三重県・津市で42インチ・VIERA(ビエラ)と24インチ・AQUOS(アクオス)の壁掛けとシェルフの取り付け

No.7368

三重県・津市で42インチ・VIERA(ビエラ)と24インチ・AQUOS(アクオス)の壁掛けとシェルフの取り付け

今回は、三重県津市で42インチのVIERA(ビエラ)と24インチのAQUOS(アクオス)の壁掛けと42インチのテレビ下へ周辺機器を設置するためのシェルフの取り付けの施工をさせていただきました。

リビングのそれぞれの場所に42インチテレビと24インチテレビの壁掛け施工となっています。

リビングには42インチ・VIERAとオシャレなシェルフの取り付け
ダイニングには24インチ・AQUOSを壁掛けして、お食事中もテレビを楽しめる空間へ

メインに映像コンテンツを楽しむ42インチ・VIERAの壁掛けは、既存の照明とのバランスとテレビ下のシェルフの高さによって位置を決めています。
照明と照明の中心にテレビの中心が来るように壁掛けしています。
シェルフの高さは約75cmほどで、これは「子供が手の届かない位置へ取り付けたい」とお客様が少し高い位置を希望されたためです。
シェルフはお客様が事前にイメージされ購入されたもので、写真のように光テレビチューナーとブルーレイレコーダーを収納させるために配線ルートなどもこだわっております。

ジャストップ工法を用いればテレビの壁掛けだけではなく、シェルフの取り付けも可能です。

ジャストップ工法を用いれば、大きなシェルフでも取り付けることができます。

ジャストップ工法なら写真のように、ブルーレイレコーダーとケーブルテレビチューナーを収納してもしっかりと取り付けできています。

わざと力を加えたりすれば、シェルフのほうが耐え切れずに落ちてしまいますが、地震などで落下することはありません。

また、シェルフの高さから配線を通す開口はスペースが限られますので、補強されていない壁の場合では、部分的な補強ができるジャストップ工法は相性が良いと個人的には思います。

ジャストップ工法では、省スペースの補強においてもその真価を発揮いたしますので、配線ルートに被らない位置へ補強を行い壁内配線の自由度も高めてくれています。

汎用性のある角度固定式金具でそれぞれ壁掛けしています。

リビングでは汎用性のある金具で、今後の大画面化にも引き続き使える金具を使い壁掛け施工致しました。

今後テレビの大画面化にも対応できるようにと、角度固定式の汎用性のある金具を選定させていただきました。

リビングの壁はとても広く、照明との間隔もまだ十分にございますので、将来的にテレビの大画面化も想定した壁掛け金具です。

今回はテレビ裏のスペースが無く、壁掛け後に接続ケーブルへ無理な力が加わることを避けるためにスペーサーを使い、テレビ裏のスペースを確保しています。

ダイニングの壁掛けにも、汎用性のある角度固定式金具を使い壁掛け施工をさせていただきました。

ダイニングの壁掛けにも、汎用性のある角度固定式を使用していますが、金具サイズは32インチまでのコンパクトな金具でタイプしています。

壁掛けの場所は上にエアコンと棚の間のスペースの為、大画面テレビを今後壁掛けする可能性は低いと考えました。

今回の壁掛けしたモデルのメーカー純正金具より、汎用性のある角度固定式のほうが省スペースに壁掛けできる寸法でしたので、金具を選定して取り付けています。

いろんなルートでも壁内配線で対応することができます

写真では新しく3箇所のコンセントを新設しています。

テレビ裏のコンセント新設と、シェルフと壁の接点に開口を2カ所作り配線を壁内へ入線して、それぞれをテレビへ接続しています。

壁内には間柱があるので、今回は既存コンセント(シェルフ下)から上へケーブル類を配線しています。

この間柱があることでむやみに開口を開けてしまっても、ケーブルを入線できないというケースが多いです。

壁内の状況を把握して、最適な位置へコンセントを設置することで美しく仕上げることができます。

向かってテレビ裏左下にコンセントを新設しました。

写真で見えているコンセントは既存のコンセントで、そこからテレビ裏左下に新設したコンセントへケーブルを入線しています。

こちらにも間柱があったので、そこからはケーブルの入線は行えません。

コンセントやケーブルの露出をさせたくないとの事でしたので、コンセント位置に合わせてテレビの位置をコンサルティングさせていただきました。

どちらも、まったくケーブルが露出していないので、すっきりとした美しい仕上がりになりました。

お客様も施工後には、子供がシェルフに触られない高さやテレビとシェルフの見た目の美しさや使い勝手の良さにとても満足されていました。

今回の工事データ

工事日 2018年 6月
設置場所 三重県津市
ハウスメーカー その他
テレビの型番 TH-42C305 (42インチ)/LC-24P5(24インチ)
壁の種類 石膏ボード
補強工事 必要あり
金具 角度固定式金具
配線方法 壁内配線
ここがポイント ジャストップの補強技術で、大きいシャルフも頑丈に取り付けることができます。

この記事はNo.7368です。

本記事(No.7368)をお読みになり、壁掛けテレビに興味を持たれた方へ

お問い合わせ・ご質問の際に、この記事番号(No.7368)をお伝えくださると、よりイメージが伝わりやすくなります。

7368みたいなのが理想なんですけど。」

7368みたいにレコーダを置けますか?」

などのようにお使いください。

壁に穴をあけない壁掛けテレビ「PIXY」の画像

壁に穴をあけない壁掛けテレビ

賃貸住宅やコンクリート壁などで壁に穴をあけられない方におすすめの壁掛けテレビです。

お部屋の壁の手前にもう一枚、厚さ10cm程度の頑丈なフェイクウォール(ニセものの壁)を設置して、そこにテレビや金具、さらにはコンセントパネルや棚まで取り付けます。外観は壁紙クロス仕様。カラーや柄は市販のものからお好きなデザインをお選びいただけます。

カトー電器ショールームで実物を展示中です。

「壁に穴をあけない壁掛けテレビ」とは?

サポートエリアは東海・関東
対象エリアは東海地区と関東地区。(2020年5月から関東エリアもサポート対象に入りました!)

まずは壁掛け出来るかどうかをチェック!

「我が家でも壁掛け出来るの?」

「工事の相場はおいくら?」

「何が必要になるの?」

…などなど、壁掛けテレビでお悩みでしたら、とりあえず壁の写真をスマホで撮影して当社の専用フォームからUPしてください。ベテランの工事スタッフが写真を確認し、壁掛け可能かどうかを判断。可能な場合は詳細なお見積もりを無料で作成。折り返しメールにてお見積もりと工事の注意点などをご連絡いたします。現在おうちを建築中の方、壁掛けテレビの付け替え、法人案件等も承っております。

新規壁掛け

初めてご自宅で壁掛けされる方はこちらから
初めての壁掛け

ご自宅の壁に新しく壁掛けテレビを考えていらっしゃる方はこちらから。壁面の写真を送ってくだされば無料でお見積もり。最短即日でご連絡いたします。

「新規」診断フォームへ

建築中壁掛け

現在設計中もしくは建築中の方はこちらから無料診断へ
まだ建築中

まだお住まいが設計中もしくは建築中の方はこちらの専用フォームへ。新居の図面を送ってくだされば、専任スタッフが最短即日でお見積もりを無料作成。

「建築中」診断フォームへ

壁掛けリトライ

https://www.cato.co.jp/wall_tv_upload/common/image/icon_retry.jpg
現在壁掛け中

DIYまたは他社で壁掛けしたけれど「配線が丸見え」などの理由で納得が行かない方はこちらから。テレビや金具の付け替え相談なども承っております。

「リトライ」診断フォームへ

法人向け壁掛け

法人様案件はこちらの専用フォームへ
法人様用

「自社内で壁掛けしたい」「お得意さんから壁掛けの相談を受けてしまった」などの法人案件はこちら。天吊りや複数台の壁掛け相談もお気軽にどうぞ。

「法人」診断フォームへ