アーレックスで壁掛けテレビ

アーレックスの壁掛けテレビ 工事例

今回のお客様は「ダイニングルームでYoutubeなどのネット動画を楽しみたい」とのご要望をいただきました。壁掛け診断フォームから送っていただいた写真から、専任スタッフは工事は可能と判断。当店が推奨するSONYの43インチ液晶テレビ「KJ-43X8500G」とセットになったお見積もりをメールでお送りしました。

施工当日。
壁掛けテレビを前提とされていない壁面でしたので、先に壁補強工事を行い、そこから金具を取り付け、専用のコンセントパネルも作ります。ダイニングルームにアンテナ線は用意されていましたが、部屋の角にあるため、一旦テレビ下まで水平に延長し、そこからテレビまで真上に配線を繋げる方法を採用。
御覧のように、見やすい位置にテレビを配置することが出来ました。

今回のテレビ「KJ-43X8500G」は、地デジ・BSはもちろん、ネットにつなぐことでYoutubeやNETFLIX、prime videoなどのネット動画も楽しめます。(画面に映っているのはアプリ一覧画面)リモコンに用意されたボタンを押すだけで即座に画面がTV→ネット動画に切り替わるので便利です。

リビングでの壁掛けが主流ですが、最近ではダイニングや寝室、子ども部屋の壁掛け相談も増えてきました。たとえお部屋にアンテナ端子が無くとも、Wi-Fi環境さえあれば、ネット動画を存分に満喫できるのが最近のテレビのメリットと言えます。

「ここに壁掛けテレビがあったらいいなぁ…」
と思ったら、その壁をパチリと撮影し、壁掛け診断フォームから写真を送ってみてください。工事担当者が壁掛け可能かどうかを判断し、最短即日でお見積もりメールを送らせていただきます。
【アーレックス】ダイニングルームでYoutubeを!43インチ BRAVIAを壁掛け
アクセントクロスとフロート棚のシックな雰囲気にPanasonic・VIERA(ビエラ)「TH-55GX850」を壁掛けさせていただきました。
テレビの宙に浮いた存在感は見た目にもとてもスタイリッシュで、ケーブル配線のスッキリした印象にもイメージ以上の仕上がりと喜んでいただけました。
金具には汎用の上下左右可動式金具をご選択されて、リビングのどこからでも視聴できる自由度の高さにも大変満足していただけました。
【アーレックス】アクセントクロスとフロート棚に美しく溶け込んだ壁掛け施工