パナホームで壁掛けテレビ

パナホームの壁掛けテレビ 工事例

「パナホーム」の愛称で親しまれているパナソニックホームズのお宅でも多くの壁掛け工事を施工しております。石膏ボード+クロス貼りの壁はもちろん、流行のエコカラット壁でも美しい壁掛けテレビをお約束いたします。

全面タイル張りの高級感のある外観が特徴のパナソニックホームズ。以前営業担当さんにエコカラットを施してある壁面に壁掛けテレビの相談をしたところ、施工不可とのご回答で諦めていた中、当店へご相談いただきました。 もちろん問題なく施工可能ですとご回答させていただきましたが、当初信じて頂けず、半信半疑の中、ご訪問いたしました。しっかりと施工内容をコンサルさせて頂き、エコカラット壁に壁内から補強を行い、施工完了後には大変喜んでいただき、今まで諦めてた間がもったいなかったと、おしゃっていただきました。

静岡市で石膏ボード壁に壁内部分補強を施し、60型液晶テレビ(TH-L55DT60)とウォールシェルフ(棚)を壁掛け

静岡県静岡市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

弊社ホームページの無料壁掛け診断よりお問い合わせをいただきました。夜にお問い合わせいただきましたので翌朝壁掛け担当者が写真を確認し、お見積もりを作成してメールにてご案内。いくつかのご質問&回答を経て、施工予約を承りました。

施工当日は壁掛け工事スタッフ2名でご訪問。
お客様ご希望の壁面は下地補強は施されていないため、カトー電器が壁内部分補強を実施。テレビと金具の重量に耐えうる強度を確保した上で、可動式金具を取付させていただきました。可動式金具の場合、下地が全く見えない壁内補強は特に有効です。

テレビで隠れる位置にコンセントパネルも新設。壁内に配線経路を用意して、いよいよテレビを取り付けます。テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-L55DT60。60型の液晶テレビです。

今回はレコーダー機器用のウォールシェルフ(棚)も設置しました。こちらも専用のコンセントパネルを新設し、壁内を通ってテレビと接続されるようになっています。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭(写真でもお分かりのように、お子さんのミニカー大コレクションが写っています)では、手の届きにくい「テレビ上」のシェルフが人気です。

工事は無事完了。ホワイトを基調としたリビングにマッチした壁掛けテレビが完成しました。

thumbnail.php?id=657_21_f6dab55fcd.jpg
(↑)まずは正面から見たところ。テレビは60型液晶テレビ 。壁掛け時の本体サイズは124cm×72cm。テレビの上にはレコーダー用のウォールシェルフも設置。すべて壁内配線で処理されており、ケーブル類が見えないのが特長です。

thumbnail.php?id=657_22_46655b9124.jpg
(↑)斜めから撮影。テレビは一度手前に引き出し角度を変えています。右に左に角度を変えられるのが可動式金具の良いところ。テレビボードが無いため、テレビ下の空間が有効活用できるのもうれしいですね。

thumbnail.php?id=657_23_7c6256485d.jpg
(↑)ウォールシェルフ(棚)の使い道はいろいろ。レコーダー機器やゲーム機、Wi-Fiルーターやサウンドバーの置き場として重宝されがちです。テレビ下が一般的ですが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では「いたずら防止」のためテレビ上が圧倒的に人気です。

thumbnail.php?id=657_24_64a3c53de5.jpg
(↑)ウォールシェルフに置かれたレコーダー機器。100ボルト電源およびテレビと接続するHDMIケーブルが通る専用コンセントパネルが用意されています。
将来機器が増えることを想定して、あらかじめ予備のHDMIケーブルやLANケーブルを通しておかれるお客様が増えてきました。

thumbnail.php?id=657_25_e57aeb66a5.jpg
工事中の写真。壁内補強を施した上で、可動式金具を取り付けたところ。壁の内側に補強を行うことで、金具台座と壁面に密着するフラットな環境が出来上がりました。可動式金具のように設置壁面が視界に入る場合は、見ばえの良い壁内補強を強くお勧めいたします。
【パナホーム】静岡市で石膏ボード壁に壁内部分補強を施し、60型液晶テレビ(TH-L55DT60)とウォールシェルフ(棚)を壁掛け
リビングのふかし壁に49インチ・液晶テレビ「TH-49EX850」と周辺機器専用シェルフの壁掛け施工をさせていただきました。

「ふかし壁はデザイン性にも美しく、オシャレな壁面を演出できる点にもこだわりました」とオーナー様よりお伺い致しました。
将来的には壁掛けテレビでよりこだわりの空間を構想されていて、補強下地も施工済みでしたので、「今回ようやく念願叶いました」と仰っておられました。

キッカケとして大きかった事は、テレビ台を無くす事による掃除のしやすさ、お子さんが大きくなる中でテレビ台に置いたテレビの転倒(接触や地震による)が心配になった事だとお聞きしました。

シェルフ位置もお子さんの手の届かない場所をイメージされてテレビ上側にこだわられた事で、テレビ下スペースをとてもスッキリとすることが出来ました。
掃除機の掛けやすさは大幅に向上し、お子さんの遊べるスペースも増えた事にも大変喜んで頂く事ができました。

壁掛け金具には、キッチン・ダイニング・リビングのどこからでも楽々視聴できるように上下左右可動式金具をご選択されました。

今回のテレビは両側にスピーカーを搭載し、テレビ背面形状が特徴的なモデルでしたので、オーナー様からは壁掛け金具についても事前にご相談を受けておりましたが、過去にも施工経験がございますので、将来的にテレビを買い替えられた際にも引き続きお使い頂ける金具をご選定させていただきました。

構想されていた壁掛けテレビの実現と合わせて、シェルフや金具のイメージ以上の使い勝手の良さにオーナー様には大変満足していただけました。
【パナホーム】デザイン性の高いふかし壁にPanasonic・VIERA「TH-49EX850」とシェルフの壁掛け施工
広々としたリビングのエコカラットが施されたこだわりの壁にソニー・ブラビア「KJ-65X9500G」とソニー・サウンドバー「HT-X8500」を壁掛け施工させていただきました。

今までお使いのテレビが壊れてしまい、新しいテレビを購入する際にサウンドバーと合わせて壁掛けにしようと考えられたそうです。
壁にエコカラットが施されていて、補強下地もないという事もあり、量販店では「施工が難しい」と言われた経緯もありまして、テレビとサウンドバーの同時購入も含めて当店にご用命を頂けました。

テレビ壁寄せスタンドを用いてテレビとブルーレイレコーダーを設置されていましたが、意外とスペースを取ってしまう事とケーブル類が見えてしまう事がかなりマイナス点だったともお話しされていました。

別室へHDMIケーブルを送っている環境でしたので、ブルーレイレコーダーを別室に置き、テレビとサウンドバーの壁掛けでスタイリッシュな仕上がりをイメージされていましたので、追加でゲーム機などを繋げれられるようにHDMI端子付きコンセントをご用意させていただきました。
サウンドバーの壁掛け箇所にも壁内部分補強を用いる事で耐荷重を確保し施工致しております。

今までとは異なり、常時接続する周辺機器も無くなった事で、既存コンセントの電源も必要なくなり、1つのコンセント(テレビ下・左)にはメクラプレートを使い存在感を消しています。

テレビ裏には、外付けHDDを共架させていただき、番組録画の事もしっかりと配慮した仕上がりになっております。

テレビ周りに物を置きたくないというオーナー様のこだわりを一つ一つ形にさせていただいて、まさに理想的とも言える「スタイリッシュな壁掛けテレビ」にとても満足していただく事が出来ました。
【パナホーム】エコカラット壁にソニー・ブラビア「KJ-65X9500G」とサウンドバー「HT-X8500」を壁掛け
補強されていない壁で諦めかけていたテレビの壁掛けを短時間で実現。さらにエコカラットが施された壁でもお構いなしです。
【パナホーム】念願のテレビを壁掛けを壁内部分補強で実現