セキスイハイムで壁掛けテレビ

セキスイハイムの壁掛けテレビ 工事例

工場生産による高い性能と品質を誇るハウスメーカー。気密と断熱に優れたお部屋でテレビライフを満喫してください。

千葉県袖ケ浦(そでがうら)市での壁掛け施工レポートです。

ソニーの有機ELテレビ(KJ-65A8H)とカトー電器オリジナル家具 フロートテレビボードをお買い上げいただき、そられをリビングに壁掛けさせていただきました。


壁は補強がされていなかったため、壁内部分補強施工による補強をしっかり行い、角度固定式金具を取り付け。その後、65インチの有機ELテレビを壁面中央に取り付けさせていただきました。

フロートテレビボードも壁内の補強を行い、水平に注意しながら取り付けました。テレビと中心線を揃えるのが何よりのポイントです。テレビとは壁内を通して繋がっており、将来の拡張を見越して壁内を通るHDMIケーブルは4本(!)となっています。

こちらのフロートテレビボード。カトー電器オリジナルの完全オーダーメイドとなっており、ゲームなどの接続機器の置き場としても十分。床とのスペースも確保していますので、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過できます。


thumbnail.php?id=623_11_568a7b9778.jpg
(↑)65インチの有機ELテレビ(KJ-65A8H)とフロートテレビボード。床との間には十分なスペースがあるため、ルンバなどのロボット掃除機も楽々通過出来ます。

thumbnail.php?id=623_13_51e30a8738.jpg
(↑)通常のテレビボードはテレビを上に乗せることを前提に作られていますので、奥行きがかなりあります。当社のフロートテレビボードはテレビを載せない分、奥行きを短く出来るのがポイントです。

thumbnail.php?id=623_12_2e193eb1c9.jpg
(↑)奥行きは短くても収納スペースは十分、レコーダー機器はもちろんのこと、各種ゲーム機も収納できます。中にはボードの上にコンセントを新設し、ここをスマホの充電場所とされる方もいらっしゃいます。
【セキスイハイム】千葉県袖ケ浦市で有機ELテレビ(KJ-65A8H)とフロートテレビボードを壁掛け
「PIXY(ピクシィ)」はご自宅の壁の手前にもう一枚新しく設置する「にせの壁(フェイクウォ-ル)」です。壁がコンクリートだったり賃貸などの理由で大掛かりな補強工事は難しいという方のために生み出された当社オリジナルの施工方法になります。

詳しい解説ページはこちら
https://www.cato.co.jp/fake_wall/

今回は愛知県のお客様からのご依頼で「PIXY」の設置にお伺いしました。


まずは完成写真をご覧ください。

thumbnail.php?id=608_25_a206ba4b0c.jpg
(↑)完成写真。65インチの有機ELテレビを壁掛けし、サウンドバーとレコーダー用のウォールシェルフ(棚)も取り付けさせていただきました。

PIXYは「フェイク」という名前に反して構造はしっかりしています。またご自宅の壁は間柱などの関係でコンセントや棚の新設が難しかったりしますが、PIXYにはそのような制限は特にありません。
「テレビを壁掛けしたい」
というリクエストはもちろんのこと、

「サウンドバーを取り付けたいです。」
「レコーダーなどの置き場所も欲しいです。」
「棚は子供の手の届きにくい高い場所が良いです」

といったリクエストにもひろくお応えできるようになっています。

お客様はまず当店のショールームにご来店いただき、そこでPIXYの特徴について十分なご説明をさせていただきました。それからPIXYの外装に貼るクロス壁を選んでいただきました。お客様がお選びになったのはサンゲツのクロス壁紙「RE-7916」。お部屋の壁紙と異なるデザインを選ばれることで、アクセントとしての立ち位置が際立ちました。

thumbnail.php?id=608_29_fb6da1d55b.jpg
(↑)サンゲツのクロス壁紙の見本から。豊富なデザインが用意されています。PIXYの外装もそれに合わせてさまざまなデザインに出来るのが特長です。

thumbnail.php?id=608_26_0df19347d2.jpg
(↑)お子さんの目線で撮影。テレビ上の棚にはレコーダー機器などが置かれていますが、これならさすがに触れることはできません。

thumbnail.php?id=608_27_6b92f8cd32.jpg
(↑)棚の上の様子。レコーダー用のコンセントパネルが作られています。お好きな場所にコンセントを作れるのもフェイクウォール「PIXY」のメリットです。小さなお子さんがいらっしゃらないご家庭ならばテレビの下に棚を取り付けても問題ありません。

thumbnail.php?id=608_28_03ff4c9bf0.jpg
(↑)PIXYの厚みは約10cm。真横から見るとご覧のような薄さです。

今回お客様がお選びになったのは角度固定式の壁掛け金具。お部屋を移動される際、毎回テレビの真横を通り過ぎることになりますが、そんなときも固定式なら厚みが気になることもありません。

工事は午前と午後を使って1日で終了。仕上がりは想像以上にインスタ映えするので、普段より多めに写真を撮らせていただきました。(笑)


PIXYはカトー電器商会オリジナル製品のため、東海エリアはもちろん関東圏エリアでも当社スタッフが責任を持って現地にて組み立て、設置まで行わせていただきます。詳細はPIXY専用ページをご覧ください。

PIXY専用ページ
https://www.cato.co.jp/fake_wall/
【セキスイハイム】フェイクウォール「PIXY(ピクシィ)」にソニーブラビア65インチ有機ELテレビ(KJ-65A1)を壁掛け
愛知県豊田市でのテレビ壁掛け施工のレポートです。

お客様は弊社ホームページの「無料壁掛け診断(建築中)」からお問い合わせくださいました。いままさに建築途中ということで間取りの図面を送っていただきました。施工スタッフが図面を確認して早速お見積もり。メールにてご連絡し、その後何度かメールのやり取りを経て工事のご予約をいただきました。

施工当日はスタッフ2名でご訪問。ちなみにハウスメーカー様はセキスイハイムさまです。

あらかじめ図面と壁面の写真をいただいておりましたので、お客様とテレビ位置を確認し工事スタート。壁面は下地補強がしっかり施されており専用のコンセントパネルまで用意されていました。しかしテレビ用のコンセントパネルが金具の台座と幾分干渉することが判明。これは金具と壁面との間にスペーサーを挟むことでクリアしました。(壁掛け金具の種類はさまざまですので、先にコンセントパネルが作られているご家庭の場合このような場面に遭遇したりもします。)

取り付けた金具はエースオブパーツ社の角度固定式金具。メーカーを問わずさまざまなテレビに対応している汎用タイプですので、将来別メーカーのテレビに付け替えても十分対応してくれます。カラーは壁面の色に合わせてホワイトを選択しています。

テレビはお客様が現在お使い中の40型のシャープのアクオス(LC-40J9)。壁掛けのためスタンドを外した本体サイズは横幅94cm。高さは58cm。アンテナ線はテレビ背面のコンセントに接続し、録画機器用のHDMIケーブルは壁内を伝ってテレビ下のレコーダー機器に繋がるようにさせていただきました。

事前に写真や図面など十分な情報をいただいていたおかげで工事はスムーズに進み、テレビの動作確認をして一連の作業が無事完了。ケーブル類が見えないとてもスッキリとした仕上がりとなりました。

マイホーム建築の時点から壁掛けテレビを意識して壁内に全面補強を施したり、壁掛けテレビ用のコンセントパネルまでご用意されるお客様が増えてまいりました。最初からしっかり補強がされているおかげで作業もしやすくなりますが、コンセントパネルや配管経路などは建築中の段階から是非弊社にご相談ください。ご相談いただければ金具と干渉しない、よりベストな位置をご提案させていただきます。

thumbnail.php?id=603_12_fefe290579.jpg
(↑)工事完了直後の写真です。石膏ボードはハウスメーカー(セキスイハイム様)によってしっかり下地補強が施されており、コンセントパネルや配管も準備済みでした。配線は壁内に各種ケーブルを通してしまう壁内配線。

thumbnail.php?id=603_13_7b735f7017.jpg
(↑)正面から撮影。テレビはシャープのアクオス40型液晶テレビ。壁掛け時の本体サイズは94cm×58cm。テレビ壁掛け後もスタンドは大切に保管されておくことをおすすめしています。

thumbnail.php?id=603_14_b704e83f4c.jpg
(↑)壁内配線のメリットは何より見た目の美しさにあります。テレビ下にケーブルが顔を覗かせないので、まるでテレビが宙に浮いているかのように見えるのが何よりの特長です。

thumbnail.php?id=603_15_8cbee9f681.jpg
(↑)テレビ台の中にはブルーレイレコーダーが収納されています。テレビとは壁内を伝ってHDMIケーブルで接続されています。

thumbnail.php?id=603_16_3031abf217.jpg
(↑)壁掛け側面の様子。あらかじめ用意されていたコンセントパネルが壁掛け金具の台座と干渉することが分かり、壁掛け金具の台座にスペーサーを入れることで問題点をクリアしています。

thumbnail.php?id=603_17_2b441870a4.jpg
(↑)施工前にお客様から送っていただいた壁面写真。マイホーム建築中の場合、下地補強はもちろんテレビ用コンセントや空配管までご用意されるご家庭が増えてきました。
【セキスイハイム】愛知県豊田市で補強済みの石膏オード壁に40インチ液晶テレビ(シャープのアクオス LC-40J9)を壁掛け