エサキホームで壁掛けテレビ

エサキホームの壁掛けテレビ 工事例

分譲住宅をご購入されたお客様より、補強がない壁へ壁掛け施工を依頼いただき、しっかりと壁の環境を確認させて頂き、下地補強が必要な場合は大掛かりな工事を必要としない部分補強を施させていただき 大変ご満足頂いています。

愛知県知多市でのテレビ壁掛けレポート。ハウスメーカは過去に何度も施工経験があるエサキホームです。

壁掛けさせていただいたのはソニーの最新有機ELテレビA8Hシリーズ KJ-65A8H。スタンドを外すと本体厚みが5.2cmの薄さを誇る、まさに壁掛け向きのテレビです。

下地補強はありませんので、ジャストップによる補強を行い、間柱も併用して金具を取り付けさせていただきました。金具はエースオブパーツ社の PLB-141M。角度固定式でテレビとの隙間を最小限に抑えることが出来ます。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
またソニーのブラビアシリーズに限らず、さまざまなメーカーTVに対応しているのもポイント。将来別メーカーのテレビに買い替える際にもそのまま利用し続けられるのは大きなメリットといえます。

テレビの背面には4TBの外付けハードディスクを取り付け、番組録画も出来るようにさせていただきました。壁掛けテレビだけにして他の機器は置きたくないという方には、テレビ裏の録画ハードディスクは特におすすめです。

テレビとハードディスクのために専用のコンセントパネルも新設し、テレビ周りにケーブル類が一切見えない環境が完成しました。


thumbnail.php?id=651_15_7148991e4c.jpg
(↑)ハウスメーカーはエサキホーム。壁の向こうは玄関となっており、壁内の配線スペースは比較的余裕がありました。65インチの有機ELテレビを角度固定式の汎用金具で壁掛けしています。

thumbnail.php?id=651_16_7a9180cc24.jpg
(↑)正面から撮影。ソニーの有機ELテレビはパネル自体が振動してサウンドを伝えるアコースティックサーフェイスを採用。サウンドバーを併設せずとも臨場感あふれるサウンドが楽しめるのが特長です。

thumbnail.php?id=651_17_ac591050ee.jpg
(↑)テレビの背面に専用の混戦tパネルを新設し、電源とアンテナ線をつなぐようになっています。テレビの裏側には録画用のハードディスクを取り付けています。

thumbnail.php?id=651_18_1b3151abe4.jpg
(↑)テレビを取り付ける前の状態。さまざまなメーカーに対応した角度固定式金具の台座と、テレビ用に新規に作られたコンセントパネルです。金具は壁の色に合わせたホワイトを選択しています。

thumbnail.php?id=651_19_c39bf2bc77.jpg
(↑)テレビ壁掛け後の新設コンセントパネルをズームで接写。テレビと録画用のハードディスクに電源を供給しています。壁掛けテレビでネックとなる配線周りですが、コンセントパネルを新設することでスマートに解決できます。

thumbnail.php?id=651_20_37d6a051a8.jpg
(↑)テレビと壁面との接合面。壁掛けテレビの隣に出入口がある場合、お部屋を出入りするたびに壁掛けテレビの側面が視界に入ります。この側面が気にならないように極力薄くスマートに仕上げるのが本施工のポイントといえるでしょう。

ソニーのブラビアシリーズは壁掛けを視野に入れた設計となっており、本体の厚みもかなりの薄さとなっております。カトー電器ではブラビアシリーズの販売も行っており、壁掛け工事とセットで購入された方には特別お値引きも実施しております。壁掛けを機にテレビの買い替えをご検討されているなら、ぜひテレビのお見積りもあわせて当社にご相談ください。

壁の写真を撮影し、専用フォームからお問い合わせくだされば工事担当者とテレビ販売担当が協力して、最短即日にてお見積りをご連絡いたします。

無料壁掛けお見積りフォーム
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【エサキホーム】愛知県知多市で65インチ有機ELテレビ(KJ-65A8H)を壁掛け
今回はリビングに、LG製の65インチ液晶テレビ「65UK7500PJA」とSonosBeam(ソノスビーム)・サウンドバーの壁掛けを同時施工させていただきました。

オーナー様にご依頼されたキッカケをお伺いしたところ、「テレビへの周辺機器が多いのでケーブルを壁内配線でスッキリさせたい」という事が1番にあったとお話しされていました。
テレビの壁掛けに合わせてサウンドバーの壁掛けも構想されて、それぞれがシンプルに設置できる「壁掛け」にとても魅力を感じたと仰っていました。

施工におきましては、壁内に間柱があり壁に対して横方向へのケーブル入線はできませんでしたので、テレビ裏に専用コンセントを2か所新設しテレビに隠れる部分で配線しております。
壁掛け金具に上下左右可動式金具をご選択された事で生じる、テレビ後ろのスペースを利用した壁内配線との組合わせでケーブル露出の少ない施工を実現させていただきました。

テレビ台へのケーブル配線用のコンセントをテレビ台で隠れる位置に新設していますので、既存コンセントはそのままにケーブルの露出が少ない仕上がりです。
サウンドバーは専用マウントで壁掛けさせていただきました。

オーナー様はイメージしていた以上にケーブル露出の少ない仕上がりに大変喜んで頂くことができました。
【エサキホーム】接続機器をスッキリしたいと考えられて、LG製・65インチ「65UK7500PJA」を壁掛け
リビングのウッド調の統一された家具が美しい空間にPanasonic・VIERA「TH-55EX850」を壁掛けさせていただきました。
【エサキホーム】ウッド調の家具に囲まれた空間にPanasonic・VIERA「TH-55EX850」を壁掛け