名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

名古屋市で65インチブラビアを純正金具で壁掛け

No.6949

名古屋市で65インチブラビアを純正金具で壁掛け

今回は、ブラビアのX9500Eシリーズ(65インチ)をソニー純正金具で壁掛けさせていただきました。

今回のX9500Eシリーズは、テレビにハイレゾスピーカーシステムが搭載されている高画質×高音質のモデルです。

スピーカーとは別で、サブウーファーもテレビ背面には搭載できるようになっています。

ソニー純正の壁掛け金具を使う理由

このX9500Eシリーズでは、ソニー純正の壁掛け金具を使用させていただいています。

その理由は、以前カトーデンキ店頭で壁掛けした記事(記事は55インチ)にも書いていますが、「サブウーファー」が搭載されているからです。

サブウーファーはテレビ背面に専用金具で固定されます。

サブウーファーはかなり大きなサイズのものを搭載しているので、汎用性のある金具では、壁とテレビの間にサブウーファーが収まりません。

X9500シリーズの専用金具では、スイーベル機能を持った壁掛け金具になっていますので、サブウーファーを取り付けても壁との一体感を保った壁掛けができるようになっています。

壁掛け金具を収納すれば、壁との一体感もありスタンドで設置するよりもスッキリとした印象です。

将来のことも考えてコンセントを新設します

お客様のご要望では、テレビの壁掛け後のテレビ下に棚を取り付けてブルーレイレコーダーなどを設置したいという事でしたので、棚を設置しても電源やアンテナ線をスッキリと見せるために、コンセントを新設させていただきました。

下にある既設のコンセントから壁内へ入線し、テレビの裏側とテレビすぐ下の2箇所に新設しています。

お客様から棚の取り付け位置をお聞きして、棚の高さとコンセント位置を合わせていますので、写真では使われていないコンセントと使われていないケーブルが映っています。

今後、棚を取り付けて設置するとしてもテレビを外したりなどはせずに、簡単にブルーレイレコーダーを設置できるようにその時の配線などについて、ご説明させていただきました。

今回は、65インチの大画面テレビを壁掛けする壁一面の設置になりましたので、お客様が今まで見ていた位置からでは、かなりの迫力があり、とても喜んでいただけました。

また、X9500Eシリーズ(55インチ)の壁掛けについては、別の記事でも詳しく記載させていただいています。
ぜひ、ご参考ください。

2017年春モデルブラビア「X9500Eシリーズ」を壁掛けして分かったこと

今回の工事データ

工事日 2017年 2月
設置場所 愛知県名古屋市
ハウスメーカー その他
テレビの型番 KJ-65X9500E(65インチ)
壁の種類 石膏ボード
補強工事 必要あり
金具 ソニー純正金具(SU-WL825(KJ-65X9500E専用金具))
配線方法 壁内配線
ここがポイント テレビ壁掛け後のことを考えて、コンセントの新設と配線を行っています。

この記事はNo.6949です。

本記事(No.6949 )をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.6949)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

6949みたいなのが理想なんですけど。」

6949みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

43インチの4K対応テレビがこのお値段
4K映像に対応した43インチ最新モデル+5年間の安心保証。もちろん壁掛けテレビにも対応しています。

カトー電器はSONYのテレビを売っています!

当社はテレビの壁掛け工事だけでなく、テレビの販売もしています。SONY特約店として、とりわけBRAVIAシリーズでは、量販店に負けない価格とサービスをお約束いたします。

愛知・岐阜・三重の東海三県のお客様でしたら当社のスタッフが責任を持って自社配送。開梱から設置、面倒な設定から空箱の処分まで私たちがすべて行います。

壁掛け工事とセットでテレビをご購入いただくと、さらに特別価格でご提供させていただきます。 (カトー電器のテレビ販売価格をチェック