エコカラット「ストーングレース」とソニー・ブラビア「KJ-65X8550G」の壁掛けを同時施工レポート

No.9612

エコカラット「ストーングレース」とソニー・ブラビア「KJ-65X8550G」の壁掛けを同時施工レポート

岐阜県大垣市にて。
【 施工内容 】
・ソニー・ブラビア65インチ「KJ-65X8550G 」壁掛け
・エコカラット「ストーングレース」施工
・テレビ上ダウンライト2か所施工(点灯スイッチ設置含みます)

新築マンションへの引っ越しをきっかけに奥様がエコカラットと合わせて壁掛けテレビやダウンライトにもこだわれて、施工のイメージを当日までにしっかりと共有させて頂きました。
エコカラットの種類及びカラーリングがテレビの壁掛けやお部屋全体と美しく溶け込むことや、ダウンライトの配光の範囲にもこだわられて、まるで美術館のように照らし出される壁掛けテレビは奥様が事前からしっかりと構想された賜物です。私自身も今までにエコカラット施工と合わせました壁掛けテレビを多く施工させて頂いておりますが、今回はより一段と高級感を感じさせて頂きました。
また壁掛けテレビ、エコカラット、ダウンライトとそれぞれのご要望を即日でご対応させて頂きました施工内容をご紹介させて頂きます。

◎今回の施工フローチャート

STEP.1 壁補強(ジャストップ工法※以下説明あり)

STEP.2 テレビ用コンセントを作成

STEP.3 テレビ上ダウンライト用の配線経路を確保

STEP4. 電源及び必要ケーブルの壁内配線

STEP.5 エコカラット施工

STEP.6 壁掛け金具取付

STEP.7 テレビ設置及びケーブル接続

STEP.8 テレビ及び周辺機器の動作確認

STEP.9 ダウンライト及び専用スイッチ取付

各STEPの必要に応じましてオーナー様と施工イメージを共有させて頂きながら、進行させて頂いております。
各所ハードルの高い施工もございましたが、壁内状況をしっかりと把握しながらコンサルさせて頂くことで即日でご対応させて頂く事ができました。

施工前は補強されていない白いクロスが貼られた石こうボードの壁でしたので、
エコカラット施工前に壁の補強工事及び壁内配線のためのコンセント新設の作業は弊社がエコカラットを承らせていただく大事なポイントになると考えております。
補強の為に2か所開口を作らせて頂きますが、エコカラット施工前に事前補強を施す事で、エコカラットに開口の施工跡が残らずにテレビで隠れるとは言え、美しい仕上がりにもこだわらせて頂いております。

※ジャストップ補強とは、横約10cm×高さ約5cmの開口を作り、特許部材のジャストップと呼ばれる補強材(曲がる木材)で補強する手法です。
壁と壁掛け金具の接地する部分に補強を施す事ができるため、コスト削減と施工時間の短縮も実現することが出来ます。


(↑)ダウンライト用の開口です。
エコカラットが貼り付けされた後に接続していきます。
天井配線用に開口した部分は、エコカラットにより塞がれます。

対角壁からの配線は壁が出来上がってからでは壁のコーナーの構造上で入線出来ない事例もございます。

今回は壁のコーナー部分など数カ所に配線用の開口を設けまして、壁掛け用コンセント及びダウンライトへのケーブル入線を壁内配線でご対応致しております。
エコカラットを同時施工する事で一部開口を塞ぐ事ができ、見た目にケーブル露出する事なく、後付けを感じさせない仕上がりとなる事もメリットと言えます。

壁補強と壁内配線は完了し、エコカラットを施工させて頂きます。
エコカラット職人との同時進行で即日で施工完了致します。

クロス壁の上から専用のりを塗り、間隔に合わせてエコカラットをカットしながら順次施工させて頂きます。
壁の中心からエコカラットを貼っていく事で、シンメトリーの美しい仕上がりにもこだわらせて頂きました。

ここまでの段階でテレビと周辺機器を繋ぐ為の経路も確保しておりますので、エコカラットが仕上がり次第に壁掛け金具取付とダウンライト及びスイッチを接続していきます。

エコカラット貼り付けが完了し、テレビの壁掛け設置も完了致しました。
既存のコンセント上にはダウンライト用のスイッチを新設させていただきました。

ダウンライトの配光範囲及び専用スイッチはオーナー様が雰囲気にもこだわられてご自身でご用意したいとご要望がございましたので、施工当日までに打ち合わせを行いご準備して頂きました。

周辺機器はテレビ台の中に収納されています。
テレビ台後ろには、100V電源コンセントも新設しておりますので、周辺機器の電源供給もスマートに行えます。壁が出来上がった場合に、エコカラットを施さない施工となりますと、対角の既存コンセントまで延長コードで供給するか、モールでテレビ下までカバーする施工となります。
ダウンライトは2基を取り付けさせていただきました。
壁中心から均等の距離に設置し、テレビ及びエコカラットと合わせて
正面からの左右対称の仕上がりがとても美しいです。

ダウンライトの配線は既にエコカラットが仕上がっている場合やエコカラットを施さない場合には、対角からの既存コンセントから壁内配線でご対応することはかなり難しいのですが、同時施工する事によって初めから考えられていたような美しい仕上がりとなります。

施工の動機 は高級感を求めたこだわりから。

オーナー様に施工の動機をお伺いさせて頂きました。

【オーナー様より】
「壁掛けテレビからというよりは、エコカラットの施工がしたいという思いから始まりました。壁一面にエコカラットを施す事で、見た目に高級感を感じる事ができますよね。そう思ったときに、テレビを壁掛けにすると配線もスッキリとして求める雰囲気に一致しますし、そこにダウンライトを合わせる事ができれば理想のイメージでしたので、まとめての施工が可能かどうかご相談させて頂きました。」
「施工当日までは具体的にどのように施工するのかも分からずに不安でしたが、迅速にご対応して頂けた事と出来上がっていく光景を見ながら部分的な説明もありお任せして良かったと実感致しました。」

【施工担当スタッフより】
エコカラットとダウンライトそして壁掛けテレビ によるオーナー様こだわりの空間をメイクできたことをとても嬉しく思っております。
この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。
仕上がりには、オーナー様から大変満足して頂く事が出来ましてとても嬉しいです。

この記事はNo.9612です。

本記事(No.9612)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.9612)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

9612みたいなのが理想なんですけど。」

9612みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ