ホークワンで壁掛けテレビ

ホークワンの壁掛けテレビ 工事例

内装・外装のカラーにこだわりを見せるハウスメーカー「ホークワン」での壁掛け施工例です。

東京都三鷹市への出張壁掛け工事レポートです。
今回のお客様も弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお問い合わせをいただきました。壁掛け希望の壁面写真と図面を送っていただき、ご希望の壁面にはアンテナ端子が見当たりません。そこで工事スタッフ全員で送っていただいた図面とにらめっこ。協議の結果
「これ、天井裏からアンテナ線を分配・延長すれば…なんとかなるのでは?」
との結論に落ち着き、当日三鷹市へ。

お客様宅に到着。すでに壁面にはお客様自身の手で
「ここに設置してください!」
とマーキングが施されていました。(これは工事スタッフとしても気合が入ります)さっそく天井裏から調査させていただいたところ、当初の推測通り、アンテナ線が分配・延長できることを確認。天井裏の配線工事からスタートさせていただきました。ご希望の壁面にアンテナ線と電源が確保できればしめたもの。補強の無い壁面でしたので、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施して強度をしっかり確保。角度固定式の金具を設置し、弊社にてご購入いただいたソニーのブラビア KJ-55X9500Hを壁掛けさせていただきました。

カトー電器商会ではソニーのブラビアシリーズ、シャープのアクオスシリーズも取り扱っており、壁掛け工事と同時購入いただいた場合は特別お値引きもいたします。壁掛けを機にテレビも買い替え用とお考えの方は是非お見積もりご相談ください。

テレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを新設。天井裏経由で引き込んだアンテナ線を接続し、無事壁掛け工事は完了しました。

リビングはダイニングと隣接しており、システムキッチンの内側からでもテレビが視聴できるようになっています。最近の液晶テレビは左右の視野角がとても広いことと、テレビの壁掛け位置がダイニング寄りということもあり、角度固定式金具でも十分視聴できる用になっているのが特長です。

thumbnail.php?id=776_22_d96b7a21f4.jpg
アンテナ端子がない壁面に弊社でご購入いただいた液晶テレビ KJ-55X9500Hを壁掛け。天井裏からアンテナ端子を分岐させ、壁内経由でテレビ裏まで延長するというアクロバチックな配線工事をおこなっています。

thumbnail.php?id=776_23_5156c849d8.jpg
テレビの本体サイズは123cm×71cm。昨今のテレビは左右の視野角が広いので、斜め方向から見ても違和感をおぼえません。写真はダイニング側から見たところです。

thumbnail.php?id=776_24_c3993f8f2e.jpg
「ダイニングからもテレビが見えるようにしたい」とのご要望は多いです。写真のようにテレビとダイニングが近ければ角度固定式金具でも十分視聴できますが、ダイニングとテレビが離れる場合は可動式金具で角度調節する…という選択肢も出てきます。


後日お客様よりお褒めとお礼のメールをいただきました。
こちらこそありがとうございました。
末長く壁掛けテレビをお楽しみ頂けましたら幸いです。
【ホークワン】東京都三鷹市でリビングの石膏ボード壁に55型液晶テレビ (KJ-55X9500H)を壁掛け