コンセントが無い壁面でしたが90度高くの壁面から100ボルト電源とアンテナ線を壁内経由で延長しています
(↑)今回貼らせていただいたのはエコカラットプラスの「グラナス ヴィスト」。壁掛けテレビの位置決めを行い、下地補強など済ませた上で壁一面に貼らせていただきました。手前のレコーダーの後ろと、壁掛けテレビの背面には新しくコンセントを作ってあります。

thumbnail.php?id=1102_21_3ad78a8ac1.jpg&alt=テレビはソニーの有機ELテレビXRJ-55A80J
(↑)テレビはカトー電器でご購入いただいたソニーのブラビアXRJ-55A80Jです。詳細は下記のページをご参照ください。
https://www.cato.co.jp/shop/detail_tv.php?id=177
壁掛け時のサイズは横幅が1227mm、高さが712mm。本体の厚みは53mmという薄さを誇ります。壁掛け金具はカトー電器オリジナルの角度固定式タイプ。


thumbnail.php?id=1102_22_38e190235d.jpg&alt=奥に見えるのが90度対角壁のコンセント
(↑)今回の工事で一番難易度が高かったのが電源経路の確保です。写真奥クリスマスツリーの陰に隠れているのが既存コンセント。ここか壁内経由で90度曲がり、レコーダーの後ろのコンセントを新設。さらにそこから延長させて手前の壁掛けテレビにもコンセントを新設しました。このあたりは電気工事士の資格を持つスタッフが大活躍してくれました。

thumbnail.php?id=1102_23_aca92e28de.jpg&alt=エコカラットとの接合面。エコカラットの上から金具を取り付けています。
(↑)テレビと壁との接合面。壁の内部で下地補強を施しているため、エコカラットの上から直接金具を取り付けることが出来ています。壁掛けテレビの場合、金具の位置を考慮し、四角くエコカラットを貼らない施工もありますが、この場合テレビの位置決めがとてもシビアになりがちです。

thumbnail.php?id=1102_24_4453a6270c.jpg&alt=施工前の写真。ここにエコカラットを貼り、新しいテレビを壁掛けしたいとのご要望でした。
(↑)こちらは「無料壁掛け診断」からお客様がUPしてくださったお部屋の写真。壁面は石膏ボード壁。コンセントは左側の90度対角の壁にしかありません。ここに新たにコンセントを2か所作り、エコカラットを貼り、新しいテレビを壁掛けする工事を一日で行わせていただきました。

thumbnail.php?id=1102_25_3a499d1633.jpg&alt=簡単な配線経路図。点線の部分が壁内経由です。
(↑)配線経路のイメージ図です。左側の既存コンセントから壁内を90度グイッとカーブし、レコーダー用、テレビ用のコンセントへと繋がっています。

■さまざまなリクエストに対応します
「今お使いのテレビを壁掛けにしたい」
「テレビの買い替えを機に壁掛けテレビにしたい」
「壁掛けテレビを機会にエコカラットを貼りたい」
壁掛けテレビ専門店のカトー電器ならいずれのリクエストも対応可能です。壁掛け工事、テレビのお届け、エコカラット施工、いずれも自社で行うためお手続きも大変スムーズに進みます。

リビングの模様替えをお考え出来たらお気軽にご相談、お問い合わせください。
【神奈川県】横浜市のマンションでリビングにエコカラットを貼り、55インチ有機ELテレビ(XRJ-55A80J)を壁掛け
■下地補強のないエコカラット壁
神奈川県での壁掛け工事レポートです。
お客様は弊社ホームページの無料壁掛け診断からお問い合わせくださいました。UPしていただいた壁面にはエコカラット(グラナスルドラ)が貼られており、下地補強は施されていないとのこと。そこで施工スタッフがエコカラット壁の内部から補強する「壁内部分補強」のプランを作成。お見積もりと一緒にメールでお送り、お客様よりご予約のお返事をいただきました。

■相模原市へ壁掛け工事
施工当日はスタッフ2名が名古屋から相模原市へ向かいました。お客様宅は一戸建て。ご希望の壁面を調べるとやはり下地補強が無いため、カトー電器が得意としている「壁内部分補強(エコカラット)」を施工。十分な強度を確保した上で、角度個s定期タイプの壁掛け金具を取り付けさせていただきました。壁内で下地補強を施すことで、参考写真のようにエコカラット面に金具が直付けされ、壁掛けテレビの出幅(ではば)を最小限に抑えることが出来ます。
同時にテレビで隠れる位置にコンセントパネルも新設しました。こちらは100ボルト電源、アンテナ線の他に録画用HDDのUSBケーブル、Nintendo Switch用のHDMIケーブル、さらに予備としてHDMIケーブルをもう一本を壁内に通しています。壁掛けテレビでは後からケーブルを追加するのは難しいため、特にHDMIケーブルなどは将来を見越して予備のケーブルを何本か通しておかれることをおすすめしています。
最後にテレビを壁掛けして動作確認。御覧のようにケーブル類が見えない美しい壁掛けテレビが完成しました。

■「ここが見どころ」写真解説
以下、各部を撮影した写真とポイントです。
thumbnail.php?id=847_17_7645ca8a52.jpg
(↑)エコカラットプラスのグラナスルドラが貼られた壁面。建築当初は壁掛けテレビを想定していなかったため下地補強は無く、テレビ用のコンセントもありませんでした。カトー電器が得意としている「壁内部分補強」で強度を確保し、壁掛けテレビの背面にコンセントパネルを新設しました。

thumbnail.php?id=847_18_21ee2546e7.jpg
(↑)壁に掛けられているテレビはハイセンスの58S6E。58インチの4Kチューナー内蔵液晶テレビです。壁掛け時にはスタンドを外します。スタンドを外したテレビ本体のサイズは横幅が1289mm。高さが751mm。厚みが72mmです。重量は15kg弱ありますので壁面には十分な強度が求められます。

thumbnail.php?id=847_19_c590621880.jpg
(↑)反対側から撮影。どの角度から見てもケーブル類が一切見えないのがポイントです。テレビの取付高さはお客様の好みもあり、少し低めになっています。

thumbnail.php?id=847_20_2267bdf7bd.jpg
(↑)エコカラット壁とテレビとの接合面。今回使用しているのはホワイトの角度固定式金具です。補強工事が壁の内側で行われているため接合面は御覧のようにフラットな仕上がりになっています。

thumbnail.php?id=847_23_b448d6ed93.jpg
(↑)施工前の一枚です。子のエコカラット壁に壁掛け金具、コンセントパネルが作られたことがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=847_24_cbab67e8d8.jpg
(↑)こちらも施工前の一枚。テレビボード(テレビ台)をお使いの場合、その背後はどうしてもケーブルだらけになってしまいがち。お掃除もしづらくホコリもたまりやすくなりますが、壁掛けテレビにするとこれらのケーブルをスッキリ片付けることが可能です。
【神奈川県】神奈川県相模原市でエコカラット壁(グラナスルドラ)にハイセンスの58インチ液晶テレビ(58S6E)を壁掛け
■下地が無い壁でも「壁内部分補強」で壁掛け出来ます
壁掛けテレビには十分な強度を持たせ下地補強が必要です。通常は新築時に石膏ボードの裏側に分厚いベニア合板などを貼って補強とするのですが、建売住宅などの場合、このような下地が施されていない壁がほとんどです。しかしカトー電器が得意としている「壁内部分補強」ならば下地補強が無い壁でも後から壁内部に補強を施すことが出来、テレビの壁掛けが実現できます。今回はそんな事例をご紹介いたしましょう。

■増え続けるケーブルを壁掛けテレビでスッキリきれいに
神奈川県横須賀市での壁掛け工事レポートです。本来テレビは100ボルトの電源とアンテナ線さえあれば良いものですが、近年はレコーダーやゲーム機などさまざまなものをつなぐためテレビ周りのケーブルがどんどん増えていく傾向があります。今回のお客様も数多くのケーブルを使用されており、今回それらのすっきりさせたいとの思いもあって弊社にお問い合わせくださいました。送っていただいた写真を見る限り、壁面に壁掛け用の下地は無さそうです。そこで施工スタッフが壁内部分補強を施した場合の工事お見積もりを作成。お客様にメールでご提案し、工事のご依頼をいただきました。

■壁内部分補強と壁内配線工事
施工当日、名古屋からスタッフ2名が横須賀市へ。お客様宅は一戸建て。ご希望の壁面を調べたところ当初の見立ての通り下地補強はありませんでした。そこで台座金具を取り付ける箇所に弊社が得意とする壁内部分補強を施工しました。壁内部分補強は文字通り、は壁の内部から補強を行うため余分な出幅(出っ張り)が生じないのが特徴です。壁内部分補強と併せて間柱も使って金具を固定し強度を確保。
同時進行でテレビで隠れる位置にテレビ用のコンセントパネルも新設します。今回壁内を通すケーブルが4種類7本と多くこちらは少しばかり手間取りましたが、壁内配線は無事完了。最後にお客様ご用意の65インチのテレビを壁掛けし、各種配線を接続して完成となりました。


■ケーブル類もスッキリ!
動作確認し問題がないことをお客様にもご納得していただき工事は無事完了。写真のようにケーブル類が一切見えないスマートな壁掛けテレビが誕生しました。今回将来を見越して予備のHDMIケーブルを壁内に通していますので、今後ゲーム機が増えたりした時も特別な工事もなく、そのまま使っていただけるようになっています。
以下、各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=834_16_c837674956.jpg&alt=横須賀市での壁掛けテレビ工事。下地が無い壁面にあとから補強を施しました。
(↑)石膏ボードの壁内部に下地補強を施した上で65インチの大型液晶テレビを壁掛けしました。各種ケーブル類は壁内を通す壁内配線を採用。見た目はとてもスッキリしています。

thumbnail.php?id=834_17_1737393052.jpg&alt=テレビはレグザ65M540X
(↑)正面から撮影。お客様のテレビは東芝のレグザシリーズ65M540X。65インチの液晶テレビです。壁掛けするためスタンドを外して取り付けました。テレビ本体のサイズは横幅が1446mm、高さが846mm、テレビ本体の厚みは83mmです。

thumbnail.php?id=834_18_82fc893938.jpg&alt=ケーブル理が一切見えない壁内配線
(↑)壁内には100ボルト電源コード、アンテナ線、HDMIケーブルが4本、それにLANケーブルが通っています。HDMI4本のうち1本は将来を見越した予備ケーブルです。壁内配線の場合、あとからケーブルを追加するのはなかなか手間ですので「もしかしたらもっと機材が増えるかな」という方には予備ケーブルを通されることをお勧めしております。

thumbnail.php?id=834_19_384ee3e271.jpg&alt=金具は薄さ重視の角度固定式タイプ
(↑)斜め横から撮影。今回使用した金具は薄さを重視した角度固定式タイプ。テレビとの壁面の隙間をなるべく薄くしたい方におすすめです。隣接しているキッチンなどからも視聴したいという方は、左右に角度が調節できる可動式タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=834_20_32fb2ca589.jpg&alt=壁と金具の接地面
(↑)壁と金具の接地面。写真上に見えているが新しく新設された壁掛けテレビ専用のコンセントパネルです。テレビに繋げられたさまざまな配線はこのコンセントから壁内に入り、テレビ台のコンセントへにつながっています。

thumbnail.php?id=834_22_d3a06982bb.jpg&alt=工事前の一枚。テレビは据え置きの状態
(↑)こちらは工事前に撮影した一枚。工事途中の写真を見比べていただくと新設されたコンセント位置などがイメージしやすくなると思います。

thumbnail.php?id=834_23_befcd90c61.jpg&alt=工事前の一枚。テレビ裏はご覧のような配線でした。
(↑)こちらはお客様が弊社にお問い合わせの際に送ってくださった写真の一枚。わざわざテレビ台をずらしてコンセントの位置を示してくださいました。(ありがとうございます)テレビ台の裏側は得てしてケーブルだらけになりがちですが壁掛けにすることでこれらの配線をスッキリさせることが可能です。

■壁掛けはテレビ周りの掃除を楽にしてくれます!
テレビ台の裏を掃除して、うっかりケーブルが抜けてしまったりした方はぜひカトー電器の壁掛け工事+壁内配線をご検討ください。現在のお部屋の様子を撮影し、専用フォーム「無料壁掛け診断」から送ってくだされば専門スタッフがスピーディーにお見積もりを作成、折り返しメールにてご連絡差し上げます。
【神奈川県】神奈川県横須賀市で石膏ボード壁に壁内配線で65インチの東芝レグザ(65M540X)を壁掛け
横浜市でのテレビ壁掛けレポートです

マイホームの設計段階の時点で弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」からお問い合わせをいただきました。さっそくUPしていただいた図面の写真を確認。お客様のご希望は

・エコカラット壁
・フロートテレビボード
・65型液晶テレビ(カトー電器にてご購入)

この3点が主です、エコカラット壁の施工とフロートテレビボードの設置はハウスメーカ様が担当されることになりました。エコカラット壁には下地補強が施されますが、問題となるのは補強の範囲。これは金具の種類によって大きく変わってきます。さらにコンセントや空(から)配管の位置もテレビと金具の組み合わせによって最適な場所が変わってしまいます。

そこで有料とはなりますが、カトー電器の「事前カルテ作成サービス」をご利用いただき、ハウスメーカー様向けの「指示書」を作成させていただきました。これは弊社の施工担当者がテレビと金具、そしてフロートテレビボードのデータをもとに、補強の範囲やコンセントの位置を記した図面を作成。ハウスメーカー様に指示書としてお渡しするサービスです。壁掛けテレビ専門店としてのノウハウを詰め込んだ指示書は、これまでも「分かりやすい」「迷わずこちらの工事が出来ました」とご好評をいただいております。

なおハウスメーカーは横浜に拠点を置くウィザース神奈川さまです。(ご協力ありがとうございました)

お客様のマイホームも完成し、いよいよ名古屋から施工スタッフ2名でご訪問。
リビングを見せていただくと事前カルテ(指示書)通り、エコカラット壁+フローとテレビボードが出来上がっていました。テレビの取り付け位置も事前カルテで相談済みですので工事は順調にスタート。エコカラット壁に可動式の金具を直接取り付け(下地補強がされているから直接取り付けOK)、各種ケーブルを用意された配管内に通し、ご購入いただいたテレビを開梱、壁掛けします。

打ち合わせと事前の準備がしっかり出来ていたおかげで、一連の作業は大変スムーズ完了。写真のようにスタイリッシュで美しい壁掛けテレビが実現しました。

マイホームがまだ設計段階、もしくは建築中という方は、弊社サービス「壁掛け事前カルテ作成サービス」がおすすめです。お客様のご要望をお聞きし、補強やコンセント、配管の最適位置を記した指示書をカトー電器が作成、ハウスメーカー様にお渡し、共闘して壁掛けテレビをすすめさせていただきます。

thumbnail.php?id=833_17_58ec32cd93.jpg
(↑)下地補強をしっかり施したエコカラットの壁面に、直接金具を設置し、65型の液晶テレビを壁掛けさせていただきました。下地補強範囲やコンセントの取り付け位置、配管ルートなどは事前にカトー電器が指示書を作成。ハウスメーカー様にお渡ししてご用意していただきました。

thumbnail.php?id=833_18_c0db4bc005.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはソニーのブラビアシリーズ 65型液晶テレビ KJ-65X9500H。壁掛け時の本体サイズは145cm×83cm。アンテナ線やHDMIケーブルは指示書通り、壁内の配管を経由してテレビボードへと繋がっています。

thumbnail.php?id=833_19_2816e2d779.jpg
(↑)エコカラットの幾何学的なパターンに壁掛けテレビは良いアクセントとなってくれます。テレビボードはお客様がご購入され、ハウスメーカー様が指示書に基づて設置してくださいました。

thumbnail.php?id=833_20_86dabd971e.jpg
(↑)テレビを動かしてみたところ。背面に録画用のUSBハードディスクを取り付けています。視界に入るところですのでケーブル類も丁寧に束ねて処理しています。奥に出入口がありますので、コンセントはなるべく目立たないように手前側に設計させていただきました。

thumbnail.php?id=833_23_4f0925a501.jpg
(↑)壁掛け施工が始まる直前の写真です。壁面の下地補強、エコカラットの貼り付け、フロートテレビボードの取り付け、コンセントパネルの設置まではハウスメーカー様によって終えられていました。
【神奈川県】神奈川県 横浜市でエコカラット壁に65型液晶テレビ KJ-65X9500Hを壁掛け
■珪藻土壁での壁掛け工事
お客様はホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。壁面は珪藻土(けいそうど)で、壁内部には下地補強が施されており、壁掛けテレビ用のコンセントまで作られているとのこと。これなら問題なく施工できそうだと判断し、施工スタッフが早速お見積もりを作成。お客様にメールでご連絡したところ、快諾してくださり、工事の運びとなりました。

■接続機器類はかなり多め
施工当日は名古屋からスタッフ2名が藤沢市へ。お客様宅は一戸建て、ちなみにハウスメーカーは神奈川県に拠点を置くecomo(エコモ)様です。
ご挨拶もそこそこに、さっそくお客様とテレビの取り付け位置について話し合います。マスキングテープで49インチテレビのサイズを位置取りし
「左右は…この窓と窓の中心ですね。」
「高さは、これくらいでどうでしょう?」
「もう少し下にしてみましょうか。」
とお客様のご希望に近づけていきます。設置場所が決まれば、次は金具の取り付け、そして壁内の配線作業です。今回テレビに接続される機器は
・USBハードディスク
・ブルーレイレコーダ
・SONYプレイステーション
・Nintendo Switch 
・サウンドバー
と数が多く、なんと6本のケーブルが壁内を通ることになりました。ハウスメーカー様によってあらかじめ壁掛けテレビ用のコンセントは用意されていましたが、さすがに6本のケーブルを通すことは想定されていなかったため、ここは施工スタッフがコンセントパネルを一旦外し、より多くのケーブルが通せるように組み替えさせていただきました。
配線経路が確保できればゴールはもうすぐ。お客様のテレビを金具に取り付け、各種ケーブル類を接続したら、写真のような壁掛けテレビが見事完成しました。

■各簿写真と見どころ解説
以下、各部の写真とポイントを解説していきます。

thumbnail.php?id=775_13_2ebced81cd.jpg
(↑)神奈川県での壁掛けテレビ工事。壁面は色付きの珪藻土(けいそうど)。壁掛けを想定し、壁内には下地補強が施され、テレビ用のコンセントパネルも用意されていました。準備万端のハウスメーカー(ecomo)様に感謝です。

thumbnail.php?id=775_14_8e6839f8ad.jpg
(↑)テレビはパナソニックの49インチ液晶テレビ TH-49GX855。壁掛け時の本体サイズは横幅が1099mm、高さが640mm。本体の厚みは61mmです。

thumbnail.php?id=775_15_5d9f3d703e.jpg
(↑)お客様はサウンドバーもお使いです。今回はテレビボードの上に置いて使用されるため、テレビから壁内部を通すかたちで配線させていただきました。

thumbnail.php?id=775_18_48fb853ff8.jpg
こちらは施工前の一枚です。壁内配線にすることでテレビ浦野ケーブルは驚くほどスッキリします。ゲーム機などテレビと接続する機材が多い方も是非壁掛けテレビをご検討ください。
【神奈川県】神奈川県藤沢市で珪藻土の壁にパナソニック49インチ液晶テレビ(TH-49GX855)を壁掛け
■無料壁掛け診断からお問い合わせ
横浜市での壁掛けテレビ工事レポートです。お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」を使ってお部屋の写真と図面をUPしてくださいました。お部屋の写真を確認すると床上に電源とアンテナ端子があり、壁内で配線すれば見た目の美しい壁掛けテレビができそうです。ウォールシェルフもご検討中とのことでしたのでシェルフ壁掛けの工事も含めたお見積もりを作成。メールにてご連絡差し上げました。
お見積内容にお客様もご納得され、施工日が決定。当日スタッフ2名が名古屋市から横浜へお伺いし、工事の運びとなりました。

■壁掛けテレビとウォールシェルフ
お客様宅は分譲マンション。ご指定の壁面は予想通り下地補強が施されていなかったので、カトー電器が得意とする壁内部分補強で強度をしっかり確保。さらに壁内の間柱も使って壁掛け金具を取り付けました。今回使用した金具は薄さを重視した角度固定式タイプ。テレビで隠れる位置には専用のコンセントパネルも新設し、壁内配線で床上のコンセント、それに棚上のコンセントに繋げました。

■テレビはお客様がご用意の49インチ液晶テレビ
テレビはお客様がご用意されたソニーのブラビアシリーズKJ-49X9500Hです。壁掛け時には脚部は付けず、代わりにテレビの背面に専用の壁掛け金具を取り付けます。壁掛け時の本体サイズは横幅が1093mm、高さが629mm、厚みは69mmです。各種ケーブル類はテレビのサイド方向から差し込む構造になっており、壁掛け時の出幅(ではば)を抑えること出来るので、壁掛けでは人気の機種となっています。
こちらのテレビを壁掛けし、ウォールシェルフに乗せたレコーダー類と接続したら工事完了です。

■各部の写真とポイント解説
以下、各部の写真とポイントを解説していきます。

thumbnail.php?id=774_14_edfe613e6a.jpg
(↑)分譲マンションでお部屋の区切りとなる壁に49インチテレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛けしました。下地補強が施されていない壁のため、カトー電器独自の壁内部分補強と間柱を使って壁掛け金具をしっかり固定しています。

thumbnail.php?id=774_13_6ba7dc00e6.jpg
(↑)テレビの上にはレコーダー置き場としてウォールシェルフも設置。将来的にここにゲーム機も置かれる予定だそうです。テレビと同じくシェルフの奥には専用コンセントを新設し、100ボルト電源とテレビにつながるHDMIケーブルが顔を覗かせています。

thumbnail.php?id=774_15_5c9c2550ef.jpg
(↑)側面から撮影、こちら側はお部屋の出入り口にあたるため、壁とテレビの接合面はなるべくスッキリ見えるよう、ケーブル類の取り回しに配慮しています。壁掛け金具は薄さ重視の角度固定式タイプを採用。カラーは壁面の色に合わせたホワイト。

thumbnail.php?id=774_16_cb658a3930.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)の上に置かれたWi-Fiルーター。電源のとれるウォールシェルフは使い勝手が良く、レコーダーやルーター、そしてゲーム機などさまざまな機材が置かれがちです。

thumbnail.php?id=774_17_c359c74adc.jpg
(↑)床上の既存コンセント。壁内からLANの端子が来ていますが、これは棚上のWi-Fi
ルーターに繋げるため、一旦「壁内に戻す」という処理を行っています。

thumbnail.php?id=774_18_e1d2b659fd.jpg
(↑)工事前の一枚。ご覧のような壁面でも壁内にピンポイントで下地補強を施し、壁内で配線を行えば、写真のようにすっきりとした壁掛けテレビが実現できます。

今お住いのマイホームで
「後から壁掛けにできないかな…」
のお考えの方はお気軽にカトー電器にお問い合わせ・ご相談ください。経験豊富な施工スタッフがさまざまな事例を参考に最適なプランをご提案させていただきます。
【神奈川県】神奈川県横浜市で石膏ボード壁に49インチ液晶テレビ(KJ-49X9500H)とウォールシェルフを壁掛け
神奈川県小田原市での出張壁掛け工事レポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。リビングの写真と図面とを送ってくださいました。

壁掛けテレビそれ自体は問題ありませんが、レコーダーの置き場所で悩まされており、テレビ台やシェルフは避けて、なるべくすっきりさせたいとのご要望。お電話でご相談させていただき
「レコーダーはリビングの収納棚に設置する」
という案に落ち着きました。収納棚は写真のように、テレビの壁面とは反対方向に位置しているため、壁内から天井裏を通って配線させていただきました。

難易度の高い工事となりましたが、天井裏配線の経験値が高いスタッフにより工事は無事完了。お客様のご希望通り、壁掛けテレビの周りはスッキリとした大画面壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=773_17_853cbacea0.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。75型の最新液晶テレビです。本体サイズは167cm×97cm。ドラマや映画の役者さんが等身大で写し出される迫力です。

thumbnail.php?id=773_21_aa9e5ffe2c.jpg
(↑)テレビの右下にはHDMIコンセントを新設。ここにゲーム機などを接続すると75インチの大画面に映像と音声が出力される仕組みです。

thumbnail.php?id=773_18_1538a8ae58.jpg
(↑)番組を録画・再生するレコーダーは反対側の収納棚に格納。テレビから壁内→天井裏を経由してつながっています。難易度の高い工事でしたが、
「お客様のこだわりですからね。実現してみせますよー!」
と天井裏配線の経験豊富なスタッフが頑張ってくれました。

thumbnail.php?id=773_20_f468af70ad.jpg
(↑)本工事の目玉ともいえるレコーダーの様子。写真右手前に映っているのがブルーレイレコーダーです。ここから一旦天井裏を通り、奥のテレビへと繋がっています。


thumbnail.php?id=773_22_9836ab848d.jpg
(↑)分かりやすくケーブルの経路を描いてみました。Wi-Fiでも出来なくはないのですが、安定性を求め、より確実な有線でつなげさせていただきました。

thumbnail.php?id=773_19_123d1408ee.jpg
(↑)こちらは側面の様子。金具は将来別メーカのテレビに付け変えも対応できるように汎用型の角度固定式の金具を選択。壁面はカトー電器が得意とする壁内補強にて強度を確保しています。

今回のお客様はたくさん写真と資料を送ってくださり、おかげで社内の協議(配線経路はどうします?)もスムーズに進みました。
図面の用意が難しくてもさまざまな角度から写真を撮影していただければ、それだけ詳細なお見積もりプランが作成可能となります。壁掛けテレビをご検討中の方は、ぜひ壁面だだけでなくコンセント周りなどの写真も撮影してみてください。
【神奈川県】神奈川県小田原市でリビングの石膏ボード壁に75型液晶テレビ (KJ-75X9500H)を壁掛け
神奈川県小田原市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様宅は神奈川県小田原市。カトー電器自社施工として壁掛け工事スタッフ2名がお伺いさせていただきました。

お客様が壁掛けご希望の壁面は下地補強が施されていないため、カトー電器が得意とする壁面内部からの部分補強をおこない強度を確保。そこに角度固定式の金具を設置し、お客様ご使用中のテレビ ソニーのKDL-55W802Aを取り付けました。
写真では隠れていますが、テレビの背面には専用のコンセントパネルを2つ新設。100ボルト電源、アンテナケーブル、HDMIケーブルさらにスピーカーケーブルを壁内に配線し、床上のコンセントパネルにつなげています。床上のコンセントパネルは一か所をHDMIコンセントに組み替えており、ここにレコーダー機器やゲーム機などをつなげばテレビに映像やサウンドが出力されます。
後日、テレビ台が搬入されるとのことでしたので、一部ケーブル類は接続しやすいようにそのままの引き出したかたちで工事完了となりました。

テレビ台との併用を考えているお客様の中には
「テレビが壁掛けされた状態を見てから、(それに似合う)テレビ台を選びたい」
という方も多く、そのような場合は御覧のように後でつなぎやすい状態で工事を終えさせていただくことも可能です。

お客様とは施工中もいろいろ楽しいお話をさせていただき、リラックスした雰囲気の中で楽しく作業させていただきました。

thumbnail.php?id=739_14_f220e07199.jpg
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KDL-55W802A。テレビの本体サイズは125cm×x74cm。お客様お使いのテレビです。スタンドを外し、壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=739_15_aebb42cd1c.jpg
(↑)テレビで隠れていますがテレビ後ろの壁面にコンセントパネルを2か所新設。100ボルト電源、アンテナ線、HDMIケーブルが壁内を通って、床上のコンセントパネにつながっています。

thumbnail.php?id=739_16_994727aa3b.jpg
(↑)正面から撮影。後日テレビ台がこの下に置かれるとのこと。レコーダーやゲーム機をテレビ下のHDMI端子に接続すれば映像とサウンドがテレビから出力されます。

thumbnail.php?id=739_17_bb33bda823.jpg
(↑)真横から。金具は角度固定式金具。壁面に合わせて金具はホワイトを採用。テレビ本体の厚みは6.4cmです。

thumbnail.php?id=739_18_2f634634fb.jpg
(↑)床上のコンセントパネルです。真ん中のパネルにHDMIケーブルをつなぐ端子を作らせていただきました。

カトー電器商会では、現在リビングでお使いのテレビでも壁掛けさせていただきます。テレビの型番は多くの場合、背面に記されていますので、壁の写真と一緒に専用フォーム「無料壁掛け診断」よりお送りくだされば、工事担当者がスピーディーにお見積もりを作成。営業時間内でしたら即日メールにてお返事させていただきます。
年末年始を機にテレビの壁掛けをご検討中でしたら、ぜひこの機会にカトー電器までお問い合わせください。
【神奈川県】神奈川県小田原市で石膏ボード壁に55型液晶テレビ(KDL-55W802A)を壁掛け
神奈川県横浜市での壁掛け工事出張レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。送っていただいたお部屋の壁にはエコカラットが貼られていますが、壁掛けテレビ用のコンセントパネルは見当たりません。さらに
・テレビの型番はOLED65C9PJA。納品待ち状態(2週間程度かかります)
・テレビ台は後日納品予定のため、工事日には配線のみをご用意いただければと思います。
・壁掛け金具の用意はないため、特にこちらから金具の指定はございません。
・サウンドバーはテレビ台上に、ゲーム機器はテレビ台内の収納(右手側)に置く予定です。
など非常に具体的なプランも書き添えてくださいました。これには施工担当者は大助かり。早速お見積もりを作成し、お客様にメールにてご連絡させていただきました。

お客様から施工のご予約をいただき、当日スタッフ2名が名古屋から横浜市へ。お客様宅はマンションでご希望のエコカラット壁は予想通り下地は入っておりませんでした。
そこでスタッフが壁内から補強をおこない強度をしっかり確保。さらにテレビで隠れる位置に専用のコンセントを新設し、床上のコンセントまでHDMIケーブルなどを通していきます。

下地補強と配線経路が確保出来たら、壁掛け金具の台座取付です。今回使用したのは有機ELテレビの薄さを最大限活かしてくれる角度固定式タイプ。これをエコカラット面に直接取り付けていきます。「壁内補強」の場合、文字通り壁の内部で補強が行われているため、余分な出っ張りもなく厚みを最小限に抑えれるのが特長です。

最後にお客様ご使用中の有機ELテレビを取り付け、各種ケーブルを順次接続し終えたら工事完了。写真のようにエコカラット面にアクセントとなる壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=562_8_0cd612b947.jpg
(↑)神奈川県横浜市での壁掛け工事。壁面はエコカラットのラフクオーツが貼られていますが、壁掛けテレビ用の下地補強が無いため、カトー電器が壁の内側に補強工事をおこない強度を確保。その上で壁掛け金具とテレビ本体を取り付けています。テレビはLGの有機ELテレビ OLED 65C9PJA。壁掛け時の本体サイズは横幅が1449mm。高さが830mmという大画面。それでいて厚みは47mmという薄さです。この薄さを活かすのでしたら写真のような角度固定式タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=562_9_da5eb4e120.jpg
(↑)お問い合わせ時にテレビやテレビ台の状況や、完成イメージを具体的にお伝えくださったため、以後のやり取りは大変スムーズに進みました。(ありがとうございます)テレビボードの中にはブルーレイレコーダーやPS(プレイステーション)4、Nintendo Switchなどが収納されており、壁内を通してテレビと接続されています。テレビ台の上にはサウンドーバーも配置。

thumbnail.php?id=562_10_1e4037a6a7.jpg
(↑)テレビとエコカラットの接合面。壁の内部(内側)で補強すれば御覧のように、エコカラット、壁掛け金具、テレビをそのまま接合することが可能です。手前に見えるのがエコカラット壁面に新設された専用のコンセントパネル。アンテナ線、HDMIケーブル3本、光ケーブル1本、USBケーブル1本がここから壁内を通り、床上コンセントへとつながっています。

thumbnail.php?id=562_11_4cc8ba7348.jpg
(↑)テレビ台の後ろに隠れている床上コンセント。壁掛けテレビから伸びてきた各種ケーブルがここから出て来ます。最近では将来の機器増設を見込んでHDMIケーブルなどを余分に通しておかれる方が増えてきました。


テレビ台を置きたくないという方には、HDMIコンセントがおすすめです。
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/category_hdmi_concent.php
HDMIコンセントの場合、ゲーム機は
「遊ぶ時だけ繋ぐ」
「遊び終わったらケーブルを抜いて片付ける」
といった家庭内ルールが生まれえうので、お子さんが遊び過ぎてしまうことを防ぐことも可能です。

カトー電器の壁掛けテレビは御覧のようにさまざまなオプションをご用意しておりますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
お客様に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
【神奈川県】神奈川県横浜市でエコカラット壁(ラフクオーツ)にLGの65インチ有機ELテレビ(OLED65C9PJA)を壁掛け

長浜(滋賀県) ー 敦賀(福井県)沿いが人気です

滋賀・北陸方面もお伺いします
大垣から長浜、敦賀に至る沿線で壁掛け施工を多く承っています

本ギャラリーにはあまり登場しませんが、北陸自動車沿いの「米原」「長浜」「敦賀」周辺で壁掛けテレビの施工が増えてきました。

名古屋からお伺いする場合、多少の交通経費が加算されますが、補強の痕跡が見えない「壁内補強」とケーブルが見えない「壁内配線」とを組み合わせた美しい壁掛けテレビをお約束いたします。マイホームを建築中の方も、ハウスメーカー様と話し合いが上手く進まない方は「無料壁掛け診断」から図面の写真を送ってみてください。お客様とハウスメーカー様との間に入って、最適な壁掛けプランをご提案させていただきます。