ファースト住建で壁掛けテレビ

ファースト住建の壁掛けテレビ 工事例

兵庫県に本拠を置くハウスメーカーです。関西方面の建売分譲に強く、東海地方でも広く展開されています。

愛知県名古屋市での壁掛け工事です。ハウスメーカーはファースト住建です。

今回はお部屋の角にテレビのアンテナ端子とコンセントパネルがあり、そのすぐ上にテレビを壁掛けさせていただきました。金具は左右に角度を調節できるものをお客様側にて購入済み。下地補強が無い壁面でしたので、壁内からジャストップによる補強を行った上で金具を設置させていただきました。

テレビ裏には電源用のコンセントパネルも新設。アンテナ線の他、HDMIケーブルも2本壁内を通すかたちになっています。「壁内を通すだけなのでケーブル類はそれほど長くなくても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、壁からテレビの端子口までつなぐ際、50インチを超える大型テレビは思いのほか長さを必要とします。さらに今回のように角度を変えられる金具の場合、背面のケーブルには相当の「あそび」を用意しておかねばなりません。この点、既存のケーブル類を壁掛けでも流用される際にはご注意ください。

施工結果はご覧の通り。このあとテレビ台を購入されるとのことでしたので、Wi-Fi機器などはそのままの状態で撮影させていただきました。

thumbnail.php?id=611_10_42da9fdcc4.jpg
(↑)壁掛け施工完成写真。壁掛け位置はお部屋のコーナー部ですが、金具が左右に首を振るタイプのものですから、斜め方向からの視聴も問題ありません。

thumbnail.php?id=611_11_19bf921bf5.jpg
(↑)お客様はこの後、テレビ台を購入・設置予定とのことでしたので、Wi-Fiの機材などはそのままの状態で撮影させていただいております。「壁掛け後の雰囲気を見てからテレビ台を選びたい」という方はその旨ご連絡ください。ケーブル類はすぐに接続できる状態にさせていただきます。

thumbnail.php?id=611_12_cdf6631379.jpg
(↑)アンテナ端子や電源コンセントがお部屋の角にある方でも、左右に角度を調節できる金具を用いれば、ご覧のような壁掛けテレビが実現します。「我が家では無理かも…」とあきらめかけている方も是非一度ご相談ください。

thumbnail.php?id=611_13_cf1a08822d.jpg
(↑)左右に首を触れる金具。今回はお客様ご自身がお選びいただいたものを取り付けさせていただきました。

thumbnail.php?id=611_14_29f6476a88.jpg
(↑)金具を少し動かして、テレビ背面のコンセントパネルを撮影。この専用コンセントは当社で新設したものです。100ボルト電源が1口、白いケーブルがアンテナ線、黒い2本のケーブルがHDMI。壁内を通って真下のコンセントにつながっています。

thumbnail.php?id=611_15_f8d7872685.jpg
(↑)テレビ真下の既存コンセント周り。テレビと繋がった黒いHDMIケーブルが出てきておりレコーダー待ちの状態で準備万端。アンテナ端子は壁内で結線済みです。この後にどのようなテレビ台が置かれるのかちょっと楽しみですね。


お部屋のコーナー部であっても金具次第で壁掛けテレビは実現できますし、テレビ台がまだ来ていない状態でも施工は特に問題ありません。

「この場所に壁掛けは出来るのかな…?」
「壁掛けが出来てからテレビ台を選びたい…。」
そんな方もお気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。お部屋の壁面をスマホで撮影し、当社専用の無料見積相談フォームからお送りいただければ、工事担当者が確認し、最短即日でお見積りをご連絡させていただきます。

壁掛け無料お見積り専用フォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【ファースト住建】お部屋のコーナー部に50インチ液晶テレビを壁掛け