積水ハウスで壁掛けテレビ

積水ハウスの壁掛けテレビ 工事例

積水ハウスは自由度の高い鉄骨構造が特長です。壁掛けテレビの工事では壁の中を慎重に調べてから工事に取り掛からせていただいております。木のぬくもりを活かしたシャーウッドでの施工も多数承っております。

鉄骨構造ではユニバーサルフレーム・システムにて自由度の高い組工法となっていますので、施工の際はしっかりと壁の中を把握しながら、施工に取り組ませて頂いています。 またシャーウッド(木造構造)のタイプもあり、鉄骨、木造と両工法があるのも特徴となっています。

安城市での壁掛けテレビ施工です。ハウスメーカは積水ハウス様。
弊社ホームページの壁掛け診断よりお問い合わせいただきました。お客様は当初
「うちの壁(エコカラット)ではPIXYになるのでは?」
とお考えでしたが、施工スタッフが写真を確認し
「これなら通常の壁掛けの方がいいですね」
と判断。お見積もりを作成し、お客様にメールにその旨ご連絡させていただきました。
お客様もご納得され、施工当日はエコカラット壁を得意とするスタッフ2名でご訪問。早速施工に取り掛からせていただきました。


壁掛けテレビのための下地補強は無いため、カトー電器が得意としている壁内の部分補強で強度を確保します。エコカラットを極力傷つけないようにしつつ、壁の内側から補強し、角度固定式の金具を取り付けました。壁面に合わせて金具のカラーはホワイト。将来テレビを買い替えられることを見据え、別メーカのテレビにも対応する汎用タイプの金具を選択しています。

テレビはソニーのブラビアシリーズ。KJ-55A8H。55型の有機ELテレビ最新モデルです。壁掛けにすることでテレビの位置が後退しお部屋がより広く感じられます。何よりテレビ周りのケーブル類がスッキリするのが良いですね。なお壁掛け時のテレビのサイズは横幅が123cm。高さが71cm。本体厚みは5.2cmです。

余談ですが、カトー電器ではお客様に
「テレビのスタンドは大切に保管しておいてください」
とお願いしております。将来新しいテレビに買い替えられた際、スタンドが無いと現在のテレビの置き場に困ってしまうからです。スタンドがあればもう一度取り付けて据え置きとして使うことも出来ますので捨てたりせずに取り付けねじと一緒に大事に保管されることをおすすめしております。


見た目を左右するケーブル類は、すべて壁内を通す壁内配線。これによりまるで宙に浮いているかのようなテレビが実現します。壁内を通っている配線は
・100ボルト電源ケーブル×1本
・アンテナケ-ブル×1本
・HDMIケーブル×2本
計4本です。

各種配線が完了し、テレビの動作確認をおこなって工事は無事終了。お客様も大変喜んでいただけました。

thumbnail.php?id=806_26_3bbaae8e7d.jpg
(↑)エコカラットが貼られた壁面に下地補強を施した上で55型有機ELテレビを壁掛けしています。アンテナ線や電源ケーブル、下のレコーダーやゲーム機とつなぐHDMIケーブルなどはすべて壁内を通して接続。スッキリと美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=806_24_28ec780325.jpg
(↑)反対方向から撮影。テレビはソニーのブラビアシリーズ。KJ-55A8H。壁掛け時の本体サイズは123cm×71cm。本体厚みは5.2cmという薄さです。この薄さを重視されるのでしたら施工例のように角度固定式の金具との組み合わせがおすすめです。

thumbnail.php?id=806_25_252ee48b45.jpg
(↑)エコカラットへの壁掛け工事はカトー電器が得意としている分野です。下地補強が施されていなくとも、ピンポイントで補強を施す「壁内部分補強」でしっかり強度を確保します。

thumbnail.php?id=806_27_1fb203cf2f.jpg
(↑)隙間にカメラを近づけて撮影。壁内で補強を施していますからエコカラットと金具がダイレクトに接しています。これくらいの隙間ならテレビ側面のコネクタにもアクセスしやすくUSBメモリなども接続できます。

thumbnail.php?id=806_22_291d8ddbc2.jpg
(↑)施工前の一枚。当初お客様は「PIXY」の設置を考えていらっしゃいましたが、天井部に一部吹き抜けがあることと、これまでの豊富な経験から「エコカラット壁への壁掛け」をご提案させていただきました。
【積水ハウス】愛知県安城市でエコカラット壁に55インチ有機ELテレビ(KJ-55A8H)を壁掛け
愛知県でのテレビ壁掛け工事レポートです。

壁掛け診断フォームよりお問い合わせいただきました。お客様がご希望の壁面はエコカラット・ストーングレースが張られていましたが、壁掛けテレビのための下地補強は施されておりません。そこで壁面内部を調査し、間柱を使って金具を固定。強度をしっかり確保した上で65型の有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。

テレビは同時購入いただいたソニーのブラビアシリーズ KJ-65A9G。有機ELならではの映像美や、画面全体が振動してサウンドを再生する「アコースティック サーフェス オーディオプラス」はもとよりえ、本体厚みが4.0cmという薄さが壁掛けに最適です。お客様宅ではテレビのすぐ隣が出入り口となっていますが、このテレビと角度固定式の金具ならば接合面が目立つことはありません。

コンセントパネルもエコカラット壁面に新たに設け、テレビ台とのレコーダ類とは壁内経由で結線。アンテナ線の他、HDMIケーブルが3本つながっています。

出来上がりは御覧の通り。ケーブル類が一切見えない美しい壁掛けテレビが実現しました。

thumbnail.php?id=765_17_c44b56edb0.jpg
(↑)エコカラット(ストーングレース)が張られた壁面に65型の有機ELテレビを壁掛け。下地の補強は施されていなかったため、カトー電器にて壁内を調査。間柱を探し当て壁掛け金具をしっかり固定させていただきました。

thumbnail.php?id=765_16_65babe9bf7.jpg
(↑)壁内配線のためケーブル類は写っていません。アンテナ線や100ボルト電源ケーブル、HDMIケーブル(4本)は壁内を経由してテレビ台内のレコーダー機器類などと繋がっています。

thumbnail.php?id=765_15_66042bc7a4.jpg
(↑)正面から。テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9G。テレビスタンドを外し壁掛け時の本体サイズは145cm×83cmです。

thumbnail.php?id=765_18_8c8ba1de10.jpg
有機ELテレビ KJ-65A9Gの本体厚みは4.0cm。角度固定式の金具と組み合わせることで壁との接合面を極力薄くすることができます。壁掛けテレビと同じ壁面に出入口があり、接合面が絶えず視界に入るお部屋の場合は特に有効です。

thumbnail.php?id=765_19_d279b14540.jpg
(↑)壁掛け診断フォームよりお客様から送っていただいた写真がこちら。テレビは壁掛けを機に当社から有機ELをご購入いただきました。このエコカラットの壁面に専用コンセントを新設し、壁掛け金具を設置させていただきました。
【積水ハウス】愛知県清須市でエコカラット壁に65型有機ELテレビ(KJ-65A9G)を壁掛け
愛知県豊橋市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
弊社の「無料壁掛け診断」からお問い合わせいただいたお客様です。今はテレビ台の上において視聴している58インチのテレビを壁掛けにできないか、というご相談でした。リビングの写真やコンセントの写真、さらには図面の写真まで送っていただきましたので、壁掛け工事担当スタッフはすぐに見積もりを作成スタート。必要となる各種ケーブルの長さ、本数も計算し、スピーディーにお客様へお返事(メール送信)。この間わずか20分弱の早業でした。

お見積もりの内容にお客様もご納得いただき工事決定。お問い合わせをいただいた翌日に工事にお伺いするというスピードスケジュールと相成りました。

予定は素早く決まりましたが、工事は慎重に行わせていただきます。ご希望の壁面は下地補強が施されていないため、カトー電器が得意とする壁内部の部分補強を実施。間柱も使って壁掛け金具をしっかり固定させていただきました。
お問い合わせ時に「隣接するキッチンからもテレビが視聴できるようにしたい」とのご要望をいただいておりましたので、今回は上下左右に角度が調節できる可動式の金具を持参。
テレビを動かせるので、固定式金具に比べて配線作業は楽ですが、アームを畳んだ際にケーブル類がはみ出ないように見せるのがポイントです。

テレビの背面には写真のように専用のコンセントパネルも新設。100ボルトの電源はもとより、アンテナ線やHDMIケーブルなどはすべてこの中を通ってテレビ下のコンセントへの繋がっています。

カトー電器商会ではスピーディーな対応をモットーとしておりますが、今回は特にそれが活かされたお仕事となりました。

thumbnail.php?id=719_31_a3382ddd55.jpg
(↑)角度調節のできる可動式金具による壁掛けテレビ。キッチン側から撮影。テレビは少しカメラ側に向くよう金具を調節しています。

thumbnail.php?id=719_32_32446b2299.jpg
(↑)少し近づいて撮影。ご訪問時は棚の上にクリスマスの飾り付けが施されていました。テレビ下にはケーブルが一切見えない壁内配線が壁掛けテレビをより一層際立たせてくれます。

thumbnail.php?id=719_34_45f4f813cb.jpg
(↑)反対側から撮影。今回はテレビの取り付け位置もとてもスムーズに決まりました。テレビ台は既存のものをそのまま流用されています。

thumbnail.php?id=719_33_cf7a7c3a74.jpg
(↑)正面から撮影したところ。テレビ台の中にはブルーレイレコーダーやひかりTVチューナーなどが収納されています。テレビは東芝のレグザシリーズ(58M500X)本体サイズは130×80cmです。

thumbnail.php?id=719_35_fc2c81730a.jpg
(↑)テレビ台を少し動かしてコンセント周りを撮影。テレビを壁掛けにして専用のコンセントに繋げてしまうことでテレビ関連のケーブル類が一気に減り、床上のコンセント周りはとてもスッキリします。お掃除もさっとひとふきで終わるのが壁掛けテレビ&壁内配線のメリットです。

thumbnail.php?id=719_36_b03bbeec32.jpg
(↑)可動式金具の接合面。テレビを自由に動かせますが、その分ケーブルのゆとりはかなり余裕を見込んでおかねばなりません。可動式金具+65インチテレビの組み合わせはカトー電器のショールームでも展示中。実際に動きや重さや体験してみたい方は「問い合わせ」→「来店予約」のページからご予約ください。
【積水ハウス】愛知県豊橋市で58型液晶テレビ(東芝レグザ 58M500X)を壁掛け
愛知県北名古屋市での壁掛け工事レポートです。

お客様は当店のショールームにご来店くださり、そこで壁掛けテレビのご相談を承りました。ご希望の壁掛け工事は1階リビングと2階寝室の2か所。1階リビングはエコカラットの同時施工もご希望とのこと。早速施工担当者がお見積もりを作成し、いくつかの案をご提示させていただきました。その後何度かやり取りの後、工事のご用命をいただき、お客様宅にご訪問。なお、お客様宅は一戸建。ハウスメーカーは積水ハウス様です。

1階リビングは、まずテレビの取付位置を決めることからスタート。今回設置予定のテレビはシャープのアクオス LC-70XG35。70インチとい大きさもあり特に高さに関してはお客様と入念に話し合い、最適な高さを決めていただきました。

テレビの取付位置が決まればエコカラットの貼り付け作業です。お客様が選ばれたのはエコカラットプラスのストーングレース。長方形の繰り返しパターンは壁掛けテレビとの相性も良く、人気の高い商品となっています。壁一面にストーングレースを貼り終えたら、いよいよ壁掛けの作業です。エコカラットの壁面にコンセントパネルを新設し、壁掛け金具の台座を慎重に取り付けます。金具は角度固定式タイプ。
壁掛け台座が取り付けたら、次はテレビ本体です。テレビのスタンドを外し、背面に専用金具を取り付けてからエコカラット壁面に設置。同時に各種ケーブルや配線をつなぐと写真のようにスタイリッシュな壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=666_11_4175dd8eeb.jpg
(↑)1階のリビングは壁掛け用の下地補強が施されていた石膏ボード壁。ここにエコカラットのストーングレースを貼った上で、お客様が使われていた70型の液晶テレビを壁掛けしました。

thumbnail.php?id=666_12_c5b1295089.jpg
(↑)反対方向から撮影。配線は壁内を通す壁内配線のため、ケーブル類が一切見えず、すっきりとした外観に仕上がっています。エコカラットと壁掛けテレビの組み合わせは人気が高く、多くのお客様からお問い合わせをいただきます。カトー電器商会ではエコカラット壁への下地補強+壁掛けや、作例のようなエコカラットの貼り付け+壁掛けまで承っております。

thumbnail.php?id=666_13_34e10b2131.jpg
(↑)正面から撮影。今回壁掛けしたのはシャープのアクオス XG35シリーズの70インチモデル(LC-70XG35)。スタンドを外した本体サイズは横幅が約173cm、高さが約92cmの大画面。本体重量は45.5kgとかなり重たく、壁掛け金具の重量も合わせると壁面にはしっかりとした補強が必要となります。壁面に下地補強が無い方は、カトー電器が得意とする「壁内部分補強」工事などがおすすめです。

thumbnail.php?id=666_14_9c17ec0ff4.jpg
(↑)お友達やお客様がいらした時に必ず覗かれるのがこの接合面。壁の内側に補強が施されているおかげでエコカラットの上に直接壁掛け金具を設置。出幅(ではば)を最小限に抑えることが出来ました。手前に見えるテレビ用のコンセントパネルはエコカラットを貼った後にカトー電器のスタッフが新設したものです。

thumbnail.php?id=666_15_61b6761d1a.jpg
(↑)お客様がご希望の壁面にはテレビ用のコンセントが無かったため、90度対角の壁面からアンテナ線と100V電源を延長しています。柱などの都合で壁内を通すことは難しいので、一旦壁の外側を経由する方法を採用。ケーブルは壁と同系色の配線カバー(モール)で保護し、極力目立たないようにしています。

thumbnail.php?id=666_16_2893269003.jpg
施工途中の写真。エコカラットの貼り付けと壁掛け金具の台座設置まで終わったところです。エコカラットの上に板などを貼ったりせず、直接台座を取り付けているのがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=666_17_a0ddcb93e6.jpg
(↑)写真左に見えるのが壁掛け用に新しく作られたコンセントパネル。コンセントの新設は電気工事士の資格を持つスタッフが担当し、90度対角の壁面から100ボルト電源とアンテナ線を引き出しています。
【積水ハウス】愛知県 北名古屋市でエコカラット(ストーングレース)施工のあとにアクオス70型液晶テレビ(LC-70XG35)を壁掛け
前回のレポート「アクオス70型液晶テレビ(LC-70XG35)とエコカラット同時施工」と同じお客様です。先程はリビングでしたが、こちらは寝室での壁掛け。下地補強が無い石膏ボードの壁面にハイセンスの49インチテレビを壁掛けさせていただきました。テレビ台を必要としない壁掛けはスペースが確保できるため、寝室やキッチン、子供部屋などでも静かな人気となっております。

お客様ご希望の壁面は下地補強が無かったため、カトー電器が得意とする「壁内部分補強」を実施。まずは壁紙を傷つけないように壁面に開口を設け、壁の内側に専用の補強部材を設置。それから壁紙を元通りにしていきます。壁の外側にベニヤ合板を貼り付ける「壁外補強」とは違い、施工後の見た目が美しく、余分な出っ張りも生じないのが特長です。

補強工事が終わったら、角度固定式の金具を取り付け。テレビ裏のコンセントパネルも作っていきます。こちらの寝室ではご希望の壁面にはコンセントが無かったため、90度対角の壁面からコンセント(写真では化粧台に隠れています)から延長するかたちで100ボルトの電源とアンテナ線を確保しました。1階リビングと同じくお部屋のコーナーを壁内で延長するのは難しく、一旦外に出てコーナーを回りこみ、再び壁内を通す経路となっています。

壁掛けしたテレビはハイセンスの49型。寝室の壁掛けはベッドに寝ながら見る方も多く、高さは若干「高め」が人気です。テレビ裏にはAmazonのファイヤースティックと外付けハードディスクを設置。テレビに向かって左側が出入口となるため、なるべく出入口側からは目立たぬよう、向かって左側に背面機器類を集中させています。

結果は御覧の通り。寝室のスペースはそのままで、ベッドに寝ながらネット動画や録画が楽しめる快適な視聴空間が生まれました。

thumbnail.php?id=667_11_e84185a2ae.jpg
(↑)寝室に設置されたハイセンス49型の壁掛けテレビ。リビングと異なりベッドに横になって視聴される方が多いため、テレビの高さは「少し高め」になる傾向があります。今回はリビングとの同時施工となりましたが、エコカラットの施工も合わせて作業は1日で完了しました。

thumbnail.php?id=667_12_e2e2040971.jpg
(↑)寝室の壁掛けテレビでテレビ台が置かれることは少なく、多くのお客様がテレビ下は何も置かないことを希望されます。なお今回の壁面には電源コンセントやアンテナ端子を持つコンセントパネルが無かったため、向かって左側の壁面から延長するかたちで電源などを確保しました。床上のコンセント下部に写っている配線カバー(モール)がそれにあたります。

thumbnail.php?id=667_13_8c3eacb983.jpg
(↑)写真のようにテレビと同じ壁に出入口がある場合、部屋を出入りするたびにテレビと壁の接合面が視界に入ってきます。ここの配線がゴチャゴチャしていると結構気になってしまうため、配線類は極力テレビの左側にまとめるようにしました。

thumbnail.php?id=667_14_a5dc6b9f30.jpg
(↑)出入り口側から見た壁掛けテレビの接合面。壁内部分補強のため、余計な板や出っ張りもなくフラットな壁面に壁掛け金具(ホワイト)が密着しています。テレビ裏のスペースには録画用の外付けハードディスクとアマゾンのファイヤースティックを設置。

thumbnail.php?id=667_15_86e41de7d1.jpg
(↑)反対側から越合面を見たところ。先の写真を比べるとコンセントパネルや各種ケーブル類がこちら側に集中しているのがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=667_16_9b2232faa1.jpg
(↑)テレビ下のコンセントパネル。90度対角の壁面から延長された100ボルト電源とアンテナ線は、ここで垂直に延長し、テレビ裏のコンセントへと続いていきます。このコンセントパネルは中継点ですがちゃんと「生きて」おり、掃除機などを接続することも出来るようになっています。

thumbnail.php?id=667_17_4c5c2896e2.jpg
(↑)化粧台に隠れている既存コンセント。電気工事士の資格を持つスタッフがこちらのコンセントから100ボルト電源とアンテナ線を分岐。壁掛けテレビの壁面へと延長させています。コーナー部は壁内を通すことが出来ないため、壁の外側を通し、モールと呼ばれる配線カバーで隠ぺい。配線カバーは壁面に合わせたホワイトを使い極力目立たなくしています。
【積水ハウス】愛知県北名古屋市で寝室の石膏ボード壁にハイセンスの49インチテレビを角度固定式金具で壁掛け
愛知県名古屋市でテレビ壁掛け工事レポートです。今回のお客様宅は積水ハウス。(過去に何度も施工させていただいております)

お客様がご希望される壁面は壁掛け用の下地補強が施されていませんでした。そこで当社が得意とする壁内部分補強工事を行い、壁掛け金具とウォールシェルフ(棚)をしっかり取り付けさせていただきました。
壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。角度固定式の金具でテレビと壁面の隙間を出来るだけ小さくしたい方におすすめです。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
汎用金具ですのでさまざまなメーカーに対応しており、将来異なるメーカーのテレビに買い替えられたとしても、ほとんどの場合そのまま使い続けることが出来ます。

今回はレコーダー機器やゲーム機、それにWi-Fi機器などテレビと一緒に繋いで使う機材が多く、お客様からのご要望でウォールシェルフ(棚)を取り付けさせていただきました。ただしテレビの真下からケーブルが見えるのはスマートではないのでHDMIケーブルなどは一旦壁内を通し、シェルフ専用のコンセントパネルで接続する壁内配線を採用しています。

工事の結果はご覧の通り。床上に配線は1本も無く、とてもすっきりとした空間が生まれました。テレビ台を据え置きで視聴する場合、レコーダー機器やゲーム機などはテレビ台の中に収納しがちですが、壁掛けテレビ+ウォールシェルフにすることで、テレビ台を無くし、お部屋を広く使えるようになります。在宅ワークなどでリビングで過ごす時間が増えている方は、ぜひ一度「テレビ台の撤去」をイメージしてみてください。きっと思いのほか広いスペースが生まれるはずです。

thumbnail.php?id=655_10_ae522ffc33.jpg
(↑)パナソニック有機ELテレビ(TH-55FZ950)を壁掛けし、レコーダーやゲーム機の置き場としてテレビ下にウォールシェルフ(棚)を設置。施工時間は3時間程になります。

thumbnail.php?id=655_9_dce205c901.jpg
(↑)左下に見えるのが既存のコンセントパネル。電気工事士の資格を持つスタッフが、このコンセントをベースに壁内に配線を通し、テレビの裏側とウォールシェルフの左側に専用のコンセントを新設しました。

thumbnail.php?id=655_11_61c5e4ea2b.jpg
(↑)レコーダーやゲーム機、Wi-Fiルーターなど、テレビに繋ぐ機材は増える一方。それらの重みに耐えられるようにウォールシェルフも壁内補強を行った上で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=655_12_64ed7c3fd5.jpg
(↑)左中央に見えるのがシェルフ用のコンセントパネル。HDMIケーブルなどが壁内を通してテレビと接続されています。小さなお子さんがいらっしゃる御家庭では、お子さんの手が届かないようにテレビ「上」のシェルフが人気です。

thumbnail.php?id=655_13_a371f1a2db.jpg
(↑)使用した金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。汎用金具ですので、将来別メーカーのテレビに買い替えられたとしても余程のことが無い限りそのまま使い続けることが出来ます。カラーは壁面に合わせてホワイトを選択。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=655_14_7e2507e189.jpg
(↑)角度固定式金具のメリットは何といってもその薄さにあります。特にテレビ横に出入口がある場合、部屋の出入りのたびにテレビの側面が視界に入ります。そのため壁掛けの接合面を出来るだけ薄く目立たない構成が重要になってきます。

「壁掛けテレビ、いいな」
と思ったらお気軽にカトー電器にお問い合わせください。スマホで現在のお部屋の壁を撮影し、専用フォームから送っていただくだけで専任スタッフが無料で診断・お見積作成。最短即日でご連絡差し上げます。

無料壁掛けお見積り診断フォームはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【積水ハウス】愛知県名古屋市で55型パナソニック有機ELテレビ(TH-55FZ950)とウォールシェルフを壁掛け
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け施工レポートです。

弊社ホームページの「無料壁掛け診断」フォームよりお問い合わせいただきました。お客様宅ではすでに50インチの壁掛けテレビを使用されていましたが、テレビの買い替えを機に、

・新しいテレビへの付け替え工事
・ケーブル類の壁内配線処理
・HDMIコンセントの増設

これらのリクエストをいただきました。施工担当者が早速お見積もりを作成。これまでの膨大な施工写真の中から、お客様の完成イメージに近いものを選んで一緒に送信。その後何度かやり取りの後、工事のご予約をいただき、当日スタッフ2名でお伺いしました。

アンテナ端子のあるコンセントが90度対角の壁面にあるため、壁内を経由させることは出来ず、ここは壁の外側に沿ってアンテナケーブルを配線。目立たないようにモールでカバーでさせていただきました。アンテナ線は90度カーブしたのち、壁内に入ってテレビへと接続。またテレビに接続されたHDMIケーブルは壁内を真下に降りて新設のHDMIコンセントへの繋がっています。

金具は薄さ重視の角度固定式。カラーは壁面に合わせたホワイトです。既に下地補強が施されている壁面でしたのでスムースに工事は進み、機能的かつ美しい壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=583_6_4d7758b31d.jpg
(↑)壁掛け完成後の写真。テレビはパナソニックのビエラシリーズ(TH-55FZ950)。壁掛け時の本体のサイズは横幅123cm×71cm。壁内配線によりテレビの周りにケーブル類が見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=583_7_f2fe73521f.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその1。
テレビと壁の接合面は誰もが気になるらしく誰しも一度は覗きこみます。この接合面をいかにスマートに処理するかが重要になってきました。

thumbnail.php?id=583_8_b992cb83d5.jpg
(↑)そこでポイントになるのが下地補強。壁の内側(壁内部)に補強を施せば、御覧のように金具と壁面がピタッと接するフラットで薄い壁掛けテレビが実現します。

thumbnail.php?id=583_9_78ea3b8a06.jpg
(↑壁掛けテレビのここがポイントその2。
壁掛けテレビにすると考えてしまうのがレコーダー機器やゲーム機の置き場。壁掛けを機会にテレビ台を無くしてしまいたい方はHDMIコンセントをご検討ください。

thumbnail.php?id=583_10_ca180aad18.jpg
(↑)HDMIコンセントパネルの実例です。この先は壁内を伝ってテレビと繋がっており、ゲーム機やDVD再生機器を子のコンセントに差し込めば美しい映像と迫力あふれるサウンドがテレビに出力されます。使い終わったらゲームや機器類は片づける…というルールを決めればテレビ周りはいつもスッキリ。きれいなままです。

thumbnail.php?id=583_11_89b19d81c3.jpg
(↑)壁掛けテレビのここがポイントその3。
「テレビを壁掛けにしたいけれど、アンテナ端子があるコンセントは別の壁面…」そんな場合はアンテナ線を延長させることで対応可能です。モールと呼ばれる配線カバーを使うことで極力目立たないようにすることも出来ます。

thumbnail.php?id=583_12_16e3d7765f.jpg
(↑)壁内部に空間のある「ふかし壁」の場合、壁の内部でLJ形に延長させることも出来ます。ちょっと大掛かりになりますが、天井裏や床下を経由させることで離れた壁面までアンテナ線を延長させた事例もあります。

壁掛けテレビの普及に伴い、壁掛けテレビの取り外し・付け替えなどのご相談もたくさん寄せられるようになりました。付け替えや取り外しに関してもスマホなどで現状を撮影し、当社の「無料壁掛け診断」→「壁掛けリトライ」から送ってみてください。施工担当者が写真を確認し、お見積もりをスピーディーに作成。メールやお電話にてご連絡させていただきます。
【積水ハウス】愛知県豊田市で石膏ボード壁に55型有機ELテレビ(パナソニック ビエラ TH-55FZ950)を壁掛け
今回の施工は常滑市で新築のお客様。石膏ボードの壁に55インチのビエラを壁掛けさせていただきました。

まずはテレビの位置を決めていただき、追加リクエストでHDMIの専用コンセントを増設することに。このHDMIコンセントは近頃リクエストが多く、さまざまな訪問先で工事相談をお受けしております。
テレビ台を置かない場合は、写真のように見た目スッキリ。テレビ台を置いたときは、ここにレコーダーを繋げれば普通に使うことが出来ます。
今回は電気工事士の資格を持つスタッフが手早く加工し、御覧のようなコネクタをご用意しました。そして動作確認用のパコンをつなぐと、PCのデスクトップがテレビの大画面に映し出されて一安心。
見た目の良さとその機能性にお客様もご納得されておりました。

ゲーム機が大好きなお子さんがいらっしゃるご家庭では、このHDMIコンセントは特に有効です。ゲーム機は「遊ぶときだけつなぐ」「時間が来たらケーブルを抜く!」というルールで、ゲーム時間にメリハリを持たせることが出来ます。
他にも、おじいちゃんやおばあちゃんが遊びに来たときはDVDプレイヤーを繋いで卒業式のDVDをお見せする…などといった使い方も可能です。壁掛けテレビの将来性を広げてくれるHDMIコンセント。ご希望の方はお気軽にご相談ください。(壁掛け診断時に、「HDMIのコンセント希望」と一言書き添えてくださると助かります。)
【積水ハウス】常滑市で55インチビエラ(TH-55GX850)を壁掛けし、HDMI専用コンセント増設
ウッドタイルがとても美しくオーナー様の強いこだわりを感じさせていただきました。

壁内配線も積水ハウス様のこだわりで今までにないアイデア配線での環境に仕上がっておりました。
私も数多く施工させていただいておりますが、見たことが無いイメージでしたので、意識の高さをとても感じさせて頂きました。

周辺機器の設置には階段下の収納スペースを活用して、テレビ正面からの見た目もスッキリとした印象にもこだわられていました。

オーナー様にはテレビの壁掛け位置および配線イメージを最終コンサルさせていただきました。
壁掛け後にもテレビ横からケーブル接続ができるように金具スペーサーで壁とテレビの隙間に手が入るようにもこだわらせていただきました。
事前にオーナー様のご要望をしっかりとコンサルさせていだだいた事にも大変満足していただけました。

綺麗な施工を求めて弊社にご依頼したとオーナー様よりお伺い致しまして、施工後にはイメージされていた以上の美しい仕上がりにも大変喜んでいただけました。
【積水ハウス】こだわりのウッドタイル壁と配線イメージに合わせてソニー・ブラビア有機ELテレビ「KJ-65A8F」を壁掛け
エコカラット「グラナスヴィスト」が施された壁にソニー有機ELテレビ「KJ-55A1」を壁掛け施工させていただきました。
テレビの上側に取付させていただきましたガラス棚には、ブルーレイレコーダーおよび外付けHDDをスッキリと設置させていただきました。
コンセントパネルの新設位置や配線経路も壁状況に合わせてしっかりとコンサルさせていただきました。

オーナー様は壁掛けテレビとガラス棚によって感じられる「スッキリさ」に大変喜んでいただけました。

オーナー様より喜びのコメントを頂いております。
"見積もり連絡から、素早い対応をしていただいて、当日も、テレビの位置決めでイメージしやすいように何度もテープを貼り直してくださったり、事前説明通り丁寧にすすめてもらって、時間通りに完了して、仕上がりも綺麗にイメージ通りで、大変満足な出来上がりになりました。
本当に感謝しております。
遠いところありがとうございました。"
【積水ハウス】エコカラット「グラナスヴィスト」に55インチ有機ELテレビとガラス棚を同時に壁掛け施工
ヴィンテージのおしゃれな雰囲気を強く感じられるリビングに40インチ・アクオスを壁掛け施工させていただきました。
将来的にテレビが大きくなることも想定された位置決めと金具選定をさせていただきました。
随所にこだわれたお部屋に溶け込んだ仕上がりをオーナー様には大変喜んでいただけました。
【積水ハウス】エコカラット「ヴィンテージオーク」に40インチ・アクオスを壁掛け施工させていただきました。
吹き抜けの天井までの高さ一面に施されたエコカラットが印象的なリビングに55インチ・有機ELテレビを壁掛け施工させていただきました。
エコカラットは人気のある「グラナスヴィスト」が施されており、天井まで綺麗に施工されている光景には、オーナー様のこだわりを強く感じさせていただきました。
後付け感を感じさせないエコカラット壁への補強工事および壁掛けや露出のないケーブル配線の仕上がりにとても満足していただけました。
【積水ハウス】吹き抜けの天井まで施されたエコカラット壁にブラビア55インチ・有機ELテレビ「A8F」を壁掛け
テレビの買い替えをきっかけにじっくりとテレビをご検討されて、テレビのご購入と壁掛け設置を合わせてご用命頂けました。
広く白い壁に美しい映像美がしっかりと溶け込んで、オーナー様にも大変喜んでいただけました。
【積水ハウス】リビングのレイアウトにこだわられてソニー・ブラビア有機ELテレビ「KJ-65A8F」を壁掛け
白を基調とされた明るい空間に55インチテレビを壁掛け施工させていただきました。
視聴される位置の自由度の高さから上下左右可動式金具をお選びになられました。
壁掛けテレビにすることで感じていただけるスッキリとした印象にとても喜んでいただけました。
【積水ハウス】スポットライトを基準として視野角度の自由度を高くイメージされた壁掛け施工。テレビはパソニックTH-55EX850です。
テレビ台などで貴重なスペースを潰したくない、寝室だからこそ壁掛けテレビにすることでより快適になりますね。上下左右角度も調整できればベッドで横になりながら楽な姿勢で映画視聴も楽々です。
地震による転倒も無いので、就寝時に地震が来ても安心ですね。
【積水ハウス】寝室の壁掛けテレビは省スペースと耐震面でとても魅力的です。
エコカラット「ランド〈石ハツリ面〉」が施されたリビングに、Panasonic・VIERA「TH-65FX800」を壁掛けさせて頂きました。

エコカラットとスポットライトの組み合わせからは高級感を強く感じさせていただき、テレビと合わせてサウンドバーの壁掛け施工も同時に承らせていただきました。

オーナー様はテレビが壊れてしまい、買い替えるタイミングで壁掛けテレビにと考えられたそうで、「壁掛けテレビでは見た目のスッキリさにも魅力を感じましたが、一番に掃除しやすい事に惹かれた事がキッカケです。」と仰っておられました。

エコカラット壁への補強の事や、壁掛けテレビにするに当たっての配線イメージを施工前よりご相談頂いておりました。
エコカラットの施工実績をご覧いただけた事や、事前のお部屋写真等からのコンサルより施工のご用命を承らせて頂きました。

仕上がりにも「とても良いです」と大変喜んで頂く事が出来ました。
【積水ハウス】エコカラット「ランド〈石ハツリ面〉」とスポットライトが美しいリビングに壁掛けテレビ
人気の高い「エコカラット・グラナスルドラ」に壁掛けテレビをマッチング。有機ELテレビの映像美と相まって高級感溢れる空間に。
【積水ハウス】エコカラットとスポットライトと壁掛けテレビ