名古屋市・昭和区で49インチ・ブラビアを壁掛けとブルーレイレコーダーの置き場所として壁埋め込み型シェルフを設置

No.8557

名古屋市・昭和区で49インチ・ブラビアを壁掛けとブルーレイレコーダーの置き場所として壁埋め込み型シェルフを設置

今回は、名古屋市・昭和区で49インチ・ブラビアとブルーレイレコーダーなどの周辺機器の置き場所を確保されるため壁へ埋め込む形のシェルフ(棚)を取付させていただきました。

リビングの壁にテレビの壁掛けと、一部石こうボードに大きな開口を作り、埋め込み型のシェルフを施工させていただきました。

オーナー様はシェルフの壁からの出幅を気にされていて、思い切って壁の中にシェルフの後方を埋め込む事で壁内の空間分の出幅を抑えた施工をさせていただきました。

埋込棚(ビルトインシェルフ)
左が通常の棚取り付け。右が今回施工した埋め込み型シェルフ(棚)。壁の空間を利用することで、棚とレコーダーの出っ張りを抑えていることがお分かりいただけるでしょうか。

壁内の空間をシェルフと共有することで、ブルーレイレコーダーなどの周辺機器も省スペースさを強く感じられる設置が可能になります。
テレビの壁掛けに加えてシェルフも壁との一体感を強く感じられ、壁掛けを機にテレビ周りをスッキリとさせたいのでテレビ台を無くそうと考えていて周辺機器の置き場所を確保する方法としては、最良な施工と考えております。

お客様の声をいただきました(オーナー様より)

シェルフを付けるとしても、ブルーレイレコーダーの奥行があるので頭が飛び出すことが気になったんですよね。
かと言って、ブルーレイレコーダーの奥行を確保しようとするとシェルフの出幅が広くなってしまうんで、何かいい方法はないかと考えていました。
テレビの壁掛けと一緒にカトー電器さんに相談したら、イメージ通りに仕上げてくれて大満足です。
間柱が傷ついていないのも、さらに嬉しいですね。ありがとうございました。

壁内状況に応じてシェルフにも一部手を加えています。

実は、このシェルフが掛かっている場所には、間柱が縦に2本走っています。
間柱が入っていない場所には、シェルフは収まる空間がありますが、間柱の部分はシェルフ側を加工してまさにパズルのように納めさせていただきました。
間柱を傷つける事なく施工しております。

シェルフからテレビ裏までは、壁内を通じて繋がっておりますので、ケーブル露出は一切しない仕組みです。

シェルフは下からL型金具2点から支えられています。

シェルフ内はブルーレイレコーダーの置き場所として、シェルフ上には小物をいくつか置いてインテリアを楽しむこともできますよ。

担当スタッフより

シェルフを埋め込んで設置するということで、正確さを要求される作業になりました。
石こうボードにシェルフの入る大きさで開口を作り、シェルフの水平もしっかりと計り施工させていただきました。
本来ならシェルフから飛び出ていたブルーレイレコーダーもお写真のようにぴったりと収納できました。

テレビ周りをスッキリとさせる壁掛けでは、テレビ台を動かした後の周辺機器(ブルーレイレコーダーなど)の置き場所で困る方が多いです。
私たちは、専用のシェルフを取付してそんなお悩みを解決してきました。
今回は、さらなる省スペースを狙い施工させていただきました。
終始オーナー様は施工をご覧になっており、壁内状況などもご説明しながら雑談も交えて楽しいお時間をありがとうございました。

 

弊社では、お問合せから施工完了までワンオペレーションでご対応させていただくことで、お客様のご要望を把握し、当日のコンサルティングを持ちましてイメージされたテレビの壁掛けを実現させていただきます。
施工前に壁掛けを希望される場所のお写真をいただくことで、より詳細な概算お見積りを発行しております。
お客様とイメージをしっかりと共有し、ご対応させていただければという思いでございます。
お気軽に壁掛け診断をご利用ください。

 


写真を送る「壁掛診断」はこちらから

今回の工事データ

工事日 2018年 10月
設置場所 愛知県名古屋市
ハウスメーカー その他
テレビの型番 KJ-49X8500E(49インチ)
壁の種類 石こうボード
補強工事 必要あり
金具 角度固定式金具
配線方法 壁内配線
ここがポイント 埋め込み型のシェルフは出幅少なくとてもスッキリとしますよ!

この記事はNo.8557です。

本記事(No.8557)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.8557)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

8557みたいなのが理想なんですけど。」

8557みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ