ヘーベルハウス で壁掛けテレビ

ヘーベルハウス の壁掛けテレビ 工事例

重量鉄骨3階建てタイプのお宅で壁掛けテレビを数多く施工させていただいております。 補強が施されていない壁でも壁内から部分的に補強を行うことで、しっかりと壁掛け施工を承ることが可能です。 壁掛けテレビ面にはテレビのみ設置し、DVDレコーダーなどは別のお部屋へ配線しスッキリとした施工も行わせていただきました。

愛知県の安城市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はマイホーム完成間際の段階で弊社にお問い合わせくださいました。ご自宅はすでにエコカラットが貼られており、壁掛けにされるご予定でテレビも購入。ところがテレビを購入された量販店が
「エコカラットへの壁掛けは対応できない」
とのこと。そこでネットで検索し、弊社を見つけられたとのことでした。

今回はハウスメーカー様によって下地補強も行われていますし、壁掛け用のコンセントも配管経路も確保されているとのこと。弊社としては特に問題ありませんので、快くお引き受けしました。

施工当日、安城市のお客様宅へ。ハウスメーカーはヘーベルハウス様。壁面はエコカラットプラスのランドが壁全面に張られています。
まずはマスキングテープでテレビの場所をお客様とご相談。すでにテレビ用のコンセントパネルが用意されているため、テレビがそこにかぶる(=テレビでコンセントを隠せる)位置でポジションを決定。エコカラットの上から直接壁掛け金具を設置し、各種ケーブル類を壁内に通していきました。

金具は薄さと汎用性を重視した角度固定式タイプです。カラーはエコカラット側に合わせてホワイトを選択しました。テレビはお客様が量販店で購入されたパナソニックのビエラシリーズ TH-55HZ1800。55型の有機ELテレビです。スタンドを外して背面に壁掛け用金具を取り付けていきます。

テレビを金具に固定し、各種ケーブルをつなぎたら壁掛け工事は完成です。作業はスムーズに進み、動作確認も含み2時間ほどで完了しました。

thumbnail.php?id=892_11_c876e4ee9f.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真です。テレビボード内にはブルーレイレコーダーの他、プレステやNintendo Switchなどのゲーム機がしまわれており、壁内を通ってテレビと常時接続されています。

thumbnail.php?id=892_12_3055b61beb.jpg
(↑)テレビはパナソニックのビエラシリーズ。55インチの有機ELテレビです。スタンドを外した本体サイズは約123cm×78cm。本体の厚みは5.3cmという薄さです。

thumbnail.php?id=892_13_05c84dbb33.jpg
(↑)側面から撮影。壁内に補強を施すことで、壁面(エコカラット)と金具の台座が密着。隙間を可能な限り薄くすることが出来ます。壁内に補強が施されていない場合は、カトー電器推奨の「壁内部分補強工事」がおすすめです。強度を必要とする箇所をピンポイントで補強。大掛かりな工事も必要ありません。

thumbnail.php?id=892_14_705cbaf525.jpg
(↑)エコカラットの壁面に金具の台座を取り付けたところです。青いマスキングテープがテレビの位置を表しています。コンセントパネルがハウスメーカ様によって作られていたため、まずこれをテレビで隠れる位置にすることが第一条件となります。

thumbnail.php?id=892_15_7dfbfc8a24.jpg
(↑)壁内を通するケーブルはアンテナ線が2本、レコーダーやゲーム機用のHDMIケーブルが3本です。テレビのサイズもありケーブル長は相当の長さを必要とします。

thumbnail.php?id=892_16_719507b07b.jpg
(↑)これはテレビの背面。壁掛け用の金具を2本テレビにネジ止めして、エコカラット側の台座と合体させます。高さ調節用にたくさんのねじ穴が垂直に並んでいます。

thumbnail.php?id=892_17_2b441b0565.jpg
(↑)お客様が送ってくださった写真。壁面はエコカラットプラスのプラスランド。壁掛けテレビ用のコンセントパネルや配管経路も準備済みとなっています。テレビの位置を自由に決めたい場合は、コンセントパネルや配線経路をハウスメーカー様ではなく、カトー電器側にお任せください。
【ヘーベルハウス 】愛知県安城市でエコカラットプラス ランドの壁面に55型有機ELテレビ(TH-55HZ1800)を壁掛け
大阪府茨木市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社サイトの無料壁掛け診断からお問い合わせをいただきました。現状のお部屋と図面の写真を送っていただき、施工担当者がお見積もりを算出。折り返しメールにてご連絡差し上げました。お見積もり内容にお客様もご納得いただき、工事日が決定。

施工当日はスタッフ2名で大阪へ。
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーは旭化成ヘーベルハウス様です。お客様ご希望の壁面は石膏ボード壁。下地補強は無いためカトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。十分な強度を確保した上で角度固定式の金具を設置させていただきました。
テレビで隠れる位置には壁内配線用のコンセントパネルも新設。、アンテナ線やHDMIケーブルはここを通ってテレビ台のレコーダー機器へと繋がるように配線しました。

テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830です。65型の有機ELテレビです。テレビのスタンドを外し、背面に金具を取り付けて壁掛け完了。壁掛けにすることでテレビ位置は30cmほど後退し、お部屋に広がりがうまれました。

今回はBOSEのサウンドバー700も壁掛けさせていただきました。こちらも壁内に部分補強を施した上で壁面に設置。配線はテレビと同じ壁内配線となっています。サウンドバーはテレビ台の上に置いたままでも問題ありませんが、下方向への音の広がりを意識されるのでしたら壁掛けにされることをおすすめいたします。

出来上がりは御覧の通り。テレビもサウンドバーも壁掛けとなり、なおかつケーブル類が一切見えない洗練されたAV環境が誕生しました。

thumbnail.php?id=820_22_ffd3a38bb2.jpg
(↑)65型の有機ELテレビとサウンドーをそれぞれ壁掛けさせていただきました。お部屋の壁はオーソドックスな石膏ボード壁。壁内に部分補強を施すことで強度をしっかり確保しています。

thumbnail.php?id=820_23_aad2ed2263.jpg
(↑)正面から見たところ。上に明り取りの窓があります、この窓と揃えるようにテレビの位置が決まりました。壁掛けテレビの場合、横位置はすんなり決まりますが、縦位置(高さ)はどの家庭でも大いに悩まれます。

thumbnail.php?id=820_24_1ed16b66cb.jpg
(↑)反対側から撮影。テレビは東芝のレグザシリーズ 65X830。スタンドを外した本体サイズは145cm×84cm。角度固定式の金具で壁掛けしています。写真では見えませんがテレビの裏側には専用のコンセントパネルも新設されています。

thumbnail.php?id=820_25_39d01e9bbc.jpg
(↑)BOSE(ボーズ)社製のサウンドバー。こちらもお客様リクエストで壁掛けさせていただきました。こちらもサウンドバーで隠れる位置にコンセントを新設し、電源はもちろん、HDMIケーブルも壁内を通すようにしています。宙に浮いたようなかたちになりますので特に下方向への音の広がりを意識される方には「壁掛けサウンドバー」はおすすめと言えます。

thumbnail.php?id=820_26_a2225d9299.jpg
(↑)写真には全く写っていませんが、今回の施工で壁内にはアンテナ線が2本、HDMIケーブルが3本通っています。ゲーム機やオーディオ機器など多数お持ちの方は、予備のケーブルも通しておくか、HDMIセレクターを用意されることをおすすめいたします。

thumbnail.php?id=820_29_f31f601c24.jpg
(↑)テレビの壁面の設置個所をズーム撮影。壁内補強と角度固定式金具を組み合わせることで、テレビと壁との隙間は極力押させることが出来ます。

thumbnail.php?id=820_27_9eb7960487.jpg
(↑)工事途中の写真から。壁紙をめくり壁内に補強工事を施し、石膏ボードを塞いだところです。このあと壁紙も元通りにして金具の設置作業へと入ります。奥に見えているのはコンセントパネル用の開口部です。

thumbnail.php?id=820_28_9f094a5378.jpg
(↑)こちらは角度固定期金具を設置した直後の写真です。直前の写真と比較していただくと、壁紙が綺麗に戻されていることがお分かりいただけるかと思います。
金具はエースオブパー社のPLB-141M。カラーはテレビに合わせてブラックを採用しました。このあとコンセントパネルを作る作業へと入ります。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=820_30_7b5b612517.jpg
(↑)弊社ホームページの「無料壁掛け診断」にUPしていただいたお客様撮影画像。テレビ台の上にテレビ本体とサウンドバーが置かれた状態です。壁掛けにすることでテレビは少し高い位置に。サウンドバーは下方向にも音が広がるようになり、何よりテレビ裏のケーブル類がスッキリ綺麗に片付きました。
【ヘーベルハウス 】大阪府茨木市で石膏ボード壁に65型有機ELテレビ(65X830)とBOSEサウンドバーを壁掛け
大阪でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問合せくださいました。現在の壁とテレビの様子、それに図面を送ってくださったので、施工担当者が写真をチェック。
「ゲーム機とレコーダーと…サウンドバーもありますね。これは壁内に何本ケーブルを通すことになるかな…」
と考えながらお見積もりを作成。工事可能な候補日も添えてメールでご連絡したところ、即日お返事をいただき、工事確定となりました。スピーディーな対応がモットーのカトー電器ですが、お客様もスピード感ある対応でサクサクと話は進み、いよいよ工事当日。スタッフ2名が名古屋から直接大阪へお伺いし、施工開始となりました。
なおお客様宅は一戸建てで、ハウスメーカーはヘーベルハウスです。

壁面は写真のようにタイル柄のエコカラット。壁内に下地補強は無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強に着手しました。壁内部分補強とは文字通り、壁面に開口を設け、壁内からピンポイントで補強を施す工法です。外側から板を貼る壁外補強と異なり、、見た目良く厚みも最小限に抑えられるのが特長。この工法でしっかりと強度を確保した上で、角度固定式の金具を取り付けさせていただきました。

お客様のご要望はケーブル類が見えない壁内配線でしたので、壁面にテレビ用のコンセントパネルも新設します。今回壁内を通すケーブルが多いため、コンセントパネルは2個分のスペースを使い、
・電源延長ケーブル
・アンテナケーブル2本
・HDMIケーブル2本
・LANケーブル1本
など計5本のケーブルを通しました。壁内配線ではあとからケーブルを追加するのは難しいので、将来ゲーム機などが増える可能性のある方は、あらかじめ予備のHDMIケーブルなどを数本通しておかれるとよいでしょう。

壁内を通ったケーブルはテレビ下のコンセントから顔を出し、各種機器へと接続。
レコーダーやゲーム機の電源を入れると、壁掛けされた75インチの大画面に迫力ある映像と音声が出力されるようになりました。

thumbnail.php?id=795_21_02a5fa8295.jpg
(↑)下地補強が施されていないエコカラット壁面に75型の大型液晶テレビを壁掛けしました。テレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。壁掛け時の本体サイズは横幅167cm、高さが96cm。スタンドの付いた据え置きで使うと圧迫感がありますが、壁掛けにすると画面位置が30cmほど後退しますので、お部屋がぐっと広く感じられます。

thumbnail.php?id=795_22_68b6326715.jpg
(↑)お客様はテレビにサウンドバーを接続して使用されていました。今回サウンドバーはテレビ台の上に置いて使われることに。テレビ台の中にはレコーダー機器やゲーム機などが収納されており、いずれも壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=795_23_c03d40830a.jpg
(↑)壁掛け工事途中の写真。壁内部に下地補強の工事を行い、壁掛け金具を設置したところ。左下には壁内配線用のコンセントパネルも写っています。
【ヘーベルハウス 】大阪府岸和田市でエコカラット壁に75型大型液晶テレビ(KJ-75X9500H)を壁掛け
愛知県名古屋市での施工事例です。お客様宅のハウスメーカーはへーベルハウス。今回は事前に当社ショールームにご来店いただき、そこで細かな打ち合わせをさせていただいております。

施工当日。壁掛けご希望の壁面にはエコカラットのグラナスルドラが貼られていました。壁掛け用の下地補強は無かったため、エコカラット壁に開口を設け、壁内に部分的に補強を施します。その後開口部をきれいに塞いで角度固定式の汎用金具を取り付けました。エースオブパーツ社のPLB-141Mという金具で、さまざまなテレビメーカーに対応しているのが特徴。将来テレビを買いけられても、金具まで取り外すことなく、そのまま流用できるのがメリットです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

同時にテレビ用のコンセントパネルも新設します。3個口のコンセントで1つは100ボルト電源、残りの2つには、アンテナ線とHDMIケーブルを通し、壁内を伝ってテレビ台のレコーダー機器類へと繋げました。

テレビは現在ご使用中のソニーブラビアシリーズ KJ-65A9G。有機ELテレビです。美しい映像と画面全体が振動してサウンドを再現するアコースティックサーフェイスが特長。本体の厚みも薄く、壁掛けにもおすすめのテレビといえます。

壁掛けテレビの隣にドアがある間取りですので、部屋の出入りのたびに壁掛けの接合面が視界に入ります。しかしエコカラットの上から直接壁掛けしており、接合面を極力薄くできる角度固定式金具+最新の薄型テレビのため、ご覧のように気になりません。

施工結果はご覧の通り、エコカラットの繰り返しパターンの中に、テレビが良いアクセントとなる素敵な一画が生まれました。

thumbnail.php?id=653_12_49a6d050b1.jpg
(↑)まずは正面から撮影。エコカラットは繰り返しパターンが続きますので、そこにテレビを壁掛けすると良いアクセントになってくれます。配線は壁内にケーブルを通す壁内配線です。

thumbnail.php?id=653_11_de7b6bdc73.jpg
(↑)リクシルのエコカラット「グラナスルドラ」が貼られたリビングの一画。ここにソニーの65型有機ELテレビ KJ-65A9Gを壁掛けさせていただきました。下地補強がないエコカラット壁でもカトー電器なら壁掛けテレビが実現できます。

thumbnail.php?id=653_14_d50afdfb99.jpg
(↑)テレビ台の中にはひかりTVチューナーやブルーレイプレイヤーが収められており、壁内を伝ってテレビとつながっています。壁内のケーブルは地デジ用アンテナ線1本とHDMIケーブルが4本。

thumbnail.php?id=653_13_ea9d1e386d.jpg
(↑)壁掛けテレビの隣に出入り口があり、リビングに出入りするたびにこの光景が視界に入ります。そのためテレビと壁面の接合面は目立たぬようにしました。

thumbnail.php?id=653_15_9405eb1548.jpg
(↑)使用した金具はエースオブパーツ社の角度固定式金具。PLB-141Mを採用。テレビと壁面の隙間を薄く出来るのだメリットです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
間柱と壁内補強がある個所にネジ止めしています。下に見えるのはテレビ用のコンセントパネル。白いケーブルがアンテナ線。黒い4本のケーブルがHDMIケーブルです。

thumbnail.php?id=653_16_8b17a678d0.jpg
(↑)エコカラット壁面の金具との接合面。エコカラット壁の上から直接金具を固定することで、とても自然かつすっきりとした仕上がりになりました。

thumbnail.php?id=653_17_177b550c31.jpg
(↑)お客様から送っていただいた工事前の画像です。背面のエコカラットには下地補強や壁掛け用のコンセントパネルが無く、弊社で補強、コンセント新設まで行わせていただきました。

下地補強なしのエコカラット壁でも、テレビの壁掛けは実現できます。既にエコカラットを貼られた方でも、「壁掛けテレビにしてみたいな」とお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
【ヘーベルハウス 】名古屋市でエコカラット壁に65インチ有機ELテレビ(KJ-65A9G)を壁掛け
今回のレポートは愛知県豊橋市から。お住まいのハウスメーカー様はヘーベルハウス。築5年ほどしてからの壁掛けご依頼でした。リビングにはエコカラットの「ペトラスクエア」が貼られていましたが、壁掛けテレビのための補強はありませんでした。
お客様としてはエコカラットの上からでも壁掛けが出来る業者をお探しでしたが、

・ハウスメーカーさんからは「壁掛け施工は難しい」との回答があり、
・テレビを購入された量販店でも「エコカラット壁では困難」

とのお返事だったそうです。そんな「補強なしのエコカラット壁」は、カトー電器が最も得意とする分野の一つ。壁掛け診断から送っていただいた写真を参考に、お客様と電話で打ち合わせ。今回は

・エコカラットの壁に補強工事
・テレビは購入済み(未開封で壁掛け待ち状態)
・オーダーメイドのテレビ台と併用予定

との条件でお話を進めさせていただきました。オーダーメイドのテレビ台が納品されてからお宅にお伺いし、壁掛けテレビとテレビ台の高さバランスに留意しながら補強および壁掛け工事を行わせていただきました。

結果は御覧の通り、バランスの取れた配置となり、完成後はとても喜んでいただけました。

壁掛けテレビに関してはまだまだ不慣れな業者さまも多く、壁掛けの補強が出来ていなかったり、エコカラット壁で工事が出来ないというところも多く向けられます。そんな時は、お気軽にカトー電器にご相談ください。専用の壁掛け診断フォームをご用意しておりますので、現状の写真や図面などを送ってくだされば、工事責任者が最短即日にてお見積もりとお返事を送らせていただきます。
【ヘーベルハウス 】エコカラット「ペトラスクエア」の壁にブラビア・65インチ液晶テレビ「KJ-65X9500G」を壁掛け
■浜松市からお問い合わせ
静岡県浜松市での壁掛け工事レポートです。
お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からお部屋の写真をUPし、お問い合わせくださいました。UPしていただいた写真を見ると、テレビの周りをぐるいとベビーゲートが取り囲んでいます。
「これは…小さなお子さんがいらっしゃるのだろうな…」
施工スタッフはそんな推測をしながら下地補強、壁掛け工事、それに配線類を含めたお見積もりを作成。お客様にメールにてご案内させていただきました。お客様もお見積もり内容にご納得いただき、施工決定。当日はスタッフ2名が名古屋から静岡県へお伺いしました。

■テレビの位置決めから
お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはへーベルハウス様だそうです。まずはご指定のリビングを確認。ベビーゲートを外し壁の様子を調べます。壁内に下地補強は無く、壁掛けテレビ用のコンセントパネルも作らねばいけないことをお客様に説明し、テレビの位置決めに入りました。テレビの位置決めは、弊社スタッフがマスキングテープでテレビの位置を示し、お客様のご意見を聞き
「もう少し下」
「もう少し上」
とのやり取りを繰り返します。お客様にしてみれば、なにぶん初めての事ですので私たちも過去の事例などをあげ、可能な限りアドバイスしていきます。最終的に位置が決まったらいよいよ工事スタートです。

■下地補強とコンセント新設は同時進行
下地補強が無い壁面には、カトー電器が得意とする壁内部分補強でしっかりとした強度を確保します。今回壁掛けするテレビはスタンドを外した重量が27kgもあり、これに金具の重量も加わりますので、十分な下地補強が欠かせません。同時にテレビで隠れる位置に専用のコンセントパネルも新設し、電源やアンテナ線、HDMIケーブルが通る経路も準備。このあたりは電気工事士の資格を持つスタッフが手早く済ませていきました。

■テレビは少し高め+下向きに
下地補強を終えた壁面に壁掛け金具を取り付けます。今回使用した金具は上下に角度が調節できるタイプ。テレビ位置が高めのため、若干下向きになるように角度を調整。最後にシャープの60型液晶テレビを取付し、アンテナ線やHDMIケーブルなどを接続したら工事は完了です。写真のようにお子様には手の届かない安全な壁掛けテレビが出来上がりました。

■壁掛けテレビ写真と解説
thumbnail.php?id=293_4_a2bdf3e5b2.jpg
(↑)静岡県浜松市でのテレビ壁掛け工事です。壁内には補強が施されていないため、カトー電器が壁内部に補強を施した上で壁掛けさせていただきました。将来的にはテレビ台は無くされるとのことです。

thumbnail.php?id=293_5_5f7591c9ae.jpg
(↑)反対方向から撮影。今回使用した金具は上下方向に角度が調節できるタイプ。テレビを少し高めに設置されるお客様に人気です。写真には写っていませんがテレビの背面に専用のコンセントも新設しています。

thumbnail.php?id=293_6_1e2cfcd199.jpg
(↑)テレビはシャープのアクオス US30シリーズの60型モデル(LC-60US30)。台座スタンドを外し、背面に金具を取り付けることで壁掛けに対応します。壁掛け時の本体サイズは1354mm×800mm。本体の厚みは69mmです。

thumbnail.php?id=293_7_3a1d95f368.jpg
(↑)お客様が撮影し、弊社の「無料壁掛け診断」にUPしていただいた写真がこちら。テレビの周りをベビーゲートがぐるりと囲んでいます。小さなお子さんがおらっしゃるご家庭でよく見かける光景です。

thumbnail.php?id=293_8_1bebbe1813.jpg
(↑)こちらもお客様からいただいた画像。お子さんの「接近防止」のためにテレビ周りにさまざまな工夫が凝らされる昨今ですが、思い切って壁掛けにするとこれらの悩みも解消します。

■壁掛けテレビでリビングをもっと広く
テレビを壁掛けにすることで、お子様の安全だけでなく、テレビ周りがスッキリし、リビングを広く使うことも可能です。おうち時間が増え、お部屋を使い勝手を良くしたいな、と考えている方はぜひ壁掛けテレビをご検討ください。
【ヘーベルハウス 】静岡県浜松市で石膏ボード壁にシャープのアクオス60インチ液晶テレビ(LC-60US30)を壁掛け
事前に補強された壁に、55インチのPanasonic・VIERA(ビエラ)「TH-55FX750」を壁掛け施工させていただきました。

オーナー様は、テレビの買い替えがキッカケとなり壁掛けテレビについて本格的に調べられたそうです。

色々と調べるうちに壁掛けテレビの見た目の美しさや、テレビを左右に振れる壁掛け金具にする事で、広いリビングの様々な所からでもじっくりと画面を見れる事を大きなメリットに感じられたと仰っていました。

壁には既に補強下地が入っているという事もあり、「壁掛け金具を購入し自分でできるのでは?と考えた」とお聞きしましたが、配線の処理に悩まれて依頼されたとお伺い致しました。

元々のテレビ用コンセントから壁掛けテレビ用に高い位置へコンセントを新設し、ブルーレイレコーダーとの接続ケーブルも全て壁内で配線させていただきました。
今まで高さのあるテレビ台を置かれていましたが、壁掛けテレビに合うオシャレなローボードタイプに替えられますね。と大変喜んで頂く事ができました。

オーナー様は壁掛け金具にもこだわられて、高い剛性と設置後の見た目に美しい質感のハイエンド金具をご指示いただいた事でテレビを左右に振った際の安定感やテレビ裏を覗き込んだ際の美しさなどに大変満足していただけました。
【ヘーベルハウス 】見た目と機能性から壁掛けテレビを構想されて55インチ・ビエラ「TH-55FX750」の壁掛け
エコカラット「ヴァルスロック」に間接照明が美しく馴染んだ壁に55インチ液晶テレビを壁掛けさせていただきました。
リビングはオーナー様のこだわられた堀床に家具が溶け込み上品な空間を感じさせていただきました。
テレビ台からテレビへ接続する機器用のコンセントを新設させていただき、テレビ壁掛け後の使い勝手も損なわないように施工させていただきました。
【ヘーベルハウス 】エコカラット「ヴァルスロック」が施された壁にSHARP・AQUOSの55インチ液晶テレビを壁掛け
部分的に吹かされた壁と、フロートラックが壁掛けテレビと相性が良さそうなスペースにソニー・ブラビアの55インチ「KJ-55X9000E」を施工させて頂きました。

オーナー様は当初違う場所に壁掛けテレビを構想されておられましたが、コーナー設置となり壁掛けテレビと言えど場所を取ってしまうという事で、今回の場所にイメージされたとお伺い致しました。

壁掛けテレビへは、耐震の事を一番に考えられた事がキッカケだったそうです。
今までの場所で壁掛けとなると上下左右可動式金具を用いる必要がありましたが、壁からの出幅を抑えた仕上がりにもこだわられて角度固定式金具をお選び頂きました。

オーナー様こだわりのサウンドバーを設置できるフロートラックもあり、既存コンセントの前に専用棚を置いて周辺機器を接続されるイメージで配線させていただきました。

壁との一体感からも耐震への安心感も感じていただき、スッキリとした仕上がりにもオーナー様から大変喜んで頂くことが出来ました。
【ヘーベルハウス 】吹かされた壁面とフロートラックがとても印象的なお部屋にソニー・ブラビア「KJ-55X9000E」を壁掛け