岐阜県の可児市で55型液量テレビ(55C340X)と棚を壁掛け

No.9777

岐阜県の可児市で55型液量テレビ(55C340X)と棚を壁掛け

55型液晶テレビとレコーダー置き場として棚を設置した施工例
岐阜県の可児市で壁掛けさせていただいた55型液晶テレビ 東芝のレグザ(55C340X)。テレビの上に棚を設置し、レコーダー類の置き場として活用されています。

岐阜県の可児市のお客様宅へ壁掛けテレビの工事にお伺いしました。
ご訪問先のお宅は一戸建て。ハウスメーカーはナイスプランハウジングさま。石膏ボードの壁にマスキングテープを貼り、お客様とテレビの壁掛け位置について入念に打ち合わせ。場所が確定したら工事スタートです。
ご用意したのはさまざまなテレビメーカーに対応している汎用金具。エースオブパーツ社のPLB-141Mという金具でテレビと壁面との隙間を可能な限り狭くできる角度固定式の金具です。水平に注意しながらこれを取り付け、同時にテレビ用のコンセントパネルにアンテナ線やHDMIケーブルを通しておきます。

角度固定式金具を取り付けたところ
水平に注意して角度固定式のな家具を取り付けたところ。さまざまなテレビメーカーに対応した汎用金具ですから、将来テレビを買い替えることがあっても金具はそのまま使い続けることが出来ます。石膏ボード単体にネジ止めしても強度は確保できません。壁の向こうに間柱と補強がある個所のみネジ止めしています。

次にお客様からご要望でテレビの上にウォールシェルフ(棚)も設置。色は壁面に合わせたホワイト。レコーダー置き場となりますのでレコーダ用のコンセントパネルも新設。こちらも壁内をを通してHDMIケーブルが繋がるように準備しておきます。

レコーダー置き場となるウォールシェルフとコンセントパネル
レコーダー機器の置き場となるウォールシェルフの設置。ケーブル類は壁内を通すためにここにも専用のコンセントパネルを新設しHDMIケーブルなどを通しています。棚の取り付け位置はテレビの下が定番ですが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではイタズラ防止のためにテレビ上に設置を希望される方多いです。

最後に東芝のレグザ(55C340X)を設置して完成となります。テレビの電源を点けると白をベースとしたリビングに、色あざやかな映像が映し出されました。
所要時間は2時間半程度です。

正面から撮影。壁面の中心にテレビ。もちろん棚もテレビと揃えます。
正面から撮影。テレビのサイズは55型。123cm×71cmです。テレビも棚も壁の中心に揃うようにしています。壁掛けテレビの場合、横位置は比較的容易に決まりますが、高さをどのくらいにするかで皆さん大いに悩まれます。実際にソファに座ったりして最適な高さを見つけてください。
テレビの下はもちろん、棚とテレビのあいだにもケーブルが一本も見えないのがポイント
テレビの下はもちろん、棚とテレビのあいだにもケーブルが一本も見えないのがポイントです。角度固定式の金具を使うことでテレビと壁面との隙間も最小限におさえられています。
予備のケーブルをあらかじめ用意
棚上のレコーダーの様子。左側に見えるのが新たに作ったコンセントパネルです。将来ゲーム機なども接続されることを見越して予備のHDMIケーブルをあらかじめ通してあります。
階段付近から撮影
少し下がって階段付近から撮影したところ。城をベースとしたお部屋ですので棚板もホワイトを選択。うまく溶け込んでくれました。

壁掛けテレビを検討する際、頭を悩ませるのがレコーダーやゲーム機の置き場所です。お掃除の手間ひまも考えるなら本記事ように棚を設置する案も有効です。棚の位置はテレビの上、もしくは下、スペースが許せばテレビ横でも取り付けできます。コンセントパネルも新設し壁内でテレビと繋げることで、写真のように驚くほど見た目のすっきりしたリビングが誕生します。

録画機器やゲーム機など多数お持ちでテレビの壁掛けをためらっている方は、ぜひ一度カトー電器にお問い合わせ・ご相談ください。

この記事はNo.9777です。

本記事(No.9777)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.9777)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

9777みたいなのが理想なんですけど。」

9777みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ