地元の工務店で壁掛けテレビ

地元の工務店の壁掛けテレビ 工事例

■壁掛けテレビを想定済みの壁面
マイホーム建築時に壁掛けテレビを想定し、下地補強や専用コンセントなどを用意。しかし諸事情で壁掛けそのものは先送り。新居での生活が落ち着いたので弊社に工事のご相談…というパターンも少なくありません。この場合、多くのお客様がお問い合わせ時に
「壁には補強が入っています。」
「壁掛け用のコンセントもあります。」
などのコメントが添えられており、お客様の
「やっと壁掛けできる!」
との思いがひしひしと伝わってきます。

ちなみに、
「マイホーム完成時に壁掛けテレビにしなかったのはなぜですか?」
と、先送りの理由をお聞きすると、多くの方が
「それ以前に決めなければいけないこと、やらなければならないことがあり過ぎて、壁掛けどころではありませんでした」
とおっしゃられます。確かにマイホームを造ると、次から次への決めなければいけいないことが多く、壁掛けテレビが後回しになるのも分からないではありません。


■愛知県刈谷市での壁掛け工事
今回ご紹介する施工もその一つ。新居での生活が落ち着き、ようやく壁掛けテレビにしようということで弊社にお問い合わせくださいました。送っていただいた写真を見ると壁掛け用のケーブル通し穴も用意されています。既に金具もご自分でご用意されており準備万端のご様子。さんそく担当スタッフが詳細なプランをご用意し、お客様へメールでご連絡。
お見積もりの内容にもご納得いただき、施工の運びとなりました。

施工当日はスタッフ2名が名古屋から刈谷市へ。
お客様ご希望の壁面は下地補強が施されており、電源ケーブルやアンテナ線を通すための開口が設けられています。さっそくテレビの位置決めコンサルから入りました。今回壁掛けするのはカトー電器でご購入いただいたソニーブラビア有機ELテレビXRJ-55A90Jです。(壁掛け工事とセットでの同時購入ありがとうございます)テレビの取付位置が決まったら、次は壁掛け金具の設置。お客様がご用意された上下左右可動式の金具を慎重に取り付け、テレビを固定。各種ケーブル類を接続し、動作確認が済んだら工事完了。さまざまな角度から視聴できる機能性に優れた壁掛けテレビが出来上がりました。

thumbnail.php?id=1223_13_4ae79a396a.jpg&alt=愛知県刈谷市でのテレビ壁掛け工事
(↑)愛知県刈谷市でのテレビ壁掛け工事です。フロートテレビボードが設置された壁面に55インチの有機ELテレビを壁掛けしました。金具は可動式タイプです。

thumbnail.php?id=1223_14_abf198b1ab.jpg&alt=テレビはソニーブラビア XRJ-55A90J
(↑)テレビはソニーのブラビア XRJ-55A90J。壁掛け時の本体サイズは横幅が1223mm、高さが709mm、厚みが41mmです。壁掛け工事セットでお買い上げくださいました。壁掛け工事とセットでテレビをご購入いただくと特別お値引きが適用され、とてもお得です。

thumbnail.php?id=1223_15_a8b9ca91f4.jpg&alt=金具はお客様ご用意の上下左右可動式タイプ
(↑)壁掛け金具はお客様がご自分でご用意された上下左右可動式タイプです。隣接するキッチンなど、さまざまな角度から視聴したい方に人気です。

thumbnail.php?id=1223_16_20512cb626.jpg&alt=壁は下地補強が施されケーブルを通すための開口も用意されていました。今回はコンセントではなく延長ケーブルでの接続です
(↑)壁はハウスメーカー様によって下地補強が施されており、またケーブルを通すための四角い開口も用意されていました。今回はコンセントは作らずこの開口に各種コードを通しています。

thumbnail.php?id=1223_17_ed663c1baa.jpg&alt=テレビの位置決めを最優先したため、金具の台座が開口部を一部隠すかたちとなっています。
(↑)テレビの位置決めを最優先にしたため、台座金具の一部が開口部を隠すかたちとなっています。

thumbnail.php?id=1223_18_f8f121cae5.jpg&alt=工事前の一枚です。壁面は下地補強が施されておりケーブル類を通すための四角い開口も用意されています。
(↑)こちらは工事前の一枚。壁面の様子がお分かりいただけると思います。


■壁掛けは思い立ったが吉日
下地補強など、壁掛けに切り替える用意があるのに機会を無くしていた方。カトー電器にご相談くださればすぐに壁掛け工事のプランをご用意いたします。専用コンセントがあればそれを利用し、無ければ電気工事士の資格を持つ弊社スタッフが壁面に専用コンセントを作らせていただきます。
壁掛けテレビは新築に限らず、すでにお住まいのご自宅でも工事可能です。
お部屋をもっと広く使いたい、邪魔なコード類を一掃したい、お子さんの安全を最優先にしたい、という方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
工事担当者に直接つながるお電話(080-2190-6477)やホームページの「無料壁掛け診断」など多くの窓口をご用意しております。
【地元の工務店】愛知県刈谷市でソニーブラビア 55インチ有機ELテレビ(XRJ-55A90J)をお客様ご用意の上下左右可動式金具にて壁掛け
■愛知県日進市でテレビ壁掛け工事
愛知県日進市でのテレビ壁掛け工事です。お客様は新築戸建て住宅にお住まいで、ハウスメーカー様に壁掛け設置を依頼したところ「出来ない」と言われ壁掛け業者を探されていたそうです。
お部屋の写真を送っていただくと壁一面にエコカラットプラス ストーングレースが貼られており、壁掛け金具の場所はエコカラットが貼られていません。テレビ用の専用コンセントも用意されています。一見簡単そうに見えますが、エコカラットが区に抜かれている分、金具の種類がかなり限られてしまうのが難しいところです。(例えば横幅の長い金具は取り付けが難しくなります)
お見積もりをご提案し、お客様もご納得いただけましたので、施工当日スタッフ2名が日進市へ。下地補強が行われている壁面に上下左右可動式タイプの金具を慎重に取り付け、お客様ご用意のテレビを壁掛けさせていただきました。
フロートテレビボード内の機器類との壁内配線はお客様がご自身で行われるということで、工事はここで完了。心配していた金具の干渉もなく、スムーズな工事で安堵しました。


■各部の見どころとポイント解説
以下、各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=1198_8_70d0dcc19d.jpg&alt=エコカラットを背景に65インチ有機ELテレビを壁掛け
(↑)愛知県日進市でのテレビ壁掛け工事です。エコカラットを背景に65インチの大型有機ELテレビを上下左右可動式金具で壁掛けしました。

thumbnail.php?id=1198_9_e823d7150e.jpg&alt=テレビはパナソニックビエラ TH-65JZ2000
(↑)テレビはお客様ご用意のパナソニック ビエラTH-65JZ2000。スタンドを外した壁掛け時の本体は横幅が1448mm、高さが888mm、テレビ本体の厚みが69mmです。

thumbnail.php?id=1198_10_fe7acb4a32.jpg&alt=壁面はエコカラットプラスストーングレース
(↑)壁面のエコカラットはエコカラットプラス ストーングレース。ハウスメーカー様によって壁掛け金具の箇所は四角くくり抜かれていました。

thumbnail.php?id=1198_11_6173c3831d.jpg&alt=フロートテレビボードは設置済みの状態でした。
(↑)テレビ下にはフローとテレビボード。こちらの設置もハウスメーカー様によるものです。機器類の壁内配線はお客様がご自身で行われるご予定です。

thumbnail.php?id=1198_12_99dd6c145a.jpg&alt=テレビ背面の様子。エコカラットが抜かれたスペースに金具を取り付け。
(↑)壁掛け金具が来る場所はエコカラットは貼られていませんでした。この四角い面は600mm×400mm。今回取り付けた可動式タイプの金具は問題なく収まりましたが、角度固定式金具の場合は横幅が足りなくなる場合があるので注意が必要です。

thumbnail.php?id=1198_13_67a26c398f.jpg&alt=上下左右可動式金具で取り付け。
(↑)上下左右可動式金具でテレビを壁掛け。こちらの金具は下部のネジを緩めることでロックが外れる仕組みとなっています。

■エコカラットの「抜き」やコンセントは金具やテレビが決まった後に
壁掛けテレビのためにエコカラットを一部貼らなかったり、先にコンセントをご用意くださるハウスメーカー様が増えてきました。一見すると便利に思えますが、テレビや金具が決まっていない段階で「多分これくらいかな?」と「抜き」のサイズやコンセント位置を決められると、テレビを取り付ける段階になって思いがけず苦労する場合がございます。せっかくご用意いただいたくり抜きやコンセントが金具やテレビ背面と干渉してしまい、想定とは異なる位置や高さにテレビが来てしまうこともあり得ます。
マイホームを設計・建築の段階でカトー電器にご相談くだされば経験豊富なスタッフが過去の施工事例をもとにして、最適な「くり抜き幅」や最適な「コンセント位置」をお客様に代わってハウスメーカー様にご指示いたします。
お問い合わせやご相談は弊社ホームページ「無料壁掛け診断(建築中)」から是非どうぞ。
【地元の工務店】愛知県日進市の戸建て住宅でパナソニック65インチ有機ELテレビ(TH-65JZ2000)を上下左右可動式金具で壁掛け
■岐阜県関市での壁掛け工事
お客様は岐阜県関市にお住まいで、LINE経由にてお問い合わせくださいました。ご依頼のポイントは
・テレビを壁掛け設置
・金具はカトー電器にお任せ
・テレビで隠れる位置にコンセント増設
・壁裏に補強が無い場合、補強工事も
以上の4点です。比較的オーソドックスなプランとなりますので、専門スタッフがすぐにお見積もりを作成し、お客様にご提案。内容にお客様も納得され、施工の運びとなりました。(ありがとうございます)

施工当日はスタッフ2名が名古屋から岐阜県へ。お客様宅は一戸建て。ご挨拶ののちにご指定の壁を確認し、テレビの位置決め相談に入りました。今回壁掛けされるテレビはお客様ご用意の東芝レグザ65X8900K。65インチの有機ELテレビです。この外寸にあわせてマスキングテープで壁面に四角形を作り、お客様と一緒に高さを決めていきます。

テレビの位置が決まればいよいよ本工事スタートです。床上の既存コンセントを一旦ばらし(写真参照)、100ボルト電源とアンテナ線を壁内で延長。テレビで隠れる位置にコンセントパネルを新設します。今回HDMIコンセントのご要望もいただきましたので、既存コンセントの空きスペースを利用してHDMI端子を追加。ここにゲーム機などを接続すると有機ELの大画面に映像とサンドが出力される仕組みとなっています。

今回の壁面は当日の調査で「木の壁+壁紙クロス」であることが分かり、当初想定していた壁内補強工事は不要となりました。壁面に直接角度固定式金具を設置し、テレビ本体を取り付け。各種ケーブル類を接続したら、写真のような大画面の壁掛けテレビが出来上がりました。


■各部の見どころとポイント解説
これより以下、各部の見どころポイントとなります。

thumbnail.php?id=1170_13_455dea1795.jpg&alt=岐阜県関市で65インチ有機ELテレビを壁掛け
(↑)岐阜県関市でのテレビ壁掛け工事です。壁面は木の壁に壁紙クロスという構造でした。

thumbnail.php?id=1170_14_acfe7f015e.jpg&alt=テレビは東芝レグザ65X8900K
(↑)テレビは東芝レグザの有機ELテレビ65X8900K。壁掛け時の本体のサイズは1449mm×845mm×68mm。本体重量は26kgになります。

thumbnail.php?id=1170_15_2199c9eb47.jpg&alt=既存コンセントをHDMI端子を追加
(↑)床上の既存コンセントを改造し、テレビとつながるHDMI端子を増設。ゲーム機などを接続するとテレビ側に映像とサウンドが出力されます。

thumbnail.php?id=1170_17_7f0a7721c0.jpg&alt=壁掛け工事完了後、いったんテレビボードを戻して撮影
(↑)壁掛け工事完了後、一旦テレビボードをもとの位置に戻して撮影。

thumbnail.php?id=1170_16_7371a94d4d.jpg&alt=側面。金具は角度固定式タイプ
(↑)テレビ側面の様子です。金具は薄さを重視した角度固定式タイプを採用しています。

thumbnail.php?id=1170_18_16638f94bd.jpg&alt=工事中の一枚。マスキングテープがテレビの位置を表しています。
(↑)工事中の一枚。青いマスキングテープはテレビの壁掛け予定位置を表しています。まずは床上のコンセントを外すことから工事スタート。

thumbnail.php?id=1170_19_d6f7f02f5e.jpg&alt=HDMI端子を作るため電気工事士の資格を持つスタッフが床上のコンセントパネルをいったんバラします
(↑)壁内配線の準備とHDMI端子を作るために、電気工事士の資格を持つスタッフが床上のコンセントパネルをいったんバラします

thumbnail.php?id=1170_20_843fcd3e8b.jpg&alt=テレビ背面の金具取付
(↑)こちらはテレビ背面の様子。東芝レグザの金具取付位置はかなり下寄りになります。

■HDMIコンセントおすすめです
壁掛けテレビとセットで床上にHDMIコンセントを作ると、
「ゲームはその都度テレビにつなぐ(遊び終えたら所定の位置に戻す)」
といった家庭内ルールが生まれます。DVDなども再生機器をHDMI端子に接続すればすぐに映像が楽しめます。
HDMIコンセントは既存のコンセントパネルに端子を増設する方法以外に、新しくパネルを新設する方法もご用意しております。
壁掛けテレビでゲーム機の置き場に悩んでいる方は是非一度ご検討ください。
【地元の工務店】岐阜県関市で東芝レグザ65インチ有機ELテレビ(65X8900K)を壁掛けし、HDMIコンセント端子を増設
■最も自由度が高い「何もない壁への壁掛け工事」
補強も専用コンセントもない壁面に、今お使いのテレビを壁掛けする。
壁掛けテレビ工事では最も難しい工事になりますが、カトー電器にとっては最も「しやすい」工事でもあります。先に補強やコンセントが作られていないため、下地補強も最適な位置に施すことができ、コンセントも絶対にテレビに隠れる位置に作ることができます。
補強もコンセントも用意されていない壁こそが、自由度の最も高い壁掛け工事ができると言っても過言ではありません。

■愛知県豊田市でのテレビ壁掛け工事
今回紹介する工事もその一つ。お客様は49インチののテレビを使用中。小さなお子さんがいらっしゃることもあり、据え置きから壁掛けへの切り替えをご検討。ご希望の壁面には下地補強は無く、壁掛けテレビ用のコンセントパネルもありません。これはつまり、どこでも好きな位置に補強ができ、コンセントが作れるという意味でもあります。

専用フォーム「無料壁掛け診断」からUPされた写真を皆で確認し、スタッフの一人がすぐに壁掛けのプランを作成。壁面に壁内補強を施し、コンセントパネルを新設。床上コンセントから壁内経由で100ボルトの電源、アンテナ線を延長するという案です。各種ケーブルの必要となる長さまで計算し(写真を見れば大体の長さも算出できます)、お客様にお見積もりと併せてメールにてご連絡。数日後、ご予約をいただき施工の運びとなりました。

施工当日。スタッフ2名が豊田市へ。お客様宅は戸建住宅。ご挨拶のあと、さっそくテレビの位置決めが始まりました。49インチから将来60インチクラスへの切り替えもご検討中とのことでしたので、それに合わせテレビ・金具・コンセント、それぞれの位置を決めていきます。また床に座って視聴される機会が多いとのことからテレビの高さは少し低めに設定しました。

位置決めの次は壁内補強工事です。これは一度壁に開口を作り、壁の内部から補強工事を施します。DIYでは壁の前面にベニヤ板を貼ったりもしますが、余分な出っ張り(出幅)が生じ、また外観も美しくありませんので弊社では「壁内部分補強」を推進しています。
補強工事と同時進行で壁内部に電源ケーブル、アンテナ線を通し、テレビで隠れる位置に新しくコンセントパネルを作ります。ハウスメーカー様によって先にコンセントが作られていることもありますが、テレビでうまく隠せない位置にあったり、壁掛け金具と干渉したりすることも多く、思いのほか苦労してしまう箇所です。その点今回は私たちで好きな位置にコンセントが作れるため、テレビを買い替えても邪魔にならず確実に隠れる位置にコンセントを作らせていただきました。

壁の補強と配線経路が出来上がりました。次は金具の取り付けです。今回使用した金具は角度固定式タイプ。もちろん将来のインチアップ(大型テレビへの買い替え)も考慮に入れた金具となっています。こちらを慎重に取り付け、最後にお客様ご使用中のテレビを壁掛けします。脚部スタンドを取り外し、背面に専用金具を取り付け壁面に設置。アンテナ線、電源ケーブルを接続下ら工事は完了。
写真のように美しい壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真と見どころ解説
以下、各部の写真と見どころポイントの解説です。写真に写っているのは49インチですが、これが将来もう一回り大きくなるとイメージしてみてください。

thumbnail.php?id=1128_10_8f8d097252.jpg&alt=愛知県豊田市でのテレビ壁掛け工事
(↑)場所は愛知県豊田市。石膏ボード+クロス張りの壁面です。壁内部に補強工事を施しました

thumbnail.php?id=1128_11_b85e3f0e35.jpg&alt=壁面は石膏ボード壁。壁内部に補強を施しました
(↑)壁内部に100ボルトの電源コードとアンテナ線が通してあります。コード類をいかに見せないようにするかが壁掛けテレビを美しく見せるポイントです。

thumbnail.php?id=1128_12_f682313d31.jpg&alt=テレビはお客様がご使用中のソニーブラビアKJ-49X9000E。49インチの液晶テレビ
(↑)テレビはお客様がご使用中のソニーブラビアKJ-49X9000E。49インチの液晶テレビです。壁掛け時の本体サイズは横幅が1093mm、高さが631mm。本体の厚みは62mmになります。

thumbnail.php?id=1128_13_1c5e7b5e13.jpg&alt=将来60インチクラスへの乗り換えをご検討中とのことでそれらを見越した位置決めを行っています。
(↑)将来60インチクラスへの切り替えもご検討中とのことで、それらを見越した高さ設計をおこなっています。

thumbnail.php?id=1128_14_95ebd14238.jpg&alt=壁内部で補強をしているため壁と金具の接合面はフラットです。
(↑)壁内部で補強を完結させたため、壁と金具の接合面はフラット。薄さを重視される方には壁内補強工事+角度固定式タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=1128_15_5a5f02ade4.jpg&alt=小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では手が届きにくい、テレビが倒れてこないと理由で壁掛けが人気です。
(↑)小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では「手が届きにくい」「テレビが倒れない」などの理由で壁掛けを選ばれる方が増えてきました。

thumbnail.php?id=1128_16_de7f08a4f0.jpg&alt=工事前の一枚。壁面にはコンセントも下地補強もありませんが問題なく壁掛け出来ます。
(↑)工事前の様子。ご覧のようにご希望の壁面にはテレビ用のコンセントがありません。下地補強も施されていませんが、このような壁こそ実は最も壁掛けしやすい壁面なのです。


■いまお使いのテレビを壁掛けに
現在お使いのテレビを壁掛けにすることでお部屋は思いのほかスッキリします。テレビボード裏のゴチャゴチャしたケーブル類は壁内を通ることで整理され、ホコリまみれになることもありません。また壁掛けになると小さなお子さんも手が届きにくくなり、勢い余ってテレビを倒してしまう心配もありません。
「我が家の壁でもできるものなの?」
とお思いでしたら、その壁面をスマホで撮影し、弊社ホームページの無料壁掛け診断から写真をUPしてみてください。経験豊富なスタッフ達が写真をチェックし、壁掛け可能かどうかを判断。壁掛け可能でしたら詳細なプラン、よく似た施工事例、それに概算のお見積もりを添えてメールにてご連絡いたします。その内容をご家族で吟味し、壁掛けへの夢を是非膨らませてみてください。
【地元の工務店】愛知県豊田市で壁内に補強を施し、専用コンセントを新設した上で49インチ液晶テレビ(KJ-49X9000E)を壁掛け
■大垣市からのお問い合わせ
大垣市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
お客様はインスタグラムで弊社を見つけ、ホームページの無料壁掛け診断からお問い合わせくださいました。ケーブル類が見えない壁内配線をご希望です、可能ならば壁向こうの収納スペースにコンセントなどを新設、レコーダ機器などを移設したいとのこと。さっそくお見積もりを作成し、お客様にご連絡。しばらくして工事のご予約をいただきました。

■レコーダー機器は壁向こうの収納スペースに
施工当日、ベテランのスタッフ2名がお客様宅へ。さっそく反対側の壁面を見せていただくと大きな点検口が用意されていました。点検口のフタを外し壁内部を調べたところお客様のリクエストは実現可能と判断。その旨をご説明し工事に入らせていただきました。
テレビは49インチの液晶テレビ TH-49EX750。壁掛け金具は角度固定式の予定でしたが、お客様からのご希望で可動式金具へと変更し(弊社の車の中には数種類の金具を常備しています)、ご指定の場所に取り付け。壁内配線も同時進行で進み、ブルーレイレコーダーやNintendo Switchなどの機器類は壁向こうの収納スペースに設置させていただきました。
出来上がりは御覧の通り。壁掛けテレビの周囲には何もない広々としたスペースが誕生しました。


■ここが見どころ!写真解説
以下、各部の写真と解説です。

thumbnail.php?id=1121_18_6bcd021ec4.jpg&alt=大垣市で49型液晶テレビ壁掛け工事
(↑)岐阜県大垣市でのテレビ壁掛け工事。ブルーレイレコーダーやゲーム機などは壁向こうに用意された収納スペースに設置しており、テレビまわりは非常にスッキリしています。

thumbnail.php?id=1121_19_8b14622c3e.jpg&alt=テレビはビエラTH-49EX750。
(↑)テレビはパナソニックのビエラシリーズ TH-49EX750。49型の液晶テレビです。スタンドを外した壁掛け時本体サイズは横幅が1106mm、高さが644mm、厚みは65mmとなります。

thumbnail.php?id=1121_20_e9da154b8c.jpg&alt=レコーダー類は壁向こうの収納スペースに設置しています
(↑)配線はすべて壁内を経由する壁内配線のため、コード類が一切見えないのが何よりの特長です。床上のコンセントパネルにはテレビと接続するためのUSB端子を追加しています。

thumbnail.php?id=1121_21_8e1e73e6e2.jpg&alt=左側に収納スペースがあります
(↑)左側の通路が収納スペースへとつながっています。設計段階からハウスメーカー(地元の工務店様)にご依頼されていたとのことで、新築ならではの収納方法といえます。

thumbnail.php?id=1121_22_6e6cceed81.jpg&alt=金具は角度が変えられる可動式を採用
(↑)壁掛け側面の様子。金具は可動式タイプを取り付けており、上下左右に角度が変えられるようになっています。

thumbnail.php?id=1121_23_ac10d21d0b.jpg&alt=収納スペースの様子。ゲーム機などはここに設置
(↑)壁向こうの収納スペース。ここにゲーム機やブルーレイレコーダーなどが置かれています。壁一枚隔てたテレビとはカトー電器が得意とする壁内配線で接続しています。

thumbnail.php?id=1121_24_51ed8c128b.jpg&alt=階段下の空間なので斜めに傾いています
(↑)ここは階段真下のスペース。そのため左の壁は斜めに傾いています。壁掛けテレビではこうした空き空間にレコーダー機器を収納される例も増えてきました。

thumbnail.php?id=1121_25_4d86f7d9b5.jpg&alt=点検口が用意されておりここで壁の内部を確認できました
(↑)今回の工事で大いに助かったのがこちらの点検口でした。(工務店様に感謝!)この点検口のおかげで壁内を貫通させる配線工事を無事完了させることができました。


■設計・建築段階からのご相談も受付中
カトー電器商会ではマイホームの設計や建築段階からの壁掛け相談も承っております。
「壁掛けテレビにしたいけれど、レコーダー機器はどこに置いたらよいのか?」
「この場所に収納することはできるのだろうか?」
「ここだと何かまずいことがあるだろうか?」
などなど、初めての壁掛けで遭遇するさまざまな疑問に対し、ベテランの工事スタッフが丁寧にサポート。ご要望いただければハウスメーカーの担当者様とも直接連絡を取り合い、お客様に最適なプランをご提案し、壁掛け工事まで対応させていただきます。
【地元の工務店】岐阜県大垣市で49インチ液晶テレビを壁掛けし、壁向こうの収納スペースにレコーダー機器類を設置
■レコーダー機器類を別室に収納?
壁掛けテレビで頭を悩ませるのだブルーレイレコーダーなど録画機器の置き場所です。テレビボードを使い続ける方もいらっしゃれば、ウォールシェルフ(棚)を設置される方もいらっしゃいます。もしご自宅がまだ建築中でしたら、リビングとは別の空間にレコーダー機器を収納することも可能です。今回はそんな施工事例をご紹介いたします。

■石川県からお問い合わせ
今回のお客様は石川県白山市のお住まいで、お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」よりお問い合わせくださいました。マイホーム完成は半年ほど先、可能であればテレビ台は置かずレコーダー機器はテレビ裏の収納スペースに設置されたいとのことでした。おうちが出来上がった後では難しいリクエストですが、建築中ならば何とかかなりそう。そこで担当者がプランを考え、お客様に概算の見積もりをご提案。お見積もり内容にお客様もご納得いただけましたので、「壁の向こう側にレコーダー機器を設置」する計画書(弊社では「壁掛けテレビ事前カルテ」と呼んでいます)を作成、、
「下地補強はここからここまでお願いします。」
「コンセントはこことここに作ってください」
「配線ルートはこの位置でお願いします。」
などの指示を盛り込み、お客様経由でハウスメーカー様にお送りしました。

■名古屋から石川県白山市へ
それから数か月。マイホームが完成したとの知らせを受け施工スタッフ2名がお客様宅へ。
お部屋を確認すると、ほぼ事前カルテ通りの壁面が出来上がっていました。まずは位置決め作業。壁の中心にテレビが来るように位置決めし、壁掛け金具を取付。今回下地補強や配線ルート、コンセントパネルなどはハウスメーカ様によって終えられているため、作業はスムーズに進みました。金具は角度固定式タイプをエコカラット壁に設置。テレビ下にはサウンドバーも壁掛けさせていただきました。

■壁向こうの収納スペース
レコーダー機器は、計画通り壁向こうの収納スペースに設置。HDMIケーブルは壁内を通ってテレビと接続しています。
「壁向こうでリモコンの電波は届くの?」
と思われるかもしれませんが、今回テレビとレコーダーはソニーで統一されているため。テレビ用のリモコンで壁裏のレコーダーを操作出来るようになっています。これが別メーカーの場合は赤外線の受光端子をテレビと同じ壁面に設置するなどの工夫が必要となります。
テレビ、サウンドバーの壁掛け、そして壁裏への機材設置、すべてが無事に完了し、御覧のようなテレビ周りに何もないスマートな壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真と解説
以下、各部の見どころとポイント解説です。

thumbnail.php?id=1003_14_e37f437598.jpg&alt=完成直後。55型テレビとサウンドバー
(↑)エコカラット(ストーングレース)の壁面に55型の液晶テレビ(KJ-55X8550H)とサウンドバーを壁掛け。レコーダー機器は壁向こうの収納スペースに設置することでテレビの周囲は御覧のようにすっきり。建築中の早い段階でご相談いただいたおかげで、御覧のようなプランが実現しました。

thumbnail.php?id=1003_15_2ab02fa028.jpg&alt=テレビはソニーの液晶テレビ KJ-55X8550H
(↑)テレビはソニーの液晶テレビ KJ-55X8550H。カトー電器でご購入いただきました。(ありがとうございます)スタンドを外した壁掛け時のサイズは横幅が
1231mm、高さが713mm、本体の厚みは52mmの薄さを誇ります。角度固定式タイプの金具と組み合わせることで壁掛け時の出幅(ではば)を極力抑えることが可能です。テレビ下にはサウンドバーも壁掛け。両者が接する配置にすることでサウンドバーの各種配線をテレビのそれと一つにまとめることが出来ます。

thumbnail.php?id=1003_16_b7f824138e.jpg&alt=床上にはHDMIコンセントパネルを新設
(↑)ゲーム機など将来の拡張性も考え、床上にはHDMIコンセントパネルをご提案。こちらはハウスメーカー様が施工してくださいました。ここにゲーム機やパソコンなどを接続するとテレビに映像と音声が出力されます。

thumbnail.php?id=1003_17_fcaa5e8780.jpg&alt=横から見た様子。エコカラットと金具が密接
(↑)壁面との接合部。出入口が奥にあり、お部屋の出入りのたびにこの接合面が視界に入るため、見た目を重視しテレビに繋がるケーブル類は目立たないこちら側に集中させています。

thumbnail.php?id=1003_18_05cbf8ffe7.jpg&alt=壁向こうの収納スペース。配線は壁内配線
(↑)壁掛け面の裏側は玄関の収納スペースです。コンセントパネルが用意されており、レコーダー機器はここに設置。有線接続でテレビと接続しています。レコーダーはDVDやブルーレイなど円盤メディアの出し入れを考え、上から2段目の棚に置かせていただきました。

thumbnail.php?id=1003_19_8bd33d4a97.jpg&alt=レコーダーとテレビは同一メーカーで統一
(↑)壁を隔てるとリモコンの電波(赤外線)届かなくなりますが、ソニー製品同士の場合、テレビ経由でレコーダーを操作できるため、特に追加工事などは必要ありませんでした。

thumbnail.php?id=1003_22_8fe88b4c2a.jpg&alt=建築中、設計中ならまだ間に合います。
(↑)テレビとレコーダーの位置関係をイラストでご紹介。ペットを飼っていたり、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では
「安全のために壁掛けテレビの周りに何も置きたくない」
という方が少なくありません。マイホーム設計中もしくは建築中でしたら御覧のような間取りにされることで、周囲に何もない壁掛けテレビが実現可能です。
【地元の工務店】石川県白山市でエコカラット壁(ストーングレース)にソニー55型液晶テレビ(KJ-55X8550H)とサウンドバーを壁掛けし、レコーダー機器は壁向こうのお部屋へ
三重県鈴鹿市での壁掛け工事レポートです。
お客様はインスタグラムで弊社を見つけてくださり、ホームページに設置された「無料壁掛け診断」からお部屋の写真を送ってくださいました。
カトー電器では毎日施工スタッフが壁掛けテレビの写真をたくさん撮影し持ち帰ってきます。しかしインターネットでは壁掛けテレビの工事完成写真がなかなか見つかりません。そこで
「皆さんの参考のためにも写真をUPしていきましょうか」
と始めたインスタグラム。投稿件数も100を超え、気が付くとたくさんの方々にフォローしていただきました。(ありがとうございます)

お問い合わせをいただいたのが夕方の17時過ぎでしたが、施工担当者が写真を確認し、スピーディーにお見積もりを作成。30分後にはお客様にメールでご連絡し、その日のうちにお客様よりご予約の連絡をいただきました。

工事当日。名古屋から鈴鹿市へスタッフ2名でお伺い。お客様宅は一戸建てで、ご希望の壁面には写真のようにアクセントクロスが張られていました。当初の見立てでは下地補強が施されておらず、弊社による補強工事が必要と踏んでいましたが、壁内を調べると間柱と横桟に金具を固定すれば補強工事は無くても十分いけると判断。お客様にもその旨説明し、「補強工事不要」に切り替えて工事に入らせていただきました。

補強工事は不要ですが、壁掛けテレビ用のコンセントパネルは作らねばいけません。電気工事士の資格を持つスタッフが手早く開口部を作りコンセントを新設。角度固定式タイプの金具を取り付け、準備が整ったところでお客様ご使用中のテレビを壁へ取り付けました。

テレビはシャープのアクオス液晶テレビ 4T-C70BN1。BN1シリーズの最上位モデル。スタンドを外した壁掛け時のサイズは156cm×92cmとなり、映像を映し出すと映画館さながらの大迫力です。今回はテレビの背面スペースに録画用のハードディスクとニンテンドースイッチを設置。おかげでテレビ周りに何も置く必要が無い広々とした空間が生まれました。

thumbnail.php?id=963_16_5cb87caee5.jpg
(↑)アクセントクロス張られたリビングに70インチの大型液晶テレビを壁掛け。テレビの取付位置は壁の中央。壁内補強工事の予定でしたが壁内の柱(間柱、横桟)が多く、それらを利用することで十分な強度を確保することが出来ました。

thumbnail.php?id=963_17_f7ec366800.jpg
(↑)テレビはシャープの液晶テレビBN-1シリーズの最上位モデル。4T-C70BN1。70インチの大画面です。サイズは横幅が約156cm。高さが92cm。70インチクラスはそれほど施工例が多くありませんがテレビの大型化や軽量化に伴い、今後増えていきそうです。

thumbnail.php?id=963_18_3e7384e0b8.jpg
(↑)テレビは大きくなると圧迫感を覚えますが、壁掛けにすると視聴距離が30センチほど後退するのでそれほど違和感を覚えません。テレビの買い替えを機会に壁掛けをご検討されている方は、いまお使いのものより一回り大きいものを検討されても良いでしょう。

thumbnail.php?id=963_19_b6f5b75ec6.jpg
(↑)録画用のハードディスクとNintendo Switchは壁掛けテレビの背面スペースを利用して設置。そのためテレビ周りには何もない広々としたスペースが誕生しました。

thumbnail.php?id=963_20_fb45dc5f5f.jpg
(↑)こちらは施工直前の一枚。壁面にはコンセントパネルが無いため、電気工事士の資格を持つスタッフが壁掛けテレビ用のコンセントパネルを新設しました。
【地元の工務店】三重県鈴鹿市でアクセントクロスが張られた壁面にシャープのアクオス液晶70インチテレビ(4T-C70BN1)を壁掛け
■お電話でお問い合わせ
今回の壁掛け工事レポートは愛知県あま市にお住まいのお客様。カトー電器商会の「担当者直通電話」にお電話でお問い合わせくださいました。弊社では主にホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の現状写真をUPしていただきますが、写真撮影が難しかったり口頭でいろいろ聞いてみたいなどの理由から直接お電話される方も少なくありません。
工事担当者が現状をヒアリングし、過去の経験と照らし合わせて壁掛け工事は出来るだろうと判断。電話口でお見積もりをお伝えし、工事のご予約までいただきました。(ありがとうございます)


■85型の大型液晶テレビを壁掛け
施工当日はスタッフ2名が愛知県のあま市へ。お客様宅は戸建て住宅。ご希望の壁面を前にお客様と壁掛けについて最終確認をし、
・補強工事を行い85インチテレビを壁掛け
・各種ケーブル類は壁の内部を通す壁内配線
・後日テレビボードを設置予定。そのためのコンセントを新設
という内容で、工事を始めさせていただきました。
取り付けるのは85インチのテレビ。重量も46kgとかなりあるため、壁面には十分な強度が求められます。今回は間柱と壁内部分補強とでしっかり補強を施した上で、角度固定式タイプの金具を取り付けました。
壁内を通すケーブルは100ボルト電源、アンテナ線、HDMIケーブルが2本。テレビで隠れる位置にコンセントを作り、そこから入線。床上のコンセントは後日設置されるテレビボードを見込んで、少し高い位置に専用のコンセントパネルを作ってケーブル類を出すことにしました。
最後にお客様ご用意の85インチテレビを慎重に取り付け、各種ケーブルを接続すれば工事完了。リビングの一画に迫力あふれる映像スペースが誕生しました。


■各部の見どころ解説

thumbnail.php?id=955_8_00a2f19f5e.jpg&alt=85インチの大型液晶テレビを角度固定式金具で壁掛け
(↑)工事完了後、正面から撮影したところです。テレビはソニーのブラビアKJ-85X9500G。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは横幅が1910mm、高さが1099。厚みは73mmです。壁掛け時の重量は46kgにもなるため壁面には十分な強度が求められます。このクラスのサイズと重量になると差図画に可動式金具では取り扱いが難しく、角度固定式金具でのご利用が推奨されます。

thumbnail.php?id=955_9_766a5202cc.jpg&alt=各種ケーブルはカトー電器が得意とする壁内配線
(↑)少し離れて撮影。後日テレビボードが設置されるとのことで、この状態で工事は完了となりました。テレビボードは選択肢が豊富なため、
「まずテレビを壁掛けした状態を見てからテレビボードを決めたい」
というお客さまも多く、こうした状態で工事完了となる場合も増えてきました。

thumbnail.php?id=955_10_722c2b11f9.jpg&alt=テレビボードのために作られたコンセントパネル
(↑)後日設置されるテレビボードのために新しく作られたコンセントパネル。テレビにつながった各種ケーブルの出口であり、100ボルトの電源の供給口でもあります。


■お客様は施工2回目
今回のお客様は過去に別室で壁掛けさせていただいたことがあり(ありがとうございます!ありがとうございます!)、おかげで各種の打ち合わせもスムーズに進めることができました。2件目のお客様の場合、特別お値引きが適用されますので、子供部屋やキッチン、寝室などの壁掛けも検討されている方はぜひもう一度カトー電器にご相談ください。
【地元の工務店】愛知県あま市で石膏ボード壁に85インチ大型液晶テレビを壁掛け
■「壁掛けテレビ工事(リトライ)」
カトー電器紹介の壁掛けテレビには「新規壁掛け」「マイホーム建築中壁掛け」「法人向け壁掛け」の他に「リトライ」と呼ばれる部門があります。これは既に壁掛けしているお客様向けの窓口です。寄せられるご相談やお問い合わせは

・テレビ買い替えに伴う付け替え工事のご相談
・DIY壁掛け後の各種手直し
・他業者様による壁替え工事の手直し

などが多く、工事手直しでは「丸見えの配線を隠したい」「壁穴をちゃんとしたコンセントにしたい」「HDMIコンセントにしたい」といった案件を数多くいただいております。
今回の施工事例もそんなリトライの一つです。

■「無料壁掛け診断リトライ」からお問合せ
お客様は愛知県江南市にお住まいで弊社ホームページの「無料壁掛け診断(リトライ)」からお問い合わせくださいました。
「新築一戸建てで、現在55インチのテレビを壁掛け中です。壁掛けテレビをお願いしていましたが、工務店にコード類を壁内に隠す穴の施工を頼むのを忘れているのに後から気づきましたが、時既に遅く、穴あけが不可能と言われました。」
とのメッセージ。工事スタッフが写真を確認するとテレビはきれいに壁掛けされており、壁掛けテレビ用のコンセントパネルも金具と干渉しない位置に作られています。しかしテレビ周りは写真のようにケーブルだらけです。工事スタッフは
「…ん?なぜここまで出来ているのにケーブルだらけなんだ?」
としばらく考えていましたが、合点がいきました。
「なるほど。床の方にコンセントがないからだ!」
床上にコンセントが無いため、レコーダーやモデムなどの機器類の電源をさす場所が無く、
仕方なく壁掛けテレビ用のコンセントから電気をとっているのです。
壁掛け工事では床上にコンセントを利用してテレビ裏にコンセントを作る事が圧倒的に多いため、この逆パターンはちょっと混乱してしまいました。
理由が分かれば、次は解決策です。床上にコンセントを追加し、壁内配線で現在あるコンセントと接続、各種ケーブルを引き直せば、ケーブル類が見えない美しい壁掛けテレビが実現します。(しかも便利な位置にコンセントが増えます。)
さっそくスタッフ詳細なプランとお見積もりを作成し、お客様にメールでご連絡。なんとその日のうちにご予約をいただきました。

■壁掛けテレビ「リトライ」工事内容
施工当日は電気工事の資格を持つスタッフ2名がお客様宅へ。ご挨拶のあとテレビを見せてもらうと、新しいテレビボードが届いていました。まずはテレビを壁から外し、テレビ裏のコンセントパネルを分解。100ボルトの電源やアンテナ線を分岐させ壁内を経由。同時に床上に新しくコンセントを作ります。

コンセントパネルを外して中の配線を触る際、お客様の中には
「わぁ…。そういうところまでさわるんですね」
と感心される方もいらっしゃいます。壁掛け工事ではコンセント周りに手を加えることは欠かせませんので電気工事士の資格は必須といえます。(でも、はたから見ているかたはこの光景を見て、ちょっとハラハラされるかもしれません)DIYの壁掛けテレビの場合、延長コードで済まされる方もいますが、電気工事士の資格と技術があればコンセントを増やしたりなど融通が利きますので何かと便利です。壁掛けテレビ工事を業者さんにご依頼される場合、電気工事士の資格を持っている業者さんを選ばれることをおすすめします。

新しいコンセントと壁内配線が出来上がりました。高さを調節するため、テレビ側の金具を一旦外し、ねじ穴で高さを変更。再度壁掛けしたら工事は完了。ご覧のような壁掛けテレビに生まれ変わりました。

■各部の見どころ解説
以下各部の写真とポイント解説です。

thumbnail.php?id=917_10_7d056fb22c.jpg&alt=工事完了後の写真。55インチの壁掛けテレビ
(↑)まずは工事完了後の写真。テレビ下などにケーブル類が一切見えない壁内配線となっています。壁面は石膏ボード壁です。

thumbnail.php?id=917_11_ac61d11259.jpg&alt=金具は可動式タイプ。
(↑)壁掛け金具は上下左右に角度が変えられる、いわゆる可動式タイプの金具です。写真では少し左方向にテレビを向けています。

thumbnail.php?id=917_12_9eae0b61c6.jpg&alt=テレビはレグザ55インチ
(↑)テレビは東芝レグザ 55M540X。55インチの4K液晶テレビです。壁掛け時の本体サイズは横幅が1230mm、高さが726mm。スタンドを外した厚みは77mm。本体重量は14.5kgです。

thumbnail.php?id=917_13_eedae5544a.jpg&alt=テレビボード
(↑)施工日にご訪問したところ、写真のようなスタイリッシュなテレビボードが用意されていました。

thumbnail.php?id=917_18_7dbf3113e0.jpg&alt=施工前の写真
(↑)無料壁掛け診断(リトライ)のフォームからUPしてくださったお客様撮影画像。いわゆる「Before」の写真です。壁掛けテレビ用のコンセントはありますが床上にコンセントが無いという組み合わせに
「何かがおかしいけれど、何がおかしいか分からない!」
と工事スタッフが一時パニックっていました。

thumbnail.php?id=917_16_48848a4710.jpg&alt=工事写真。コンセントも元通り
(↑)一度は壁から外した上部コンセントもご覧のように元通り。あとはテレビを壁掛けし、各種ケーブルを接続すれば完成です。

thumbnail.php?id=917_17_2e55914002.jpg&alt=テレビ裏の金具調整
(↑)テレビを再度壁掛けする前にお客様からのご要望でテレビ位置を少し下げることに。背面の金具を一旦外し、取り付け位置を下方向にずらします。通常の壁掛け金具は高さの調節が出来ますが、その範囲は数cmほど。そのため壁掛け時の高さ決では金具本体の取付位置が重要となってきます。

■壁掛けテレビ完了後の「手直し」相談もお気軽に
「壁掛けしてもらったけれど気に入らない」
「自分で壁掛けしたけど、〇〇をどうしても直したい」
などなど、壁掛けテレビ後の手直し案件もご相談承ります。専用フォーム「無料壁掛け診断(リトライ)」から現状の写真を送ってくだされば、ベテランの工事担当者がご要望と写真を確認し、詳細なプランとお見積もりをメールもしくはお電話にてご連絡いたします。
【地元の工務店】愛知県江南市で55インチテレビの壁掛けテレビ「リトライ」工事。コンセント増設し配線を壁内に
愛知県飛島村でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ御覧になり、LINE経由にてお問合せくださいました。事前に現在の壁面やテレビの接続環境が分かる写真を送っていただき、お電話も交えながら進めさせて頂きました。

お客様のご要望としましては、

・テレビ台を無くし、壁掛けテレビにする事でスッキリさせたい。
・それに伴ったテレビへの接続機器の置き場所で最良な方法を教えて欲しい。

とのことでした。

お客様のご要望より、事前の電話コンサルでは補強方法も含めてウォールシェルフ(棚)を設置するイメージをお伝えし、概算お見積りをご提案させて頂きました。LINEによるスピーディなやり取りでスムーズに話は進み、工事のご予約をいただき。

施工当日。担当スタッフ2名がお伺い。お客様ご希望の壁面は石膏ボードにクロス貼りの間仕切り壁ですが、写真のように後ろ側に階段がありましたので、壁内状況を事前にしっかりと把握させていただきました。また壁内に下地補強が無いため、カトー電器が得意とする壁内部分補強から着手しました。テレビ金具部分に加えて、シェルフ部分にも壁内部分補強を施しています。

続いて配線ケーブルや経路確保の施工です。今回の壁内配線施工のポイントは既存コンセントからケーブルテレビの光ケーブルが光終端装置へ配線されている事です。この光ケーブルは光終端装置から抜き差しできるタイプと、抜き差しできないタイプがあります。今回は抜き差しできるタイプでしたので、テレビ台の中に設置されていた光終端装置をテレビ上に設置したウォールシェルフ(棚)まで移設する事が出来ました。これによりテレビ下には既存コンセントだけ残る形でお客様の求められていたスッキリさを実現することが出来ました。

今回壁内配線で通したケーブルは以下の通りです。

・電源ケーブル 1本
・アンテナケーブル 1本
・HDMIケーブル 2本
・LANケーブル 1本

HDMIケーブルは既存コンセント(テレビ下側)とウォールシェルフ用コンセントに1か所ずつ、さらにHDMIコンセントも施工させて頂きました。これらはいずれゲーム接続用に使われるとのことだそうです。ウォールシェルフに設置されているソニーのプレステ4は今回壁掛けさせて頂きましたテレビと、もう一台別のテレビへの接続を想定されており、テレビの切り替えの際にHDMIコンセントから抜き、そのケーブルをテレビへ接続しやすいようにとHDMIコンセントをご選択されました。

テレビ下のHDMIコンセントは「ニンテンドースイッチなどを子供でも接続できるように」とのリクエストで、「日常生活の中で使いやすさ」を優先した仕上がりとなっています。

出来上がりは御覧の通り、お客様が求められていたスッキリ感に加えてテレビが宙に浮いた事にもとても喜んで頂く事が出来ました。ウォールシェルフへ光終端装置が移設できた点やケーブルが壁内に収まっている事にも、イメージしていた以上の光景に大変満足して頂けました。


thumbnail.php?id=915_30_160acb45fd.jpg
(↑)完成直後の写真です。壁掛けテレビとウォールシェルフとの組み合わせ。お部屋全体どこから見ても存在感のある仕上がりとなりました。

thumbnail.php?id=915_31_f656cbb373.jpg
(↑)正面から撮影。将来的にテレビを65インチクラスに変更してもウォールシェルフと干渉しないように壁掛け位置をお客様へコンサルさせて頂きました。

thumbnail.php?id=915_32_93d555c7ed.jpg
テレビはシャープの40型液晶テレビ。お部屋の出入りの際、こちら側の側面が視界に入るため、各種ケーブル類は極力反対側にまとめるようにしています。

thumbnail.php?id=915_33_6292007dc7.jpg
(↑)上下左右可動式金具を選択されたことで、お部屋のどこからでも最適な角度で視聴することができます。テレビで隠れる位置には電気工事士の資格を持つスタッフが専用のコンセントパネルを新設しました。御覧のように各種ケーブル類は目につきにくいこちら側に集中させています。コンセントパネルもこちら側にずらして新設しています。

thumbnail.php?id=915_34_f761b01e55.jpg
(↑)テレビの背面の様子。お客様とご相談し、工事前より使用されていた外付けハードディスク金具に取り付けさせていただきました。録画用ハードディスクを新しくご用意されるという方はポータブルサイズのタイプをお勧めいたします。

thumbnail.php?id=915_35_31cf8b2242.jpg
(↑)ウォールシェルフと専用のコンセントです。機器を多く接続できるように電源コンセントは3つ口でご用意。将来的にレコーダー用のアンテナ線を増設できるように空きもあります。HDMIコンセントはケーブル挿し口が他のケーブルとの接触を出来るだけ防ぐためにコンセント上部に設置させて頂きました。

thumbnail.php?id=915_36_4eb78c0373.jpg
(↑)床上の既存コンセントです。こちらも将来的に変更可能なレイアウトで仕上がております。アンテナ端子部分を壁内部で組み替えてHDMIコンセントへ変更しています。ここのゲーム機などを接続すると壁掛けテレビに映像や音声が出力されます。

thumbnail.php?id=915_37_0f8d9e1515.jpg
(↑)施工前の様子です。背面の壁には壁掛けを想定されておらず、下地補強も専用コンセントなどありません。こうした壁面でもあとから壁掛けテレビに出来るのがカトー電器の強みです。

thumbnail.php?id=915_38_2c56ad84f6.jpg
(↑)こちらも施工前の様子です。テレビ台に乗せて視聴されていたため、40インチといえどもかなりのスペースを占有されていました。
【地元の工務店】愛知県飛島村で石膏ボード壁に40型液晶テレビ(LC-40G7)とウォールシェルフ(棚)を壁掛け
■壁掛けテレビの付け替え工事
壁掛けテレビの付け替え工事です。早い段階からテレビを壁掛けされていた方の中には、テレビの故障や買い替えのため「付け替え」を望まれる方も少なくありません。現在のようにさまざまなメーカーに対応した汎用型の金具でしたら付け替え工事も比較的容易ですが、メーカー純正金具しか選択肢が無かった当時の壁掛けテレビでは、金具ごと交換せざる得ない場合がほとんどです。新規で壁掛けされる方も、将来別メーカーのテレビに切り替える可能性のある方は各社メーカーに対応した汎用タイプの金具をおすすめいたします。

■名古屋市で付け替え工事
今回のお客様はホームページの無料壁掛け診断(リトライ)からお問い合わせくださいました。無料壁掛け診断(リトライ)は壁掛けしたけれども配線などを直したい、テレビを付け替えたいなどのリクエストを受け付けるためにご用意したフォームです。そこから壁掛けされたテレビの写真をUPしてくださいました。メッセージ欄には
「現在、52インチのテレビを壁掛け中です。新しいテレビ(型番:KJ-75X9500H)に交換予定。
金具必要です。現在、配線は壁内通してあります。よろしくお願いします。」
と書かれています。さっそく工事スタッフが詳細な付け替えプランとお見積もりを作成し、お問い合わせから10分後にはご連絡させていただきました。すると一時間後にお客様からご予約のご連絡をいただきました。(このあたりのスピード対応は施工チームならではです。)

■52インチから75インチへ
施工当日、スタッフ2名がお客様宅へ。現状の壁掛けテレビを見せてもらうと、すでにテレビは取り外されており(金具はそのまま)その手前に写真のように75インチの新型テレビが置かれていました。そこで75インチのテレビを下ろして、古い壁掛け金具を取り外すことからスタート。壁はRC(鉄筋コンクリート)で、表面に漆喰処理が施されています。壁を傷つけなためにも古いアンカーボルトはそのままにして、新しい金具をアンカーで取り付けてガッチリ固定。75インチのテレビは脚部を外し、壁掛け金具を取り付けて壁掛けさせていただきました。
ケーブル類は最初から壁内を経由する壁内配線でしたが、52インチから75インチにサイズアップしたためケーブルが届かなくなっており、こちらはHDMIケーブルを延長することで対応。写真のように従来よりも一回り(二回り?)大きい壁掛けテレビが完成しました。

■各部の見どころ解説
以下、各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=902_14_e8d264e6d7.jpg&alt=52インチの壁掛けテレビと金具を外して新しく75インチの液晶テレビを壁掛け
(↑)52インチの壁掛けテレビが壊れたため、テレビと金具を外し、新しく75インチの液晶テレビを角度固定式タイプの金具で壁掛けさせていただきました。

thumbnail.php?id=902_15_c29878f4ab.jpg&alt=テレビはソニーの75型液晶テレビ KJ-75X9500H。
(↑)新しいテレビはソニーのブラビアシリーズ KJ-75X9500H。75インチの大型液晶テレビです。スタンドを外した本体サイズは横幅が約167cm、高さが約96cm。本体の厚みは7.1cmです。本体重量は33kgとかなり重たいのですが、コンクリート壁ならしっかり支えてくれます。

thumbnail.php?id=902_16_cd9b95cf05.jpg&alt=新しい金具は角度固定式タイプ。アンカーボルトで固定しました。
(↑)新しい金具は角度固定式タイプ。角度は変えられませんが昨今のテレビは視野角が非常に広いため、多少斜めから視聴しても映像の美しさに変わりは感じられません。壁面が鉄筋コンクリートなのでアンカーボルトで固定しています。

thumbnail.php?id=902_17_cc6b2ebca0.jpg&alt=ご訪問時の様子。75インチの新しいテレビは既に使用中
(↑)スタッフ訪問時のテレビの様子。すでに壊れた52インチのテレビは取り外されており、75インチのテレビが据え置きで使われていました。このテレビを床におろして工事スタートです。

thumbnail.php?id=902_18_96ed72eac3.jpg&alt=古い52インチテレビは取り外され金具だけが残っています
(↑)ちなみにテレビの背面がこちら。古い金具はそのままとなっており、こちらを取り外して新しく汎用タイプの金具を取り付けます。

thumbnail.php?id=902_21_13514afba3.jpg&alt=お客様から送っていただいた52インチの壊れた壁掛けテレビ画像
(↑)弊社ホームページ「無料壁掛け診断(リトライ)」からお客様が送っていただいた当時の現状写真。52インチのシャープ製テレビが壁掛けされており、こちらが壊れて映らなくなったため弊社にお問い合わせくださいました。

■テレビが大きくなるとケーブル長が足りなくなりがち
壁掛けテレビで一回り大きいテレビに付け替えた場合、高い確率でケーブルの長さが足りなくなります。これはテレビが大きくなると、ケーブルを差し込む位置も遠くなるためで、可動式金具の場合はケーブルの必要長はもっと長くなります。DIYなどでご自分でチェレンジされる場合はそれらの計算も含めて、かなり長めのケーブルをご用意ください。

■壁掛けテレビの付け替えは「無料壁掛け診断(リトライ)」から
既に壁掛けテレビをご利用のお客様でテレビ付け替えをお考えでしたら、弊社ホームページの「無料壁掛け診断(リトライ)」からお問い合わせください。現状の壁掛けの写真を撮影し、フォームからUPしてくだされば壁掛け専任スタッフが写真をチェックし、詳細なプランとお見積もりをすばやく作成。折り返しメールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。
【地元の工務店】愛知県名古屋市でコンクリートの壁掛けテレビを75インチ液晶テレビ(KJ-75X9500H)を付け替え
三重県桑名市での壁掛けテレビ付け替えレポートです。

お客様は10年近く前からテレビを壁掛けされており、今回新しいテレビへの付け替えのご相談をいただきました。お使いのテレビはソニーブラビア KDL-46ZX5。46インチの液晶テレビです。当時は壁掛けも珍しく、メーカ純正専用金具での壁掛けとなっています。さらにテレビ下にはサウンドバーも壁掛けされており、ケーブル類は壁内を経由してコーナーのテレビラックにつながっています。ちなみに工事は工務店が施工されたとのことです。

専用の壁掛け金具も珍しく、お伺いした弊社スタッフも
「おお、なるほど。」
と深く頷きながら当時の施工を確認。慎重に古いテレビを取り外し、専用金具も取り外させていただきました。サウンドバーは引き続き使われるとのことでしたが、ひとまず外して配線経路を作り直します。既存の床下からの配線を利用してアンテナ線やHDMIケーブル(×2本)などを通しました。
壁面は下地補強が施されていたので新しい金具をそのまま設置。金具は薄さを重視で角度固定式タイプとなっています。なおカラーは壁面に合わせてホワイトを採用。サウンドバーはそのまま流用されるとのリクエストでしたので、サウンドバーの位置を基準にして新しいテレビを取り付け。

出来上がりは御覧のように、吹き抜けの一画に大画面の壁掛けテレビが誕生しました。

thumbnail.php?id=901_18_7a2b14f6d4.jpg
(↑)吹き抜けリビングの一画に新しく設置した壁掛けテレビです。テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-55A8H。有機ELならではの鮮明な映像と画面全体から伝わる臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

thumbnail.php?id=901_19_22ad001ab3.jpg
(↑)今回の案件は壁掛けテレビの付け替え作業。先に取り付けられていた46インチの液晶テレビ(KDL-46ZX5)が壊れたため、ひとまわり大きい有機ELテレビに切り替えたいとのリクエストでした。サウンドバーも壁掛けされていましたが、こちらははそのまま流用しています。

thumbnail.php?id=901_20_a3b19cea2d.jpg
(↑)お客様は「薄さ重視で」とのことでしたので、壁掛け金具は角度固定式タイプを採用。KJ-55A8Hの本体厚み5.2cmと相まって、非常にすっきりとした外観に仕上がりました。

thumbnail.php?id=901_21_23975e2b7e.jpg
(↑)ケーブルはアンテナ線やHDMIケーブルなど。壁掛けテレビ、それも薄さ重視の角度固定式タイプの金具では後からケーブルを追加するのが難しいので、HDMIケーブルは予備も含めて2本分通してあります。

thumbnail.php?id=901_22_3b11c34543.jpg
(↑)新しいテレビは横幅が1227mm。高さが712mm。壁掛けを検討されている方はあらかじめマスキングテープや新聞紙などで簡単な位置取りをされるとイメージがつかみやすくなりますよ。

thumbnail.php?id=901_23_a121fb01c2.jpg
(↑)真横から覗き込んでの撮影。壁掛け金具はソニーからも「純正品」が販売されていますが将来別メーカーのテレビに買い替えられることも考慮し、カトー電器ではさまざまなメーカーに対応している汎用タイプの金具をおすすめしています。

thumbnail.php?id=901_24_b419d40bc1.jpg
(↑)壁掛け工事前の写真。壁にかかっているのはソニーのブラビア KDL-46ZX5。当時美しい壁掛けスタイルが楽しめるモデルとして人気を博していました。ちなみに46型で本体重量は22.7kg。今回の新しい有機ELテレビはひとまわり大きい55型で16.8kg。技術の進化を感じます。

thumbnail.php?id=901_26_8cebe1f14c.jpg
(↑)工事中の写真。こちらは古いテレビを取り外したところ。黒い枠上のものは当時発売されていたソニー純正の壁掛けユニットです。

壁掛けテレビが浸透するにつれて、壁掛け→壁掛けへのいわゆる「付け替え」の案件も増えてきました。新しいテレビの付け替えをご希望の方はホームページの無料壁掛け診断から「壁掛けリトライ」をご利用ください。写真をUPする機能がありますので、現状の写真をUPしてくだされば専任の工事担当者が写真をチェック。最短即日でお見積もりをメールもしくはお電話にてお知らせいたします。
【地元の工務店】三重県桑名市で漆喰(しっくい)壁にソニーの55インチ有機ELテレビ(KJ-55A8H)を付け替え
■下地補強のないエコカラット壁
神奈川県での壁掛け工事レポートです。
お客様は弊社ホームページの無料壁掛け診断からお問い合わせくださいました。UPしていただいた壁面にはエコカラット(グラナスルドラ)が貼られており、下地補強は施されていないとのこと。そこで施工スタッフがエコカラット壁の内部から補強する「壁内部分補強」のプランを作成。お見積もりと一緒にメールでお送り、お客様よりご予約のお返事をいただきました。

■相模原市へ壁掛け工事
施工当日はスタッフ2名が名古屋から相模原市へ向かいました。お客様宅は一戸建て。ご希望の壁面を調べるとやはり下地補強が無いため、カトー電器が得意としている「壁内部分補強(エコカラット)」を施工。十分な強度を確保した上で、角度個s定期タイプの壁掛け金具を取り付けさせていただきました。壁内で下地補強を施すことで、参考写真のようにエコカラット面に金具が直付けされ、壁掛けテレビの出幅(ではば)を最小限に抑えることが出来ます。
同時にテレビで隠れる位置にコンセントパネルも新設しました。こちらは100ボルト電源、アンテナ線の他に録画用HDDのUSBケーブル、Nintendo Switch用のHDMIケーブル、さらに予備としてHDMIケーブルをもう一本を壁内に通しています。壁掛けテレビでは後からケーブルを追加するのは難しいため、特にHDMIケーブルなどは将来を見越して予備のケーブルを何本か通しておかれることをおすすめしています。
最後にテレビを壁掛けして動作確認。御覧のようにケーブル類が見えない美しい壁掛けテレビが完成しました。

■「ここが見どころ」写真解説
以下、各部を撮影した写真とポイントです。
thumbnail.php?id=847_17_7645ca8a52.jpg
(↑)エコカラットプラスのグラナスルドラが貼られた壁面。建築当初は壁掛けテレビを想定していなかったため下地補強は無く、テレビ用のコンセントもありませんでした。カトー電器が得意としている「壁内部分補強」で強度を確保し、壁掛けテレビの背面にコンセントパネルを新設しました。

thumbnail.php?id=847_18_21ee2546e7.jpg
(↑)壁に掛けられているテレビはハイセンスの58S6E。58インチの4Kチューナー内蔵液晶テレビです。壁掛け時にはスタンドを外します。スタンドを外したテレビ本体のサイズは横幅が1289mm。高さが751mm。厚みが72mmです。重量は15kg弱ありますので壁面には十分な強度が求められます。

thumbnail.php?id=847_19_c590621880.jpg
(↑)反対側から撮影。どの角度から見てもケーブル類が一切見えないのがポイントです。テレビの取付高さはお客様の好みもあり、少し低めになっています。

thumbnail.php?id=847_20_2267bdf7bd.jpg
(↑)エコカラット壁とテレビとの接合面。今回使用しているのはホワイトの角度固定式金具です。補強工事が壁の内側で行われているため接合面は御覧のようにフラットな仕上がりになっています。

thumbnail.php?id=847_23_b448d6ed93.jpg
(↑)施工前の一枚です。子のエコカラット壁に壁掛け金具、コンセントパネルが作られたことがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=847_24_cbab67e8d8.jpg
(↑)こちらも施工前の一枚。テレビボード(テレビ台)をお使いの場合、その背後はどうしてもケーブルだらけになってしまいがち。お掃除もしづらくホコリもたまりやすくなりますが、壁掛けテレビにするとこれらのケーブルをスッキリ片付けることが可能です。
【地元の工務店】神奈川県相模原市でエコカラット壁(グラナスルドラ)にハイセンスの58インチ液晶テレビ(58S6E)を壁掛け
■下地が無い壁でも「壁内部分補強」で壁掛け出来ます
壁掛けテレビには十分な強度を持たせ下地補強が必要です。通常は新築時に石膏ボードの裏側に分厚いベニア合板などを貼って補強とするのですが、建売住宅などの場合、このような下地が施されていない壁がほとんどです。しかしカトー電器が得意としている「壁内部分補強」ならば下地補強が無い壁でも後から壁内部に補強を施すことが出来、テレビの壁掛けが実現できます。今回はそんな事例をご紹介いたしましょう。

■増え続けるケーブルを壁掛けテレビでスッキリきれいに
神奈川県横須賀市での壁掛け工事レポートです。本来テレビは100ボルトの電源とアンテナ線さえあれば良いものですが、近年はレコーダーやゲーム機などさまざまなものをつなぐためテレビ周りのケーブルがどんどん増えていく傾向があります。今回のお客様も数多くのケーブルを使用されており、今回それらのすっきりさせたいとの思いもあって弊社にお問い合わせくださいました。送っていただいた写真を見る限り、壁面に壁掛け用の下地は無さそうです。そこで施工スタッフが壁内部分補強を施した場合の工事お見積もりを作成。お客様にメールでご提案し、工事のご依頼をいただきました。

■壁内部分補強と壁内配線工事
施工当日、名古屋からスタッフ2名が横須賀市へ。お客様宅は一戸建て。ご希望の壁面を調べたところ当初の見立ての通り下地補強はありませんでした。そこで台座金具を取り付ける箇所に弊社が得意とする壁内部分補強を施工しました。壁内部分補強は文字通り、は壁の内部から補強を行うため余分な出幅(出っ張り)が生じないのが特徴です。壁内部分補強と併せて間柱も使って金具を固定し強度を確保。
同時進行でテレビで隠れる位置にテレビ用のコンセントパネルも新設します。今回壁内を通すケーブルが4種類7本と多くこちらは少しばかり手間取りましたが、壁内配線は無事完了。最後にお客様ご用意の65インチのテレビを壁掛けし、各種配線を接続して完成となりました。


■ケーブル類もスッキリ!
動作確認し問題がないことをお客様にもご納得していただき工事は無事完了。写真のようにケーブル類が一切見えないスマートな壁掛けテレビが誕生しました。今回将来を見越して予備のHDMIケーブルを壁内に通していますので、今後ゲーム機が増えたりした時も特別な工事もなく、そのまま使っていただけるようになっています。
以下、各部の写真と見どころの解説です。

thumbnail.php?id=834_16_c837674956.jpg&alt=横須賀市での壁掛けテレビ工事。下地が無い壁面にあとから補強を施しました。
(↑)石膏ボードの壁内部に下地補強を施した上で65インチの大型液晶テレビを壁掛けしました。各種ケーブル類は壁内を通す壁内配線を採用。見た目はとてもスッキリしています。

thumbnail.php?id=834_17_1737393052.jpg&alt=テレビはレグザ65M540X
(↑)正面から撮影。お客様のテレビは東芝のレグザシリーズ65M540X。65インチの液晶テレビです。壁掛けするためスタンドを外して取り付けました。テレビ本体のサイズは横幅が1446mm、高さが846mm、テレビ本体の厚みは83mmです。

thumbnail.php?id=834_18_82fc893938.jpg&alt=ケーブル理が一切見えない壁内配線
(↑)壁内には100ボルト電源コード、アンテナ線、HDMIケーブルが4本、それにLANケーブルが通っています。HDMI4本のうち1本は将来を見越した予備ケーブルです。壁内配線の場合、あとからケーブルを追加するのはなかなか手間ですので「もしかしたらもっと機材が増えるかな」という方には予備ケーブルを通されることをお勧めしております。

thumbnail.php?id=834_19_384ee3e271.jpg&alt=金具は薄さ重視の角度固定式タイプ
(↑)斜め横から撮影。今回使用した金具は薄さを重視した角度固定式タイプ。テレビとの壁面の隙間をなるべく薄くしたい方におすすめです。隣接しているキッチンなどからも視聴したいという方は、左右に角度が調節できる可動式タイプの金具がおすすめです。

thumbnail.php?id=834_20_32fb2ca589.jpg&alt=壁と金具の接地面
(↑)壁と金具の接地面。写真上に見えているが新しく新設された壁掛けテレビ専用のコンセントパネルです。テレビに繋げられたさまざまな配線はこのコンセントから壁内に入り、テレビ台のコンセントへにつながっています。

thumbnail.php?id=834_22_d3a06982bb.jpg&alt=工事前の一枚。テレビは据え置きの状態
(↑)こちらは工事前に撮影した一枚。工事途中の写真を見比べていただくと新設されたコンセント位置などがイメージしやすくなると思います。

thumbnail.php?id=834_23_befcd90c61.jpg&alt=工事前の一枚。テレビ裏はご覧のような配線でした。
(↑)こちらはお客様が弊社にお問い合わせの際に送ってくださった写真の一枚。わざわざテレビ台をずらしてコンセントの位置を示してくださいました。(ありがとうございます)テレビ台の裏側は得てしてケーブルだらけになりがちですが壁掛けにすることでこれらの配線をスッキリさせることが可能です。

■壁掛けはテレビ周りの掃除を楽にしてくれます!
テレビ台の裏を掃除して、うっかりケーブルが抜けてしまったりした方はぜひカトー電器の壁掛け工事+壁内配線をご検討ください。現在のお部屋の様子を撮影し、専用フォーム「無料壁掛け診断」から送ってくだされば専門スタッフがスピーディーにお見積もりを作成、折り返しメールにてご連絡差し上げます。
【地元の工務店】神奈川県横須賀市で石膏ボード壁に壁内配線で65インチの東芝レグザ(65M540X)を壁掛け
■テレビ裏のコードをきれいにまとめる
ブルーレイレコーダー、ゲーム機、録画用ハードディスクにサウンドバーなど、テレビに接続する機器が増えれば増えるほどテレビの裏側、特にテレビボードの背面はケーブルだらけになりがちです。黒いコードがとぐろを巻き、下手に触ればどこかの接触がおかしくなってしまいそうで掃除もしづらく、ついつい見て見ぬふりをしてしまいがち。
これを壁掛けテレビすれば、多くのコード類をきれいにまとめ、テレビ裏をすっきりさせることができます。大掃除のたびにテレビボードの後ろで苦労されている方は是非テレビの壁掛けをご検討ください。


■愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事
今回のお客様は愛知県みよし市にお住まい。ホームページに「無料壁掛け診断」からお部屋の写真と図面の画像をUPしてくださいました。「最短でいつ工事できますか?」とのメッセージもいただき、スタッフがすぐに工事のプランとお見積もり、それに候補日を添えてメールで返信。即日お客様から工事のご予約をいただき、施工の運びとなりました。

施工当日はスタッフ2名がみよし市へ。お客様宅は戸建て住宅。ソニーの有機ELテレビに
・ブルーレイレコーダー (HDMIケーブルで接続)
・ハードディスクレコーダー(HDMIケーブルで接続)
・ケーブルテレビチューナー(HDMIケーブルで接続)
・Nintendo Switch (HDMIケーブルで接続)
・録画用ハードディスク(USBケーブルで接続)
・アンプ (光ケーブルで接続)

などが接続されています。これだけ接続されているとテレビ裏写真のように黒いコードだらけです。まずはこのケーブル類をすべて外し、整理して壁内に通すことから始めました。壁内に通すコード類は計8本。縦長の通常コンセントパネルではもちろん足りませんので、正方形の大型コンセントパネルを使うことにし、壁内に通していきます。壁掛けテレビ工事では壁の補強以上に難しいのがこの壁内配線です。テレビで隠れ、なおかつ金具やテレビと干渉しない位置にコンセントを新設し、すべてのコード類を問題なく壁内に通さなければいけません。現場によってコードの本数、長さはまちまちですから技術力と経験値の勝負となります。それでもスタッフは手慣れたもの
「もしかすると壁内配線のケーブル本数、最高記録かもしれませんね。」
と笑いながら、手早く確実に壁内に通していきます。
同時進行で壁内部に補強工事も施し、テレビと金具を支えるだけの強度を確保。

壁内配線と壁内補強という一通りの下準備が完了したら壁掛け金具の取り付けです。お客様ご希望の上下可動式金具を取り付け、有機ELテレビを慎重に壁掛け。そして改めて各種コード類をテレビに接続していきます。
すべての機器接続と動作確認を終えれば工事は完了。数多くのケーブルを壁内にまとめつつ、コード類が一切見えない壁掛けテレビが出来上がりました。

■各部の写真と見どころポイント解説
以下、各部の写真と見どころポイントの解説です。最後のコード類がどのようにまとめられたかは必見です。

thumbnail.php?id=787_21_957b18de7f.jpg&alt=愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事
(↑)愛知県みよし市でのテレビ壁掛け工事です。テレビ本体を壁掛けし、テレビにつながる合計8本ものケーブル類をすべて壁内に通しました。

thumbnail.php?id=787_19_d33147a529.jpg&alt=壁には下地補強が無かったため、弊社が得意とする壁内部分補強で強度を確保。壁内部分補強は下地補強が無い壁面でも「あとから」補強できる工法として高い評価をいただいております。

thumbnail.php?id=787_20_4bccbbfb98.jpg&alt=テレビはソニーの有機ELテレビKJ-55A9G
(↑)テレビはお客様がお使いのソニーの有機ELテレビKJ-55A9G。テレビ本体のサイズは横幅が1226mm、高さが710mm、本体の厚みは40mmという薄さです。

thumbnail.php?id=787_22_ce634c4a50.jpg&alt=壁掛け金具は上下に角度を変えられる可動式タイプ
(↑)壁掛け金具は上下に角度を変えられる可動式タイプです。

thumbnail.php?id=787_23_3a282ae0cc.jpg&alt=工事前の様子。ゲーム機やレコーダー機器、アンプなどが接続されています。
(↑)工事前の様子。ゲーム機やレコーダー機器、アンプなどが接続されているのが確認できます。

thumbnail.php?id=787_24_e2adc7afb2.jpg&alt=テレビ背面は御覧の通り。さすがにコード類が多いです。
(↑)工事前のテレビ背面の様子。接続機器が増えれば増えるほどテレビ背面はコードだらけになりがちです。これら各種のケーブルを壁内配線できれいにまとめます。

thumbnail.php?id=787_25_ecd1edbaca.jpg&alt=これが工事途中の一枚。8本に及ぶ各種ケーブル類を壁内に通すことでテレビボード背面は驚くほどすっきりします。
(↑)工事途中の一枚です。アンテナ線やHDMIケーブル、USBケーブルなど合計8本に及ぶ各種コード類を写真のように壁内に通すことでテレビボードの裏側は驚くほどすっきりします。


■テレビ後ろの掃除でお困りでしたら壁掛けへの切り替えを
テレビやテレビボード背面にとぐろを巻くコード類。これらの掃除にお困りでしたら、ぜひテレビの壁掛けをご検討ください。お使いのテレビを壁に設置し、各種ケーブルを壁内に通せばテレビボードの背面はとてもすっきりします。壁掛けテレビの背面に録画用のハードディスクを設置したり、床上にHDMIコンセントを増設すればテレビボードも無くし、リビングをもっと広く使えるようにもなります。
「我が家でもできるのかな?」
とお考えでしたらお手元のスマホでお部屋の現状写真を撮影し、カトー電器にお送りください。送っていただいた写真を担当者が確認次第、すぐに壁掛けのプランと概算のお見積もりをメールでご連絡いたします。
【地元の工務店】愛知県みよし市で大量のケーブル類を壁内に通し、ソニーの55インチ有機ELテレビ(KJ-55A9G)を壁掛け
千葉県千葉市でのテレビ壁掛け工事レポートです。

お客様はカトー電器のホームページ「無料壁掛け診断」からお問い合わせくださいました。お部屋の写真をUPしてくださり、
「HDMIの差し込み口があるコンセントも新設していただきたい」とのリクエスト。これを読んだ施工担当者は
「うん、これはホームページをかなりすみずみまで読んでいらっしゃる。」
と確信。さっそくHDMIコンセントを含んだお見積もりを作成し、メールにてご提案させていただきました。それから何度かメールのやり取りがあり、正式にご予約を承りました。

施工当日。壁掛け工事スタッフ2名が名古屋から千葉県へ。お客様宅は一戸建て住宅。ご挨拶ののち、マスキングテープでテレビの位置決めに入らせていただきました。壁面の横幅は1840mm。この中心にテレビが来るようにして工事スタート。まずは壁の内側から補強する「壁内部分補強」で強度を確保していきます。壁内部分補強は
荷重のかかる箇所にピンポイントで補強する工法です。文字通り壁の内側に補強するため、余分な出幅が生じず、見た目も美しいのが利点です。

強度を確保したらテレビ用のコンセントパネルを新設します。同時に床上にもHDMIコンセントを新設。ここは電気工事士の資格を持つスタッフが100ボルト電源やアンテナ線を手際よく分岐させ、スピーディーに処理していきました。

配線経路を確保出来たら壁掛け金具を取り付けます。今回取り付けたのは角度固定式タイプ。カラーは壁面に合わせたホワイトを選び、水平・垂直に注意しながら慎重に固定しました。

最後にお客様のテレビからスタンドを外し、背面に壁掛け用のステーを取り付けて壁面へ。アンテナケーブル、HDMIケーブル、そして電源ケーブルを接続したら壁掛けテレビの完成です。動作確認も問題なく、千葉市での工事は問題無く終了しました。


thumbnail.php?id=717_15_4e7f768131.jpg
(↑)千葉県千葉市での壁掛け工事施工です。ご指定の壁には下地補強が施されていなかったため、カトー電器が得意としている「壁内部分補強」にて強度を確保。その上で壁掛け金具とテレビ本体とを取り付けさせていただきました。床上にはテレビに映像や音声を送るHDMIコンセントも新設されています。

thumbnail.php?id=717_16_40a9c2748e.jpg
(↑)今回壁掛けしたテレビはパナソニックの55インチ有機ELテレビ TH-55GZ2000です。壁掛けの際には台座スタンドを取り外しますが、将来テレビを付け替えられることを想定し、台座スタンドは捨てたりせず大切に保管しておかれることをおすすめします。テレ壁掛け時の本体サイズは横幅が1225mm、高さが761mm。本体厚みは78mmです。重量は26.5kgとかなり重いので、壁掛け時にはしっかりとした補強などが必須となります。

thumbnail.php?id=717_17_8f0997e350.jpg
(↑)ケーブル類は壁内を通す「壁内配線」を採用。そのためテレビの周囲にはケーブルがなくすっきりとした外観が特長です。HDMIケーブルは壁内を通って、床上のHDMIコンセントに繋がっています。

thumbnail.php?id=717_18_346b520234.jpg
(↑)床上のコンセント。左側が既存のコンセントです。アンテナ端子は壁の内部を経由し真上にあるテレビへ接続。右側が今回新たに作られたHDMIコンセントです。お客様のご要望にて2口ご用意させていただきました。

thumbnail.php?id=717_20_d1a5615382.jpg
(↑)お客様から送っていただいた壁掛け前の写真。テレビ台を置くことを想定された壁面となっています。この壁面に下地補強を施したあと、テレビ用のコンセントとHDMIコンセントを新設させていただきました。


壁掛けテレビが普及するに連れて
「テレビ台を無くしたい」
というお客様も増えてまいりました。そんなリクエストに応えてくれるのがHDMIコンセントです。これがあればゲーム機などは
「遊ぶ時だけ繋ぐ」
「遊び終えたらケーブルを抜いて片付ける」
とすることで、テレビ周りをいつでもスッキリさせることが出来るようになります。

壁掛けテレビを機会にテレビ台も無くしたいとお考えの方は、ぜひHDMIコンセントもご検討ください。
【地元の工務店】千葉県千葉市で石膏ボード壁に下地補強を施し、パナソニックビエラ55型有機ELテレビ(TH-55GZ2000)を壁掛け
三重県四日市市でのテレビ壁掛け工事です。

お客様宅はまだ建築中とのことで、事前にご予約いただいてから当社ショールームにご来店。壁面は天然石「ナチュラルロブソン」を貼られるとのことで、壁掛け金具の設置スペースをどれだけ空けておくかがポイントとなりました。
テレビ(KJ-65A9F)も金具(可動式金具)もお客様がご用意されるとのことで、カトー電器としましてはこれまでの培った経験から壁掛けに必要となるスペースを算出。コンセントの位置も書き込んだ図面を作成し、お客様にお送りしました。図面は施主であるお客様からハウスメーカ様へと渡され、石材の貼り付け工事が完了。

壁掛け工事当日、お客様宅にお伺いすると計算通りのスペース(石膏ボード面)が用意されていました。下地補強もしっかり施されており、すぐに壁掛け工事をスタート。水平垂直に注意し壁掛け金具を設置した後、有機ELテレビを壁掛けさせていただきました。配線はもちろんお客様ご自身で入線されるとのことで、これにて工事は完了。工事当日までの打ち合わせに時間を要した分、施工そのものはとてもスムーズかつ短時間で終了しました。

thumbnail.php?id=709_13_326c9bc28c.jpg
三重県四日市での壁掛け施工です。設計・建築段階の時点で弊社ショールームにご来店くださり、壁掛け工事の設計書を作成。ハウスメーカ様にお渡しして理想的な事前工事をおこなっていただきました。

thumbnail.php?id=709_14_75d2e5bb10.jpg
壁面に貼られているのは天然石「ナチュラルロブソン」。テレビの金具が接する箇所は貼られておらず石膏ボードのままとなっています。そのため今回は「石膏ボードへの壁掛け工事」として対応させていただきました。

thumbnail.php?id=709_15_5d60b5b4bf.jpg
正面から撮影。床上にたくさんのコンセントパネルが用意されています。今後テレビボードが設置される予定だそうです。

thumbnail.php?id=709_16_e343771f96.jpg
テレビはソニーの有機ELテレビ KJ-65A9F。金具はお客様がご用意された汎用タイプの可動式金具です。金具の設置面は石材が貼られていらず石膏ボードのままであることがお分かりいただけると思います。

thumbnail.php?id=709_17_6981628226.jpg
テレビ用のコンセントパネル(アンテナ端子付き)はハウスメーカ側によるもの。こ石材を貼られていない石膏ボードの壁面が65インチの有機ELテレビにうまく隠れて見えなくなるよう位置決めをするのが何よりのポイントでした。

thumbnail.php?id=709_18_5a7de439ba.jpg
工事前の写真。石材を貼らないスペースは壁掛け金具の種類やテレビの型番、コンセントパネルの位置や数によって変動します。壁面に石材などの装飾をご検討される方は設計に十分ご注意ください。
【地元の工務店】三重県四日市で65型ソニーブラビア有機ELテレビ (KJ-65A9F)を壁掛け。周囲の石材はナチュラルロブソン スタック。
■金具メーカーからのご紹介案件
愛知県豊川市での壁掛けテレビ工事レポートです。弊社が提携している壁掛けテレビの金具メーカー「エースオブパーツ」様からご紹介いただいたお客様です。テレビはLG製の49インチ液晶テレビ、壁掛け金具は角度固定式タイプを検討されているとのことで、弊社のホームページ「無料壁掛け診断」からお部屋の写真をUPしていただき、お見積もりを出させていただきました。お見積もり内容にお客様も納得され、施工日が決定。当日は弊社がエースオブパーツ製の金具を持ち込み、工事スタートとなりました。

■下地補強のない石膏ボード壁
お客様宅に到着すると、まず行うのが壁掛けテレビの位置決めです。お客様ご希望の壁面には明り取りの窓があり、テレビはその中心に揃えることになりました。その場合、間柱の関係で既存コンセントから壁内経由で配線することは難しいため、一旦テレビ下まで壁外配線でコンセントを新設し、そこから壁内経由でテレビに接続する方法をとらせていただきました。
また壁内には下地補強が無いため、カトーデンキが得意とする壁内部分補強で強度を確保。そこにエースオブパーツ社の角度固定式金具(PLB-141M)を取り付けました。こちらの金具はカラーバリエーションがホワイト、ブラック、シルバーの3色が用意されていますが、今回は壁の色に合わせたホワイトを選択。隙間から覗き込んでも目立たないようにしています。

■HDMIコンセントも新設
金具の左下にはテレビ用の専用コンセントを新設。100ボルト電源はもちろん、アンテナ線およびHDMIケーブルを通し、HDMIケーブルはテレビ下のコンセントから抜き差しできるようにしました。ここにゲーム機やDVDプレイヤー、パソコンなどを繋げば映像や音声がダイレクトにテレビに出力される仕組みです。壁掛けテレビを機にテレビ台などを片づけたい方は、このHDMIコンセントを是非ご検討ください。HDMIの端子は作例では1個口ですが、もう一本HDMIを壁内に通せば2個口とすることも可能です。

最後にLGのテレビ本体を取り付けて壁掛け工事は無事完了。
ご覧のように配線類が見えないスッキリとした壁掛けテレビが出来上がりました。

■写真で見るワンポイント解説
以下、各部の写真とポイント解説です。

thumbnail.php?id=684_17_6478269115.jpg
(↑)石膏ボード壁に壁内部分補強を施し、49インチのLG製 液晶テレビを壁掛けしました。ケーブル類は壁内を通す壁内配線。金具は薄さ重視の角度固定式タイプです。

thumbnail.php?id=684_18_b6997aeb34.jpg
(↑)テレビはLGの49UM7100PJA。スタンドを外した壁掛け時の本体サイズは横幅が1108mm。高さが649mm。厚みは80mmです。

thumbnail.php?id=684_19_29fddde98b.jpg
(↑)お客様のご希望もあり、壁掛け位置は上部の明り取りの窓と中心が揃う位置に。ただ既存コンセントから壁内経由で配線することは難しいため(既存コンセントとテレビのあいだに間柱があります)、壁の外側で100ボルト電源とアンテナ線を水平に延長、テレビ真下にコンセントを作り、そこから壁内を通す構造となっています。

thumbnail.php?id=684_20_bff5a04272.jpg
(↑)壁と金具との接合面。金具は薄さを重視した角度固定式タイプを採用。カラーは壁に合わせたホワイトを選択しました。テレビで隠れる位置にコンセントが作られているのがお分かりいただけるでしょうか。

thumbnail.php?id=684_21_d5cd7e963e.jpg
(↑)反対側からも撮影。今回使用した金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。カラーはホワイト、ブラック、シルバーの3色が用意されています。

thumbnail.php?id=684_22_63d6765d07.jpg
(↑)左側がアンテナ端子を持つ既存のコンセント。こちらから100ボルト電源とテレビアンテナ線を延長し、右側に新しくコンセントを新設しました。新しいコンセントにはHDMI専用端子を設けています。

thumbnail.php?id=684_23_c9251d7506.jpg
(↑)リクエストが増えているHDMI+100ボルトコンセント。ここにゲーム機などを繋ぐと壁掛けテレビに映像とサウンドが出力されます。遊び終わったらケーブルを抜き、ゲーム機を片付けてしまえばテレビ周りはいつもスッキリ。


下地補強が無い壁であっても、後から部分的に補強することで壁掛けテレビは実現可能です。「我が家でも出来るの?」とお悩みの方は、まずはお部屋の写真を撮影し、カトー電器の「無料壁掛け診断」から写真を送ってみてください。施工担当者が写真を確認し、早ければ即日お見積もりをメールでご案内いたします。
【地元の工務店】愛知県豊川市で石膏ボード壁にLG製 49インチ液晶テレビ(49UM7100PJA)を壁掛けし、HDMIコンセントを新設
今回は千葉県四街道市での壁掛けテレビ工事レポートです。

お写真の通り新築で、壁面にはエコカラットのグラナスルドラが貼られていました。壁掛けのための下地補強はしっかり行われており、配線経路も確保されています。その壁面に壁掛け金具を慎重に設置。アンテナ線やHDMIケーブルなどを準備したのち、ソニーの最新液晶テレビ KJ-65X9500Hを壁掛けさせていただきました。テレビサイズは65インチ。明り取りの窓と中心が揃う配置です。

テレビ下には当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらもエコカラットの上から取り付けられており、接合面がスッキリ仕上がっているのが特長です。

thumbnail.php?id=679_19_38d910ee17.jpg
(↑)施工完了後の写真です。テレビはソニーの液晶テレビ KJ-65X9500H。本体サイズは145×83cm。その下に当社オリジナルのフロートテレビボード。こちらも壁掛けです。

thumbnail.php?id=679_17_09f67d6c94.jpg
(↑)正面から撮影。フロートテレビボードにはレコーダー録画などを収納。アンテナケーブル、HDMIケーブルなどの配線は壁内を通してテレビと繋がっています。

thumbnail.php?id=679_18_4c5a9dee3c.jpg
(↑)フロートテレビボートと床面の隙間は15cmを確保。モップ掃除はもちろん、ルンバなどの掃除ロボットも楽々通過できる高さです。

thumbnail.php?id=679_20_44a2701752.jpg
(↑)少し下がって撮影。繰り返しパターンの続くエコカラット壁にテレビが良きアクセントとなっています。

thumbnail.php?id=679_21_315ecd7f2c.jpg
(↑)施工途中の写真。今回使用した壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141M。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695
カラーが3色用意されており、壁面に合わせてブラックを選択。汎用性が高く他社のテレビに付け替えられたとしても、そのまま利用できるのがメリットです。

thumbnail.php?id=679_22_c8d607c3da.jpg
こちらはフロートテレビボードの接合面。エコカラットの上から取り付けています。


当社ではソニー、シャープのテレビ販売も取り扱っており、今回は壁掛け工事と一緒にテレビも同時購入していただきました。(ありがとうございます)テレビ同時購入の場合、施工当日にテレビも一緒にお持ちし、開梱・設置まで一度に行わせていただきます。

壁掛けを機会にテレビ本体の買い替えもご検討中でしたら、カトー電器商会にお気軽にお問い合わせください、テレビの価格も含めたお見積りを即日作成し、メールやお電話にてご連絡させていただきます。

カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらからどうぞ。
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【地元の工務店】千葉県四街道市でエコカラット壁に65インチ液晶テレビ(KJ-65X9500H)とオリジナルフロートテレビ台を壁掛け
愛知県岡崎市でのテレビ壁掛け工事レポートです。
今回天井が高く、壁は漆喰(しっくい)壁。壁面に下地補強は施されていませんので、壁内部分補強と間柱を使って、しっかり金具を取り付けさせていただきました。

テレビはハイセンスの65型液晶テレビ。65U8Fです。テレビ背面が若干丸みを帯びているため写真のようにテレビ背面と金具との間にスペーサーを取り付け、隙間を調節しています。

配線はテレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを作り、壁内を通してテレビ台裏のコンセントへ。100ボルト電源とアンテナ線、それにレコーダー用のHDMIケーブル(2本)を通しています。HDMIケーブルはそのまま出さず、コンセントパネルにメス端子を設け、抜き差しが出来るようになっています。
(同じものをご希望される方は「HDMIコンセントをお願いします」とお伝えください。)

下地補強がない漆喰壁でも、ご覧のように素敵な壁掛けテレビが実現できます。お客様も漆喰壁で壁掛け工事が出来る業者さんを探していたとのこと。弊社を見つけていただいて何よりでした。

thumbnail.php?id=627_11_7935ca0640.jpg
(↑)漆喰の壁に部分的な補強工事を行い、壁掛け金具とテレビを設置しています。テレビはハイセンスの4K液晶テレビ 65U8F。壁内に配線を通し、テレビ台のレコーダーなどと繋がっているいわゆる壁内配線です。

thumbnail.php?id=627_12_e0efbec39d.jpg
(↑)正面から撮影。天井が高いお住まいでしたので、テレビの高さについてはお客様も少し悩まれておりました。壁掛けテレビでは横位置は比較的決まりやすいのですが、高さについてはじっくり考えられる方がほとんどです。

thumbnail.php?id=627_13_7186f87baa.jpg
(↑)テレビはご覧のように背面が緩くカーブしていましたので、スペーサーをかませて漆喰壁と接触しないように調整しています。壁掛け金具はエースオブパーツ社のPLB-141Mを使用。カラーが3種類ある中でホワイトを選択しました。
https://www.ace-of-parts.com/product/2695

thumbnail.php?id=627_14_e13396c926.jpg
テレビ台に隠れているコンセントパネル。既存のコンセントですが、中央の端子部をHDMIが接続できるように組み換えさせていただきました。将来、ゲーム機などをここに接続すると壁内を通ってテレビに映像が出力されます。

オーソドックスな石膏ボードをはじめ、エコカラット、木壁、それに漆喰壁でもテレビは壁掛け可能です。
「うちの壁でも壁掛け出来るの?」
とお悩みの方は、お手持ちのスマホやデジカメで壁の写真を撮影して、当社の専用フォームから写真をUPしてください。工事担当者が責任を持って写真を確認。最短即日でお見積りを作成し、メールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。

カトー電器商会 無料壁掛けお見積りはこちらから
https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/
【地元の工務店】愛知県岡崎市で漆喰の壁に65インチ液晶テレビ(65U8F)を壁掛け