名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

何故最近ではテレビの壁掛けに有機ELテレビをお勧めするのか?

No.8189

何故最近ではテレビの壁掛けに有機ELテレビをお勧めするのか?

カトー電器商会ではソニー特約店として、ソニーのブラビアを多く壁掛け施工させていただきました。
多くのソニー・ブラビアを壁掛けしたからこそ感じることができた「有機ELテレビが壁掛けに選ばれる(選びたい)理由」について書いていこうと思います。

 

“何故最近では「テレビを壁掛けにしたいんですけど」と尋ねると有機ELテレビをお勧めするのか?”ということを紐解いていくと、その理由にも近づくと感じております。

 

筆者自身も家電量販店で、「テレビを壁掛けにしたいんですが、おすすめのテレビありますか?」と尋ねると、ほとんどのお店で有機ELテレビを勧められました。
理由は対応してくれる人で様々ありますので、とても勉強になっております。

何故最近ではテレビの壁掛けに有機ELテレビをお勧めするのか?

その理由は、
・有機ELのテレビ本体がとても薄いモデルが多くあり、壁掛けテレビにした際の壁からの出幅を抑えられてカッコいい。
・有機ELテレビが持つ「黒」への高い表現力によって奥行のある映像美を体感できる。

 

などの「設置後の見た目」を意識しつつも、有機ELテレビの持つ映像美がおすすめされる理由です。

 

過去にご依頼いただいております中でも、壁からの出幅を気にされる方は多くみえますので、薄さが特徴的な有機ELテレビではそれ自体でおすすめする理由になります。
経験上ではソニーを初め、パナソニックやLGなどの主要メーカーのテレビを多く壁掛け施工させていただきまして、共通として有機ELテレビは薄く絵画のような壁掛けに限りなく近い見た目に仕上がっております。

 

壁からの出幅を強く意識するならば、多くのメーカーで本体薄さが最厚部でも約5cmほどととても薄く、パネル部分に関して言えば最薄で1cmを下回るほどの薄さです。
※各メーカーの有機ELテレビごとでそれぞれ差はあります。

テレビの厚みと壁掛け金具を合わせてみても、壁から平均5~7cmほどの出幅で壁掛けすることができ、かっこよさを求める壁掛けイメージにふさわしいモデルが多くあります。

 

数多くある有機ELテレビの中でどのモデルが壁掛け設置に良いのか?

有機ELテレビを壁掛けにするにあたって、壁から出幅を抑えたスタイリッシュな仕上がり以外にも、有機ELテレビの性能の高さもおすすめする理由になります。

 

「メーカーも色々あるし、その中でも有機ELテレビって多いじゃないですか!」

 

メーカーごとで有機ELテレビは取り扱われていますし、メーカー内でも「シリーズ」なる存在するものもあります。
よく見てみると、それぞれ性能・デザインが違ってラインナップされていてより選びやすくしていると思いますが、それが逆に悩む結果になりがちですよね。

 

個人的には、多くある有機ELテレビの中で「美しい壁掛けテレビ」と「有機ELテレビの性能」を両立しているのは、SONY・ブラビアの有機ELテレビと感じております。

 

・Android OSが搭載されており、インターネット動画サービスもWi-Fi接続だけで楽しめる
・テレビ画面からサウンドを出力し、迫力のある立体的なサウンドを標準装備している

 

上記を基本性能として備えていることでも壁掛け設置においては、とてもシンプルにまとめつつ壁掛け後の使用感も良いという点を実現しています。
その事は後述しております「ブラビアの有機ELがおすすめな理由」からご覧ください。

 

ソニー・ブラビアの2018年現行モデルでは「A9Fシリーズ」ブラビア・有機ELテレビのフラッグシップモデルと「A8Fシリーズ」ブラビア・有機ELテレビでは史上最薄モデルの2機種をラインナップしております。

 

「A9Fシリーズ」【MASTER Series】:素早い処理とテレビに向かって話掛けるだけでテレビ操作ができてしまうブラビア・有機ELテレビの頂点。
「A8Fシリーズ」:スタイル抜群の有機ELテレビ、厚さ5.5cmでもテレビ画面から迫力の音を体感できます。

個人的な意見と致しましては、液晶テレビと比べて有機ELテレビと聞いたときに「高級なテレビ」と連想される方も少なくないと思います。
そういったイメージはテレビの壁掛けととても相性が良く、過去施工してきまして満足の声を多くいただきました。

最初は、見た目を強く意識されて有機ELテレビを壁掛け施工していきますが、施工後は有機ELテレビの映像美を体感されて「やっぱり有機ELテレビにして良かった」という声も多くいただいております。

 

有機ELテレビを購入して「せっかく有機ELテレビを置くなら壁掛けが良い」というご依頼もありました。
テレビとしても最高の性能を持ち、壁掛け設置後の見た目も美しいのであれば、おすすめしない理由はないです。

 

ここからは、多くソニー・ブラビアを壁掛け施工させていただいておりますので、有機ELテレビの壁掛けで下記の事を意識されるなら特に「ブラビアの有機EL」がおすすめな理由を書いていきます。

 

【映像美】と【壁掛けテレビの美しさ】を強く実感したい!映画を多く見る方にもオススメ

テレビモデル:ソニー・ブラビア有機ELテレビ「A8Fシリーズ」【KJ-65A8F】【KJ-55A8F】

こだわりのオーディオシステムとA8Fシリーズ[55インチ]の設置構成です。カトー電器施工事例:No.8164から

担当スタッフより

ブラビアの有機ELテレビ「A8Fシリーズ」は他のブラビア有機ELテレビよりも壁掛け設置したときに壁からの出幅を抑えたモデルです。
その出幅を抑えた見た目は、視界の中に違和感を感じさせず、まさに映像への没入感を強く感じることができるモデルです。
より壁からの出幅を抑えられるモデルだからこそスタイリッシュな壁掛けテレビの雰囲気も味わうことができます。
こだわりの音響システムとの組み合わせもおすすめですし、ブラビアの有機テレビだからこそ体感できる迫力の「アコースティック サーフェス」も魅力的ですよ。

 

・【KJ-65A8F】65Vモデル:幅144.7cm x 高さ83.6cm x 奥行5.5cm 重量24.4kg
・【KJ-55A8F】55Vモデル:幅122.6cm x 高さ71.2cm x 奥行5.5cm 重量18.7kg

 

ソニーの有機ELテレビの中では、テレビ本体の薄さ(奥行)が一番薄いモデルということで、壁掛け設置のときには先にも述べたように大きな魅力の一つです。
また有機ELテレビとして美しい黒の表現力を実現しているため、映画では液晶テレビとは一味違う映像美を堪能できるモデルです。

カトー電器が有機ELテレビをおすすめする理由!(画面編)有機ELと液晶の違い

基本性能が高いことがよりスタイリッシュな壁掛けを実現します

ブルーレイレコーダー用シェルフ(専用棚)と組み合わせてテレビ下の空間をシンプルにします。カトー電器施工事例:No.8097から

担当スタッフより

ブラビアに搭載されているAndroid OSによって、ネット動画配信サービス(FuluやNetflix)を面倒な設定なしで楽しめることで、数多くの映画をテレビ内で完結します。
今までは必要だったレンタルしたディスク再生機器が不要になることでテレビを壁掛けにした後の「周辺機器をどこに置こうかしら?」の悩みも解決しています。
テレビ番組の録画は外付けHDDにすることで、ブルーレイディスクへの書き出しは出来ないですが、繰り返しで録画と視聴はすることができます。
壁にテレビだけの壁掛け設置でより省スペースでカッコいい壁掛けを体感できると考えます。
※ネット動画配信サービスはあらかじめ会員登録しておくかテレビで楽しむときに会員登録する必要があります。

 

またソニー・ブラビアの有機ELテレビだからこそできる技術「アコースティック サーフェス」による音響表現で、「重厚な音」に仕上がっています。

カトー電器が有機ELテレビをおすすめする理由!(サウンド編)

 

サウンドバーの設置を考える必要もなくなるので、スッキリかつ高品質なテレビの壁掛けを堪能できると感じております。

 

レスポンスが急上昇!プレミアムな有機ELテレビ「Z9Fシリーズ」

今までのブラビア・有機ELテレビの技術を進化させ、テレビ操作のレスポンスが格段に良くなったフラッグシップモデルです。
もともと、音声検索機能はリモコンをマイク替わりにする仕様でしたが、この「Z9Fシリーズ」では、テレビへ直接「OK!Google、東海テレビを映して」と話し掛ければチャンネルを東海テレビに切り替わります。

 

更にAndroid OSと連携し、YoutubeやNetflixの動画配信サービスやGoogle Playストアから対応したソフトのインストールでより使い方が広がります。
A8Fシリーズと同様のサウンド技術「アコースティック サーフェス」はさらに進化し、実用最大出力を約2倍(50W ⇒ 98W)に。
サウンドバーなどを追加で設置することなく、高品位なサウンドを堪能できる為、テレビだけをシンプルに壁掛けして周辺機器を設置しなくても良い点はとても魅力的です。

 

・【KJ-65A9F】65Vモデル:幅144.9cm x 高さ83.5cm x 奥行8.6cm 重量27.2kg
・【KJ-55A9F】55Vモデル:幅122.8cm x 高さ71.1cm x 奥行8.6cm 重量23.8kg

 

壁掛け時の壁からの出幅は、A8Fシリーズと比べるとスタンド分の厚みがあるため最薄に取り付けるとなると壁から約11cmは出てしまいます。

 

・壁からの出幅を可能な限り抑えた(スタイリッシュな・ビューティフルな)壁掛け設置をしたい方:「A8Fシリーズ」
・テレビだけの壁掛け設置(テレビの周りに何も置きたくない)なのに、今までにない超快適さを感じたい・使いたいという方:「A9Fシリーズ」

 

今回の記事を是非ご参考にしていただければと思っております。

 

ソニー・ブラビア有機ELテレビ「A9Fシリーズ」

KJ-65A9F
KJ-65A9F

65V型4K有機ELテレビ 次世代の高画質プロセッサー「X1™ Ultimate」を搭載した4Kブラビア 「クリエイターの制作意図を忠実に再現する」MASTER Seriesの有機ELテレビ『A9F』  スタンドを外したサイズは144.9×83.5×8.6cm詳細を見る


KJ-55A9F
KJ-55A9F

55V型4K有機ELテレビ 次世代の高画質プロセッサー「X1™ Ultimate」を搭載した4Kブラビア 「クリエイターの制作意図を忠実に再現する」MASTER Seriesの有機ELテレビ『A9F』 スタンドを外したサイズは122.8 x 71.1 x 8.6cm詳細を見る

 

ソニー・ブラビア有機ELテレビ「A8Fシリーズ」

KJ-65A8F
KJ-65A8F

65インチの4K有機ELテレビ。液晶テレビとは異なる有機ELパネルを採用することで吸いこまれるような黒を表現します。サウンドは画面全体が振動させて音を出す「アコースティック サーフェス」を採用。 スタンドを外したサイズは144.7×83.6×5.5cm詳細を見る


KJ-55A8F
KJ-55A8F

55インチの4K有機ELテレビ。液晶テレビとは異なる有機ELパネルを採用することで、吸いこまれるような黒を表現します。サウンドは画面全体が振動させて音を出す「アコースティック サーフェス」を採用。 スタンドを外したサイズは123cm×71cm×5.5cm詳細を見る

この記事はNo.8189です。