アールプランナーで壁掛けテレビ

アールプランナーの壁掛けテレビ 工事例

■視界に入りやすい可動式金具
壁掛けテレビの金具は大きく分けて、
・薄さ重視の「角度固定式」
・角度が変えられる「可動式」
の2種類があります。角度固定式はテレビで隠れてしまい、その姿を見ることはありませんが、可動式タイプの金具はテレビの角度を変えるとその姿がいやでも視界に入りこんできます。それゆえ可動式金具の中には見た目を重視したタイプの商品が少なくありません。今回ご紹介する金具もその一つ。無骨な台座を目立たなくしてくれるカバーがついています。製品名はエースオブパーツ社の「A8050」。65インチのテレビもしっかり支えてくれる優れモノの金具です。
https://www.ace-of-parts.com/product/2702

■愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事
今回ご紹介するのは愛知県みよし市にお住まいのお客様。新築マイホームでリビングと寝室の2か所同時施工のご依頼です。(ありがとうございます)弊社ホームページの「無料壁掛け診断」からUPしていただいた写真を確認すると、既にテレビ用のコンセントも用意され、フロートタイプのテレビボードも設置済みということが分かりました。さっそく担当者が壁掛けのプランを検討し、詳細なお見積もりを添えてお客様にメールでご連絡。お客様もお見積もりの内容にご納得され、工事の運びとなりました。(ちなみに今回のお見積もりは「2か所同時施工 特別お値引き」とさせていただきました。)

施工当日はスタッフ2名が名古屋からみよし市へ。お客様宅は新築戸建て住宅。ハウスメーカーは愛知県に拠点を置くアールプランナー様です。

壁面は下地補強が施されており、壁掛けテレビ用のコンセントも用意されています。一見簡単そうに見えますが、先にコンセントが用意されているため、金具の取付位置、そしてテレビの位置はかなり限定されます。幸い今回ご指定の可動式金具は2つのコンセント間にうまく収まり、またテレビも大きいサイズのためコンセントがはみ出すようなこともありませんでした。ハウスメーカー様によって先にコンセントが用意されている案件では、コンセントに干渉せず金具やテレビがうまく収まるかでいつも頭を悩まします。(出来るならばテレビの取付位置が決まったあとにコンセントを作らせていただきたいです)

金具が取り付け終えたら、HDMIケーブルやUSBケーブルなどを壁内に通していきます。最後にお客様ご用意の65インチテレビを慎重に取り付け、各種設定を終えれば工事は完了。
左右に上下に角度が変えられる機能性に優れた壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の見どころとポイント解説

thumbnail.php?id=1225_17_aa119e67a3.jpg&alt=愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事
(↑)愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事です。65インチの液晶テレビを上下左右可動式金具で壁掛けしました。

thumbnail.php?id=1225_18_ce9d936f8f.jpg&alt=テレビは東芝レグザ65Z740XS
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ 65Z740XS。65インチの液晶テレビです。横幅は1453mm。高さは866mmです。

thumbnail.php?id=1225_19_8bba819d4d.jpg&alt=金具は上下左右に傾けられる可動式
(↑)金具は上下左右に角度を変えられる可動式タイプ。隣接するお部屋からも視聴したいお客様に人気です。

thumbnail.php?id=1225_21_db6fd6e1db.jpg&alt=視界に入りやすい可動式金具
(↑)壁掛けテレビの後ろ側を撮影。金具はエースオブパーツ社の「A8050」。可動式の金具はこうして視界に入ることも多く、金具の外観にも気を遣われるお客様が増えています。本製品はシルバーのアームとブラックの台座カバーの組み合わせで見た目にも優れているのが特長です。
「A8050」の紹介ページはこちら
https://www.ace-of-parts.com/product/2702

thumbnail.php?id=1225_22_4e8fc229b7.jpg&alt=カバーが無いとこの状態
(↑)可動式金具「A8050」のカバーが無い状態がこちら。アーム部を折りたためばテレビで隠れてしまうので気にはなりませんが、先の写真と比較するとカバーの重要性が良く分かります。

thumbnail.php?id=1225_23_d3de0162c1.jpg&alt=工事前に送っていただいた写真
(↑)工事前にお客様が送ってくださった画像です。フロートテレビボードも設置済み。コンセントパネルも2か所用意されています。一見簡単そうに見えますが、金具はこのコンセントの間に収まるものでなければならず、かなり種類が限定されてしまうのも事実です。またテレビのサイズも二つのコンセントを隠すサイズのものでなければいけません。(テレビの横からコンセントがはみ出てしまうのは避けたいものです)


■テレビ用コンセントは壁掛け時に親切か、建築段階でお問い合わせを
壁掛けテレビで失敗しやすいのがテレビ用のコンセントの位置です。テレビや金具が決まっていない段階で作られてしまうと、壁掛け工事の段階になって
・金具と干渉したり
・テレビで隠し切れなかったり
することが往々にして発生します。テレビ用のコンセントは壁掛け工事の段階でご依頼いただくか、建築段階の時点でご相談いただくのが確実です。そうすれば弊社の専門スタッフが間違いのないコンセントをご用意、もしくはハウスメーカー様にアドバイスさせていただきます。
初めての壁掛けテレビに不安を少しでもお持ちでしたら、お気軽にカトー電器商会にお問い合わせ・ご相談ください。
【アールプランナー】愛知県みよし市で65インチ液晶テレビ(65Z740XS)を上下左右可動式金具(A8050)で壁掛け
■2台同時施工の一つ
壁掛けテレビが普及するにつれて、リビングのみならず寝室や子供部屋、キッチンなどもテレビを壁掛けされる方が増えています。今回のご紹介する施工もリビングと寝室の2台同時施工のご依頼でした。(ありがとうございます)カトー電器商会では複数台同時施工の場合は特別お値引きが適用されますので「この機会に壁掛けを!」とお考えの方はリビングのみならず他のお部屋の壁掛けも是非イメージしてみてください。

■寝室は上下可動式が人気
写真でご紹介するのは、愛知県みよし市での壁掛け工事です。先のご紹介した「」との同じ同時施工案件になります。テレビはお客様ご用意の東芝レグ55インチ液晶テレビ 55Z740XS。壁掛け金具はエースオブパーツ社の「XPLB-227M」。こちらもお客様がご用意されました。XPLB-227Mは上下方向に角度が調節できる金具です。寝室ではベッドに横になりながら視聴される方が多く、テレビは少し高い位置に取り付け、下方向に傾けるといった視聴スタイルが好まれています。今回の施工もそのスタイルを踏襲し、テレビは幾分高めに取付け金具の機能を活かして下方向に傾けることで対応させていただきました。録画用の外付けハードディスクはテレビ背面のスペースに取り付けてあります。

■各部の写真とポイント解説
一各部の写真とポイントの解説です。

thumbnail.php?id=1226_11_5b055d3ef5.jpg&alt=寝室の壁面に55インチ液晶テレビを壁掛け
(↑)寝室の壁面に55インチ液晶テレビを壁掛け。愛知県みよし市での壁掛け工事です。

thumbnail.php?id=1226_12_4800dcdcf9.jpg&alt=テレビは東芝レグザ55Z740XS
(↑)テレビは東芝のレグザ55Z740XS。スタンドを外した本体サイズは横幅が1235mm、高さが743mm。本体の奥行きは71mmです。

thumbnail.php?id=1226_13_b76f05ecd4.jpg&alt=金具は上下方向に角度が調節できるタイプ
(↑)金具は上下方向に角度が調節できるエースオブパーツ社のXPLB-227M。寝室など少し高めの位置に壁掛けされる際に便利です。
【XPLB-227Mの製品ページへ】
https://www.ace-of-parts.com/product/2988

thumbnail.php?id=1226_14_b71a516db9.jpg&alt=下方向に傾けています。
(↑)金具の機能を活かし、テレビは下方向に傾けました

thumbnail.php?id=1226_15_75d5ba7232.jpg&alt=既存コンセントから電源とアンテナ線を延長しています
(↑)既存コンセントからアンテナ線と電源を延長しています。

thumbnail.php?id=1226_16_3d01b84dff.jpg&alt=工事前の壁面の様子
(↑)こちらは工事前の壁面の様子。壁内はハウスメーカー様によって下地補強が施されていました。

■寝室の壁掛けはベッドの座ったり横になって決めてもOK
寝室での壁掛け工事の場合、多くのお客様が実際にベッドに座ったり、横になったりしてテレビの取付位置を詰めてゆかれます。夜寝る前のテレビ視聴もさることながら、朝目覚めてニュース視聴なども考慮されますので、時にはリビングよりも時間を割かれるお客様のいらっしゃいます。(でもなぜか皆さん楽しそうです)
床上にコードが這うこともなくなり、スペースも大幅に節約できる壁掛けテレビ。寝室や子供部屋にでもぜひご検討ください。
【アールプランナー】愛知県みよし市で寝室の壁に55インチ液晶テレビ(55Z740XS)を上下可動式金具で壁掛け
■テレビ買い替えを機会に壁掛けへ
テレビの買い替えを機会に壁掛けテレビを検討されるお客様が増えています。50インチを超えるテレビになると、重量やサイズの問題からテレビ台の選択肢が限られてきますが、壁掛けにしてしまえばテレビ台の問題は一気に解消します。耐荷重やサイズに関係なく、お部屋にあったテレビ台を自由に選びたい方は「テレビを乗せない」選択肢を考えてみてください。

■名古屋市でテレビ壁掛け工事
今回ご紹介するのは名古屋市にお住まいのお客様。弊社ホームページの無料壁掛け診断からお部屋の写真をUPしてくださいました。テレビの買い替えを機会に壁掛けを検討中とのことで、壁掛け担当者がさっそく詳細なプランとお見積もりをご提案。何度かメールをやり取りしたのち、55インチ壁掛け工事にてご予約を承りました。
施工当日はスタッフ2名がお客様宅へ。お客様宅は一戸建てでハウスメーカーはアールプランナー様。ご希望の壁面にはテレビを支える下地補強は施されいなかったため、壁内部分補強にて十分な強度を確保させていただきました。
角度固定式金具を取り付け、その下に新しくコンセントパネルを新設したらアンテナ線、HDMIケーブルなどを壁内に通しておきます。
すべての準備が出来上がったら、お客様ご用意の55インチテレビを設置。各種のケーブルを接続し、動作確認ができたら工事完了です。
写真のようにリビングの中央にコード類を一切見せない壁掛けテレビが誕生しました。

■各部の写真とみどころポイント解説
これより各部の写真と見どころポイントの解説です。

thumbnail.php?id=1183_16_a7cf774bd9.jpg&alt=石膏ボード壁に壁内部分補強工事を施し55インチ有機ELテレビを壁掛け
(↑)石膏ボードの壁面に壁内部分補強を施し十分な強度を確保した上で55インチの有機ELテレビを壁掛けしました。

thumbnail.php?id=1183_17_4e66574f93.jpg&alt=テレビは東芝レグザ55X9400。横幅は1748mm、高さは1106mm。奥行きは82mm。各種ケーブルは壁内経由で接続しています。
(↑)テレビは東芝のレグザシリーズ 55X9400。

■テレビの機種に合わせた細かな対応が得意です
後日、お客様から
「こちらの要望にも的確に対応いただき感謝です。」
と喜びのメールをいただきました。(ありがとうございます!)
カトー電器では豊富な施工経験をもとに、テレビに合わせた細かな調整・対応がを得意としています。
「うつのテレビも壁掛け出来るのかな?」
とテレビの後ろを覗き込んでいる方はお気軽にカトー電器商会にお問い合わせください。テレビの型番と壁の写真をお送りくだされば弊社スタッフが壁泣け可能かどうか判断し、可能であれば詳細なプランとお見積もりを無料で作成し、メールにてご連絡いたします。
【アールプランナー】名古屋市で石膏ボード壁に壁内補強を施し、東芝レグザ有機ELテレビ55X9400を壁掛け
■エコカラットと壁掛けの同時施工
カトー電器商会では壁掛けテレビの工事と一緒に、エコカラットを貼ることも可能です。大まかな工事順序としましては

1.お客様と壁掛けテレビの位置決め。
2.既存の壁内部に補強を施し、壁内部に配線経路もご用意。
3.お客様ご希望のエコカラットを貼ります。
4.エコカラットの上から金具を設置。
5.テレビを取り付け、各種ケーブルを接続して完成。

という流れです。エコカラットと壁掛けテレビの相性はよく、テレビを買い換えられる方やお部屋の雰囲気を一新されたい方、壁紙に傷みが目立ち始めた方などから多くのご依頼をいただいております。

今回の施工例もその一つです。お客様ご希望の壁面には壁掛け用の下地補強やコンセントがないため、エコカラットを貼る前に壁掛け工事チームが壁内部に補強工事を施しました。カトー電器の推奨する「壁内部分補強」は、大掛かりな工事を必要とせず、短時間で十分な強度を確保できるのが特長です。何より壁の内部補強を行うため、余分な出っ張りなどが生じません。その上からクロスを貼ったり、エコカラットを貼ることも自由にできます。

下地補強が終われば次はエコカラットを貼っていきます。今回貼らせていただいたのはエコカラットプラスのストーングレース。床方向から始め、上へ上へと進めていきます。カトー電器のエコカラット貼りは壁掛け用に「四角い空きスペース」を作らず、統一感のある全面貼り付けが基本。すでにテレビも金具も、さらに配線ルートも決まっているため、わざわざか空きスペースを作らずとも良いのがポイントです。

エコカラットを貼り終えたら、その上にコンセントパネルを作り、壁掛け金具の台座も取り付けていきます。エコカラット面と金具がじかに接することで横からのぞき込んでも見た目が薄く、接合面が美しい点にご注目ください。

最後にお客様ご用意の55v型液晶テレビを慎重に取り付け、各種のコード類を繋げたら完成です。ここまでで一日作業。エコカラットからテレビ壁掛けまでトータルで行うワンストップ工事のため、従来の工事にくらべ、作業時間は大幅に短縮されます。


■各部の写真と見どころ解説
以下、各部の写真とポイントの解説です。

thumbnail.php?id=631_12_02a73c00e5.jpg&alt=エコカラットストーングレースを貼り、55型の液晶手テレビを壁掛け
(↑)壁内部に下地補強を施し、エコカラット ストーングレースを貼った壁面に55型のアクオス液晶テレビを壁掛けしました。既存の石膏ボード壁でも下地補強、エコカラット貼り、テレビ壁掛けは十分実現可能です。

thumbnail.php?id=631_13_0865c95ae0.jpg&alt=テレビボードは未到着のため、こうじはこの状態で完了となりました
(↑)工事完了直後に撮影。テレビ台(テレビボード)が未購入・未到着の場合はこの状態で工事完了となります。テレビはシャープのアクオスLC-55US45。横幅が1231mm、高さが753mm、スタンドを外した本体の厚みは89mmです。

thumbnail.php?id=631_14_70553702a7.jpg&alt=側面の様子。エコカラットにじかに取り付けられた壁掛け金具。見た目重視・薄さ重視の方おすすめ
(↑)来訪された方が必ずのぞき込むのがこの側面。エコカラットの上に直接金具を設置し、壁掛け時の厚みを極力抑えています。壁掛けテレビにおいて見た目の美しさ、特に薄さを重視される方にはおすすめの工法です。

thumbnail.php?id=631_15_89a34eebf8.jpg&alt=テレビボードに収納される予定のゲーム機など。壁内から出ているHDMIケーブルは3本です。
(↑)こちらはテレビボードに収納される予定のレコーダーやゲーム機など。壁内から出ているHDMIケーブルは3本。将来接続機器が増える可能性のある場合、予備のケーブルをあらかじめ壁内に通しておかれることをおすすめしております。

thumbnail.php?id=631_16_4dec258160.jpg&alt=エコカラット工事中の一枚。お客様ご指定のストーングレースを床方向から貼っていきます。
(↑)こちらはエコカラットを貼っている最中の写真です。床方向から丁寧に貼っていきます。壁掛け金具を避けるために四角い空間を作る方法もありますが、カトー電器のエコカラット貼りはテレビのサイズや金具、コンセント位置などがあらかじめ分かっていますので、基本全面貼りで問題ありません。

■おうち時間を活かしてリビングを新しく!
おうち時間が増えた今だからこそ、ご家族が集まるリビングを見直してみませんか?
お使いのテレビを壁掛けにすれば、お部屋は広くなり雰囲気もがらりと変わります。「我が家の壁でも大丈夫?」とお悩みの方は壁の写真をスマホで撮影し、カトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からUPしてみてください。経験豊富な工事スタッフが写真を確認し、工事可能かどうかを含め即日メールでご連絡させていただきます。
【アールプランナー】愛知県名古屋市で壁内補強を施し、エコカラット(ストーングレース)を貼った壁にシャープ55インチ液晶テレビ(LC-55US45)を壁掛け
石こうボードにシックな木目調のアクセントクロスが施された壁にソニー・ブラビア65インチ有機ELテレビ「KJ-65A8F」を壁掛けさせていただきました。
隠れ家のような雰囲気を強く感じさせていただきながら、随所にこだわられたリビングに壁掛けテレビがとてもスタイリッシュにマッチしたと思います。

お子様の手が届かない高さにもこだわられて、見た目のかっこよさと合わせてオーナー様には大変喜んでいただけました。
【アールプランナー】アクセントクロスとスポットライトが印象的なリビングにソニー・ブラビア65インチ有機ELテレビ「KJ-65A8F」を壁掛け
壁掛け施工までの3~4か月前からしっかりとご準備された壁掛けテレビができる空間です。お子さんの手が届かないように壁掛け高さをしっかり調整しております。
【アールプランナー】お子さんの手の届かない高さに気を使って、65インチ液晶テレビを壁掛け