ナイスプランハウジングで壁掛けテレビ

ナイスプランハウジングの壁掛けテレビ 工事例

岐阜県可児市のハウスメーカー、リフォーム会社です。

岐阜県可児市での壁掛けテレビ工事です。

訪問先の壁面は壁掛けテレビを前提で作られており、既に下地補強が施された状態でした。今回は壁掛けテレビの他にレコーダー機器の置き場所としてウォールシェルフ(棚)も設置されたいとのご要望でしたので、壁掛け金具と一緒にホワイトの棚も持参しました。

使用した壁掛け金具は、金具メーカー「エース・オブ・パーツ」のPLB-141M。65インチまで対応した角度固定式の金具で、ブラック・ホワイト・シルバーのカラーバリエーションが用意されています。今回はお部屋の壁に合わせてホワイトを使用しました。ご覧のようにねじ止め用の穴が数多くあけられているので、どこに間柱や下地補強があっても、きっちりネジ止め出来るのがポイントです。

壁掛け金具 PLB-141M
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

テレビを取り付ける前にレコーダー用のウォールシェルフも取り付けておきます。こちらは間柱にしっかり固定し、壁内を通して

・アンテナ線×1本
・HDMIケーブル×2本
・USBケーブル×1本

これらを通しています。(もちろん100ボルト電源も付いています)

これだけの準備が完了したら、いよいよテレビ本体を壁掛けします。テレビは東芝のレグザ55C340X。4K放送に対応した55型液晶テレビです。壁掛け完了後、テレビの電源を入れると、ホワイトを基調とした壁面に色鮮やかな映像が映し出されました。


thumbnail.php?id=613_16_8680e4680d.jpg
(↑)施工完成写真。壁の色に合わせてホワイトのウォールシェルフ(棚)をテレビ上に取り付けています。小さなお子さんがいらっやる家庭や室内でペットを飼われているご家庭の場合、棚はテレビ「上」を望まれる方が少なくありません。

thumbnail.php?id=613_17_85840f64fa.jpg
(↑)正面から。テレビは東芝のレグザシリーズ55C340X。55インチの4K放送対応液晶テレビ。サイズは123cm×71cm。テレビ本体の厚みは7cmです。

thumbnail.php?id=613_18_080b13e3d9.jpg
(↑)テレビの下はもちろん、棚とテレビの間にもケーブル類が無いのがポイント。アンテナ線やHDMIケーブルなどはすべて壁内を通して結ばれていいます。

thumbnail.php?id=613_19_06a529b561.jpg
(↑)壁掛け金具は「エース・オブ・パーツ」のPLB-141Mを使用。角度固定式で65インチまで対応。3色のカラーバリエーションから壁に合わせてホワイトを選択。ねじ止め用の穴が数多くあけられており、壁裏の柱や下地補強を見つけやすいのが特長です。青いマスキングテープはテレビの位置を表しています。

thumbnail.php?id=613_20_3d6ed0d680.jpg
(↑)棚上のコンセントパネル。電気工事士の資格を持つスタッフが新設しました。壁内を通って、アンテナ線やHDMIケーブル、USBケーブルをつなげます。青いマスキングテープはテレビの位置を表しています。

thumbnail.php?id=613_21_e83a77b8d7.jpg
(↑)レコーダーを置いてみたところです。左のコンセントパネルから出てきているHDMIケーブルと接続します。将来の拡張性を考慮し、予備として数本HDMIケーブルを通しておかれるお客様が増えています。

thumbnail.php?id=613_22_f1da0e151e.jpg
(↑)少し下がって、階段付近からの撮影。ホワイトをベースとした屋内に色鮮やかな映像が浮かび上がります。
【ナイスプランハウジング】岐阜県可児市で東芝レグザ(55C340X)とレコーダ用棚を壁掛け