ミサワホームで壁掛けテレビ

ミサワホームの壁掛けテレビ 工事例

木質パネル接着工法 蔵のある家で有名なミサワホーム リビングに壁掛け施工をご用命頂き、左右可動式金具を用いどこからでも テレビを視聴できる環境を実現させていただきました。

三重県鈴鹿市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

テレビは既存のソニーブラビアKJ-65X8550G。65インチの液晶テレビですね。こちらを壁掛けし、レコーダー用のウォールシェルフ(棚)もあわせて壁掛けさせていただきました。

ご希望の壁面は下地補強がされていないため、当社が推奨する壁の内側からの補強で強度を確保。その後、テレビで隠れる位置にコンセントパネルとアンテナ端子を新設し、角度固定式の金具を取り付け。最後にテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビ下にはレコーダ用のウォールシェルフも取り付け。こちらもレコーダー用のコンセントを新設しています。ウォールシェルフの取り付け位置に関して、テレビの上から下かで迷われましたが、エアコンとの兼ね合いもあり今回はテレビ「下」となりました。

施工は無事に完了。リビングの中央に鮮明な映像を映し出す壁掛けテレビが誕生しました。

ソニーのブラビアシリーズは、地デジ放送やネット動画も高精細な4K画質にアップコンバート(変換)する技術を内蔵。斜めから見ても十分な美しさで映像を満喫できるのでおススメです。

thumbnail.php?id=616_11_09ab3862f9.jpg
(↑)お部屋の中央に位置する壁面に下地補強をしたうえで、65インチの液晶テレビとウォールシェルフ(棚)を壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=616_10_81ff538d17.jpg
(↑)正面から撮影。棚の取り付け位置はテレビの上か下かで迷われましたが、エアコンとの兼ね合いも考慮し、オーソドックスなテレビ下で。メディアの出し入れなど操作性を考えるならテレビ「下」がおすすめですが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんの手が届きにくいテレビ「上」が人気です。

thumbnail.php?id=616_9_2d9292f36e.jpg
(↑)ウォールシェルフの奥行きはレコーダーの幅に合わせて、あまり飛び出ないものを選択。カラーも壁面に合わせてホワイトを採用。

thumbnail.php?id=616_13_92a8f68e78.jpg
(↑)レコーダー用の棚。右側に専用のコンセントパネルを作りました。100ボルトのコンセントと他にテレビにつながるHDMIケーブルもここを通ります。

thumbnail.php?id=616_12_097b847c99.jpg
(↑)金具は薄さを重視して角度固定式金具。テレビを真横から見ても気にならない密着度です。

補強工事、コンセントの新設、テレビ壁掛け、棚の取り付け、配線工事など含めて今回の施工は3時間程度で完了しました。作業としては長くとも半日で終わりますので、壁掛けテレビを考えている方はお気軽にご相談ください。

壁掛けテレビ用無料お見積り診断フォームはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/

送っていただいた写真を元に工事担当者がお見積りをスピーディに作成。最短で当日、遅くとも翌日にはメール、もしくはお電話にてお見積りをご連絡させていただきます。
【ミサワホーム】三重県鈴鹿市で65インチテレビ(KJ-65X8550G)とレコーダ用の棚を壁掛け
まさに壁全体から伝わる映像美をご家族の共有空間でご堪能。壁掛け設置であれば75インチテレビもスマートに感じられますね。75インチテレビのテレビ台を探すのも大変ですよね。
【ミサワホーム】キッチン・ダイニングからも一望できる大画面75インチ・ブラビアを壁掛けにする素晴らしさ