名古屋市で55インチの「REGZA」を純正金具で壁掛け

No.6978

名古屋市で55インチの「REGZA」を純正金具で壁掛け

今回のテレビは背面が特徴的だった為、専用の壁掛け金具を使用させていただきました。

東芝「REGZA」55インチを壁掛けさせていただきましたが、今回のテレビは巷では「バズーカ」と呼ばれる大きなスピーカーが背面にあることが特徴的になっていました。

壁掛けするテレビの純正金具を使用します

今回の壁掛け金具には、東芝から販売されている純正金具を用いて壁掛けさせていただきました。

多くの壁掛けの場合は、今後の買い替えも考慮して汎用性のある金具を選択させていただきますが、テレビの形状によってはテレビメーカーが販売している純正金具を用いる場合もございます。

今回の場合は、スペーサーがいつも使用しているものよりも長いもので壁とテレビの距離を確保してくれるため、テレビ背面のスピーカーと壁が干渉せずにテレビを壁掛けできる金具になっています。

テレビ背面下部にレイアウトされているスピーカーは大きめなので、テレビ自体は壁から出てしまいますが純正金具を用いると最低限にテレビの出幅を抑えることができる仕様でした。

純正金具の特徴としては、汎用性のある金具と比べると高さの位置決めが少しだけシビアになりがちです。

テレビの壁掛けが構想された壁

今回、テレビを壁掛けさせていただいた壁は将来的にテレビを壁掛けするという構想で作られていました。

壁にはしっかりとした下地(補強)が施されていて、ケーブル類に関してもコンセントが壁掛け金具と干渉しない位置に新設されていました。

こういった将来テレビを壁掛けにするという構想で作られた壁にテレビを掛ける場合には、テレビを掛ける位置決めがとても重要になってきます。

もしも、高さや横幅を誤ってしまうとイメージと大きく違ってしまったり、コンセント位置と干渉していまったりと修正するのが難しくなってしまいます。

お客様にしっかりと位置を決めていただいてから、コンサルティングを行います。

壁掛け後に、位置はすぐに変えられるものではないので、位置決めはしっかりとコンサルティングさせていただきます。

壁の真ん中に壁掛けさせていただきました。テレビ台との距離もちょうどよくお客様も大変満足されていました。

今回の工事データ

工事日 2017年 2月
設置場所 愛知県名古屋市
ハウスメーカー ダイワハウス
テレビの型番 東芝REGZA 55BZ/710X(55インチ)
壁の種類 石膏ボード
補強工事 必要なし
金具 上下可動型金具+スペーサー
配線方法 壁内配線
ここがポイント テレビのシビアな位置調整を行っています。コンセント位置なども考慮して、ベストな位置へテレビの壁掛けをさせていただきました。

この記事はNo.6978です。

本記事(No.6978 )をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.6978)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

6978みたいなのが理想なんですけど。」

6978みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

43インチの4K対応テレビがこのお値段
4K映像に対応した43インチ最新モデル+5年間の安心保証。もちろん壁掛けテレビにも対応しています。

カトー電器はSONYのテレビを売っています!

当社はテレビの壁掛け工事だけでなく、テレビの販売もしています。とりわけBRAVIAシリーズでは、量販店に負けない価格とサービスをお約束いたします。

愛知・岐阜・三重の東海三県のお客様でしたら当社のスタッフが責任を持って自社配送。開梱から設置、面倒な設定から空箱の処分まで私たちがすべて行います。

壁掛け工事とセットでテレビをご購入いただくと、さらに特別価格でご提供させていただきます。 (カトー電器のテレビ販売価格をチェック