名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

名古屋市・中区のタワーマンションで壁面収納棚に60インチのAQUOS(アクオス)を壁掛け

No.7479

名古屋市・中区のタワーマンションで壁面収納棚に60インチのAQUOS(アクオス)を壁掛け

今回は、名古屋市中区の高級タワーマンションで60インチ・AQUOS(アクオス)を壁面収納棚に壁掛け施工させていただきました。

壁面収納棚の中心に上下左右可動式金具で壁掛けしております。

今回のお客様は、テレビ下にサウンドバーの設置の際にスペースを確保するためにテレビを壁掛けにすることを決められたそうです。
サウンドバーは、とてもコンパクトで省スペースな設計になっておりますが、テレビスタンドではその高さを確保するのが難しい機種があるのも事実です。

壁面収納棚は、材質に木材を使用されていましたし、テレビの壁掛けも意識しているかのように、配線を隠ぺいできる開口も壁掛けしたテレビの後ろにありました。
サウンドバーへ接続するケーブル類も露出しないように考えられた壁面収納棚の構造で、仕上がりはお客様がイメージされていた通りとてもスッキリと仕上がりました。

上下左右可動式金具による視野角の自由度の高さにも満足していただき、テレビの壁掛け施工に大変喜んでいただきました。

配線が考えられている壁面収納棚です

ケーブル類は露出することなく、棚との雰囲気にマッチしたテレビの壁掛けになりました。

壁面収納棚は、ケーブル隠ぺいも意識された構造になっておりました。
テレビを壁掛けしたスペース下の引き出しを開ければ中には、ブルーレイレコーダーが収納されています。
壁面収納棚は、テレビを壁掛けした位置の中心からブルーレイレコーダーが収納されているところまで、ケーブルを入線できる構造になっていますので、壁内配線をしっかりと施しています。

テレビとサウンドバーとブルーレイレコーダーそれぞれケーブルで接続し、関係を持たせております。
多くのケーブルを入線させていただきましたが、ほとんど露出しない仕上がりになりました。

上下左右可動式金具を選定させていただきました

お客様の視聴スタイルに合わせて金具の選定を行いました。

今回は上下左右可動式金具を使用して、広く視野角を確保できる金具になっています。
壁面収納棚への壁掛けになりますので、左右の傾斜角度調節にすこし制限が出てしまう可能性も考えられましたが、金具のアーム出幅が多く確保できることから60インチの大型テレビでもしっかりと首振り角度を付けて使うことができました。
約30~45度まで左右の首振り角度を調節することができます。

広いリビングで視聴されるため、上下左右角度が調節できるとよりスタンド置きよりも視聴位置の自由度が高くなりますので、それだけでもテレビを壁掛けした甲斐はあると感じています。

今回の工事データ

工事日 2018年 7月
設置場所 愛知県名古屋市
ハウスメーカー その他
テレビの型番 LC-60US40(60インチ)
壁の種類 壁面収納棚(木材)
補強工事 必要なし
金具 上下左右可動式金具
配線方法 壁内配線
ここがポイント 壁面収納棚の構造を生かして、金具の設置場所をしっかりと割り出し配線を行っています。

この記事はNo.7479です。

本記事(No.7479 )をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.7479)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

7479みたいなのが理想なんですけど。」

7479みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

43インチの4K対応テレビがこのお値段
4K映像に対応した43インチ最新モデル+5年間の安心保証。もちろん壁掛けテレビにも対応しています。

カトー電器はSONYのテレビを売っています!

当社はテレビの壁掛け工事だけでなく、テレビの販売もしています。SONY特約店として、とりわけBRAVIAシリーズでは、量販店に負けない価格とサービスをお約束いたします。

愛知・岐阜・三重の東海三県のお客様でしたら当社のスタッフが責任を持って自社配送。開梱から設置、面倒な設定から空箱の処分まで私たちがすべて行います。

壁掛け工事とセットでテレビをご購入いただくと、さらに特別価格でご提供させていただきます。 (カトー電器のテレビ販売価格をチェック