愛知県でクロス貼りのお部屋に60インチTVを壁掛け

No.6402

愛知県でクロス貼りのお部屋に60インチTVを壁掛け

石膏ボード+クロス貼りの壁に60インチのテレビを壁掛け(愛知県名古屋市)
石膏ボード+クロス貼りの壁に60インチの液晶テレビを壁掛けさせていただきました。愛知県名古屋市のお客様です。石膏ボードだけでは強度に不安がありますので、石膏ボードの内側(壁の中)で補強を施しています。

愛知県名古屋市のお客さま

今回の壁掛け工事は愛知県名古屋市のお客様。ホームページをご覧になり、当社にご連絡をいただきました。(ありがとうございます!)お客様が壁掛けをご希望される場所は石膏ボード+クロス貼りのお部屋。石膏ボードでは強度に不安がありますので、壁の内側に補強を施した上でテレビを掛けることにしました。

壁の内側を調べます

補強を施すには、壁の一部に穴をあけねばなりません。(後でも述べますが、この穴はきれいにふさぎ直します)壁の内側には柱や電線、時には鉄骨など、さまざまなものが存在していますので、それらと接触することのないように専用のセンサーで入念にチェックをおこないます。

壁の内側にあるもの調査中。柱や電源などなど
金属や木材に反応する専用センサー。これを壁に当てて内側にある柱や電線の位置などを調べます。青テープによる四角形はテレビの取付予想位置を表しています。

壁に穴をあけ、補強工事

隠れている柱や電線の位置が分かれば、それらを避けるようにして部分的に穴をあけます。
まずは壁紙の一部を丁寧にはがし、そこに四角い穴をあけ「ジャストップ」で補強工事をおこないます。補強のためにあける穴は15cmx6cm程度。この穴を通して壁の内側に補強工事を施します。

補強工事のための前準備。壁紙をめくったところ
(↑)補強工事の前準備。クロスの壁紙に切り込みを入れ丁寧に剥ぎ取ります。補強工事が完了したら、このクロスはもとの位置に貼り直します。
補強工事が終わり、壁の穴をふさいでいるところ
(↑)補強工事完了後の写真。壁の穴を元通りに塞ぎます。その下に見えるのはテレビに繋げるためのコンセントパネル。電気工事士の資格を持つスタッフが新設しました。
パテ塗りによる目止め
(↑)穴をふさいでも切断面は残るので、その上からパテを塗って切断面をふさぎます。表面をなだらかに仕上げたらクロスを貼り直して修復作業完成です。

金具の登場です

ここでようやく壁掛け金具の登場です。今回は壁紙の色に合わせてホワイトの金具を採用しました。水平になるよう注意しつつ壁面に固定していきます。(金具の右側にうっすら補強工事の跡があるのがお分かりいただけるでしょうか?穴をあけてもこの状態まで元に戻すのがジャストップ工法のポイントです。)

壁掛けテレビの台座となる金具を取り付けた写真
壁掛けテレビの台座となる金具を取り付けたところ。色はお部屋の壁に合わせたホワイト。金具の右側に補強工事のあとがうっすらと見えているのがお分かりでしょうか?

コンセントパネルも新設

せっかくの壁掛けテレビです。テレビからコンセント垂れ下がるのは避けたいもの。今回テレビへの配線は壁の内側を通る「隠蔽配線」(壁内配線)を採用。テレビで隠れる位置に新たにコンセントパネルを設置しました。この新しいコンセント、実は直下にある既存のコンセントから分岐させています。このあたりは電気工事士の資格を持つカトーデンキの得意分野です。

いよいよ完成

台座となる金具を壁に取り付けたら、いよいよテレビを壁に掛けます。今回取り付けるテレビはシャープの60インチ。固定が完了した姿がこちら(↓)になります。

60インチのテレビをクロス壁に壁掛けした直後の写真
壁掛け工事後、テレビの配線処理を施した直後の写真です。配線は壁の内側を通しているので、テレビの下には何もケーブルが出ていません。壁の裏側には電源、アンテナ線のほか、ブルーレイレコーダとつなぐHDMIケーブルも通してあります。

映像もちゃんと映りました。あとはお客様がお持ちのブルーレイレコーダとテレビを接続。動作確認をして作業完了です。

テレビを買い替えても壁掛け出来ます

「テレビを新しく買い替えるときはどうするの?」
作業完了後、お客様よりご質問をいただきました。昨今のテレビはどれも壁掛けのための取付穴が背面に用意されています。この取付穴のサイズや位置は「VESA:ベサ(Video Electronics Standards Association)」と呼ばれる業界団体によって規格が決められており、どのメーカーのテレビを購入しても現在の金具に適合出来るようになっています。テレビを買い替えるたびに、台座も取り付けなおす必要はありません。一回の壁掛け工事で、どんなテレビも取り付けられるのは嬉しいですね。

今回の工事データ

工事日 2017年 9月
設置場所 愛知県名古屋市
テレビの型番 LC-60US40(60インチ)
壁の種類 石膏ボード+クロス貼り
補強工事 ジャストップによる補強工事
金具 角度固定型
配線方法 壁内配線。テレビの後ろにコンセントパネルを新設。
ここがポイント 補強工事の前に事前に壁の内側を入念に調査。壁の内側にある柱や電線などに接触しないよう最小限度の穴をあけて補強工事を施しています。補強工事完了後、これまた可能な限り壁を元通りに修復。その上から壁掛け用の台座を固定しました。

この記事はNo.6402です。

本記事(No.6402)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.6402)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

6402みたいなのが理想なんですけど。」

6402みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ