愛知県・弥富市でカッコよさを強く意識されて60インチAQUOS(アクオス)を壁掛け

No.7976

愛知県・弥富市でカッコよさを強く意識されて60インチAQUOS(アクオス)を壁掛け

今回は、愛知県弥富市で広いリビングでゆったり視聴したり、家事をしながら視聴できたりと自由度の高い「上下左右可動式金具」を使用し、60インチAQUOS(アクオス)を壁掛け施工させていただきました。

壁の補強を施してリビングの壁の中心に60インチの大画面テレビを壁掛け

お客様は、壁掛けテレビの高級感のあるカッコよさを強く意識しておられました。
60インチテレビを壁掛けさせていただいても広々とした壁の中心にテレビが宙に浮いているイメージはまさに理想的な壁掛けかと思います。
もともとテレビ台を購入して設置されることも考えておられましたが、60インチの大きなサイズではテレビ台がとても高額になってしまい、同じコストならば「そうだ壁掛けにしよう」とご検討されて依頼しましたとお伺いました。

 

周辺機器の設置も今のところは考えられていないとの事で、テレビ周辺には機器を設置せずにまさに絵画のようなイメージに仕上がりテレビの壁掛けが持つ「カッコよさ」を体感していただき大変喜んでいただけました。
また「上下左右可動式金具」をご選択されて、テレビの正面以外にも、キッチンやダイニングテーブルからでもゆったりと視聴できる環境にもこだわられました。
イメージされていた以上に左右角度の自由度の高さにも大変満足していただきました。

弊社の取り扱っている金具では、アームがひし形に伸縮するため収めたときは、壁から出幅を抑えられて引き出せる距離も多く確保できる金具になっております。

お写真では、約半分ほどの引き出し距離ですので、多く引き出すことで最大60度の角度を確保することが可能です。
※テレビのサイズにより壁と干渉するため60度まで角度を付けられない機種もございます。
スイーベル機能を持った上下左右可動式金具をご検討された方によく質問されることが、「壁からの出幅について」です。
金具自体の出幅は、角度固定式金具と比べると+3cmほどの差になっております。
テレビ本体の厚みによってイメージが大きく変わることもありますが、テレビ自体の薄型化も進んでおり金具による出幅に関しては壁掛け後には大きく感じることはないと考えております。
視聴スタイルに合わせた選択が最良であると思います。

実際に、上下左右可動式金具で施工させていただいた多くのお客様から、「金具を収納して壁からの出幅はかなり薄いんですね!」とお伺いしております。
金具に関しては、熟知しておりますのでヒアリングでご要望に合わせたご提案をさせていただきます。

間柱の位置をしっかりと把握することで、テレビ下に既存コンセント・アンテナ端子がない場合でもテレビ裏まで壁内配線させていただきます。

経験上多くの壁掛け施工では、テレビを壁掛けされる場所の下にある既存コンセント・アンテナ端子からテレビへの電力・アンテナ信号供給を行わせていただきます。

もともとは配線カバー(モール)を用いるご提案もさせていただき、施工当日に壁内状況を確認し、壁内配線ルートは確保できました。
お客様にも「ケーブルの壁内配線ができますよ、モールは使用しません」とお伝えすると、とても喜ばれていました。
壁内配線に関しては、お写真をいただきおおよそ施工内容を判断しておりますが、施工当日に改めてお調べしてご要望に合わせた最良の方法をご提案させていただきます。

 

弊社では、壁掛けのお問合せから施工完了までワンオペレーションでご対応させていただくことで、お客様のご要望を把握し、当日のコンサルティングを持ちましてイメージされたテレビの壁掛けを実現させていただきます。
施工前に壁掛けを希望される場所のお写真をいただくことで、より詳細な概算お見積りを発行しております。
お客様とイメージをしっかりと共有し、ご対応させていただければという思いでございます。
お気軽に壁掛け診断をご利用ください。

 


写真を送る「壁掛診断」はこちらから

今回の工事データ

工事日 2018年 9月
設置場所 愛知県弥富市
ハウスメーカー その他
テレビの型番 LC-60U45(60インチ)
壁の種類 石こうボード
補強工事 必要あり
金具 上下左右可動式金具
配線方法 壁内配線
ここがポイント 美しさと使い勝手の両立には、施工技術のみならず金具の選定や位置決めがとても重要です。

この記事はNo.7976です。

本記事(No.7976)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.7976)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

7976みたいなのが理想なんですけど。」

7976みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ