大阪府で壁掛けテレビ工事

大阪府の壁掛けテレビ 工事例

大阪府でのテレビ壁掛け工事の写真集です。壁掛けテレビ専門店による豊富な写真と詳細な解説で、大阪市を中心に石膏ボードやエコカラット壁などさまざまな事例をご紹介しています。
大阪市ではマンションの壁に設置されたフェイクウォールPIXYの工事レポート、エコカラット壁た壁面に65インチの有機ELテレビを壁掛けしたレポートを掲載。
茨木市では65インチの有機テレビと一緒にBOSEのサウンドバーも壁掛けした工事を掲載しています。岸和田市では75インチの大型液晶テレビの壁掛け例、枚方市では上下左右に角度が調節できる可動式金具による工事を、東大阪市での施工例ではテレビの上部にウォールシェルフ(棚)を設置してテレビと壁内配線で接続した例をご紹介。
特にエコカラット壁へのテレビ壁掛けはさまざまなリクエストが多く、ここでご紹介する施工例も多岐に渡ります。大阪府にお住まいで壁掛けテレビやフェイクウォールなどをお考えでしたら、カトー電器にご相談ください。ご希望の壁面をスマホなどで撮影し、弊社ホームページの「無料壁掛診断」からお写真をUPしてくだされば工事責任者が写真を確認し、すぐに工事プランとお見積もりを作成します。メールもしくはお電話でご連絡差し上げますので、それをベースに壁掛けプランをご家族で話し合ってみてください。

■マンションで人気「フェイクウォール PIXY」
カトー電器商会のオリジナル商品フェイクウォールPIXYは、通常の壁掛けテレビと異なり、壁に開口部を作りません。本物の壁の手前にニセの壁(フェイクウォール)を設置することでテレビの壁掛けを実現します。そのため壁に加工が施せないマンションにお住まいの方から高い評価をいただくようになりました。今回のお客様もマンションにお住まいで弊社ホームページ「無料壁掛け診断(PIXY)」からお部屋の写真をUPしてくださいました。

■写真から伝わる意気込み
送っていただいた写真を見ると既にテープで位置決めをされています。近頃は、あらかじめテープや新聞紙などで位置決めし、
「ここ!ここに壁掛けしたいです!」
とお客様の本気度が伝わる写真をたくさんいただけるようになりました。この意気込みにお応えすべく、施工担当者も詳細なプランとお見積もりをすばやく計算。多数の参考写真も含めて、お客様にご提案させていただきました。お客様の反応も早く翌日にはお返事をいただき、とんとん拍子で施工のご予約を承りました。しかもテレビは同時購入です。(ありがとうございます)

■スタッフ3名大阪へ
施工当日、カトー電器から壁掛け施工スタッフ2名、そして内装工事のスタッフ1名が大阪府豊中市へ。ご指定の壁面と配線ルートを確認させていただき、さっそく工事を開始。PIXY本体を組み立て、外装となるクロス壁紙を丁寧に貼っていきます。今回のクロスはサンゲツ社のRE51296
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51296
落ち着いた色調のレンガ柄のアクセントクロスです。クロスを貼り終えたら床との接合箇所に巾木(はばき)を設置し、「壁」としての体裁を整えます。
同時進行で電器工事班は配線ルートを確保。PIXYの壁面にはコンセントが無いため、90度対角の壁面から壁外配線でケーブルを延長し、PIXY内部へと通していきました。
PIXY本体が出来上がれば、ここから先は普通の壁掛け工事と大差はありません。角度固定式タイプの金具を取り付け、金具と干渉せずテレビで隠れる位置に専用コンセントを作っていきます。最後に65インチの有機ELテレビを開梱し、PIXYに壁掛けすれば工事は完了。写真のようにケーブル類が見えないスマートな壁掛けテレビが実現しました。

■見どころ解説
以下、各部の写真と ポイントの解説です。

thumbnail.php?id=1083_24_2536b1213b.jpg&alt=大阪府豊中市で壁掛けテレビ工事
(↑)施工完了後の一枚。豊中市のマンションでフェイクウォールPIXY(ピクシィ)を設置して65インチの有機ELテレビを壁掛け。手前にはキャスター付きのテレビボード。お問い合わせ時のお客様からのご要望は「配線がごちゃごちゃしているので、全部テレビを設置する方にまとめてスッキリさせたいです。」とのことでしたが、ご覧のように実現できました。

thumbnail.php?id=1083_25_39be0463f6.jpg&alt=マンションにフェイクウォールPIXY
(↑)壁面はコンクリートで共用部と接しているため開口を設けるなどの加工は不可。しかしPIXYならば壁に直接加工せずとも設置は可能ということで工事のご依頼をいただきました。PIXY本体の外装はサンゲツのクロス壁紙仕様。テレビはカトー電器でご購入いただきました。(ありがとうございます)

thumbnail.php?id=1083_26_7896cd30c9.jpg&alt=テレビはソニーの有機EL65型
(↑)テレビはソニーの有機ELテレビ XRJ-65A80J。有機ELならではの美しい映像美はもとより、画面全体が振動してサウンドを生み出すアコースティックサーフェスは俳優さんの口元からセリフが聞こえるような錯覚に陥ります。壁掛け時の本体サイズは横幅が1448mm。高さが836mm。そして65インチのサイズですが、本体の厚みは53mmと薄く、角度固定式タイプの金具と組み合わせることで、出幅を極力抑えてスマートな壁掛けが実現できます。ちなみに本体重量は22.3kgです。

thumbnail.php?id=1083_27_b9396f51fc.jpg&alt=ケーブル類はPIXY内ですべて配線
(↑)設置した壁面にはコンセントやアンテナ端子が無いため、90度対角の壁面から電源やアンテナ線、それに光ファイバーケーブルを延長しています。これらのケーブル類は手前に見える白い配線カバーの中を通しています。

thumbnail.php?id=1083_28_d1b6419066.jpg&alt=施工途中。PIXYの組み立て完了
(↑)ここから施工途中の様子。写真はPIXY本体が完成し、壁掛け金具を取り付けたところ。金具の上部にテレビ用のコンセントパネル、床上にはキャスターのついたテレビボード用のコンセントパネルが用意されています。

thumbnail.php?id=1083_29_d1e3e3ef97.jpg&alt=既存の壁との接合部
(↑)こちらはPIXY本体と既存の壁との接合部。PIXYが浮き上がることなく両者が共に溶け込み一体感を出している点にご注目ください。

thumbnail.php?id=1083_30_4ff23d492c.jpg&alt=床との接合面
(↑)こちらは床との接合面。そのまま床に接するのではなく、PIXY周囲に巾木(はばき)を付けることでひと手間加えた高級感を演出しています。

thumbnail.php?id=1083_31_501c21c63f.jpg&alt=90度対角のコンセントから延長
(↑)90度対角からアンテナ線や100ボルト電源、光ファイバーケーブルなどを延長。この経路もモールと呼ばれる配線カバーを使い、なるべく目立たないように処理しました。

thumbnail.php?id=1083_32_fe66d53d15.jpg&alt=無料壁掛け診断から送っていただいたた写真
(↑)弊社のホームページ「無料壁掛け診断」からUPしていただいたお部屋の写真。ご覧のようにお客様ご自身による位置決めが行われており、「ここに壁掛けしたいです」との意気込みと本気度が伝わってきます。こういう写真に施工班は弱く、スタッフもついつい張り切ってしまうのです。

■テレビ周りの配線が増え始めたら壁掛けをご検討ください
レコーダー機器やゲーム機などテレビ周りのケーブルが増えてきてゴチャゴチャし始めたら壁掛けテレビ+壁内配線をご検討ください。特に各種ケーブルを壁内に通すと想像以上にテレビ周りはスッキリとし、お掃除も楽になります。
お部屋の写真を送ってくだされば施工担当者がすぐにお見積もりを作成し、折り返しメールにてご連絡差し上げます。
【大阪府】大阪府豊中市でフェイクウォールPIXYを設置し65インチ有機ELテレビ(XRJ-65A80J)を壁掛け
■壁掛け工事とエコカラットの同時施工
「テレビの壁掛けと一緒にエコカラットも貼ってもらえませんか?」
あるお客様からいただいたリクエストから、テレビの壁掛けと同時にエコカラット施工も行うサービスをスタートしたところ、お部屋の模様替えを考えているお客様から多くのご予約をいただくようになりました。(ありがとうございます)壁掛けテレビには下地補強が欠かせませんが、エコカラット同時施工の場合、

1.通常の壁に下地補強を施しコンセントも設置
2.それからエコカラットを全面に貼り
3.その上から金具とテレビを壁掛け

…という手順を踏むことで、美しいエコカラットと壁掛けテレビを実現いたします。すべての作業をカトー電器がワンストップで行うため、各種の手続きやご予約も簡単だと高い評価をいただいております。今回はそんなエコカラット同時施工のレポートです。

■大阪でエコカラット&壁掛け工事
施工当日はスタッフ2名がお客様宅へ。お客様宅は一戸建。ちなみにハウスメーカーは大阪府を中心に展開されている高橋開発様です。
まずはご希望の壁面を見せていただき、テレビの位置決め相談からスタート。75インチの液晶テレビの取り付け位置が決まると、次に壁内の補強作業に入ります。これはカトー電器が得意としている「壁内部分補強」を施し、テレビや金具を支えるだけの強度をしっかり確保しました。壁の外側に板を貼ったりするのではなく、壁の内側(内部)に補強を施すため、余分な出っ張りや厚みが生じないのが特長です。
壁内補強が完了したらエコカラットの貼り付け作業に進みます。エコカラットはストーングレース。専用のりを塗布し、床側から丁寧にかつ慎重に貼っていきます。明り取りの窓に合わせての貼り付け作業は特に注意し、小さくカットした部材を貼り進めていきました。
エコカラットの貼り付け作業は滞りなく終了したら、いよいよテレビの壁掛け工事です。
今回壁掛けさせていただくのはお客様がご用意されたソニーのブラビア75インチ液晶テレビ。金具は角度固定式タイプを使い、エコカラットの上から直接金具を設置・壁掛けさせていただきました。
壁内にアンテナ線やHDMIケーブルなどを通して壁掛け工事は完了。ご覧のようにケーブル類が一切見えない、美しい壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の見どころを解説
以下、各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=1056_26_74c756a458.jpg&alt=正面から撮影。エコカラットと壁掛け工事の同時施工です。
(↑)エコカラットを貼り、テレビを壁掛けを完了後に正面から撮影。ここまでで一日作業です。カトー電器なら一日あればエコカラット貼りからテレビの壁掛けまで出来上がります。

thumbnail.php?id=1056_27_01319ec480.jpg&alt=テレビ下のコンセントパネルはHDMI端子を持つものに組み替え
(↑)テレビ下のコンセントはHDMI端子を組み込んでおり、ゲーム機などをここに接続すると75インチの大画面に映像とサウンドが出力されるようになっています。

thumbnail.php?id=1056_28_aefa4a0139.jpg&alt=テレビはソニーの液晶テレビ75インチモデル
(↑)テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X8000H。75インチの大型液晶テレビです。壁掛け時の本体サイズは横幅が1686mm、高さが969mm、本体厚みは72mmです。重量が31.8kgとかなり重いため、壁内の補強はしっかりとした強度が要求されます。

thumbnail.php?id=1056_29_3a4ff6e62f.jpg&alt=ゲーム機などを接続できるHDMI端子を持つコンセント
(↑)HDMI端子を持つコンセントパネル。壁内を経由してテレビと繋がっています。DVDプレイヤーやゲーム機を繋ぐとテレビに出力され、使い終えたら機材は片づける…とすればテレビ周りはご覧のようにいつもスッキリ。

thumbnail.php?id=1056_30_1ca945a966.jpg&alt=エコカラットとの設置状態
(↑)テレビの側面を接写。エコカラットの上に直接金具を設置してテレビを壁掛けしています。壁内部で補強を施しているため、ご覧のように余分な出っ張りのない壁掛けが実現しました。

thumbnail.php?id=1056_31_36ae6f2761.jpg&alt=工事途中の写真。左下からストーングレースを貼っていきます
(↑)ここからは工事中の様子になります。写真はエコカラットを貼っている作業風景。専用ののりを塗りながらストーングレースを床方向から丁寧にかつ素早く貼っていきます。

thumbnail.php?id=1056_32_25ffd4a1b5.jpg&alt=四角い穴はコンセントパネル。
(↑)壁面の四角い開口部はコンセントパネル用のもの。すでにお客様とテレビの位置に関しては相談を終えており、壁内部の補強工事も終えています。青いマスキングテープがテレビの取り付け予定位置です。

thumbnail.php?id=1056_33_5172165fb1.jpg&alt=3分の2まで貼りました。ここから細かい作業になります。
(↑)床側から貼り、3分の2まで貼り終えました。ここから細かな作業になります。ストーングレースを細かくカットしてサイズを合わせる作業が入るためです。

thumbnail.php?id=1056_34_43aeab2bf8.jpg&alt=窓枠を囲むようにエコカラットを小さくカットして貼り付け
(↑)明り取りの窓があり、それを避けるようにしてエコカラットを貼っていきます。ストーングレーズをカットし、サイズを調整しながら貼っていきます。

thumbnail.php?id=1056_35_2a865dc112.jpg&alt=壁の上辺も丁寧に貼っていきます。
(↑)天井と接する個所も全体のトーンを意識しながら丁寧に貼っていきます。

thumbnail.php?id=1056_36_27b5b42afa.jpg&alt=エコカラットの上に直接設置した壁掛け金具とコンセント
(↑)エコカラットを貼り終えたあとに角度固定式タイプの壁掛け金具を設置。同時にテレビで隠れる位置に専用のコンセントパネルも作ります。

thumbnail.php?id=1056_37_4b11d47e30.jpg&alt=こちらはテレビ背面に取り付けた金具
(↑)角度固定式の金具。こちらはテレビ側の部材を取り付けたところ。最後にテレビを壁掛けし、各種配線を接続すれば完成です。

thumbnail.php?id=1056_38_034e2d3cb4.jpg&alt=工事前にお客様から送っていただいた現状の写真
(↑)お客様から送っていただいた壁掛け工事前の「Before」の写真になります。完成後の写真とぜひ見比べてみて下さい。

■エコカラットとの同時施工は1日で
通常のテレビ壁掛け工事だけでしたら半日もいただければ完了しますが、今回はエコカラットの施工もあるため一日仕事となりました。(それでも一日で終了します!)午前中からお客様宅へお伺いし、夕方にはエコカラット&壁掛けテレビが完成するプランです。興味のある方はお気軽にカトー電器にご相談ください。
【大阪府】大阪府枚方市でエコカラット(ストーングレース)を貼り、ソニーブラビア75インチ大型テレビ(KJ-75X8000H)を壁掛け
■可動式金具を使った壁掛けテレビ
可動式金具を使った壁掛けテレビでは、金具を動かした際に丸見えとなる金具と壁の接地面をどう仕上げるかがポイントとなります。下地補強が無い壁の場合、金具を取り付ける前に下地補強の工事を行いますが、それを壁の外側で行うか、壁の内部で行うかによって見ばえがかなり変わってきます。カトー電器商会では壁の内部で補強を行う「壁内部分補強」を推奨しています。壁内部分補強は写真のように壁面と金具台座が直接接しており、出幅を薄く見た目も美しく仕上げるのが特長です。

■大阪府高槻市でのテレビ壁掛け工事
今回ご紹介するのは大阪府でのテレビ壁掛け工事レポートです。お客様は当初フェイクウォールPIXYの設置をご検討されていましたが、写真の壁面にPIXYを設置すると明り取りの窓が塞がれてしまうため、弊社スタッフが通常の壁掛け工事をご提案。お客様もご納得いただき、壁掛け工事とウォールシェルフ設置のご依頼を承りました。

■テレビの位置決めと補強工事
工事当日はスタッフ2名が高槻市へ。お客様宅は一戸建て住宅。ちなみにハウスメーカは大阪や京都を中心に展開しているゼロホーム様です。お客様と対面し、さっそくテレビの位置決め相談。明り取りの窓があるためテレビ箱の中心に揃えることとなり、壁内部の補強工事に入りました。カトー電器の壁内補強工事は一旦壁紙をめくり壁の内側から補強を行い、再び壁紙に戻すというもの。仕上がりも美しく、余分な出っ張りも生まれないため、今回のようにテレビの裏側が見える可動式金具には最適な施工といえます。
同時にテレビに接続するアンテナ線やHDMIケーブルなどを通すための専用コンセントも作っていきます。今回はウォールシェルフを設置し、それらと壁内で接続するため、合計5個のコンセントパネルを作らせていただきました。壁掛けテレビの工事としては異例の数ですが、電気工事士の資格を持つベテランスタッフが手慣れた手付きで次々に作っていきます。

■可動式金具を取り付け
壁内の補強工事が終わり、配線経路が確保出来たら壁掛け金具の取り付けです。今回はお客様のご要望で上下左右に角度が調節できる可動式の金具を設置。可動式金具は角度が自由に変えられる半面、金具と壁面の接合部が丸見えになりますので、壁との接合部処理を美しが強く求められます。今回は壁の内側で補強を施したおかげでご覧のようにスッキリと美しく仕上げることが出来ました。

■テレビを取り付け配線接続
最後にお客様がお使いのテレビを壁掛けします。台座スタンドを外し、代わりに背面に壁掛け金具を取り付けたら壁面へ。6本の各種ケーブルを順々につなぎ動作確認が出来たら工事終了。レコーダーたやゲーム機に接続されているものの、テレビ下には何もない広々とした空間が確保された機能的な壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真とポイント解説
各部の写真と詳細なポイント解説です。

thumbnail.php?id=1026_34_35a372fab0.jpg&alt=2段の棚を壁掛けし、レコーダー機器やゲーム機を設置した機能的な壁掛けテレビです
(↑)レコーダーやゲーム機の置き場としてウォールシェルフ(棚)を2段設置し、壁内経由でテレビ接続した機能的な壁掛けテレビです。テレビ裏のコンセントとあわせて合計5個のコンセントを新設しました。

thumbnail.php?id=1026_35_1a98169007.jpg&alt=金具は上下左右に角度の調節できる可動式金具を使用
(↑)壁掛け金具は上下左右に角度が調節できる可動式金具を採用。隣接するお部屋からでもご覧のように首を降らせることで無理なく視聴できるようになります。半面金具と壁の接合面が丸見えになるので接合面の美しさが求められます。

thumbnail.php?id=1026_36_7aba2ef9e0.jpg&alt=可動式金具では首を振らせるために予想以上に長いケーブルを必要とします
(↑)壁の内部で補強を施しているため、余分な出っ張りなどもなく壁と金具の接合面はご覧のようにとてもスッキリしています。この写真から可動式金具は首を降らせるためにケーブル類はかなりの余裕が必要であることもお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=1026_37_5ecc690a09.jpg&alt=テレビと棚の機材とは壁内配線でつながっています。
(↑)可動式金具のアームをたたんで正面から撮影したところ。テレビはシャープのアクオス(LC-52G9)。52インチの液晶テレビです。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは横幅が1196mm。高さが717mm。厚みは59mm。重量は24kgあるため壁掛け時にはしっかりとした補強が求められます。

thumbnail.php?id=1026_38_b7dbbbf247.jpg&alt=一歩下がって撮影。テレビ下には何もない広々としたスペースが確保できます。
(↑)一歩下がって全景を撮影。壁掛けテレビにして、ゲーム機やレコーダー機器などをすべて棚上に置くことでテレビ下にはご覧のようなスペースが生まれます。お部屋を広くつきたい方には壁掛けテレビ+ウォールシェルフの組み合わせは特におすすめです。

thumbnail.php?id=1026_39_43b0577fb1.jpg&alt=ここから工事中の様子。壁紙をめくり壁内の補強工事に入るところ・壁紙は元に戻します
(↑)ここから工事途中の写真です。テレビの位置が決まり壁内部分補強に着手したところ。青いマスキングテープがテレビの位置を表しています。今回は明り取りの窓と中心線を揃えることとなりました。部分的に壁紙をめくっていますが、これは後で元に戻します。

thumbnail.php?id=1026_40_6f71bf791c.jpg&alt=壁内部分補強工事が終わり壁紙を戻したところ
(↑)壁内部分補強の工事が完了しました。めくりあげていた壁紙も元に戻され痕跡がほとんど分からないようになっています。余分な出幅が生まれず、見た目も美しい壁内部分補強は、接合面が丸見えとなる可動式金具との相性は抜群です。

thumbnail.php?id=1026_41_a6d961862b.jpg&alt=青いマスキングテープはテレビの位置を表しています。
(↑)下地補強が施されていない壁面であってもカトー電器の「壁内部分補強」を施せば、あちからテレビを壁掛けすることも十分可能です。「建築時に下地補強を頼んでおけばよかった…」と後悔されている方は今からでも全然遅くありません。むしろコンセントなど位置決めが自由に出来るので、新築よりも柔軟な設計が可能となります。

thumbnail.php?id=1026_42_0b87e4c9f4.jpg&alt=テレビ用のコンセントパネルを作るため開口部を設けたところ。すでにウォールシェルフ用にコンセント4個は完成しています。
(↑)左側の開口部はテレビ用のコンセントパネルを作っているところ。すでにウォールシェルフ用のコンセント(4か所)は完成しています。今回は壁内を通すケーブル類が特に多かったのが印象的でした。

thumbnail.php?id=1026_43_30937ab39b.jpg&alt=可動式壁掛け金具の設置状態です。壁内部に補強を施したため壁面に直接取り付けています。
(↑)可動式金具が設置されました。壁内部で補強を施しているため壁の上から直接金具を設置。見た目はご覧のようにスッキリ仕上がっています。

thumbnail.php?id=1026_44_4015dd3dfa.jpg&alt=手前のコンセントパネルからはテレビにつなぐための各種ケーブル(6本!)が引き出されています。
(↑)手前のコンセントはテレビで隠れる予定。壁内を経由してアンテナ線やHDMIケーブルなど合計6本に及ぶ配線がテレビとの接続を待っている状態です。

thumbnail.php?id=1026_45_a789c1a30d.jpg&alt=壁掛けテレビ側面の様子。可動式金具は出幅がかなり生じます。薄さを重視されるのでしたら角度固定式タイプがおすすめです。
(↑)側面から撮影したところ。可動式金具はその構造上どうしても厚みが出てしまいます。厚みを極力薄くされたい方は角度固定式タイプの壁掛け金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=1026_46_66661df133.jpg&alt=2段設置されたウォールシェルフ(棚)にはゲーム機やレコーダーなどが置かれました。コンセントはすべてカトー電器が新設しました。
(↑)2段に設置された棚の上にはゲーム機やレコーダーなどがご覧のように置かれました。壁面に用意されたコンセントパネルはすべてカトー電器のスタッフが作らせていただきました。

thumbnail.php?id=1026_47_dd90fbd8da.jpg&alt=角度を変えた時の可動式金具とテレビの様子。お部屋のレイアウト上、この角度に向けられることが多くなりそうとのことで、テレビのコンセントも向って右側に設置しました。
(↑)テレビと可動式金具の接合箇所。お部屋の構造上、この角度に向けられることが多いとのこと。そのためコンセントも干渉しにくい向かって右側に用意されています。

thumbnail.php?id=1026_48_ce0ed012f6.jpg&alt=お客様から送っていただいた工事前の写真です。
(↑)「無料壁掛け診断フォーム」からお客様がUPしてくださった、いわゆる「Before」の写真です。この壁面に壁内補強を施し、コンセントパネルを5か所新設、更にテレビとウォールシェルフ2段を壁掛けさせていただきました。

■今お住まいのリビングも壁掛け出来るかも
壁掛けテレビは何も新築でなければ出来ないわけではありません。今お住まいのリビングでも壁内部分補強を施ししっかりとした強度が確保できればテレビを壁掛けすることも夢ではありません。
「我が家の壁でも出来るのかな?」
とお悩みの方は無料壁掛け診断からお部屋の写真をUPしてみてください。工事責任者が写真を確認し、工事可能かどうかを判断。可能ならばお見積もりまで作成し、折り返しメールにてご連絡差し上げます。
【大阪府】大阪府高槻市で石膏ボード壁に52インチシャープアクオス(LC-52G9)と2段のウォールシェルフ(棚)を壁掛け
■エコカラット壁の手前に全面PIXY
大阪府でのフェイクウォールPIXYを使った壁掛け工事レポートです。
当初は既存のエコカラット壁に壁掛けをご希望でしたが、現地で確認するとエコカラットの下地になっている本当の壁面が壁掛け工事不可出ることが判明。そこでお客様と話し合った結果、フェイクウォールPIXYを壁一面に設置しその上にテレビを壁掛けすることとなりました。PIXYはその構造上、壁から5~10cm程で幅が生じますが、壁の横幅いっぱいに設置すれば見た目上出幅はありません。さらに今回は料幅いっぱいの利点を活かし、両サイドにスピーカーも壁掛けし、広がりのあるサウンド空間を実現することにしました。

■大工仕事と電気仕事
施工当日は弊社の壁掛けチームと協力会社の大工がお客様宅へ。大工チームがPIXYの設置を始めると同時に弊社スタッフも電気工事を開始。既存のエコカラット壁を隠すように壁一面のPIXYが出来上がったら、その上に新しいエコカラットを貼っていきます。新しく生まれた壁面にコンセントパネルを作ったら、壁掛け金具、スピーカー、そして77インチのテレビを順次取り付けていきます。
完成は御覧の通り。フェイクウォールと言われなければ本物の壁と見間違う美しい壁面が出来上がりました。

■各部写真と「ここがポイント」
以下各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=956_20_384a7a3b8f.jpg
(↑)フェイクウォールPIXYを壁一面に施工。通常は壁紙クロスで処理しますが今回はエコカラット(ストーングレース)を施し高級感あふれる外装に仕立てました。77インチのテレビはもちろん、壁一面PIXYの横幅を活かし両サイドにスピーカーも壁掛け。迫力あふれるオーディオ空間が誕生しました。

thumbnail.php?id=956_21_743747ecf4.jpg
(↑)テレビはソニーの77インチ有機ELテレビ(KJ-77A9G)です。壁掛け時の本体サイズは高さ1721mm×横幅996mm。77インチというサイズでありながら厚みは49mmという薄さ。角度固定式タイプの金具と組み合わせることで厚みを抑えることが出来ます。

thumbnail.php?id=956_22_025d92c2ce.jpg
(↑)こちらは両サイドに壁掛けされたスピーカー。壁一面フェイクウォールのためどこでも好きな個所に壁掛け出来るのが良いですね。配線類はもちろんPIXY内を経由しています。

thumbnail.php?id=956_23_86a2440fd7.jpg
(↑)壁掛けテレビで思わず覗き込んでしまう壁とテレビの接合箇所は御覧の通り。PIXYはテレビと金具を十分に支える下地補強が内側に施されているため、接合部はとても狭く仕上げられています。

thumbnail.php?id=956_24_1e2bb746e1.jpg
(↑)床上に新設されたコンセントパネルとオーディオ用パネル。後日設置されるレコーダーやアンプなどがここに接続される予定です。左側のコンセントパネルにはゲーム機などが接続できるHDMI端子も用意しています。

thumbnail.php?id=956_25_18f9744c56.jpg
(↑)工事途中の一枚です。協力会社の大工チームがこれからPIXY組み立て作業に入ろうとしています。工事前の壁面にはエコカラットが貼られていますが、この壁にはテレビなどが壁掛け出来ないため、一枚にせのかべ(フェイクウォール)を設置することとなりました。

thumbnail.php?id=956_27_acd96a6ec3.jpg
(↑)こちらはカトー電器のスタッフによる電気工事の一枚。既存のコンセントを外し、アンテナ線や電源などをPIXYの内部に通す準備を進めています。

thumbnail.php?id=956_26_a8502dc7b9.jpg
(↑)フェイクウォールの設置と新しいエコカラットの貼り付け工事が終わり、テレビの壁掛け工事に入ったところです。取り付けた金具は角度固定式タイプ。金具の下にはテレビ用のコンセントパネルを新設し、各種ケーブルを通しています。

御覧のようにPIXYの横幅には制限がなく、部屋の壁一面に施すことも可能です。既存の壁に加工せずにテレビを壁掛けしたい方は、ぜひPIXYもご検討ください。
【大阪府】大阪府大阪市で壁一面にPIXYを施工しエコカラット(ストーングレース)を貼り付け後、77インチ有機ELテレビを壁掛け
■無料壁壁掛け診断からお問い合わせ
東大阪市での壁掛けテレビ工事です。お客様は当社ホームページの「無料壁掛け診断」からお部屋の現状写真を送ってくださいました。今お使いのテレビを壁掛けされたいとのことで壁面は下地補強が施されていない様子。そこで選任スタッフが壁の内部に補強する壁内部分補強による壁掛け工事をご提案。お客様もお見積内容にご納得され、施工の運びとなりました。

■壁掛け工事スタッフ、大阪へ
施工当日は壁掛けテレビ工事のベテランスタッフ2名が大阪へ。お客様宅は一戸建て住宅。ちなみにハウスメーカーは大阪を中心に広く展開されているフジ住宅様です。
ご挨拶の後、ご希望の壁面を確認させていただいたところ、壁内の間柱を使えば壁内補強を施さずとも良いことが分かり、間柱を使った壁掛け工事に切り替えさせていただきました。
テレビの固定方法が決まれば、お客様と一緒にテレビの位置決め相談です。小さなお子さんがいらっしゃることを考慮し、テレビは少し高めに。レコーダー置き場のウオールシェルフもお子さんの手が届かない「テレビ上」にすることで決まり、工事に移らせていただきました。

壁面に取り付ける金具は角度固定式タイプ。水平・垂直に留意しつつ慎重に取り付けたら、次はテレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設します。1テレビに欠かせない100ボルトの電源とアンテナ線のほか、レコーダーやゲーム機と接続するためのHDMIケーブルも通し、ウォールシェルフ側のコンセントパネルに通していきます。
床側のコンセントは間柱の都合で壁内を通すことが出来ず、こちらはモールと呼ばれる配線カバーで目立たないように処理。
最後にお客様のテレビを壁掛けし、ご覧のような壁掛けテレビが誕生しました。

■見どころとワンポイント解説
以下、各部の写真とポイントの解説です。

thumbnail.php?id=940_18_ea45eae1c6.jpg&alt=東大阪市で49インチ液晶テレビとウォールシェルフを壁掛け
(↑)東大阪市での施工事例。石膏ボード壁に49インチの液晶テレビを壁掛けし、ウォールシェルフも設置させていただきました。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ということもあり、テレビの位置は少し高め。棚も「テレビ上」に取り付けています。

thumbnail.php?id=940_19_f4d47ae6cc.jpg&alt=正面から撮影。テレビはソニーのブラビアKD-49X8500B
(↑)正面から撮影。テレビはソニーのブラビアKD-49X8500B。49インチの液晶テレビです。壁掛け時にはスタンドを外します。壁掛け時の本体のサイズは横幅が1094mm、高さが664mm、テレビ本体の厚みが6.6mmです。

thumbnail.php?id=940_20_900c6bb1ba.jpg&alt=コンセントパネルは3か所新設
(↑)コンセントパネルはウォールシェルフの機器用に1個、テレビ用にテレビ背面コンセントを1個、そして床上に1個の合計3個を新設しました。各種のケーブルはすべて壁内配線のため見た目はご覧のようにスッキリきれいに仕上がっています。

thumbnail.php?id=940_21_c770bbd733.jpg&alt=側面から撮影
(↑)側面から撮影。金具は薄さを重視した角度固定式タイプです。テレビ用のコンセントパネルは反対側に作りましたので、この角度から見てもケーブル類が目立たないようになっています。

thumbnail.php?id=940_22_2fe36f5930.jpg&alt=ウォールシェルフ(棚)の様子
(↑)テレビの上部に取り付けられたウォールシェルの様子。ここはレコーダーとゲーム機置き場です。テレビを支える床上のテレビボードとは異なり、奥行きはレコーダーが収まる程度で良く、圧迫感も与えません。

thumbnail.php?id=940_23_fdcdd75415.jpg&alt=棚のコンセントパネル
(↑)ウォールシェルフと一緒に新設されたコンセントパネル。100ボルトの電源とアンテナ線、それに壁内経由でテレビに繋がるHDMIケーブルが準備されています。

thumbnail.php?id=940_24_0f7abd678a.jpg&alt=床上のコンセントパネルはモール配線
(↑)右側が既存のコンセントパネル。左側が壁掛けテレビやレコーダーに電源を供給するため新設されたコンセントパネル。実は両者の間には間柱があり、右側のコンセントから直接壁内経由でテレビにつなぐことは不可能であってため、間柱をまたぐために写真のようなモールカバーによる配線をおこなっています。

thumbnail.php?id=940_25_24c797741b.jpg&alt=工事中の写真。青い枠がテレビの取り付け予定位置
(↑)工事途中の写真から。青いマスキングテープがテレビ取り付け予定位置を表しています。右側に開けられた開口は後にコンセントパネルとなります。テレビで隠れる位置であり、お部屋を出入りの際に目につかない位置ということでここに決定しました。

thumbnail.php?id=940_26_3b4f371ca8.jpg&alt=右側の開口部がコンセントになります
(↑)金具は他のメーカーでも取り付け可能な汎用タイプ。将来異なるメーカーのテレビに買い替えられたとしても、壁掛け金具はそのまま流用可能です。

thumbnail.php?id=940_27_85837efe29.jpg&alt=テレビ側の金具。意外に高さ調節はシビアです。
(↑)こちらはテレビ側に取り付けられた壁掛け金具。多数のねじ穴が開けられており、高さ調節もしやすくなっています。

■小さなお子さんの事故防止に
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、いつ子供がテレビを倒したりしないかとヒヤヒヤすることも多いもの。壁掛けテレビにするとまず倒すという危険が無くなり、テレビ台に頭をぶつける心配もなくなります。さらにレコーダーやゲーム機などをご覧のように手の届きにくい高所に設置すれば、いたずら防止や長時間のゲーム防止にもつながります。
おうち時間が増え、お子さんがテレビと向かう時間も増えている今だからこそ、お使いのテレビを壁掛けにしてはいかがでしょうか。
【大阪府】東大阪市で49インチ液晶テレビ(KD-49X8500B)とウォールシェルフ(棚)を壁掛けし、照明器具を取り付け
■番組録画は壁掛けテレビ背面のハードディスクに
壁掛けテレビでは番組録画の方法で迷われる方が少なくありません。
「DVDレコーダーの置き場はどうしよう…」
そんなあなたには小型ハードディスクを使った番組録画がおすすめです。小型ハードディスクならテレビの背面に取り付けてしまうとが出来、録画機器の置き場所で悩む必要もありません。さらにHDMI端子のついたコンセントを準備すれば、DVDなどは「再生したいときにプレイヤー機器をHDMIコンセントにつなぐ」という新しい習慣が生まれます。背面に録画用ハードディスクと床上にHDMI端子を組み合わせれば、ご覧のようにテレビボードを必要としない広々とした視聴環境が誕生します。

■大阪からのお問い合わせ
今回のお客様は大阪府大阪市にお住まい。カトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお住まい(マンション)の間取り図面をスマホで撮影しUPしてくださいました。お部屋の壁は下地補強が行われていますが壁掛けテレビ用のコンセントパネルは無いという理想的な環境です。コンセントパネルが先に作られていると、台座金具と干渉し位置決めで悩むことも多いのですが、今回は私たちカトー電器がコンセント位置を自由に決めることが出来ます。さっそく壁掛け工事とコンセント新設のプランを作成し、お見積もりも含めてお客様にメールにてご提案。しばらくしてお客様よりご連絡いただき、正式に受注の運びとなりました。(ありがとうございます!)

■大阪でテレビ壁掛け工事
施工当日。車に各種部材を積んでスタッフ2名が大阪市へ。お客様宅はマンション。ご挨拶の後、すぐにお客様とテレビの位置決め相談にはいりました。これは写真のように壁面にテレビサイズのマスキングテープを貼り、「もう少し高めに」「もう少し低く」と話し合いながらテレビの壁掛位置を決めていきます。今回も左右の位置は「お部屋の中央に」とすんなり決まりましたので、そのぶん高さを慎重に決めさせていただきました。ちなみに高さに関しては、これという基準はありません。ソファやいすなどの視聴環境、お小さなお子さんやペットなどへの配慮、そしてお客様の身長などによって決まりますので、これ!という基準値は特になく、各ご家庭で微妙に高さが異なります。

■金具は角度固定式タイプ
テレビの位置が決まれば、次は壁掛け金具の取り付け、そしてコンセントの新設作業へと入ります。今回使用する金具は角度固定式タイプ。テレビの取り付け位置(マスキングテープ)を基準に台座の取り付け位置を決め、エコカラットの上から慎重に設置していきます。そして金具と干渉せず。なおかつテレビで隠れる位置(マスキングテープの範囲内)に壁掛けテレビ用のコンセントを作っていきます。今回は金具下部に一か所作らせていただきました。

■HDMIコンセントもご用意
お客様のご要望もあり、既存の床上コンセントの一部を組み替えることでHDMI端子を新設。ここにDVDプレイヤーなどの機材を接続すると壁掛けテレビに映像とサウンドが出力されるようしました。HDMIコンセントはテレビ台(テレビボード)を置きたくないという方にとって非常に有力な手段となりますので、ぜひご検討いただければと思います。今回のように既存コンセントを組み替えるのではなく、壁面に新たにパネルごと新設することも可能です。

■テレビ壁掛けと背面に録画用ハードディスク
お客様がご用意の有機ELテレビを壁掛けし、テレビの背面に録画用の小型ハードディスクを取り付け。アンテナ線やHDMIケーブル類を接続していき、最後に動作確認を終えて作業は完了。ご覧のように広々としたスペースにケーブル類が一切見えない壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の見どころとポイント解説
各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=939_21_534f364453.jpg&alt=エコカラットプラス(ネオトラバーチン)に65インチの有機ELテレビを壁掛け
(↑)工事完了直後に正面から撮影。エコカラットプラスのネオトラバーチンが貼られた壁面に65インチの有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=939_22_7bab8cf75d.jpg&alt=テレビはパナソニックのビエラTH-65HZ2000。角度固定タイプの金具で壁掛け
(↑)テレビはテレビはパナソニックのビエラTH-65HZ2000。壁掛け時の本体サイズは横幅が1446mm、高さが885mm、本位の厚みは78mmです。パナソニックのテレビは他メーカーと比べると重たい機種が多く、この機種も本体重量が33.5kgとかなり重たく、それゆえ壁掛け時にはしっかりとした下地補強が求められます。下地補強が無い壁面への壁掛けをご検討中の方はカトー電器商会の「壁内部分補強」をお勧めしております。

thumbnail.php?id=939_31_8c6caa0f91.jpg&alt=ケーブル類はすべて壁内配線。
(↑)アンテナ線やHDMIケーブルなどはすべて壁内を経由させる「壁内配線」。そのため外見上コード類が一切見えないのが何よりの特長です。

thumbnail.php?id=939_23_b48b71df13.jpg&alt=テレビ周りが広々としているのが特長です
(↑)テレビボードを無くしたことでご覧のようにテレビの周囲に広々とした空間が生まれます。番組録画はテレビ背面に隠された録画用小型ハードディスクが担当。DVDなどの円盤再生は床上のHDMI端子経由で「使う時だけ」テレビに接続します。

thumbnail.php?id=939_24_ab0ecedf78.jpg&alt=壁内補強+角度固定式金具で出幅は最小限に
(↑)エコカラット壁とテレビとの接合面。壁の内部で下地補強が行われており、また角度固定式の金具を用いることで出幅(ではば)を最小限に抑えることが可能です。

thumbnail.php?id=939_25_4bee7cc66e.jpg&alt=背面に録画用のハードディスクを設置
(↑)テレビの背面に設置された番組録画用のハードディスク。小型ハードディスクを用いれば電源もUSBケーブル経由で行うため、場所を取らず電源アダプタも必要としません。

thumbnail.php?id=939_26_5577a1b253.jpg&alt=床上の既存コンセントHDMI端子を追加
(↑)こちらは床上の既存コンセントを一部組み替えて作らてたHDMIコンセント。このHDMI端子にDVDプレイヤーやゲーム機、パソコンなどを接続すれば65インチの大画面に映像とサウンドがそのまま出力される仕組みです。DVDメディアなど滅多に見ないものに関しては「見る時だけ再生機器をつなぎ、見終わったら外して片付ける」という新しい習慣が生まれます。

thumbnail.php?id=939_27_b24aec8ccd.jpg&alt=壁掛け工事途中。青いマスキングテープが最初に決めたテレビの取付予定位置
(↑)壁掛けテレビ工事途中の様子。青いマスキングテープでテレビの位置決めをし、壁掛け金具の位置決めも終わったら、いすれにも干渉しない位置にコンセントパネルを作っていきます。

thumbnail.php?id=939_28_76c3c0eb9c.jpg&alt=壁掛け金具の台座の位置決めをした後にコンセントパネルを新設
(↑)コンセントパネルが作り、壁掛け金具の台座を固定したところ。今回はコンセントをカトー電器が作らせていただいたので、金具などと干渉せず、テレビにしっかり隠れる位置にコンセントをご用意することが出来ました。

thumbnail.php?id=939_29_9b72ec1000.jpg&alt=角度固定式タイプでも65インチとなるとこれだけのケーブル長が必要です
(↑)コンセントから伸びているケーブルはこのあと壁掛けされるテレビに接続される予定です。角度固定式の金具でも65インチのテレビとなればケーブルの取り回し長も相当の長さが必要となります。

thumbnail.php?id=939_30_ad59f7b8ae.jpg&alt=テレビ側の金具
(↑)こちらは有機ELテレビTH-65HZ2000側に取り付けられた金具。若干(3~4cm)の高さ調節も可能です。

■テレビボードを無くすなら「背面ハードディスク」+「HDMIコンセント」
壁掛けテレビを機会にテレビ台(テレビボード)を無くしたければ、作例のような小型ハードディスクによる番組録画。それとHDMIコンセントの組み合わせが特におすすめです。
カトー電器はどちらも得意としておりますので、壁掛け診断フォーム経由でお問い合わせの際に一言ご記入くださればそれらも含めたお見積もりを作成し、メールにてお返事させていただきます。
【大阪府】大阪市でエコカラットプラス(ネオトラバーチン)に65インチ有機ELテレビ(TH-65HZ2000)を壁掛け
大阪府枚方市でのテレビ壁掛け工事レポートです。カトー電器が名古屋市から出張し、工事を担当いたしました。

お客様は弊社ショールームに来店され、細かな打ち合わせを行われました。弊社スタッフも可動式金具の実例などををお見せしながら、概算のお見積もりを作成。即日メールでお送りし、工事のご予約をいただきました。


施工当日、スタッフ2名が大阪へ。お客様宅はマンション。ご希望の壁面はお話でお聞きした通り、壁掛け用の下地が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強から入らせていただきました。補強工事で大型のテレビも支える十分な強度が確保できたら、次は配線経路の確保です。ご希望が壁内配線ですから電源やアンテナ線や壁内に通し、コンセントパネルも手際よく作っていきます。
金具は上下左右に角度が調節できる可動式タイプ。カラーは壁に合わせたホワイトを採用し、壁面に直接取り付けさせていただきました。壁の内側で補強を行っているため起伏が無く、写真のように金具と壁面がピタリと接するのが壁内補強の良いところです。

テレビはソニーのブラビシリーズ。KJ-55X9500H。55型の液晶テレビを金具に取り付け、各種配線を結線したら壁掛け工事は完了です。

写真のように様々な角度から視聴できる機能的で美しい壁掛けテレビが誕生しました。

thumbnail.php?id=880_29_c84f1dc6d5.jpg
(↑)大阪市枚方市のマンションでの壁掛け工事です。石膏ボード壁に55型の液晶テレビを可動式金具で壁掛けしました。可動式金具ですので御覧のようにテレビを好きな方向に向けられます。可動式金具の体験はカトー電器のショールームで実際に触って動かせますよ。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_campaign/kanagu_trial.php

thumbnail.php?id=880_27_209796ded9.jpg
(↑)可動式金具を畳んだ状態がこちら。アンテナ線やUSBケーブルなどは壁内を経由する壁内配線。そのためケーブル類が一切見えず非常にスマートな外観となっています。

thumbnail.php?id=880_28_eccc0e7621.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはソニーのブラビア KJ-55X9500H。壁掛け時のサイズは123cm×71cm。右側に置かれている録画用ハードディスクとは壁内経由でつながっています。今回録画機器の置き場がこの位置とのことで、壁内配線を駆使して壁内配線を駆使しています。

thumbnail.php?id=880_30_2960491c62.jpg
(↑)テレビの角度を変えたところを後ろから。テレビ背面に新設した専用コンセントパネルがお分かりいただけると思います。テレビと繋がっているのはアンテナ線のほかHDMIケーブル(3本)やUSBケーブルなど。可動式金具では御覧のようにケーブル類にかなりのあそび(ゆとり)を持たせておかねばいけません。

thumbnail.php?id=880_35_27bfb8e86d.jpg
(↑)テレビと壁面との隙間の様子。可動式金具も折りたたむとこのくらいの厚みで収まります。テレビ横のケーブル類が抜き差ししやすいのも可動式金具のメリットです。壁掛けテレビに薄さを求められる方は角度固定方の金具をおすすめしております。

thumbnail.php?id=880_31_73fdde3cac.jpg
(↑)打って変わって壁掛け工事の途中写真。壁掛け金具の取り付け位置に部分補強を施しているところです。壁紙をめくり壁内に補強を施した上で再び壁紙を元に戻すという作業を行います。右下の開口部はコンセントパネルを作っているところ。

thumbnail.php?id=880_32_5e0f020fc7.jpg
(↑)壁内補強が終了し、金具を取り付けたところです。ブルーのマスキングテープはテレビの位置を表しています。写真右下に写っているのが壁内配線の出口です。テレビにつないだHDMIケーブルやUSBケーブルがここから出てきます。

thumbnail.php?id=880_33_ab23bb39e5.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真。テレビはテレビ台に置かれ、ケーブル類は右隅のコンセントに繋がっています。壁掛け後の写真を見比べてみてください。

thumbnail.php?id=880_34_05a7aca2c3.jpg
(↑)こちらも施工直前の写真。この壁面に部分的に下地補強を施し、テレビ用のコンセントパネルを新設しました。こちらも完成後の写真と見比べてみてください。
【大阪府】大阪府枚方市で石膏ボード壁に55型液晶テレビ(KJ-55X9500H)を壁掛け
■大阪市からのお問い合わせ
大阪市でのテレビ壁掛け工事レポートになります。お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」から図面の写真をUPしてくださいました。マンションはまだ建築中でご希望の壁面が共用部分と接するため穴あけ工事などは不可とのこと。そこでカトー電器オリジナル商品「PIXY」のご相談をいただきました。
・テレビは55インチのパナソニック製を量販店で購入予定
・PIXYにはテレビのみを設置(棚などは不要)
・壁内配線を希望
と明確なリクエストをいただきましたので、さっそくお見積もりを作成。基本サイズ(高さ2400×幅1600×奥行100mm)のプランを作成し、お客様にご提案させていただきました。 

■内覧会の写真が届きました
お見積もりをお送りしてからしばらくの後、お客様から新築マンションの内覧の撮影された写真が送られてきました。写真を見るとご希望の壁面にはコンセントが無く、代わりに90度対角の壁面にアンテナ端子を持つコンセントが用意されています。でもPIXYなら電源とアンテナ線を延長させることで壁掛けテレビは実現できそうです。
早速お客様にご連絡し、PIXYの外装などを含めたコンサルをさせていただきました。
そして外装のクロスはRE51048、天井高さは204cmという情報をいただき、改めてPIXYのご予約を承りました。
サンゲツの壁紙クロス(RE51048)
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51048/

■スタッフ2名で大阪へ
施工当日はスタッフ2名が名古屋から大阪へ。ご挨拶のあと、テレビの取付位置についてお客様とご相談。普通の壁掛けもそうですが、左右の位置は簡単に決まるのですが、高さについてはお客様の身長やソファ・いすなどの高さもあり、各ご家庭で微妙に異なってきます。テレビの位置が決まればPIXYの組み立て・設置工事です。各種部材をお部屋に運び込み、手際よく組み立てていきました。
電源は向かって右側の壁面から延長し、PIXY内部を経由してテレビ裏にコンセントを新設。
壁掛け金具は角度固定式タイプを取り付け、最後にお客様が御用意された55インチの液晶テレビを壁掛けしました。午前中からスタートして夕方近くに工事は完了。
ご覧のようにシックな外装に包まれた壁掛けテレビが完成しました。



■各部の写真とポイント解説
thumbnail.php?id=875_21_3b90d4c8cf.jpg&alt=大阪市でフェイクウォールPIXYを設置して55インチ液晶テレビを壁掛け
(↑)大阪市で施工したフェイクウォールPIXY。外装は壁紙クロス。テレビはパナソニックの55インチ液晶テレビです。マンションでご希望の壁面が共有部分と接しており穴を開けられないためPIXYをお選びくださいました。

thumbnail.php?id=875_22_88ac8a4f90.jpg&alt=今回のPIXYはブラック仕様。外装はサンゲツの壁紙RE51048です。
PIXYの外装は壁紙クロスを使用しており、今回はお客様リクエストでサンゲツのアクセントクロス RE51048を使用しています。
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51048/

thumbnail.php?id=875_23_35ee2d625d.jpg&alt=電源は90度対角の壁面から延長し、PIXY内を経由しています。
(↑)ご希望の壁面には電源やアンテナ端子が無いため、90度対角のコンセントから電源及びアンテナ線を延長し、PIXY内を経由してテレビに給電しています。PIXの高さは2004mm、横幅は1630mmです。PIXYの高さは横幅はお客様宅の環境により微調整が可能です。

thumbnail.php?id=875_24_f00564d9f0.jpg&alt=正面から。テレビはパナソニックのTH-55HX950
(↑)正面から撮影。テレビはお客様がご用意されたパナソニックのビエラTH-55HX950。55インチの4K液晶テレビです。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは横幅が1231mm、高さが716mm、奥行きが72mm。本体重量は23.5kgです。PIXYには角度固定式タイプの金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=875_25_593029d2f0.jpg&alt=90度対角の壁面から延長した電源とアンテナ線
(↑)90度対角の壁面に用意されたコンセントパネルから100ボルト電源とアンテナ線を延長しています。ケーブルは極力目立たないようにモールと呼ばれる配線カバーで隠蔽しています。

thumbnail.php?id=875_26_65ae1c4d48.jpg&alt=工事途中の写真。角度固定式金具とコンセント
(↑)テレビを取り付ける直前のPIXYを正面から。角度固定式タイプの金具と右上にテレビ用のコンセントパネルが見えます。テレビのサイズが大きいため、アンテナ線もご覧のようにかなりの長さを必要とします。

thumbnail.php?id=875_27_9451ccbd35.jpg&alt=お客様から送っていただいた内覧会に撮影された写真
(↑)こちらはお客様がマンション内覧会に参加されたときに撮影してくださった写真。壁面にコンセントが無いことがお分かりいただけると思います。

■穴を開けないPIXY。賃貸マンションでも設置可能です
今回は「マンションで壁に穴をあけることは出来ないけれど、壁掛けテレビは実現したい」というご要望にPIXYでお応えさせていただきました。賃貸なので壁に穴を開けられない、また持ち家だけどコンクリートなので壁内配線は難しい…という方は是非カトー電器商会のPIXYをご検討ください。ご自宅が設計途中であっても図面の写真さえ送っていただければ、施工スタッフが確認し概算のお見積もりを無料で作成、メールにてご連絡させていただきます。
【大阪府】大阪市のマンションでフェイクウォール「PIXY」を設置し、55インチの液晶テレビ(TH-55HX950)を壁掛け
大阪府茨木市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社サイトの無料壁掛け診断からお問い合わせをいただきました。現状のお部屋と図面の写真を送っていただき、施工担当者がお見積もりを算出。折り返しメールにてご連絡差し上げました。お見積もり内容にお客様もご納得いただき、工事日が決定。

施工当日はスタッフ2名で大阪へ。
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーは旭化成ヘーベルハウス様です。お客様ご希望の壁面は石膏ボード壁。下地補強は無いためカトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。十分な強度を確保した上で角度固定式の金具を設置させていただきました。
テレビで隠れる位置には壁内配線用のコンセントパネルも新設。、アンテナ線やHDMIケーブルはここを通ってテレビ台のレコーダー機器へと繋がるように配線しました。

テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830です。65型の有機ELテレビです。テレビのスタンドを外し、背面に金具を取り付けて壁掛け完了。壁掛けにすることでテレビ位置は30cmほど後退し、お部屋に広がりがうまれました。

今回はBOSEのサウンドバー700も壁掛けさせていただきました。こちらも壁内に部分補強を施した上で壁面に設置。配線はテレビと同じ壁内配線となっています。サウンドバーはテレビ台の上に置いたままでも問題ありませんが、下方向への音の広がりを意識されるのでしたら壁掛けにされることをおすすめいたします。

出来上がりは御覧の通り。テレビもサウンドバーも壁掛けとなり、なおかつケーブル類が一切見えない洗練されたAV環境が誕生しました。

thumbnail.php?id=820_22_ffd3a38bb2.jpg
(↑)65型の有機ELテレビとサウンドーをそれぞれ壁掛けさせていただきました。お部屋の壁はオーソドックスな石膏ボード壁。壁内に部分補強を施すことで強度をしっかり確保しています。

thumbnail.php?id=820_23_aad2ed2263.jpg
(↑)正面から見たところ。上に明り取りの窓があります、この窓と揃えるようにテレビの位置が決まりました。壁掛けテレビの場合、横位置はすんなり決まりますが、縦位置(高さ)はどの家庭でも大いに悩まれます。

thumbnail.php?id=820_24_1ed16b66cb.jpg
(↑)反対側から撮影。テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830。スタンドを外した本体サイズは145cm×84cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。写真では見えませんがテレビの裏側には専用のコンセントパネルも新設されています。

thumbnail.php?id=820_25_39d01e9bbc.jpg
(↑)BOSE(ボーズ)社製のサウンドバー。こちらもお客様リクエストで壁掛けさせていただきました。こちらもサウンドバーで隠れる位置にコンセントを新設し、電源はもちろん、HDMIケーブルも壁内を通すようにしています。宙に浮いたようなかたちになりますので特に下方向への音の広がりを意識される方には「壁掛けサウンドバー」はおすすめと言えます。

thumbnail.php?id=820_26_a2225d9299.jpg
(↑)写真には全く写っていませんが、今回の施工で壁内にはアンテナ線が2本、HDMIケーブルが3本通っています。ゲーム機やオーディオ機器など多数お持ちの方は、予備のケーブルも通しておくか、HDMIセレクターを用意されることをおすすめいたします。

thumbnail.php?id=820_29_f31f601c24.jpg
(↑)テレビの壁面の設置個所をズーム撮影。壁内補強と角度固定式金具を組み合わせることで、テレビと壁との隙間は極力押させることが出来ます。

thumbnail.php?id=820_27_9eb7960487.jpg
(↑)工事途中の写真から。壁紙をめくり壁内に補強工事を施し、石膏ボードを塞いだところです。このあと壁紙も元通りにして金具の設置作業へと入ります。奥に見えているのはコンセントパネル用の開口部です。

thumbnail.php?id=820_28_9f094a5378.jpg
(↑)こちらは角度固定期金具を設置した直後の写真です。直前の写真と比較していただくと、壁紙が綺麗に戻されていることがお分かりいただけるかと思います。
金具はエースオブパー社のPLB-141M。カラーはテレビに合わせてブラックを採用しました。このあとコンセントパネルを作る作業へと入ります。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=820_30_7b5b612517.jpg
(↑)弊社ホームページの「無料壁掛け診断」にUPしていただいたお客様撮影画像。テレビ台の上にテレビ本体とサウンドバーが置かれた状態です。壁掛けにすることでテレビは少し高い位置に。サウンドバーは下方向にも音が広がるようになり、何よりテレビ裏のケーブル類がスッキリ綺麗に片付きました。
【大阪府】大阪府茨木市で石膏ボード壁に65型有機ELテレビ(65X830)とBOSEサウンドバーを壁掛け
大阪でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。現在の壁とテレビの様子、それに図面を送ってくださったので、施工担当者が写真をチェック。
「ゲーム機とレコーダーと…サウンドバーもありますね。これは壁内に何本ケーブルを通すことになるかな…」
と考えながらお見積もりを作成。工事可能な候補日も添えてメールでご連絡したところ、即日お返事をいただき、工事確定となりました。スピーディーな対応がモットーのカトー電器ですが、お客様もスピード感ある対応でサクサクと話は進み、いよいよ工事当日。スタッフ2名が名古屋から直接大阪へお伺いし、施工開始となりました。
なおお客様宅は一戸建てで、ハウスメーカーはヘーベルハウスです。

壁面は写真のようにタイル柄のエコカラット。壁内に下地補強は無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強に着手しました。壁内部分補強とは文字通り、壁面に開口を設け、壁内からピンポイントで補強を施す工法です。外側から板を貼る壁外補強と異なり、、見た目良く厚みも最小限に抑えられるのが特長。この工法でしっかりと強度を確保した上で、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。

お客様のご要望はケーブル類が見えない壁内配線でしたので、壁面にテレビ用のコンセントパネルも新設します。今回壁内を通すケーブルが多いため、コンセントパネルは2個分のスペースを使い、
・電源延長ケーブル
・アンテナケーブル2本
・HDMIケーブル2本
・LANケーブル1本
など計5本のケーブルを通しました。壁内配線ではあとからケーブルを追加するのは難しいので、将来ゲーム機などが増える可能性のある方は、あらかじめ予備のHDMIケーブルなどを数本通しておかれるとよいでしょう。

壁内を通ったケーブルはテレビ下のコンセントから顔を出し、各種機器へと接続。
レコーダーやゲーム機の電源を入れると、壁掛けされた75インチの大画面に迫力ある映像と音声が出力されるようになりました。

thumbnail.php?id=795_21_02a5fa8295.jpg
(↑)下地補強が施されていないエコカラット壁面に75型の大型液晶テレビを壁掛けしました。テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。壁掛け時の本体サイズは横幅167cm、高さが96cm。スタンドの付いた据え置きで使うと圧迫感がありますが、壁掛けにすると画面位置が30cmほど後退しますので、お部屋がぐっと広く感じられます。

thumbnail.php?id=795_22_68b6326715.jpg
(↑)お客様はテレビにサウンドバーを接続して使用されていました。今回サウンドバーはテレビ台の上に置いて使われることに。テレビ台の中にはレコーダー機器やゲーム機などが収納されており、いずれも壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=795_23_c03d40830a.jpg
(↑)壁掛け工事途中の写真。壁内部に下地補強の工事を行い、壁掛け金具を設置したところ。左下には壁内配線用のコンセントパネルも写っています。
【大阪府】大阪府岸和田市でエコカラット壁に75型大型液晶テレビ(KJ-75X9500H)を壁掛け
大阪府八尾市での壁掛けレポートです。今回は普通の壁掛けではなく、カトー電器のオリジナル製品フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」の設置です。PIXYはお部屋の壁の前にもう一枚頑丈なニセの壁(フェイクウォール)を設置する構造。
「賃貸のため、壁面に穴を開けるなど大掛かりな工事は不許可」
「壁面がコンクリートなので壁内配線は無理」
などといったお客様から高いご指示をいただいております。

今回ご訪問させていただいたお客様宅は事前に床から天井までの高さを測っていただき(236cmでした)、それに合わせた部材を当社でご用意。お部屋にて組立と設置を行わせていただきました。

PIXY全体をくるむ外装はサンゲツ社のクロス壁紙。こちらはネットカタログからお客様にお選びいただきました。PIXYの外装は「極力既存の壁紙に溶け込むように」似たデザインを選ばれる方もいらっしゃれば、「お部屋のアクセントに」と少し趣の異なるデザインを選ばれる方もいらっしゃいます。(今回は後者になりますね)

PIXY本体を取り付けたところで、カトー電器が最も得意とするテレビ壁掛け作業の開始です。お客様とご相談しテレビの高さを決めた後、水平に気を付けながら壁掛け金具を取り付けます。今回の金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。65インチまでのテレビに対応した角度固定式金具です。カラーが黒、白、そしてシルバーの3色が用意されており、今回はPIXYの外装にピッタリのシルバーを採用しました。

https://www.ace-of-parts.com/product/2695

さらに金具の下にテレビ用のコンセントも作ります。これでテレビの準備はバッチリです。

先述の通りPIXYは「ニセ」の壁。ニセですから、本物の壁ではためらってしまうような加工にも思い切って踏み切れるのがメリット。今回はお客様のご要望でテレビ下にレコーダーなどの置き場としてウォールシェルフ(棚)を2つと、機器用の専用コンセントを設置させていただきました。コンセントパネルの新設などは壁面に開口部を設けますが「身代わり壁」のPIXYなら何ら問題ありません。

最後にテレビを取り付け通電と動作確認。ここまで1日での作業となりました。


thumbnail.php?id=650_30_9a92cb5dcc.jpg
(↑)PIXY設置後、55インチの液晶テレビとウォールシェルフ2段を壁掛けしました。下段の棚はレコーダーやインターネット機器などの置き場としてさっそく利用されています。

thumbnail.php?id=650_26_f07545ec28.jpg
(↑)正面から見たところ。今回のPIXYはお部屋のアクセント的な意味も込め、既存の壁紙とは趣の異なるデザインとなっております。PIXYの壁紙はサンゲツ社の壁紙クロスカタログからお好きなデザインをお選びいただけます。

thumbnail.php?id=650_25_1cd7b5e07b.jpg
(↑)小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが機器類に触れないようにウォールシェルフ(棚)をテレビの上にリクエストされる方もいらっしゃいます。
施工例
https://www.cato.co.jp/gallery_kabekake/detail.php?id=608

thumbnail.php?id=650_27_a4b1b91217.jpg
(↑)PIXY本体の厚みは10cm。下段の棚と床のあいだには何も無いので、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できます。

thumbnail.php?id=650_28_dcb1a254ff.jpg
(↑)2段の棚にクローズアップ。レコーダー機器やインターネットのWiFi機器、更にはゲーム機などを一か所にまとめたい方はご覧のようなウォールシェルフがおすすめです。奥には専用コンセントも新設しており、ケーブル類がとぐろを巻くようなこともありません。レコーダー類とテレビとはPIXY本体の中でつながっています。

thumbnail.php?id=650_29_bb518f637a.jpg
(↑)今回のお客様宅ではPIXYの設置希望の壁面にコンセントやテレビのアンテナ端子が無かったため、90度対角の壁面から電源とアンテナ線を延長させていただきました。部屋のコーナー部をまたぐため壁内に隠すことは難しく、ここはモールと呼ばれる配線カバーでケーブル類を極力目立たないように処理しています。
また既存のコンセントからの壁内で分岐させており、2つの電源コンセントは別の電化製品が接続できます。

thumbnail.php?id=650_32_4861c8bbf1.jpg
(↑)使用した壁掛け金具はエース・オブ・パーツ社のPLB-141M。色はPIXYの外装に近いシルバーを選択しました。ネジ穴がたくさん開けられており、しっかり固定できるのが特長です。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=650_31_56daf7c677.jpg
(↑)壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があると、お部屋を出入りするたびに壁掛けの接合面が視界に入ってきます。この隙間が大き過ぎると人によっては気になってしまいますが、薄さ重視する角度固定式を使えばほとんど気になりません。

thumbnail.php?id=650_17_ce51ea2d53.jpg
(↑)上から「壁掛け金具とテレビ」「テレビ用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ1段目」「レコーダ機器用のコンセントパネル」「ウォールシェルフ2段目」と続きます。ご自宅の壁面にこれだけの部材を施工するのはさすがにためらわれますが、「身代わり壁」PIXYなら思い切った施工が出来てしまいます。現に他のお客様も「PIXYにテレビのみ」という方は無く、棚や壁掛けサウンドバーなど多くのオプションを付け足されています。


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん関東圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地にて組み立て、設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
【大阪府】大阪府八尾市でフェイクウォール「PIXY」を設置(TH-55GX850と2段シェルフ)
2019年ソニー・有機ELテレビのフラッグシップモデル「A9Gシリーズ」の77インチを壁掛け施工させていただきました。
同時に壁掛け面には、エコカラット「ラフクォーツ」も施工させていただきました。
エコカラット貼り付ける前に壁補強およびコンセント設置をすることで、エコカラットのカットも含めて綺麗に仕上がります。

テレビは本体薄さが約5cmほどとかなり薄いモデルになりますので、壁からの出幅をできる限り抑えたいというオーナー様のご要望にお応えしまして
事前の金具選定からしっかりとコンサルさせていただきました。

壁掛けテレビの仕上がりおよびエコカラットが醸し出すスタイリッシュな印象にオーナー様には大変喜んでいただけました。
【大阪府】ソニー・77インチ有機ELテレビ「A9Gシリーズ」の壁掛けとエコカラットを同時施工

長浜(滋賀県) ー 敦賀(福井県)沿いが人気です

滋賀・北陸方面もお伺いします
大垣から長浜、敦賀に至る沿線で壁掛け施工を多く承っています

本ギャラリーにはあまり登場しませんが、北陸自動車沿いの「米原」「長浜」「敦賀」周辺で壁掛けテレビの施工が増えてきました。

名古屋からお伺いする場合、多少の交通経費が加算されますが、補強の痕跡が見えない「壁内補強」とケーブルが見えない「壁内配線」とを組み合わせた美しい壁掛けテレビをお約束いたします。マイホームを建築中の方も、ハウスメーカー様と話し合いが上手く進まない方は「無料壁掛け診断」から図面の写真を送ってみてください。お客様とハウスメーカー様との間に入って、最適な壁掛けプランをご提案させていただきます。