トヨタホームで壁掛けテレビ

トヨタホームの壁掛けテレビ 工事例

愛知県を本社を置き、全国に展開しているトヨタホームでも数多くの施工を承っております。設計当初から壁掛けを考えておられたご家庭はもちろん、完成後に壁掛けを検討されたお客様からも高い評価をいただいております。

鉄骨構造で広々としたリビングに壁掛け施工を承りました。 空調システムが特徴となっていまして玄関まで温度管理されていたお客様のお宅には驚きました。

愛知県春日井市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく補強工事が必要であると判断しました。そこで壁掛けの専任スタッフが早速お見積もりを作成してお客様へご連絡。お客様は今回を機にテレビの買い替えもご検討されているとのことでしたので、テレビのお見積もりもお送りしました。お見積もりの内容にお客様もご納得され、テレビ同時購入での壁掛け工事となりました。(ありがとうございます!)

施工当日はスタッフ2名でお客様宅へ。お客様宅は一戸建て。壁掛け施工の場所は一階のリビングです。なおハウスメーカーはトヨタホーム様とのことです。壁面はクロスが貼られているオーソドックスな石膏ボード壁。壁内を調べると予想通り下地補強は無かったため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施しました。

お客様のお住まいに合わせて「壁内部分補強」以外にも補強方法もご用意しております。これらの補強方法につきましては弊社のInstagramにて説明していますので、よろしければ目を通してみてください。Instagramの検索から『壁掛けテレビ基礎知識』で検索をかけていただくとすぐにご確認いただけます。
https://www.instagram.com/explore/tags/%E5%A3%81%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98/?hl=ja


お客様は床に座ってテレビを見ることが多いとのことでしたので、テレビの高さやや低めに設置しました。テレビの高さは後から変えることが難しくなりますので、お客様と話し合いは時間をかけて毎回入念に行わせていただいております。また今回のお部屋はテレビ上に明り取りの窓がありましたので、窓とテレビ、テレビ台のバランスを考えながら全体のレイアウトをご提案させていただきました。

接続機器はブルーレイレコーダーとNintendo Switchがありました。これらはともに壁内を経由してテレビと接続します。壁掛けテレビ+壁内配線にすることでケーブル類が見えなくなり、テレビ前の空間もいままで以上に広くなります。半面、壁掛けテレビ後にケーブルを新たに壁内に通すことは難しくなりますので、将来機器類が増えそうな場合はあらかじめ余分にケーブル類を壁内に通すことをお勧めしております。


thumbnail.php?id=935_21_ead12d6339.jpg
施工完了後の写真です。明り取りの窓に揃えるかたちでテレビの横位置は決まりました。テレビ台と併用される場合、テレビ台の上に物をおいても映像と被らないような高さを考慮しなければいけません。

thumbnail.php?id=935_22_c0e2b34f77.jpg
今回壁掛けしたテレビはソニーのXRJー55X90J。2021年の最新液晶テレビです。スタンドを外した本体サイズは約123㎝×71㎝。カトー電器にてご購入いただきましたので、施工当日にテレビ本体も一緒にお持ちし、開梱から設置、設定まで行わせていただきました。

thumbnail.php?id=935_23_cc0e28b42f.jpg
金具は薄さ重視の角度固定式タイプ。壁からの出幅を最小限に抑えることができます。壁掛けテレビで薄さを重視される方には角度固定式の金具をお勧めします。

thumbnail.php?id=935_24_5ee2e13983.jpg
テレビと壁面の接合部。壁の内部で補強を施しているため、壁面と金具のあいだに余計な起伏がなく、とてもスッキリとした見た目に仕上がっています。薄さを重視される分、御覧のように壁掛け設置後にケーブル類を追加するのは難しいことがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=935_25_bcd697450a.jpg
こちらは工事途中の写真です。壁の内部(写真中央)に部分的に補強を行い強度を確保。いまからめくりあげた壁紙を元に戻すところです。四角い開口はテレビ用のコンセントパネルになります。床上のコンセントから壁内を通すための経路を作っている最中です。

thumbnail.php?id=935_26_31a5400965.jpg
めくりあげた壁紙を元に戻し、壁掛け金具の台座部分が取り付けられました。開口部も100ボルト電源や各種ケーブルが準備され、専用のコンセントパネルが新設されています。

thumbnail.php?id=935_27_8e0a4967f8.jpg
壁の内部に補強が無いお部屋でも、御覧のように壁内部分補強と壁内配線を施すことで美しい壁掛けテレビが実現します。テレビの買い替えやリフォームを機会に壁掛けを考えておられる方は、お気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。
【トヨタホーム】愛知県春日井市で石膏ボード壁に下地補強を施し、SONY最新型液晶テレビ55型(XRJ-55X90J)を壁掛け
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。写真を見る限り壁掛けテレビ用の下地補強はなく補強工事が必要であると判断。早速担当者が下地補強も含めたお見積もりを作成し、お客様へご連絡。家族会議を経て、弊社にご依頼にの流れとなりました。

施工当日はスタッフ2名で豊田市へ。お客様宅は一戸建て。ハウスメーカーはトヨタホーム。施工場所は一階のリビングです。壁面はクロスが張られているオーソドックスな石膏ボード壁です。ただ壁の内部に下地補強が無かったため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を施し、十分な強度を確保しています。壁内補強は文字通り壁の内側から補強工事を行います。壁の外側に板を貼ったりしないため、出っ張りのないスマートな仕上がりになるのが特長です。今回はお客様のご要望により上下左右可動式の金具の設置でしたので、既存の間柱にも金具を固定することで強度を保っています。
今回のお客様は正面のソファだけでなく、ダイニングテーブルからも視聴したいとの思いから可動式金具を選ばれたとのこと。隣接するお部屋からも視聴されたい場合は
御覧のように左右に角度調整ができる金具は何かと便利です。

テレビ台は引き続き使用すされるということでしたので、テレビ台とテレビ下端の間隔を見ながらテレビの高さのコンサルをしていきました。テレビの左右の間隔はダウンライトの中心に合わせています。テレビ台もサウンドバーも同様です。

接続機器はNintendo Switchなどがありました。将来的に機器が増えるかも知れないとのことでしたので、壁内には余分にHDMIケーブルを壁内配線しています。

thumbnail.php?id=874_15_9ad16f2ed0.jpg
壁掛け工事完成直後の写真です。テレビ台とのバランスを考えたレイアウトです。サウンドバーはテレビ台に設置されていますが、テレビ台を無くされたい場合はウォールシェルフ(棚)に設置したりサウンドバー本体を壁掛けすることも可能です。

thumbnail.php?id=874_16_143a8b17e3.jpg
正面から撮影。テレビはLGのOLED 65C8PJA。65型の有機ELテレビです。スタンドを外した本体サイズは約145cm×83cm。本体厚みは4.7cmという薄さです。

thumbnail.php?id=874_18_f6d1cb9c73.jpg
来訪されたお客様などが必ずと言ってよいほど覗きまれるテレビの裏側。壁内で補強をしているため余分な出っ張りなどもなく壁面はフラットな状態です。金具の上には新設されたコンセントパネルが見えます。

thumbnail.php?id=874_17_a34f62dfe6.jpg
施工途中の写真。壁内部に補強を施しているため壁面はフラットなのがお分かりいただけると思います。上下可動式の金具を取り付け、壁内配線の真っ最中。金具の上と床上に見える開口部はコンセントパネルになります。

thumbnail.php?id=874_19_bd1f918046.jpg
工事前の様子。壁掛けにするとテレビの位置は20~30cm程後退します。視聴距離が長くなるため壁掛けを機会に一回り大きいテレビに買い替える方も少なくありません。カトー電器ではソニーのブラビアシリーズやシャープのアクオスシリーズのテレビもお取り使いしております。壁掛け工事とテレビを同時購入されますと特別お値引きも適用されますので、テレビでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
【トヨタホーム】愛知県豊田市で石膏ボード壁に下地補強を施し、65型有機ELテレビ(OLED 65C8PJA)を壁掛け
愛知県みよし市での壁掛け工事レポートです。
お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断」から、お部屋の写真と図面と共にお問い合わせくださいました。送っていただいた写真を見るとエコカラットが張られており、図面を見ると下地補強は施されていないようです。このような場合は既存のエコカラット壁内に部分的に補強を施し、さらにテレビ用のコンセントパネルを新設することになります。早速担当者がお見積もりを作成し、お客様にネールにてご連絡。
お客様もお値段にご納得され(ハウスメーカー様から提示された金額より大幅に下回っていたようです)、工事の運びとなりました。

施工当日、スタッフ2名でお客様宅へ。

現状を確認すると新しく購入されたパナソニックの有機ELテレビ(TH-65HZ1800)が置かれていました。そこでマスはテレビ台座スタンドを取り外し、背面のさまざまなケーブル類を外してスペースを確保。次にマスキングテープで位置取りをしなながらお客様と一緒にテレビの取付位置を決めていきます。既存のテレビ台はそのまま流用されますので、見やすさと全体のバランスを考慮して高さを決定し、工事に入らせていただきました。

エコカラット壁は下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強を実施。これは荷重がかかる複数の箇所にピンポイントで補強を行うもので、エコカラットでも十分な強度が確保できます。壁の内部に補強を行うため、見た目も美しく特にエコカラットや可動式金具をご希望されるお客様から高い評価を得ています。

部分補強が終わったら壁掛け金具を取り付け。台座のカラーはエコカラットに合わせてホワイトを選択しました。台座金具の下にはテレビ用のコンセントも新設。今回はアンテナ線の他にHDMIケーブルが4本、さらにUSBケーブルも壁内に通すなかなか大掛かりな作業となりました。

最後にテレビを壁に設置し、各種ケーブル類を順次接続。御覧のようにケーブル類が一切見えない美しい壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=854_16_3f46a516a2.jpg
(↑)壁掛け工事完成後に正面から撮影。壁面に貼られているのエコカラット ファインベースです。カトー電器ではエコカラットが貼られたあとの壁でも壁掛け出来ますし、クロス業者と提携することでエコカラット同時施工(カトー電器でエコカラットを貼り、さらに壁掛け工事も行います)にも対応しております。エコカラットと壁掛けテレビは御覧のように相性が良く多くのお客様からお問い合わせをいただく人気の案件です。

thumbnail.php?id=854_17_234a14251c.jpg
(↑)斜めから撮影。テレビの配線はこちらも人気の「壁内配線」。各種ケーブル類を壁内に通するため、御覧のようにすっきりとした外観に仕上がります。配線カバー(モール)で隠すのに比べ難易度は上がりますが「やはり壁掛けにするなら!」ということで壁内配線を選ばれるお客様が増えてきました。

thumbnail.php?id=854_18_16ab376417.jpg
(↑)テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-65HZ1800。65型の有機ELテレビです。スタンドを外しても本体重量が31kgとこのサイズのテレビとしてはなかなかの重量。そのため地震対策として壁掛けを選択される方も少なくなりません。壁掛け時の本体サイズは幅145cm、高さ87cmです。

thumbnail.php?id=854_19_9b28cbaa5d.jpg
(↑)壁掛けテレビの側面。補強を壁の内部で行っているためエコカラットと補強金具が直に接し、薄くてフラットな接合面となっています。薄さ重視の方、出幅(ではば)を極力抑えたい方は角度固定機タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=854_20_2ccfa8b3a9.jpg
(↑)工事途中の一枚。青いマスキングテープはテレビの取付位置を示しています。今回使用したのは角度固定式タイプの金具。その台座がエコカラット壁に取り付けられています。右下に写っているのは新しく新設したコンセントパネル。壁内から通ってきているケーブル類がアンテナ線やHDMIケーブル、USBにLANケーブルなど。将来ゲーム機や録画機器などが増える見込みのある方は、あらかじめ予備のケーブルを通しておかれることをおすすめしています。

thumbnail.php?id=854_21_6c72b6ca0f.jpg
(↑)壁掛け工事直前に撮影した「Before」写真です。テレビ台の上に置くのに比べ、壁掛けにするとテレビとの視聴距離が30cmほど後退します。それだけ圧迫感が現状しますので、壁掛けにすると「あれ_なんか部屋が広くなった?」と思われる方が少なくありません。(気のせいではないですよ!)

thumbnail.php?id=854_22_33ca261ad8.jpg
(↑)テレビの背面。テレビ台に置いて使う以上避けられないのがこの状態。これらのごちゃごちゃしたケーブル類がスッキリ見えなくなるのが壁掛けテレビのメリットとも言えるでしょう。
【トヨタホーム】愛知県みよし市でエコカラット壁(ファインベース)にパナソニック有機ELテレビ(TH-65HZ1800)を壁掛け
奥行のある広々としたリビングに、すっきりと55インチVIERA「TH-55FX750」を壁掛けさせていただきました。
壁にはアクセントクロスが施され、壁掛け用コンセントと壁下地もあり壁掛けテレビをする為の準備万全な状況でした。
じっくりと壁掛け位置をコンサルティングさせていただきました。

オーナー様には、イメージされていた以上の仕上がりに大変喜んでいただけました。
【トヨタホーム】アクセントクロスが施された補強済みの壁にPanasonic・55インチVIERA「TH-55FX750」を壁掛け
テレビ台を動かすことができればお子さんも遊び場が広がってとても嬉しいですよね。壁掛けテレビとテレビ上のシェルフにゲームをあしらってみてはいかがでしょう。遊び盛りの子供たちにはマリオは欠かせませんよね。

寝室にも壁掛けテレビをセッティング。
場所をすこしでも多く確保したい寝室でも、壁掛けテレビは大活躍。
【トヨタホーム】子供の遊ぶスペースを最大限に活かせる壁掛けテレビとウォールシェルフの組み合わせ
テレビ壁掛けを建築段階から強くイメージされて、設置後の使い勝手も考えたケーブル等のご準備も万端でした。
【トヨタホーム】壁補強と配線準備が整った場所にソニー・55インチ有機ELテレビ「A9Fシリーズ」の壁掛け
リビングに、ソニー・ブラビアの65インチ「KJ-65X9350D」を壁掛けさせていただきました。

視聴されるシチュエーションが、リビングだけでなくキッチンやダイニングからもイメージされて上下左右可動式金具をご選択されました。
テレビは両サイドにスピーカーを搭載したモデルのため、重量がございますので、より剛性の高いプレミアムな壁掛け金具「HA124」にて施工させて頂きました。

オーナー様は視聴するシチュエーションに合わせて可動することが出来る壁掛けテレビをメリットと感じられてご依頼されたとお伺い致しました。
今回のテレビは重量もありますので、テレビ台設置での首振りはかなり難しいですし、安定性にも欠ける事も壁掛け設置する際に感じられたそうです。

オーナー様には施工完了後に実際に引き出して使用感を感じていただき、テレビ視野角度の自由度が増したことに大変喜んで頂く事が出来ました。
【トヨタホーム】汎用性のある上下可動式金具を用いて、ソニー・ブラビア「KJ-65X9350D」を壁掛け